動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2016年 03月 14日 ( 1 )

指揮棒or猫の髭

*先日、ある人に「小手パンチ」を教えてみたら、「これは小手パンチではない」と叱られた。

*確かに、小手ではなく、体幹で撃ちます。でも、感覚的には、小手パンチなんです。プププ 小手パンチは心意六合拳に基づいています。

*私の宋氏形意拳・崩拳はフニャフニャ崩拳です。でも、実のところフニャフニャではありません。とても鋭くてとても速い崩拳です。他に例がありません。故佐藤聖二さんもびっくりしてました。今はさらに進歩しています。

*宋光華先生よりも速いです。趙川輝先生よりも速いです。フジマツ独自の崩拳です。これは、近いうちに映像にする予定です。

*でも、フニャフニャなんです。何処がフニャフニャかというと、肩がフニャフニャです。胸がフニャフニャです。上腕がフニャフニャです。手首近くの前腕だけが硬くなります。

*このフニャフニャ崩拳、今のところ、撃てる人はいません。でも、たぶん、コボクマシーン1号は近いところまでは行ってます。

*崩拳は、腕の伸縮で撃ってはいけません。これも体幹で撃ちます。そして、体重移動してはいけません。体重移動すると、軽くなってしまいます。体重移動しないから、重くなります。

*フニャフニャ崩拳は、熊の1号と2号に基づいています。

*この熊の1号なんですけど、ほとんどの人は肩を使ってしまいます。肩がフニャフニャではありません。だから、失敗します。胸を使ってしまう人もいます。そして、腕を使ってしまう人もいます。

*実は、熊の1号は、腕の力は使わないのです。拳を動かしますが、拳はフニャフニャなんです。

*では、拳は何のためにあるのか? 何のために動かすのか? それは、体幹と腹を導くためのものです。オーケストラの指揮棒みたいなものです。センサーみたいなものです。猫の髭みたいなものです。

*熊の2号も同様です。熊の3号も同様です。それを拳に一生懸命、力を入れている人がほとんどです。

*正直いうと、こんなこと説明しなければ解らないの? という気持ちですけど、説明することにしました。

*私は説明を受けたことはありません。でも、私はヘンタイですから、普通の人には説明が必要です。

*勁力の根本は、後ろ足の下腿三頭筋にあります。ところが、下腿三頭筋も力を入れてはいけません。それでは、勁力が死んでしまいます。

*後ろ足の下腿三頭筋は、体重を支えるだけでいいんです。それ以上の余計なことをしてはいけません。ところが、みなさん、余計なことをしてしまいます。

*これも説明しないと解らないみたいなので、説明することにしています。入力でもない出力でもない、中間の状態です。いわばニュートラルなんです。

*後ろ足の下腿三頭筋は、自分の勁力のセンサーの役割もあるんです。指揮棒or猫の髭です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-14 06:20 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー