動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2016年 06月 25日 ( 1 )

二つの弓歩

*心意六合拳の弓歩と武式太極拳の弓歩は、本質的に同じものです。納得できない人がいるようですけど。・・・表面的に形式を見る傾向のある人には、なかなか理解できないらしい。

*宋氏形意拳の熊の1号と崩拳が同じものだとは、勝手に理解できました。熊の1号と心意六合拳の熊吊膀が同じものだと、これも勝手に理解できました。すると、熊吊膀が撃てるようになりました。

*始めて熊吊膀を見た時は絶望しました。え? これ何の意味? 意味が解っても、どうやって撃つの? 撃てないよ・・・なんて。

*まあ、世の中にはなんの疑問も無く、撃ってしまう人もたくさんいるようですけど。ただの腕力技ならば、そんなもの要りません。こちらは非力な軟弱男なんですから。プロレスラーではありませんから。プロレスラーだって、合理的な技を使いますし。

*武式太極拳の弓歩と心意六合拳の弓歩・・・どちらが簡単か? というと私には解りません。でも、武式太極拳の弓歩は、蹠行性から指行性への移行がありますから、指行性弓歩の心意六合拳よりも簡単ではないのか? とは思います。

*ただ、これも足が硬直している人には難しい。硬直しているので、もう筋収縮できません。弓歩の過程が理解できません。

*武式太極拳の弓歩の場合、下腿三頭筋の下のほうから、徐々に水が溜まるように筋収縮していきます。そして、大腿二頭筋も下から水が溜まるように筋収縮していきます。同時に内転筋が膨らみます。

*この過程をゆっくりやることによって、指行性弓歩を造ります。え? お前はそれを誰に習ったのか? いえいえ、誰にも習っていません。でも、解ってしまうのです。どうもすいません。

*心意六合拳の弓歩は、この過程を一気にやってしまいます。なにしろ、始めから指行性なので、後ろ足(になる足) の足指と趾球から直接始めてしまいます。

*それでもフットワークは悪い。それで鶏歩が考案されたと、考えています。

*太極拳の場合、相手の突進を待ち構えています。そのために、フットワークは考えていません。まさに、大人(たいじん) の余裕です。アハハ (私には無理です、小心者なので。)

*心意六合拳は、カウンターは考えていません。でも、一撃必倒でもありません。相手も簡単には撃たせてはくれませんから。ですから、自分から仕掛けを造ります。釣りの餌みたいなものですね。

*つまり、コンビネーションです。このコンビネーションは基本的なものがあります。それは、内側へ入る方法、やや外側へ入る方法、大外へいく方法、などです。

*これも、技を分解してオリジナル・コンビネーションを造ります。自分の好きなコンビネーションを造ってください。

*フェイントは使いませんので、餌といってもかなり強力なものです。ですから、勁力の裏付けが必要となります。

*中高年には武式太極拳の弓歩のほうがいいのかな? と考えています。でも、そんなのメンドー臭いという人には、心意六合拳の弓歩をおすすめします。心意六合拳はいきなりドン ! と撃ち込みますから。

*短気な人には心意六合拳がおすすめです。でも、どちらにせよ硬直していると駄目です。

*武式太極拳の弓歩は何故小さいのか? というと、一歩の中に蹠行性から指行性まであるので、必然的に小さくなります。心意六合拳は最初から指行性なので、大きくすることができます。それだけの違いです。

*心意六合拳の普通の技は、もっと歩幅を大きくしています。大きく前進して、もはや弓歩にも成れないので、後ろ足を引き寄せます。いわゆる跟歩ですね。跟歩して鶏歩になります。

*誤解している形意拳者もいるようですが、跟歩自体に勁力があるわけではありません。そのまま放置すると崩れてしまうので、引き寄せるだけです。

*勁力は跟歩以前にあります。後ろ足(になる足) の指行性に勁力が内在しているのです。それも、地面を蹴ると駄目になってしまいます。

*ですから、弱いやわらかいバネを造ります。それが、足指と趾球ー足首ー下腿三頭筋で造る勁力トライアングルです。弱いバネなので、足首が折れ曲がります。(強い硬いバネが指行性ランニングとなります。硬いバネなので、足首が折れ曲がることはありません。)

*典型的なのが、燕子点水、虎抱頭、双虎抱頭、虎爪、などの技となります。もちろん、鶏行歩も弱いやわらかいバネで造ります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-06-25 00:24 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー