動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

田植え発勁

*最近、田植え発勁が成功しています。

*本当に田植えするわけではありません。

*私が誰かの心意六合拳・鶏歩を修正する姿が、田植えに似ているとシロクマさんがからかっているだけです。

*その人の後ろ足足首とヒラメ筋の角度を修正してあげます。すると、勁力が出ます。相手の人を押してもらうのです。つまり、3人の作業となります。姿勢勁力が出ると、相手の身体が軽く感じられます。

*心意六合拳・鶏歩、宋氏形意拳・六合歩などは、自分の体重で造ります。筋力で造る人もいますが、それは大間違いです。

*ところがみんな、相手を前にすると、前のめりになってしまいます。その結果、姿勢勁力は死んでしまいます。

*前のめりになる。地面を蹴る。フワッと浮いてしまう。これらはみんな同じ現象です。

*これはどうも、人間の本能のようです。格闘技経験者でなくても、前へ突っ込んでしまいます。

*すると、フジマツは人間の本能が欠けていた、という結論になりますが、それについては触れません。アハハ

*人間の直立二足歩行が倒れながら歩く、というのは学者先生が認めています。

*そこで心意六合拳のご先祖様は、ニワトリの指行性一本足に着目しました。そして、鶏歩と鶏行歩が生まれました。

*で、みんなの鶏歩を田植えのような恰好で固定してみました。

*本当は自分の体重で鶏歩・六合歩を固定するのですが、どうしても前へ行ってしまうので、私が固定してあげます。

*言葉で「前へ行く」というと実は大げさになります。実はほんの少し動くだけです。ですから、本人は無意識なんです。

*外から見てもなかなか解りません。もちろん、私には見えます。慣れて来ると、誰にでも見えます。

*この田植え発勁は、武式太極拳の弓歩でも可能です。

*とても微妙な操作なので、普通の人は気付きません。フジマツはヘンタイなので、簡単に気付きました。

*みんなも気付くだろう、と気楽に考えていました。でも、世の中の人はみんな鈍いので気付きません。自分が異常なのだと気付きました。(おそ過ぎるよー)

*実は発端が上手くできると、前のめりになっても勁力は出ます。でもそれは本格的な勁力ではありません。とても小さな勁力です。

*ですから、発端だけに満足することなく、本当の勁力を身につけましょう。

*これから、田植えに励みます。じゃなくて、田植え発勁を教えてみます。

*ところで、自分の体重で鶏歩・六合歩を造るためには、力を抜く必要があります。筋力を抜いてしまいます。すると、体重が足首のほうへ降りてきます。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-09-05 12:01 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー