動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 07月 29日 ( 1 )

勁力=指行性一本足状態

*こんにちわ、インチキのフジマツです。

*5年前、腎不全と心不全で死にそうになったのですが、今はほぼ元気です。医者に聴いたら、心臓はほぼ良好だそうです。正常の値に近い。心臓肥大あり。腎臓は一度壊れると治らないそうで、100点満点で38、5点とのこと。なんだ、赤点かい ! 尿酸値が高い。粗食なんですが、痛風の危険あり。腎不全から来るそうです。炎天下の運動は駄目。脱水するとヤバい。などでした。尿酸を下げる薬を加える、そうです。もう薬は要らないんですけど。迷惑だよ ! 

*というわけで、光が丘体育館のジョギングコースで心意六合拳・鶏行歩やろうかな、と考えています。付き合ってくれる人がいたら歓迎します。ゆっくり鶏行歩と高速鶏行歩を交互にやります。フジマツはすぐに電池切れしますけど。

*まだ姿勢勁力ができない人には、鶏行歩よりも鶏撲食(けいぼくしょく) がおすすめです。でも、力を入れてやる人を見ると、がっかりします。なんで力を入れるのかなあ? 理解不能です。力は出すもので、入れるものではありません。(オカネは入れるもので、出すものではありません。アハハ)

*それでフニャフニャ体操に禅密功やってます。ところが、できないからやらない、なんて人もいます。やらないことは一生できないのですけど? 力を抜け、というのですが、見ているだけで固まっています。ちっぽけなプライドは捨てましょう。

*姿勢勁力の基本は、折れ曲がる足首と折れ曲がる鼠蹊部、です。これは、心意六合拳の鶏歩・弓歩、宋氏形意拳の六合歩、に共通しています。そして、日常姿勢もそうしてしまいます。

*膝ではなく足首が折れ曲がる、というと、なんのことだかわからないわよ、とオバチャンBが言ってました。最近はわかったそうです。

*なんでわからないのかなあ? フジマツのアホ頭で考えました。すると、そもそも足首が折れ曲がることなど日常歩行ではあり得ない、とわかりました。

*だから、膝が折れ曲がってしまう、ということです。ヒトが直立すると、足首も伸びてしまいます。蹠行性なので当然です。鼠蹊部も伸びてしまいます。

*だから、そもそも直立二足歩行が間違いだったのです。でも、もはや四足歩行はできません。手の長さと足の長さが違い過ぎます。頭も大き過ぎです。

*そこで、恐竜=鳥類の指行性二足歩行です。指行性なので足首は伸びません。直立ではないので鼠蹊部も伸びません。

*さらに指行性一本足になります。ニワトリです。すると、体重が一本足に集中します。この集中した体重を勁力とします。

*もはや人間ではありません。アハハ でも相手を軽く感じます。これが楽しい。この楽しさをみなさんにも味わってほしい、と考えています。

*実は一本足で撃つ技が心意六合拳にあります。それは前足一本足なんですが、フジマツの勁力獲得にとても協力してくれました。ただフットワークが悪いので、技は二つだけです。つまり、実際に使うことはないでしょう。それでも、練習する価値はたいへん大きい。

*他の技も、指行性一本足状態になると勁力が発生しています。つまり、みんな同じなんです。鶏行歩も指行性一本足状態が連続します。とても単純なんです。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-07-29 08:41 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー