動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

こけるのを止めてみる

*宋氏形意拳を習った時、これ、どうやって撃てばいいのか? さっぱりわからなかった。


*動作勁力が無い。沈墜勁も震脚も無い。十字勁も纏絲勁も無い。開合も無い。なんにも無い。


*唯一、解ったこと。自分の身体が浮いていること。これは先輩の動作を見て解った。先輩の身体はフワフワと浮いていた。


*どうして浮いてしまうのか? それは地面を蹴っているから。


*しかし、人間は地面を蹴って進む。地面を蹴らなかったら、果たして歩けるのだろうか?


*普通、人間はこけながら歩く。地面を蹴って、前のめりになり、こけながら歩く。


*これを逆転してみよう。


*まず、こけるのを止めてみる。


*すると、どうなるか? それは一本足になること。途中で一本足になるのだ。・・・ここでニワトリの指行性一本足と出会う。


*前のめりを止めてみる。それは、後ろ足で立つこと。・・・ここで、宋氏形意拳の六合歩と出会う。心意六合拳の鶏歩と出会う。


*地面を蹴るのを止めてみる。すると、足首が折れ曲がる。ここで、ヒラメ筋と出会う。下腿勁力トライアングルと出会う。


*こけながら歩くのはウォーキングと同じだ。そしてウォーキングは、両腕を力強く振っている。両腕も身体を支えている。


*これでは、足首に体重が降りて来ない。姿勢勁力とは真逆だ。


*地面を蹴るのを、拡大強化してみる。


*すると、身体はどんどん浮いてくる。とうとう宙に浮く。それがランニングだ。地面を蹴るのはジャンプ運動です。


*心意六合拳にもジャンプする技はある。たくさんあってびっくりした。ジャンプする技は疲れるのです。


*しかし、ジャンプした瞬間に撃ってはいない。着地した瞬間に撃っている。


*だから、同じ形の技で、ジャンプするスタイルとジャンプしないスタイルがある。どっちでもいいわけだ。つまり、ジャンプは勁力とは無関係というわけ。ジャンプ=地面を蹴る運動だから、地面を蹴る運動は姿勢勁力と無関係、ということになる。というわけで、ジャンプは戦術となる。戦略ではない。


*そして、回族の陳先生は、後ろ足裏側筋肉の伸張性収縮を教えてくれた。それはヒラメ筋から始まる。説明は一切無かったけれど、理解できた。説明はないので、言語化したのはフジマツです。


*普通は、表側の大腿直筋を使って足を伸ばす。だから、身体は浮いてしまう。大腿直筋はジャンプ運動の筋肉です。ウォーキングとランニングの筋肉です。スクワットの筋肉です。だからスクワットはやらない。馬歩もやらない。馬歩も大腿直筋を主要とする運動です。


*人間が立ち上がる筋肉が大腿直筋です。だから、姿勢勁力は立ち上がらない。立ち上がるフリはする。でもフリだけです。


*では姿勢勁力は何をするのか? 姿勢勁力は足首が折れ曲がる。しかし、膝に体重は載せない。すると、ヒラメ筋が覚醒する。そして指行性になる。すると、下腿の勁力トライアングルができ上がる。


*ところが、下腿勁力トライアングルは内部運動です。だから、外から見ても解らない。自分の感覚を覚醒させなければならない。


*ヒントは弓歩にある。だから陳先生は鶏歩から小さい弓歩になった。心意六合拳の弓歩に、武式太極拳の弓歩にヒントがある。


*弓歩は後ろ足が伸びる。目に見える動作がある。その時に、表の大腿直筋から動くのか? 裏のヒラメ筋から動くのか?  それが別れ目となる。


*もう一つ、心意六合拳の鶏行歩にヒントがある。鶏行歩は鶏歩から始まる。その時、後ろ足の大腿直筋から動くのか? それとも後ろ足のヒラメ筋から動くのか? それが別れ目となる。


*ところが、日常歩行は後ろ足の大腿直筋から動く。後ろ足はこけるためにある。そのために、後ろ足の裏側を使ったことがない。そのために、想像できない。想像できないことは現実化できない。


*こけるためではなく、下腿勁力トライアングルを覚醒させる。


*心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩では、これが内部運動となる。これで完全に見えなく成る。だから、中国人武術家にも見えない。もちろん、自覚していなくてもできる人はいる。しかし、自覚していないので、言語化できない。


*ところが、六合歩は未完成の鶏歩です。だから、撃つ瞬間に限りなく鶏歩に近づく。ということは、わずかに動きがある。ここがヒントになる。特に逆歩の動きが大きい。


*心意六合拳の鶏歩は完成している。だから動きが無い。逆歩でも動かない。これではヒントが無い。


*私は心意六合拳の前に宋氏形意拳を学習した。これが幸いした。もしも、宋氏形意拳を学んでいなかったら、心意六合拳を理解することはできなかった。


*では、心意六合拳の先生たちはどうなるのか? 理解していなくても、言語化できなくても、できる先生はいる。しかし、言語化していないので、不安定だ。


*できない先生は動作勁力へ走る。それしか道が無い。


*宋氏形意拳の六合歩は、鶏歩の未完成形だ。そのために、過程が見える。過程のための基本功がある。それが、龍形基本功。熊の基本功1号と2号がある。


*このために、体幹勁力が明らかになった。心意六合拳と形意拳の称する龍身と龍腰のことです。ところが、その内容を言語化したのはフジマツです。それは、中国人が言語化していないから。そのために、意味が曖昧のままです。


[PR]
by tiger-hawk | 2017-10-13 08:47 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー