動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

軸足をゆるめてしまう

*どんな歩き方にせよ、二足歩行では一本足になる時間があります。それは左右の足が交替するからです。

*それは、鳥類のニワトリでも、ヒトでも同じことです。

*心意六合拳の鶏行歩でも同じことです。

*鶏行歩を失敗する人を観察して、あることに気付きました。

*それは、一本足になった瞬間、その一本足が硬直していることです。

*地面を蹴るので、当然のごとく、一本足は緊張してしまいます。この緊張を解くことが必要です。

*すなわち、一本足をゆるめることが求められます。

*この一本足とは、いいかえると軸足のことです。軸足をゆるめてしまいます。すると、勁力が発生する条件を満たします。

*心意六合拳・鶏歩の軸足は後ろ足です。この後ろ足をゆるめてしまいます。

*宋氏形意拳・六合歩の軸足は後ろ足です。この後ろ足をゆるめてしまいます。

*勁力が出ない人は、軸足の後ろ足が緊張している人です。

*鶏行歩は前足一本足状態になります。鶏歩と六合歩では、後ろ足が軸足です。

*鶏行歩は左右の足が交替する必要があります。それで前足一本足状態になります。

*心意六合拳の単練法では、必ず前足一本足になる時間があります。それは技が二歩で構成されているからです。

*その始めの一歩の時、前足一本足になります。この前足一本足をゆるめてしまいます。すると、撃てるようになります。二歩目に勁力打撃が成功します。

*発勁打撃の前提条件として、前足一本足をゆるめてしまいます。

*定歩で撃つ場合は、軸足が後ろ足です。

*まとめると、軸足をゆるめてしまうことが勁力発生の条件となります。

*姿勢勁力の足の極意は、軸足をゆるめてしまうことです。

*これは私の常識でした。しかし、これは世間の非常識です。世間の人は踏ん張ります。

*特に真面目な日本人は踏ん張ります。姿勢勁力としては、踏ん張る必要はありません。

*むしろ、踏ん張ると失敗します。

*相手に押し込まれた時も、踏ん張ってはいけません。踏ん張る振りをして、体勢を入れ替えます。

*推手の失敗とは、踏ん張ることを教えることです。それは負けることを教えるようなものです。足は自由に動かします。動かすべきです。それは浮かないフットワークです。

*通常のフットワークでは身体が浮いています。浮かないフットワークとは、鶏行歩のことです。

*いわゆる跟歩とは、その浮かないフットワークの一つの方法のことです。それだけのことです。もちろん、他にも重要な方法があります。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-12-08 08:46 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー