動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2016年 08月 05日 ( 1 )

インチキ道場の誕生

*こんにちわ、インチキ道場のパチモン・フジマツです。このインチキ道場という位置は、とても居心地がいい。これからもこの位置にいるつもりです。

*でもどうしてインチキと言われるのだろうか? その大きな原因は、"姿勢勁力"にあると考えます。

*普通、世間一般の武術は、動的勁力=動作勁力です。ところが、私が宋氏形意拳・心意六合拳・武式太極拳を分析したところ、静的勁力=姿勢勁力が浮かび上がりました。

*動作勁力は発勁動作により生まれます。それは、沈墜勁、十字勁、纏絲勁、震脚、開合、などの動作によって生まれる勁力のことです。

*しかし、私は静的勁力=姿勢勁力を発見して整理しました。だから発勁動作がありません。しかし、中国人は姿勢勁力なんて言いません。どうして言わないのか?

*これは、日本の中国学者が看破しています。それは、拙著「発勁力」にも書いてあります。

*中国語は分類語であって分析語ではない、ということです。中国語は世界を分類します。まず二つに分類します。それは陰と陽です。その陰陽がそれぞれ二つに別れて四になります。その四が別れて八になります。そして、世界はどんどん分裂して大きくなります。

*勁力もどんどん分類されて、100個以上あるようです。もはや、メンドー臭いので数えるのもアホらしい。

*毛沢東の思想は、プラグマティズムと言われています。その核心に思想がありません。もちろん、マルクス主義もありません。ただの実用主義ということです。すると、「政権は銃口から生まれる」(毛沢東語録) というわけです。

*しかし、そもそも中国には哲学が存在しない、とよく言われています。それも分類だけで分析が存在しないからです。でも哲学なんか無くても、王朝は生まれます。戦争も帝国主義も生まれます。

*チンパンジーも戦争するそうです。でもそれは小さいグループ間のことだから、大きな戦争にはなりません。ところが、ヒトは国家権力を造り上げてしまいました。すると戦争は地球規模のものとなりました。

*さて、元に戻りまして、姿勢勁力です。それは立ち方・歩き方から始まります。動物の立ち方・歩き方は様々です。ネコ科・イヌ科などの指行性、蹄を持つ羊・牛などの蹄行性。蹄行性は、馬などの奇蹄目と牛などの偶蹄目に別れます。そして、ヒトなどの蹠行性です。

*クマは蹠行性なので立ち上がることができます。でも足跡を見ると、後肢は蹠行性ですが、前肢は指行性に見えます。学者先生はなんと言うのかな? 

*そして、心意六合拳の鶏歩の後ろ足は指行性です。この後ろ足の指行性から勁力が生まれます。それが心意六合拳の鶏行歩となります。

*武術の弓歩には、蹠行性弓歩と指行性弓歩があります。動作勁力は蹠行性弓歩で、姿勢勁力は指行性弓歩です。

*ところが、武式太極拳は蹠行性から始まり、指行性弓歩に移行します。とても特殊な存在です。だから、姿勢勁力の範囲内となります。でもそれは僑松茂先生伝に限られるようです。

*この動物の立ち方・歩き方から勁力を分析したのも、フジマツが初めてです。それも心意六合拳と宋氏形意拳が動物武術であったお陰なんですけど。

*姿勢勁力は当然、立ち方から始まります。すなわち、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩となります。

*立ち方は、下半身だけでなく、上半身のあり方も求められます。それが、脇腹から鼠蹊部への切り込み=龍腰、鼠蹊部の切り込み、前腕の筋肉=鷹爪となります。それを、表現したのが、熊の0号です。

*もちろん、足首の折りたたみも含まれます。足首が折り畳まれることによって、指行性になります。すなわち、足指と趾球で立つことになります。

<練習予定>・・・楽しいインチキ道場へ予約無しで遊びにおいでませ。
8月6日(土) 16時~平和台体育館
8月6日(土) 19時~開進第一中学校体育館
8月8日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面
8月10日(水) 19時~開進第一中学校体育館
8月13日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-08-05 06:08 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー