「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 02月 05日 ( 1 )

オオカミの走り?

(昨日の体育館から)

*久しぶりに関西から来たXさんを迎えて、もうすぐコアラと結婚するオネーサンaを交えて、blog に書いた心意六合拳・形意拳のおかしな歩法を教えてみました。

*これさえできたら、もう勁力を獲得してしまうという歩法です。

*一番解りやすい、心意六合拳・鶏撲食(けいぼくしょく) からやってみました。

*最初の一歩が肝心です。これでもう運命が決まります。

*でもやはりちょっと無理でした。鶏歩が浮いている人には早過ぎました。まあ、いつか解ると思うので、解説した要領を忘れないで練習してください。

*鶏歩が浮いている原因は、いろいろあります。人によって違いますが、だいたい共通する原因を並べてみます。

*上半身がゆるんでいないと失敗します。

*学校では、胸を張れ、背筋を伸ばせ、と教えられます。この学校教育が間違っています。だから、真面目な人は悪影響を被ってしまいます。(私は不真面目な人間なので、悪影響はありませんでした。先生のいうことなんか無視です。アハハ) 

*胸を張ると、大胸筋が過緊張してしまいます。これだけで身体が浮いてしまいます。なにしろヒトは直立二足歩行なので、すぐに悪影響が出ます。

*大胸筋が過緊張すると、肩が緊張してしまいます。肩が緊張すると、もういけません。勁力が死んでしまいます。肩はいつもゆるめるように注意します。

*背骨は胴体の真ん中にあります。背中を触ると感じるのは、背骨の突起です。というわけで、背筋を伸ばすと、背骨は反り返ってしまいます。

*背筋を真っ直ぐにするためには、どうしたらいいのでしょうか? 幸いなことに腹直筋があります。腹直筋で体幹を立てます。すると、背筋は真っ直ぐになります。

*お年寄りの背中が曲がるのは、腹直筋が衰えるからです。ではどうしたらいいでしょうか? 腹筋運動する? いわゆる腹筋運動は腰を痛めるたげです。腰痛の原因にもなります。

*腹直筋は体幹を立てます。これだけでいいんです。座っていも練習できます。座って何もしないと、猫背になってしまいます。腹直筋がゆるんでいるからです。腰痛の原因になります。(腹直筋は見せるためのものではありません。腹筋が割れていなくてもどうでもいいんです。腹筋で体幹を立てることが必要不可欠です。) 

*しかし、体幹の土台が必要となります。腹直筋はタテ方向なので、ヨコ方向の柱が必要となります。

*それが腹横筋です。腹をほんの少し凹ませて、左右横へ引っ張ります。ヘソの横数センチのところに圧力点が二つできます。ヘソそのものではありません。だから楕円形になります。

*これが心意六合拳の雷声となります。最初は息を吐きながら実行します。慣れてきたら、息を吸う時も維持します。息を吸う時に腹横筋がゆるんでいると、KOされてしまいます。

*同時に尻を収めます。腹横筋で膀胱のあたりの下腹部を持ち上げるようにします。すると、尻が収まります。これをいわゆる提肛と称します。

*そして、鼠蹊部が折れ曲がります。相撲の蹲踞の姿勢と本質的に同じです。いわゆるハイレグの部分です。真っ直ぐに立っていても、鼠蹊部が伸びてしまわないように注意します。鼠蹊部が伸びていると、とても弱い姿勢となります。中年のオジサンの姿勢を見ると、ほとんどの人の鼠蹊部が伸びています。

*なかなか下半身へ行きません。アハハ

*「哲学者とオオカミ」(愛・死・幸福についてのレッスン) 、マーク・ローランズ著、を読むと、イヌとオオカミの走りの違いについて述べていました。

*イヌの走りは、ほんの少し垂直方向の力が働くそうです。その結果、上下動が生じます。オオカミの場合、上下動が全く無いそうです。その結果、滑るように走るそうです。

*残念なことに、オオカミの走る姿を見る機会がありませんが、上下動が無いのは心意六合拳と宋氏形意拳にも共通しています。特に、心意六合拳の鶏行歩に顕著です。(沈墜勁や震脚を用いると上下動します。地面を蹴ると上下動します。) 

*アメリカのイエローストーン公園に二ヶ月位滞在すれば、オオカミの走りが見えるかもしれない。そんなチャンスは死ぬまで無いけど。アハハ 

(註) 走り=ランニングなので、オオカミの走りと鶏行歩は本質的に異なります。オオカミはバランスが素晴らしいのでしょう。イヌは家畜化されて少しズレたようです。

*ヒトの場合、滑るように歩くためには、足首が折れ曲がります。体重は足首と足指にかかるようにします。すると上下動が消えます。足首と足指は筋肉そのものではありませんから、実態としては下腿三頭筋が働きます。

*浮かない心意六合拳・鶏歩、浮かない宋氏形意拳の六合歩、を造るためには、鼠蹊部と足首が折れ曲がることが必要不可欠となります。

*しかしヒトは低い姿勢を造ると、膝を折り曲げてしまいます。すると、太ももの大腿直筋が過緊張してしまいます。大腿直筋の過緊張とは、実は墜落する姿勢なんです。

*なぜなら、その時、下腿三頭筋は空っぽとなります。足は大腿直筋と直結します。途中が空っぽです。非常に不安定となり、浮いた姿勢となります。浮いた姿勢は墜落するしかありません。

*下腿三頭筋を覚醒させて、浮かない鶏歩、浮かない六合歩を獲得しましょう。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-05 07:56 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー