動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 05月 09日 ( 1 )

鶏行歩のインチキ極意その三

*こんにちわ、指行性の姿勢勁力を解明して、中国と日本の水平を越えてしまったアホのフジマツです。

*動物の立ち方・歩き方は様々です。それに気付いたのは心意六合拳の鶏歩です。鶏歩は後ろ足の踵が上がっています。とても変な立ち方です。人間の立ち方ではありません。なにしろ鶏歩=ニワトリですから。

*踵が上がっているとは、踵を使っていないということです。鶏歩とはニワトリの歩型です。ニワトリは鳥類なので、指行性です。足指と趾球で立ちます。鳥類は恐竜の仲間なので、恐竜も指行性です。ネコ科・イヌ科も指行性です。

*それらの動物の踵(に相当する関節) はかなり高いところにあります。しかし、ヒトは踵のある蹠行性(せきこうせい) です。

*クマも蹠行性なので立ち上がります。でも、前肢は指行性です。前肢を怪我したクマは直立二足歩行する例もあるそうです。

*その他、指先で歩く蹄のある蹄行性があり、さらに偶蹄目(ヒツジ、ヤギ、ウシなど) と奇蹄目(ウマ)
に別れます。

*ヒトは蹠行性なので、完全な指行性には成れません。アフリカのマラソン選手は指行性ランニングですが、指行性で歩くことはしません。

*宋氏形意拳は踵が地面に触れているので、隠れ指行性となります。心意六合拳も完全な指行性には成れません。カラダの構造が指行性ではありません。

*武式太極拳の虚歩は完全な蹠行性です。そこから、隠れ指行性の弓歩に成ります。蹠行性から隠れ指行性への変態過程があります。

*鶏行歩のアイディアは、ニワトリの指行性一本足から生まれました。ニワトリがゆっくりと歩く時は、一本足状態になります。ツルの一部も一本足になります。ハヤブサは休む時に一本足になるそうです。

*ヒトが指行性になる理由は、瞬発力を高めるためです。一本足になる理由は、体重を集中するためです。

*勁力といっても特別なものはありません。自分の体重を利用するだけです。(太極拳の詐欺師は気を言い出します。)

*しかし、体重を浴びせてしまうと、勁力は消えてしまいます。身体が浮いてしまうからです。つまり、勁力として利用できる体重が激減してしまいます。

*肩や胸が緊張していると、やはり身体が浮いてしまいます。

*浮いた身体を沈める沈墜勁や震脚は、勁力が途切れてしまいます。それで蓄勁が必要となります。

*身体が浮くことなく、沈むこともなければ、勁力が消えることも途切れることもなくなります。蓄勁も不要となります。

*身体が浮かないように、体重は常に下腿三頭筋にキープします。それが指行性の姿勢勁力です。

*体重を下腿三頭筋にキープしたまま歩きます。それが心意六合拳の鶏行歩です。発勁しても変わりません。同じ姿勢です。(つづく)

お知らせ・・・暖かくなってきたので、月曜日13時~の練習は光が丘公園になります。(雨天の時は平和台体育館です。) 5月から10月末までの予定です。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-05-09 06:33 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー