動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2016年 03月 21日 ( 1 )

三カ所折れ

*姿勢の勁力の根本は指行性勁力です。では、その指行性勁力は、どのようにしたら発生するのでしょうか? 

*それは、後ろ足の下腿三頭筋に体重を積載することによって発生します。

*それが、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩の根っことなります。

*なんて単純なのでしょうか。ハイ、アホのフジマツの考えたことなので、とても単純なんです。

*それは、"秘伝"なのでしょうか? いいえ、アホのフジマツが世界で初めて解明したことなのです。ですから、いわゆる"秘伝"ではありません。月刊"秘伝"にも載っていません。

*ただ、後ろ足の下腿三頭筋に体重を積載することだけです。だから、沈墜勁・十字勁・纏絲勁・震脚、などの発勁動作は必要ありません。だから、静かな姿勢の発勁力、ということになります。

*ところが、とても単純なのですが、簡単ではありません。後ろ足の下腿三頭筋に体重を積載するためには、三つの要素が必要となります。

*それは、人体の三カ所を折り曲げることです。略して、三カ所折り、と称します。

*その一・・・鼠蹊部を折り曲げます。特に膀胱の辺りです。鼠蹊部を折り曲げると、尻を出す人がいます。それは間違いです。鼠蹊部を折り曲げるけれど、尻を出してはいけません。

*尻は収めます。そのために、腹横筋で尻を持ち上げます。腹横筋で尻を巻き上げるようにします。同時に、鼠蹊部を折り曲げます。鼠蹊部を伸ばしてはいけません。それはとても弱い姿勢となります。

*その二・・・後ろ足の膝の裏を折り曲げます。折り曲げるのは、膝の裏です。

*膝の表を折り曲げてはいけません。膝の表を折り曲げると、しゃがむ、結果となります。心意六合拳の鶏歩でも、しゃがむ、ことは可能です。それは、前のめり、にもなります。どちらも、下腿三頭筋は空っぽになります。勁力は発生しません。(心意六合拳の弓歩では、膝裏を折り曲げることはありませんが、伸ばしてはいけません。ですから膝の力を抜きます。) 

*その三・・・後ろ足の足首を折り曲げます。すると、下腿三頭筋に体重が積載されます。

*そのために、心意六合拳の鶏歩の踵は少し浮きます。しかし、浮き過ぎると、足首は伸びてしまいます。足首が伸びてしまうと、下腿三頭筋は空っぽとなります。太もも表=大腿直筋で立つ結果となります。すると、蹠行性(せきこうせい) となります。(ヒトは本来蹠行性なので、ヒト武術は蹠行性勁力となります。動物武術は指行性勁力です。)

*宋氏形意拳の六合歩の後ろ足踵は、地面と触れています。そのために、鶏歩よりもやわらかい足首を要求されます。

*歩く時、地面を蹴ると、足首は伸びてしまいます。すると、下腿三頭筋に体重が積載されることはありません。したがって、地面を蹴ってはいけません。だから、ランニングもウォーキングも、姿勢の勁力では採用されません。ランニングもウォーキングも、太もも表=大腿直筋で地面を蹴ります。

*地面を蹴らない心意六合拳の鶏行歩が、必要となります。(下腿三頭筋で地面を蹴る流派もあるようですが、どちらにせよ、地面を蹴ってはいけません。地面を蹴ると、下腿三頭筋に体重は積載されません。) 

*鶏行歩は鶏歩の延長なので、大きい鶏歩となります。すると、下腿三頭筋に加えて、太もも裏の大腿二頭筋も支えとして動員されます。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-21 05:35 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー