動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

膝ではなく足指でリズムを取る

(昨日の体育館から)

反本能その一、の補足です。

*現代日本人は膝でリズムを取って歩いています。そのために、いつも姿勢がユラユラしています。瞬間的に止めることができません。

*心意六合拳の鶏歩で、弓歩で、宋氏形意拳の六合歩で、瞬間的に止まることが要求されます。その瞬間に撃ちます。

*ところが、膝でリズムを取って歩いているので、瞬間的に止まることができません。止まったつもりでも、膝から上がフラフラしています。

*これは心意六合拳・鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、の不安定を招きます。不安定では撃てません。

*膝でリズムを取るのがその人の体質だとしても、その体質に甘んじてはいけません。体質を変えてしまいます。

*その人の体質に合った方法? そんなことはチャンチャラおかしい。体質なんていくらでも変えられます。大衆迎合主義は、堕落を招きます。例えば4スタンス理論とかね。

*なにしろ、ヒトなど霊長類は蹠行性です。それをネコ科や鳥類の指行性に変えようというのが、姿勢勁力です。体質どころか本能を変える試みです。

*すなわち、膝でリズムを取るのではなく、足指でリズムを取ります。これが、隠れ指行性の正体です。

*では、踵は浮いているのか? と質問されました。踵は地面に触れています。それでいいんです。しかし、踵に体重はありません。

*必要なのは足指だけです。それも、親指・人差し指・中指だけです。薬指と小指は重要ではありません。これが親指側エッジの正体です。でも、薬指と小指は浮いていません。地面と触れています。踵と同じ扱いです。

*これを私は,心意六合拳の鶏行歩で、単把で、学びました。その始めは、宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳です。つまり、六合歩です。

*誰かに教わったわけではありません。指行性も指示されたわけではありません。心意六合拳と宋氏形意拳の技を追求した結果です。当然の結果なのです。

*また、沈墜勁や震脚を捨てた当然の結果です。静かな勁力の行き着いた場所が、隠れ指行性なのです。

*足指でリズムを取ることを学びます。日常歩行も足指でリズムを取ります。そのためには、力を抜きます。

次回は、反本能その二、をやります。

追伸

フジマツの毒気が抜けてしまった。ダイジョウブか? お迎えが来るのか? とシロクマさんが心配しています。嫌われフジマツのモードに戻そうとしましたが、失敗しました。このまま毒気が抜けたままにしておきます。まあ、いいんじゃないでしょうか? 自分でも刺が抜けたかな? と感じています。このblog を見ているアンチの人たちも、もはや得るものは何もありません。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-11-19 08:49 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31