動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 03月 09日 ( 1 )

伸張性収縮を短くする

*身体能力といえば・・・沖縄の劈卦拳の天才=古謝さんです。彼の若い頃、その二起脚を見て、こりゃあ敵わないと脱帽しました。高さだけじゃなくて美しいのです。彼に少林拳を教えていた佐藤聖二さんも、オッと目を輝かせていました。

*ケンカといえば、最近虎鷹拳院に復帰したシロクマさんです。その分厚い体幹と約100kgの体重、なによりも豊富な経験、とても敵いません。

*パワーといえば、空手家先生のクロクマさん。木の幹のような太い腕、つかまれたらもう動けません。彼に突かれたらどうなるのでしょう。

*身体能力も駄目、ケンカも駄目、パワーも駄目、メンタルも弱い。人に簡単に騙される。いいところありません。

*まあ、そんなわけで勁力を獲得しようと中国へ行きました。もう最初から盗む気満々です。どうせ、手取り足取り、なんて期待できません。中国の先生は、自分の弟子ができていなくてもニコニコしています。駄目とは絶対に言いません。私にお世辞言う先生もいます。(時系列がおかしいですが、話しを解りやすくしています。ご勘弁ください。)

*でも、フジマツがアホなので周囲の中国人が心配して、親切にしてくれました。なにしろカネが無いので、騙そうとする人も寄ってきません。(少しは来ましたが去っていきます。) 反対にどうにかしてやろう、と世話してくれるのです。

*そんなわけで、基本功の意味も自分で解明しました。姿勢勁力も自分で解明しました。若い頃、歩く中に勁力がある、と信じていました。それは少し当たっていて、半分以上間違っていました。ともかく、その誤解が導いてくれました。

*宋氏形意拳の馬形拳と心意六合拳の馬形拳をやってみて、集中力の高め方を見つけました。馬形拳をやってみると解りますが、全く効きません。普通に撃っては駄目なんです。距離を使っては駄目です。距離は短くていいんです。腕は長くてもいいし、短くてもいいんです。そして、沈墜勁や震脚などの動的勁力は使いません。

*下腿三頭筋の伸張性収縮は理解できました。回族の陳先生のお陰です。そこで、これをどんどん短くします。心意六合拳の鶏歩で撃つとは、伸張性収縮を短くするということです。形容矛盾のようですが、動作を小さくして時間を短縮します。


*結果的には、勁力は隠れてしまいます。でも、意図的に隠した訳ではありません。必然的に隠れただけです。

*これを軽く撃ったところ、むち打ちになると言われました。実験協力はちくわさんとNさんでした。というわけで、むち打ち拳と名付けました。それは冗談です。名前は要りません。

*ところがこれを発見するためには、大きい動作と長い距離で練習します。おかしな話しなんですが、いわゆる寸勁なんか練習する必要はありません。むしろ寸勁の練習なんか邪魔です。寸勁の練習はおかしな方向へ行きます。例えば、肩甲骨発勁です。

*というわけで、心意六合拳の技を大きく練習します。例えば、搖閂把や鷹抓把などです。そして、必ず下腿三頭筋の伸張性収縮を優先させます。

*もちろん、最後まで肩を使わない習慣を身につけます。どうして肩を使ってしまうのか? まあ、強く撃ちたいのでしょうが。それが弱くする要因だとは理解できないようです。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-03-09 08:15 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー