動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

腕立て伏せは反勁力

*腕立て伏せはどうして駄目なのか?

*どうして心意六合拳の鉄牛耕地が必要なのか?

*腕立て伏せでは発勁できません。勁力の姿勢に反するのです。

*鉄牛耕地は、勁力の姿勢そのものです。そして、発勁に必要な筋肉を造ります。

*腕立て伏せでは、肩甲骨を使ってしまいます。肩甲骨が突出してしまいます。すると、大胸筋を使う結果となります。肩甲骨と大胸筋は表裏一体なのです。

*心意六合拳の一番簡単で素朴な技は、虎撲です。形意拳の一番簡単で素朴な技は、虎形拳です。太極拳の一番簡単で素朴な技は、双按です。どれも、両掌で撃ちます。

*その時に、胸を突き出しては技が成立しません。肩甲骨を突き出しては技が成立しません。

*含胸拔背という有名な要訣があります。含胸拔背の含胸とは、胸の前を丸くして胸を突き出してはいけない、という意味です。含胸拔背の拔背とは、背中を丸くして肩甲骨を突き出してはいけない、という意味です。つまり、同じ意味です。(猫背ではありません、念のため。) 

*腕が縮んでも、腕を伸ばしても、胸と肩甲骨は同じように丸くします。短く撃っても、長く撃っても、同じ形です。

*それは、胸を突き出し、肩甲骨を突き出した形ではありません。それでは、腹が落ちてしまいます。それは腹の落ちない、鉄牛耕地の形なのです。

*武術者に大きな大胸筋は要りません。必要な筋肉は、前鋸筋と小胸筋です。そして、腕は前鋸筋から生やします。心意六合拳と形意拳の「龍身」です。肩甲骨は大胸筋と表裏一体なので、これを使えません。

*肩甲骨発勁とは、実は大胸筋を使った運動なのです。このお手軽発勁の起原は知りません。でも、お手軽なだけに,勁力もお手軽に軽いものです。それは実用に耐えません。肩甲骨を張り、胸を張る運動なのです。その姿勢を造るのが、腕立て伏せです。

*鉄牛耕地は、前腕の筋肉、上腕三頭筋、前鋸筋、小胸筋、僧帽筋、広背筋、腹横筋、腹直筋、などを刺激します。

*その中で、一番最初にしびれてくるのは、前腕の筋肉です。鉄牛耕地をやっていると、最初に前腕の筋肉がだるくしびれてきます。前腕の筋肉が耐えられなくなります。

*肩甲骨と大胸筋を使わないために、前腕の筋肉への負荷が大きくなります。身体を最前線で支えるのが、前腕の筋肉となります。

*この前腕の筋肉こそ、掌と拳を造る筋肉なのです。それが、心意六合拳の鷹爪なのです。それが鉄牛耕地なのです。

*もしも、一番最初にだるくしびれてくるのが前腕の筋肉でないならば、あなたの鉄牛耕地は間違っています。それは腕立て伏せに成ってしまっています。

*腕立て伏せは、反勁力の姿勢です。ですから、腕立て伏せをやってはいけません。

*また、肩甲骨発勁を長期間練習していると、肩の力が抜けなくなります。つまり、腕立て伏せを長期間練習していると、肩の力が抜けなくなります。

*肩のところで、身体は分裂してしまいます。もはや勁力どころではありません。勁力は全身の統一が要求されます。腕立て伏せは、身体の分裂を招きます。分裂した身体では、発勁はできません。

*「渾身拳」とは、全身の統一のことです。渾身の力ではありません。

*それは手の指と足の指が統一された運動となります。それが、心意六合拳の鷹爪と鶏歩、ということです。つまり、指行性の四足歩行動物のことです。それは、虎です。

追伸

沖縄のキジムナーさん、連絡ください。シロクマさんはオイラの骨を近所の白子川に流すと宣言しました。コボクマシーン1号は荒川に流すと言います。どちらも使えません。酷い奴らです。もうキジムナーさんしか頼れません。オイラの骨を那覇軍港ではなく、きれいな海に流してください。助けて~~ ナンクルナイサーの場合ではありません。

ネリマより愛を込めて・・・

病院の検査結果・・・心不全だった心臓は異常なし・・・だそうです。当分は、骨を流さないでください。よろしく~~

[PR]
by tiger-hawk | 2017-08-25 08:33 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー