動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 07月 22日 ( 1 )

大切なことはがんばらないこと

*心意六合拳は勇猛果敢、ガンガン行く、男らしい、一撃必殺、といったイメージを持っていると失敗します。あるいは、程度の低い心意六合拳しか得られません。

*なによりも、鶏歩が、鶏行歩ができません。地面を蹴ってしまいます。

*実はもっと繊細なんです。撃つのですが、前へ突っ込みません。それが姿勢勁力です。

*でもそんなのは嫌いだ、という人は震脚風心意六合拳が似合っています。虎鷹拳院では取り扱っていませんけど。

*かといって、推手、化勁、合気、などの心理学に偏ってもいけません。なによりも勁力が得られません。心理学はほどほどにしておいてください。

*単純に強いイメージを持っていると、なによりも鶏歩ができません。

*鶏歩の目的は、足首に体重を降ろすことです。

*そのためには、上半身の力を抜きます。そして、足首の力も抜いてしまいます。

*足首は関節ですから、実際の力は下腿三頭筋が担います。つまり、下腿三頭筋の力も抜いてしまいます。

*姿勢勁力の源の筋肉は下腿三頭筋です。それを抜いてしまうとは? フザケルナ ! フジマツのアホ !

*フジマツはアホなんですが、この場合は正解なんです。

*姿勢勁力は、姿勢に基づいています。つまり、自分の体重を利用するだけなんです。その目的に筋肉は従います。

*体重が根本となります。筋肉はその目的のために僕となります。

*余分な筋力を発揮すると、姿勢が崩れてしまいます。だから、下腿三頭筋も力を抜くのです。

*下腿三頭筋は自分の体重分の仕事だけすればいいのです。それ以上の仕事をしてはいけません。

*余計なおせっかいは、姿勢を、勁力を破壊してしまいます。

*鶏歩はたいへんにバランスが悪いのですが、悪いままにしておきます。

*がんばって立つ必要はありません。そのがんばりが鶏歩を破壊してしまうのです。

追伸

@ 他人の存在価値を認めない人は、珍しくありません。そんな人も虎鷹拳院に来れば教えてあげます。でも、他の会員と接触しないでください。孤高を貫いてください。そうしないとトラブルになります。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-07-22 09:04 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー