動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

体重と重力を受け入れます

*最近のマイ・ブームは、グダブラ歩きです。これを準備体操にしました。

*グターと全身の力を抜いて、ブラブラ歩きます。まあ、いつもやっている歩き方なんですけど。

*ウォーキングやっているきれいなオネーサンを見ると、北朝鮮の軍隊を思い出します。なんかおかしくて滑稽です。

*グダブラ歩きしてから、心意六合拳の単把を撃つと、バチン、と極まります。とってもすっきりまとまります。宋氏形意拳の崩拳も同様です。

*単把のコツ=極意は、両手は鷹爪を造ります。しかし、力を抜きます。特に前手の力を徹底的に抜きます。すると、とても上手くいきます。

*もちろん、人にグダブラ歩きを教えたことはありません。本気にしてくれません。迷惑がられます。ガタガチおじさんにはフラダンスを、と提案しましたが、もちろんやる人はいません。それで、禅密功を提案しましたが、本気でやる人は少ないでしょう。

*日本のサラリーマンの対極にあるのが、グダブラ歩きです。会社でこんな歩き方していたら、シャキッとせんかい ! と上司に叱られます。女性からは変態と思われます。

(註) ダラダラ歩きとグダブラ歩きの違いは、足を引きずらないことです。ダラダラ歩きは足を引きずります。すなわち、グダブラ歩きは、少し足を高くします。これは見てもわからないと思いますけど。

*それと、グダブラ歩きには、ある条件があります。

*それは、足首に体重が降りている、ということです。

*これは、心意六合拳の鶏歩を毎日やらないと、体重は足首に降りてきません。

*その鶏歩のコツ=極意は、足首の力も足指の力も抜いてしまうことです。フニャフニャの鶏歩にします。どの部品も地面を蹴りません。

*フラダンスをやったからといって、禅密功の築基功をやったからといって、勁力はできません。心意六合拳の鶏歩が、必須栄養素です。その時に力を抜いてしまいます。ドスコイ鶏歩とは、実は力を抜いた鶏歩のことです。これは誤解を招いたかもしれません。

*稽古をさぼっていると、また身体はフワフワと浮いてしまいます。不可逆性なんてことはありません。

*鶏歩を力で解決しようとする人がいます。残念ながら、力では解決できません。力を入れると、身体はフワフワと浮いてしまいます。体重と重力に逆らっているからです。逆効果となります。

*自分の体重と地球の重力を、全て受け入れてしまいます。ひねくれ者のフジマツも、この時は体重と重力を受け入れます。

*もちろん、肩の力と上腕の力も背中の力も、徹底的に抜きます。体幹は腹直筋で立てます。

*フニャフニャ鶏歩が、鶏歩の準備体操となります。

*これに、宋氏形意拳の熊の1号を加えます。

*熊の1号は、心意六合拳と形意拳の「龍身」と「龍腰」を造ります。すなわち、体幹勁力です。

*全ては、体重と重力を受け入れるところから始まります。

*武張る人には、難しくなります。力を抜いて、心を空っぽにします。つまり、何も考えません。いつも妄想でいっぱいのフジマツも鶏歩と六合歩の時は、本物の馬鹿になります。え? いつも馬鹿だろ? その通りでございます。申し訳ありません。逃げろ~~

追伸

最近、ボブ・ディランの海賊音源みたいのがたくさんユーチューブに上がっています。そのうち消されてしまうので、いまのうち楽しみます。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-09-15 08:06 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー