動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 04月 15日 ( 1 )

内転筋の覚醒へ

*桜の花よりも、桜の樹の新緑が好きです。きれいな若緑色の葉っぱです。そんなひねくれ者のアホのフジマツです。

*パッと咲いてパッと散るクローン桜は、帝国の戦争に利用されました。「海ゆかば~」の歌は、私には葬式の歌に聞こえます。もうすぐに帝国の亡霊は復活するでしょう。

*第一回伝統武術表演交流大会(5月4日) の入場券を5枚いただきました。河田先生、ありがとうございます。1枚は行きたいと言っていたオバチャンBに差し上げます。その他の4枚は会員に差し上げます。有名な先生たちの演武が見られます。きっと素晴らしい先生と道場が見つかります。

*アホのフジマツには、来賓券いただきました。しかし、インチキ・フジマツを来賓にすると、大会の権威が汚れますヨ。行かないかもしれないし、行ってもそっと柱の陰からのぞきます。アハハ 渋谷クアトロのあるライブの時も、柱の陰からのぞいていたフジマツでした。ウフフ (しかし来賓だとご祝儀持って行かないといけないなあ。アッキーじゃないから百万円は要らないけど。悩む極貧のフジマツ)

*さて、なにもしない心意六合拳・鶏行歩ですが、歩くことはします。でも、地面を蹴ることはしません。

*地面を蹴らずとも、自分の体重があります。この体重を利用します。ただし、体重移動はしません。体重移動すると、墜落してしまいます。(これを拡大すると、沈墜勁や震脚となります。) すると、どうなるか?

*足首が折れ曲がります。すると、足指が出現します。蹠行性(せきこうせい) から隠れ指行性となります。

*この時、同時に鼠蹊部が折れ曲がります。もし鼠蹊部が伸びていると、膝に体重がかかります。膝が痛くなります。

*同時に尻が収まります。いわゆる提肛の状態です。腹横筋で膀胱のあたりを持ち上げてやります。腹横筋はほんの少し凹ませて左右横へ引っ張ります。

*同時に、体幹を腹直筋で立てます。背筋を背筋で伸ばさずに、腹直筋で背筋を立てます。

*胸と肩は使いません。腕は脇腹の前鋸筋から生やします。心意六合拳と形意拳の龍身です。龍はワニ=爬虫類ですから、脇腹から前肢が生えます。(これ相撲と同じです。相撲はとても合理的です。)

*体幹は開くことなく、閉じます。脇腹の前鋸筋から鼠蹊部へ向かって閉じます。心意六合拳と形意拳の龍腰です。このラインは股でクロスして内転筋へ達します。

*さて、足に戻ります。体重は足指と趾球にかかります。ワンちゃんとニャンちゃんの肉球です。

*この時に、抵抗・反発してはいけません。抵抗・反発すると、下腿三頭筋が過緊張してしまいます。また、足指と大腿直筋が直結してしまいます。

*すると、身体が浮いてしまいます。大腿直筋はジャンプ筋だからです。これを拡大するとランニングやウォーキングとなります。ランニングとウォーキングは鶏行歩と真逆の運動です。それらはジャンプ運動です。

*ここが最大の落とし穴です。落とし穴に落ちないようにしてください。

*がんばると落とし穴にはまります。がんばってはいけません。力を抜きましょう。

*なにもしないということは、がんばらないことです。そのために力を抜きます。

*足首が折れ曲がると、下腿三頭筋が起動します。正確にはヒラメ筋から起動します。

*大腿直筋も用いますが、大腿直筋は最後に起動します。なによりも始めは下腿三頭筋です。そして、内転筋、大腿二頭筋、半腱半膜様筋、などとなります。

*全体のバランスは内転筋で造ります。この内転筋はなかなか起動しません。

*そこで、心意六合拳・弓歩で内転筋を起動させます。なるべく大きい弓歩を造ります。

*すると、内転筋に体重が降りてきます。内転筋の覚醒です。ここが姿勢勁力の第一歩ともいえます。

@ はいさいフェスタ(川崎) 、5月3日~5月7日です。いつ行くかなあ? 

@ 池袋サンシャインめんそーれフェスタ、5月26日~6月4日です。ゴールデンウィークじゃなかった。失礼いたしました。うないぐみ来るかな? 
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-15 07:56 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー