動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 04月 24日 ( 1 )

フジマツスタイル

*Hさんに、5・4伝統武術表演交流大会を見るように勧めたのですが、そこには姿勢勁力があるのですか? と言われ断られました。

*そもそも中国には、姿勢勁力なんて言葉はありません。日本にもありません。フジマツの造語です。フジマツが姿勢勁力の要素を抽出して純化したものだからです。フジマツのでっち上げ、と言われるかもしれません。たぶん、インターネットで言われているでしょう。インチキですから。

*宋氏形意拳の中の姿勢勁力を抽出して、より純化しました。心意六合拳の中の姿勢勁力を抽出して、より純化しました。武式太極拳の中の姿勢勁力を抽出して、より純化しました。

*だから、宋氏形意拳の、心意六合拳の、武式太極拳の、完全コピーではありません。フジマツスタイルです。

*宋氏形意拳の熊の基本功1号と2号、龍形基本功が、姿勢勁力の元です。

*熊の1号が心意六合拳の熊吊膀と本質的に一致しました。そこから、いろいろなことが解りました。

*そして、心意六合拳と形意拳の龍腰と龍身を解明しました。

*というわけで、現在の宋氏形意拳・熊の1号には心意六合拳・熊吊膀も入っています。もちろん私が入れました。

*つまり、現在の熊の1号は、フジマツスタイルです。以前は、宋光華先生に教わったままを教えていました。今は違います。

*龍形基本功には、前腕の外側から背中を通る一本の筋があります。宋氏形意拳の馬形拳も同様です。

*ところが、虎形拳は前腕の内側から胸を通る一本の筋がある、と宋光華先生に教わりました。馬形拳と虎形拳は違うというわけです。

*しかし、それだと胸が緊張してしまう危険があります。だから、それは間違いだと考えました。そこで、馬形拳と同様にしました。つまり、全ては龍形基本功ということです。もうその辺りからフジマツスタイルです。

*宋氏形意拳は最初から、宋光華先生と趙栄昌先生のミックス・スタイルでした。趙栄昌先生は宋光華先生の兄弟子です。先代の宋鉄麟先生の一番弟子といわれていました。毎日、宋光華先生の自宅に来て、私を指導してくれました。

*そんなわけで、起勢と収勢は趙栄昌スタイルになりました。崩拳も趙栄昌スタイルになりました。そのほうがシンプルだったので、私の好みでした。

*心意六合拳は張克強先生の中年の頃に習いました。今の張克強先生のスタイルとは違います。また、20代後半の映像があったので、それを参考にしました。

*姿勢勁力の足は、心意六合拳の鶏行歩です。その鶏行歩のスタイルも変わりました。ニワトリの指行性一本足に、より近づけました。原点回帰です。

*武式太極拳は、喬松茂先生から、「いろいろ技があるけど、ランザーイーが最も重要だ」と言われました。しかし、ランザーイーなんてほとんど全く手の動きがありません。そこで、その弓歩が大事なのだ、と解釈しました。

*雲手はメンドー臭いし、その歩法に疑問がありました。そこで、省きました。二起脚も省きました。少林拳の名残みたいなものです。どんどん削りました。そこで、フジマツスタイルと成りました。

*足の勁力は、心意六合拳の鶏撲食(けいぼくしょく) 、鷹抓把(ようそうば) 、などから発見しました。それを鶏行歩に応用しました。全ての技に応用しました。

*古拳譜に、心意六合拳の歩法は全て鶏行歩、とあります。私はその最初の一歩に注目しました。そこに勁力の全てがある、と考えました。

*それは地面を蹴るのではなく、足首が折れ曲がります。すると、一方は足指へ、一方は下腿三頭筋へ向かいます。足指と下腿三頭筋が覚醒します。

*套路コレクターは止めたほうがいいです。虎鷹拳院には、時々、套路コレクターが現れます。それらの人は必ず失敗します。永遠に勁力を獲得できません。基本功を徹底して練習すべきです。

*心意六合拳・鶏歩を毎日練習すれば、全ての単練法=技がとてもラクチンに撃てるようになります。鶏行歩もとてもラクチンになります。

*宋氏形意拳・六合歩を毎日練習すれば、五行拳がとてもラクチンに撃てるようになります。

*宋氏形意拳・龍形基本功と熊の基本功1号・2号を練習すれば、心意六合拳と形意拳の体幹の動きを獲得できます。

*心意六合拳・鉄牛耕地すれば、体幹を強化できます。(腕立て伏せは止めましょう。) 
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-24 08:22 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー