動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 04月 02日 ( 1 )

鶏歩状態とは何?

*心意六合拳の師匠に、「心意六合拳は起勢から収勢まで、リラックスしてはいけない」と教わりました。

*その意味は聴かされた時、全く解りませんでした。

*もちろん、今は解ります。

*それは全身をガチガチにすることではありません。もちろん、胸と肩の力は抜きます。

*要点があります。要点だけ守ります。その要点は三つです。

*一つは前腕の筋肉による鷹爪です。

*一つは、腹横筋です。ほんの少し腹を凹ませて、左右横へ引っ張ります。

*そして最後は、ヒラメ筋から始まる下腿三頭筋の伸張性収縮です。

*この三点だけはゆるめてはいけません。他はゆるめます。上腕の筋肉もゆるめます。(腹直筋は腹横筋に連動しますので、そんなに気にしなくていいです。)

*ヒラメ筋から始まる下腿三頭筋の伸張性収縮とは、鶏歩状態のことです。

*鶏行歩とは、鶏歩の足が交替するだけです。途中は大きい鶏歩になりますけど。

*この時、空白時間を造ってはいけません。常に鶏歩状態にします。

*そのために、踵から接地して即時、足指と趾球で立ちます。即時、指行性になります。ここだけはのんびりやってはいけません。この時間を足裏時間と称します。足裏時間は短縮します。

*さて、ヒラメ筋から始まる下腿三頭筋の伸張性収縮です。これが解りにくい。

*ここが抜けていると鶏歩は死にます。ただ、低くしゃがんでいる状態となります。しゃがむ鶏歩です。そんな人が少なくありません。勁力は死に体です。(不幸なことに、そんな心意六合拳もあります。すると、沈墜勁や震脚に頼る結果となります。)

*生きている鶏歩とは、下腿三頭筋が伸張性収縮している状態です。もちろん、後ろ足ですが、鶏行歩では足が交替しますので、前足一本足状態で入ります。(ニワトリの指行性一本足です。) この前足がすぐに後ろ足になります。

*この鶏歩状態を知るために、足首が折れ曲がります。

*解りやすくするために、四つん這いで鉄牛耕地の状態になります。

*そのままどんどん体重を後ろへ下げます。足首はどんどん折れ曲がります。当然、踵は浮きます。尻は上がります。足指で支えます。ライオン体操の逆状態です。

*その時、下腿三頭筋は伸張性収縮しています。どうでしょうか? 感じますか? かなり極端にやります。

*この状態を保ちます。ゆるめてはいけません。これがリラックスしない鶏歩状態です。鶏歩では、後ろ足一本状態で下腿三頭筋を伸張性収縮させています。それを自分の体重で造ります。余計な力を加えてはいけません。

*鶏歩では、常時、戦闘状態です。

*武式太極拳では、蹠行性(せきこうせい) から指行性への移行過程があります。心意六合拳は常時、戦闘状態です。

*宋氏形意拳では、戦闘状態へスイッチが入ります。待機状態が六合歩です。六合歩も戦闘状態なのですが、待機状態でもあります。やや曖昧なところがあります。

*心意六合拳では、曖昧なところがありません。常時、戦闘状態です。常時、雷声状態です。まさに回族の気質が現れています。被抑圧民族の内に秘めた反抗の情念があります。

*これを支配民族の漢族は理解できません。だから、沈墜勁や震脚に流れたのか? それとも回族が隠したのか? 日本人の私が知るところではありません。でもおよそ、内家拳の雰囲気ではありません。内家拳? なにそれ? おいしいの? 少なくとも、内家拳の概念は漢族が造り出したことを理解できます。

*鶏歩では、常時、後ろ足にスイッチが入っています。空白の時間は許されません。左右どちらかの足は、常に下腿三頭筋が伸張性収縮しています。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-02 08:00 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー