動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

心意拳の本質とは何か?

* 心意六合拳には、パンチが無い。宋氏形意拳にも、パンチが無い。

*心意六合拳には馬形拳各種があります。宋氏形意拳には崩拳など五行拳があります。

*それらは、拳と名付けてありますが、パンチとはほど遠い。異なるものです。

*では、心意六合拳の拳、宋氏形意拳の拳とは何か?

*それは腕撃なのです。腕で撃っています。

*心意六合拳と宋氏形意拳の本質は、腕撃なのです。

*つまり、腕の伸縮を使いません。そのために、上腕三頭筋に頼っていません。

*頼るのは、前腕の筋肉と前鋸筋なのです。それにより、腕撃を支えているのです。

*心意六合拳には、全く腕の長さが変わらない技があります。挑領(ちょうりょう) 、虎擺尾(こばいび) 、などです。そして、搖閂把(ようさんば) 、単把、虎撲なども、実質的に腕は伸縮しません。鷹抓把も腕は伸縮しません。

*宋氏形意拳の崩拳は、体幹に頼っています。体幹の拳です。

*ですから、腕は前鋸筋から生えています。龍身のことです。

*前鋸筋から鼠蹊部へ切り込みます。それは鼠蹊部でクロスして内転筋に達します。龍腰のことです。

*心意拳の本質は腕撃、ということです。

*心意六合拳と宋氏形意拳を総称して、心意拳と呼ぶのがシロクマさんです。

*形意拳の発源地=山西省には、形意拳なる呼称がありませんでした。

*車派形意拳も、以前は、車派心意拳という呼称でした。

*宋氏形意拳は、私が学習した頃は、宋式心意拳と自称していました。

*形意拳という呼称は北京からもたらされたと考えられます。北京の政治権力の影響です。

*というわけで、心意拳というわけです。

*それは腕撃なのです。腕で撃っています。

*心意六合拳と宋氏形意拳の本質は、腕撃なのです。

*心意拳の本質は腕撃、ということです。

*そのために、心意六合拳の鷹爪があります。鷹爪ができないと、心意拳の腕撃はできません。

*だから、鷹爪はつかむ力ではありません。それは、指の第一関節を伸ばす力なのです。そして、前腕の筋肉を伸ばします。伸張性収縮となります。

*そして、心意拳の本質は腕撃です。

*そのために、心意六合拳の鷹爪があります。鷹爪ができないと、心意拳の腕撃はできません。

*だから、鷹爪はつかむ力ではありません。それは、指の第一関節を伸ばす力なのです。そして、前腕の筋肉を伸ばします。伸張性収縮となります。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-09-06 14:37 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー