動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2016年 07月 21日 ( 1 )

足の裏側の筋肉

(昨日の体育館から)

*足の裏側の筋肉を使う練習をやってみました。心意六合拳の虎撲と搖閂把で、練習してみました。

*後ろ足の足指から、下腿三頭筋を伸ばします。さらに大腿二頭筋を伸ばします。昔使ってた言葉だと、エキセントレーション=伸張性収縮ですね。今は使いませんけど。

*これで弓歩が完成します。すると、もう勁力が形成されています。

*この弓歩の前段階動作は、宋氏形意拳の六合歩と同じです。すなわち、宋氏形意拳の六合歩から心意六合拳の弓歩となります。

*ということは、六合歩で内部操作もできます。同じ操作を六合歩のままで実行できます。だから当然、六合歩のままで発勁できます。

*でも、弓歩が一番理解しやすいので、弓歩になります。つまり、中身は同じです。

*見た目はほとんど同じなのですが、大腿直筋で弓歩を造ることもできます。この場合、地面を蹴るので、身体は浮くことになります。身体が浮いてしまうと、姿勢勁力は死にます。

*ここからは、寄りかかり発勁、沈墜勁、震脚などに頼る結果となります。

*そこで、表側の大腿直筋は避けて、裏側の筋肉=下腿三頭筋と大腿二頭筋・内転筋などを使うようにします。出発点は後ろ足の足指です。

*この時も地面を蹴ってはいけません。すると、とても大きな力が発生します。それが姿勢勁力です。

*ここから、虎撲によるぶつかり稽古をしてみました。乱暴にやると失敗します。ていねいに実行すると、上手く勁力が発生します。ぜひ、ていねいにやりましょう。

*同様に、搖閂把によるつぶし合いをしてみました。弓歩をていねいに造らないと失敗します。

*宋氏形意拳の龍形基本功による、体幹の動かし方もやってみました。小さい力で相手を振り回すことができます。

*土曜日もこれらを練習してみます。

臨時練習のお知らせです。会員で時間のある人は参加してください。

21日(木) 18時30分から平和台体育館柔道場で練習します。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-21 07:59 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー