動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2016年 07月 30日 ( 1 )

肩の力が抜けます

*私は知らない人から、インチキと言われるらしい。それで、このblog のぷろふぃーるにも、パチモンと自称することにしました。インチキと言われるから、その前に認めることにしました。

*中国伝統思想のほうがよっぽどインチキだと考えますが(役に立たない) 、メンドー臭いので、インチキだと認めることにしています。実際、頭が悪いし、身体能力も劣っているし。でも何がインチキで何が本物なのか? よく解りません。

*中国武術界とも絶縁しました。絶縁しても、困ることは何もありません。北京料理も台湾料理も食べたいとは思わないし~~ 北京料理は北京でたくさん食べた。北京で食べた四川料理はおいしかったけど、麻婆豆腐は翌朝真っ赤なピチグソになった。上海料理は好きです。ザリガニもカエルもカメも食べた。でも、アジの干物で十分です。

*まあ、伝統武術家の理解できない言葉を使うので、仕方ないかなあ、とも思います。そもそも、姿勢勁力なんて概念は存在しません。でも、姿勢勁力には自信があります。

*震脚は嫌いです。うんざりです。でも、簡単便利なので、これからも繁盛するでしょう。

*特に、宋氏形意拳の龍形基本功を完全解明し、熊の基本功0号を創作したので、教えることにも自信ができました。

*以前は、日本人には無理なのかなあ、と感じていました。でも、中国の先生にもヘタクソな奴はたくさんいます。宋氏形意拳にも心意六合拳にも武式太極拳にも、ヘタクソな中国人先生がいます。それで、考え方を改めて、1から10ではなく、1から20まで忍耐強く教えることにしました。それが、熊の0号に繋がりました。

*ところで、足の裏側の筋肉を伸ばして緊張させるのが、指行性勁力なのですが、できない人を発見しました。どうやら筋肉が縮こまったままのようです。それで圧腿をやることにしました。でも、高い蹴りが目的ではありません。やわらかくするのが目的ではありません。

*座ってやるのは無理かなあ? と思っていたのですが、片足を浮かす方法がありました。片足を浮かして、その足先を持って、伸ばします。本来は一人でやりますが、縮こまった人は一人では無理なので、二人一組でもやります。今日からやります。

*さて、今回は、勁力は曲がる、という話しです。"秘伝"なので、30円振り込んでください。あっきれいなオネーサンはそのままでいいです。え? 帰る? あっ待ってください。楽しいですよ~~

*この世に真っ直ぐなものは無い、そうですが、そんな大げさな話しではありません。全ての攻撃は曲がる、という話しです。特にストレート系の打撃は曲がる、という話しです。

*ストレート系の技でも、最後はほんのちょっとアップします。ほんのちょっとダウンします。それだけのことですが、とても効果的です。

*打撃が安定します。例えば、宋氏形意拳の崩拳とか、心意六合拳の単把とか虎撲とか、などが典型的です。ほんの少しダウンします。あるいは宋氏形意拳の鑽拳とか、心意六合拳の馬形拳とか、ほんの少しアップします。

*これは指摘されないと解らない位、微妙です。

*もう一つ、効果があります。それは、肩の力が抜けるんです。相手と衝突した瞬間、肩が緊張します。でも、そこからほんの少しダウンすると、アップすると、肩の力が抜けます。これはとても便利です。

*ほんの少し肩をダウンしてから、ほんの少しダウン撃ちします。あるいはほんの少し肩をダウンしてから、ほんの少しアップ撃ちします。

*宋氏形意拳の崩拳では、放物線を描きながら、最後はほんの少しダウン撃ちします。

*心意六合拳の単把では、最初に高く構えて、そこから斜め下へ撃ちます。

*この崩拳と単把から、小さい工夫ができるようになりました。肩の力も抜けました。

<遊び=練習予定> 予約は要らないので遊びにおいでください。

8月1日(月) 13時~光が丘公園芝生広場北口方面
8月3日(水) 19時~開進第一中学校体育館
8月4日(木) 19時~平和台体育館
8月6日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-30 08:52 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー