動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 05月 14日 ( 1 )

死んだ足指の残したものは

*日本は人口が減るし、このまま行くと中国武術は滅びる。と、河田先生は言う。だから、伝統武術表演交流大会を開催したのだそうだ。

*中国武術が滅びるのは歴史的必然だから、そのまま滅びればいい、というのが虎鷹拳院の会員たちの見解です。私の見解ではありませんよ。ウフフ

*原発好きで戦争好きな長州アベ君と共に日本は滅びるだろう、とアホのフジマツは想います。でも、それが日本人の選択ならば、それでいいのだ、と想います。それが私の見解です。

*その滅びへ至る道が2020年東京オリンピックです。

*日本人の陳式太極拳や八極拳を見ると、足指が死んでいる。馬歩でも足指が生きていればいいのだけれど、足指が死んでいる。センセーといわれる人たちも、そのことを知らない。無知は恐ろしい。

*虎鷹拳院にも足指が死んでいる人がいます。再三指摘しているのだけれど、治す気はないらしい。もちろん、足指が地面をつかんではいけません。

*日本人全体の足指が死んでいる。死んだ足指で武術しても、無意味です。

*死んだ足指の根っこは、硬直した足首です。日本人全体の足首が硬直しています。これでは、心意六合拳も宋氏形意拳も武式太極拳も、死んでいます。指行性の姿勢勁力も当然死んでいます。

*套路を覚えても、死んだ足指では無駄なことです。指行性もお題目だけ、ということです。

*心意六合拳の鶏歩を失敗するのは、硬直した足首のためです。鶏行歩で地面を蹴ってしまうのは、硬直した足首のためです。

*死んだ足指を再生するためには、硬直した足首を治す必要があります。

*折れ曲がる足首を提唱しているのは、そのためです。結果的に、地面を蹴らなくなります。

*中国武術が滅びるのは、決まった道です。日本が滅びるのも、どうやら決まった道です。

*でも、自分の生きている間は、日本人の死んだ足指と硬直した足首を治してみたい、と想います。

*死んだ足指の残したものは・・・いうまでもなく廃墟です。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-05-14 07:47

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー