動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

フニャフニャ足首が勁力への第一歩

*心意六合拳の鶏歩を教えると、みなさん、カッチリと立ってしまいます。

*それが間違いの元なんです。カッチリと立ってはいけません。それだと、身体が硬直しています。なによりも足首が硬直しています。

*硬直した足首は、姿勢勁力を殺してしまいます。

*目指すはフニャフニャ鶏歩です。

*そのために、肩を中心として上半身をフニャフニャにしてしまいます。

*さらに、足首を中心として下半身をフニャフニャにしてしまいます。

*肩の力と足首の力が邪魔なんです。それが姿勢勁力の根本を破壊してしまいます。

*フニャフニャ足首が足指を出現させます。指行性へと近づきます。

*しかし、足首と足指では身体を支えられません。

*そこで、ヒラメ筋が覚醒します。そこから、後ろ足裏側筋肉の伸張性収縮が始まります。

*それは外からは見えません。だから、人の鶏歩を観察してもわかりません。アホのフジマツの鶏歩を観察しても、わかりません。

*自分の足を自分の中から見ます。それを昔の人は、内観、と称しました。それはそんなに難しいことではありません。

*自分の感覚に任せます。

*しかし、力が入っていると、自分の感覚は鈍くなってしまいます。だから、力を抜きます。すると、感覚が鋭くなってきます。

*それは、肩の力を抜くことから、足首の力を抜くことから、始まります。それが姿勢勁力への第一歩です。

*宋氏形意拳の六合歩も、フニャフニャ六合歩を造ります。

*そして、心意六合拳の鶏行歩は、フニャフニャ鶏行歩となります。

*日常歩行でも、足首の力を抜いて、フニャフニャ足首で歩きます。

*ヒトの直立二足歩行と蹠行性(せきこうせい) は、硬直した足首を招きました。その、成れの果てが現代日本人です。それを元に造られたのが、ホンダのアシモ君です。

*その悪しき伝統を断ち切って、フニャフニャ足首を造ります。それが姿勢勁力への第一歩となります。

<本日の名言>

強靭な拳は、フニャフニャ鶏歩から、フニャフニャ六合歩から、生まれる。

追伸
C,S,N&Y の名曲をどうぞ


[PR]
by tiger-hawk | 2017-08-19 08:38 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー