動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

足の力を抜く

*地面を蹴るというのは、ヒトの本能です。だから、ヒトは「無意識に」に地面を蹴ります。

*この無意識を、心意六合拳と宋氏形意拳はどのように克服するのか?

*私はこれを、心意六合拳の師匠の伸びない後ろ足を真似して克服しました。特にその鶏撲食と鷹抓把の技から会得しました。どちらも地面を蹴りやすい技です。

*伸びない後ろ足には、二つの要素があります。どちらが欠けても成功しません。

*一つは、足首に降りた体重、です。これを心意六合拳の鶏歩、または宋氏形意拳の六合歩で学びます。

*もう一つは、折れ曲がる足首です。これにより、指行性、または隠れ指行性になります。

*折れ曲がる足首だけだと、自分の体重を見失います。体重は何処かへ行ってしまいます。つまり、指行性だけでは失敗します。ネコやイヌが発勁できない理由です。(ホントですよ。笑ってはいけません。アハハ)

*立つだけだと、比較的単純なのですが、歩くとなると別の要素が加わります。

*それは、左右の足が交替するからです。

*それを詳しく見ると、前足一本足隠れ指行性、となります。これが連続します。それが心意六合拳・鶏行歩です。

*ところが、勁力は後ろ足からもらっています。この要素が無いとジャンプする結果となります。

*前足一本足隠れ指行性、だけでも後ろ足から勁力をもらっていれば発勁できます。(そんな技があります。)

*しかし、とても不安定です。不安定な分、勁力が減ります。

*そこで、即時に後ろ足を引き付け鶏歩になります。それが鶏歩で終わる技です。ほとんどの技が鶏歩で終わります。前足一本足隠れ指行性、よりも強力になります。

*無意識に地面を蹴る・・・ことを克服するためには、無意識を用います。何のことか? 

*つまり、頭を空っぽにします。カラダも空っぽにします。つまり、肩の力を抜きます。足の力も抜きます。すると、非常識なことができるようになります。これを日常生活でやるとキチガイになります。しかし、武術ですから問題ありません。

*地面を蹴らないということは、何を意味するのか? それは足の力を抜く、ということです。勁力は地面からもらいます。ところが、足に力を入れてしまうと、地面に逆います。足は自分の体重を支えるだけ、でいいんです。それ以上の「余計なこと」をしてはいけません。

*余計なことをすると、自分の体重を見失ってしまいます。それは勁力を見失うことになります。

*一般の武術はヒトの本能に基づいています。動作勁力も本能に基づいています。だから、それらは「自然」です。

*姿勢勁力はヒトの本能に基づいていません。霊長類は蹠行性ですから、ニワトリの指行性一本足に学ぶことは不自然です。

*だから、姿勢勁力は不自然勁力となります。

追伸

心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、すべて足の力を抜くことが大切です。いわゆる筋トレで作った下腿三頭筋が役に立たないのも、力が入っているからです。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-01-11 08:15 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー