動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2016年 08月 15日 ( 1 )

しゃがむ人、地面を蹴る人

*やわらかい三角形バネ=フニャフニャ鶏歩の記事を書きました。心意六合拳の鶏歩をやっていれば、硬い足首も少しやわらかくなります。

*自分の体重で、硬い足首も少しやわらかくなります。すると、勁力トライアングルも形成されます。すなわち、足指と趾球ー足首ー下腿三頭筋のやわらかい三角形バネです。

*でも、地面を蹴ってしまうと、全ては水の泡です。そんな人もいました。その人の場合、通常の大腿直筋で地面を蹴るというのではなく、下腿三頭筋で地面を蹴るというスタイルでした。

*不思議なスタイルだなあ? と感じていたのですが、事情を聞くと八卦掌の経験者でした。なるほどね、と納得しました。

*先天的に硬い足首の人もいます。特殊な性質の足首で、そのような場合には、鶏歩そのものが困難になります。

*ところがそんな人でも、心意六合拳・虎抱頭を撃つことができました。しかも、たった一回見せただけで、みごとに撃ちました。

*どうしてそんなことができたのか? その人はテコンドーの優秀な選手で格闘センスがありました。だから、鶏歩は難しくても、地面を蹴らない、ということができたのです。

*つまり、問題は、地面を蹴るのか、蹴らないのか、という一点に集中します。それだけで多くの問題が解決してしまいます。

*実際には、地面を蹴らないという条件を出すと、多くの人はしゃがんでしまいます。しゃがんでしまうと、姿勢勁力そのものが死んでしまいます。

*しゃがんでしまうのではなく、しかし地面を蹴るのではなく、という微妙な中間状態が求められます。

*鶏歩と鶏行歩は低い状態が求められますが、闇雲に低くすれば正しいわけでもありません。それは、しゃがんではいけない、という原則があるからです。

*鶏歩と鶏行歩を単純に低くすると、後ろ足の大腿直筋だけで立つという結果になります。下腿三頭筋はほとんど空っぽになります。つまり、姿勢勁力は死にます。

*この場合、後ろ足を観察していると、踵の位置がたいへんに高くなっています。そのために、下腿三頭筋に体重が降りていません。そんな状態の高名な上海の先生がいました。

*そうなると姿勢勁力は発生しませんから、勢いや沈墜勁や震脚などに頼る結果となります。

*その場合は体重移動も発生しているので、当然、前足の大腿直筋も動員されています。これでは、全ては水の泡です。

*勢いというと、ジャンプするということです。ジャンプして移動するのがランニングです。特に指行性ランニングです。

*指行性ランニングは素晴らしいのですが、ジャンブという一点で姿勢勁力には使えません。

*心意六合拳には跳躍技がたくさんあるので、私もびっくりしました。でもどれも戦術的跳躍でした。跳躍で勁力が発生するものではありません。だから、片足が着地した時点で勁力が発生します。

*つまり、未完成鶏歩の状態です。鶏行歩は、連続する未完成鶏歩となっています。いいかえると、一歩で、未完成鶏歩で止まっているような状態です。

*どんなに高速で鶏行歩しても、ランニングには成りません。つまり、高速鶏行歩も未完成鶏歩状態となります。仔細に観察すれば、未完成鶏歩で止まっているのが見えます。

*鶏歩で撃てない人は、弓歩で撃てない人は、宋氏形意拳の六合歩で撃てない人は、本質的にはしゃがんでいるのです。そのために、地面を蹴ろうとします。どちらにせよ、問題の解決からはどんどん遠ざかります。

<インチキ道場の練習予定> 予約無しで遊びにおいでませ
17日と20日は開進第一中学校体育館の工事のために、変更します。
8月15日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、石のテーブルがあります。
8月17日(水) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、石のテーブルがあります。
8月20日(土) 19時~平和台体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-08-15 05:09 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー