動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 08月 21日 ( 1 )

いい加減にやろう

*Nさんに後ろ足裏側筋肉の伸張性収縮を教えたら、できるようになりました。ところが、小さな勁力しか出ません。大きな勁力が出ません。

*なんでだろう? と思ったら、表側の大腿直筋も緊張していました。

*裏側も表側も、足の全ての筋肉を使っていたのです。

*全ての筋肉を使ってしまうと、勁力は激減します。「全ての筋力を使うのが、全身で撃つ、という意味」、なんて武術の先生がいますが、大間違いです。困った先生です。

*それでは身体が硬直してしまいます。

*硬直した身体では、闘うことができません。動けません。一つの例として、心意六合拳では捲地風という低い蹴りができません。

*なによりも小さな勁力しか出ません。

*姿勢勁力では、身体をゆるめる必要があります。そのために、禅密功をしています。心意六合拳の天地功をしています。

*そしてなにより、フニャフニャ足首を造ることが必要です。

*大腿直筋の緊張は、足首が硬直してしまいます。もはや指行性どころではありません。

*蹠行性と直立二足歩行では、結局のところ、足首が硬直してしまいます。

*普段歩く時も、足首をゆるめることに注意します。

*宋氏形意拳の六合歩は、フニャフニャ足首でできています。心意六合拳の鶏歩も、フニャフニャ足首でできています。武式太極拳の弓歩もフニャフニャ足首でできています。

*例えば、心意六合拳の鶏歩を造る時、全身の力を抜きます。但し、肝心なところがあります。それは、腹横筋と前鋸筋、そしてヒラメ筋です。

*初めの頃は、腹横筋も前鋸筋も動きません。全く反応しません。これらは、宋氏形意拳の熊の1号で覚醒させます。

*ところが、ヒラメ筋の覚醒は難しい。

*それは、足首が硬直しているからです。足首はユルイ鶏歩を造ることを拒否します。拒否するのが自然な反応なのです。

*それは、ヒトは地面を蹴る動物だからです。地面を蹴って前進してきました。競歩やランニングを見ると、一目でわかります。ウォーキングでもわかります。

*ユルイ足首に体重を降ろします。すると、足指が出現します。指行性に近づきます。

*しかし、ユルイ足首では体重を支えられません。

*そこで、仕方なしにヒラメ筋が覚醒します。日頃、ヒラメ筋は棒のようになっています。棒になって、重力に抗しています。

*それでは、鶏歩の足を支えられません。棒はゆるめてしまいます。

*歩き疲れて、足が棒になった、なんていう感覚があります。その時はチャンスです。もはや力が入りません。大腿直筋に力が入りません。

*大腿直筋の代わりにヒラメ筋が身体を支えます。

*これを大きい鶏歩で練習できます。大きい鶏歩になって、身体をゆるめてしまいます。大腿直筋もゆるめてしまいます。足首もゆるめてしまいます。

*がんばる人は大腿直筋を緊張させてしまいます。足首も硬直させてしまいます。つまり、一生懸命にやると失敗します。不真面目にやると失敗します。「いい加減」が大切です。

追伸

心意六合拳の鷹爪は、中指、薬指、人差し指の三本が大切です。ということは、つかむための親指が欠けています。つまり、鷹爪は打撃のためにあります。

民間武術に段位はありません。(最近、北京中央政府は段位を認定しているそうです。かなり政治的判断です。) 武式太極拳の喬先生によると、本来「伝人」は一人だったそうです。それは、一子相伝、という言葉と適合します。今日、様々な流派には伝人がたくさんいますけど。

勝手に虎鷹拳院の心意六合拳を教えている人がいますが、あんなヘタクソなものを教えていいのかなあ? と思います。もう一度、虎鷹拳院に来て習い直してください。お安くしまっせ

もしも宋氏形意拳の宋光華先生に熊の1号を習ってなかったら、フジマツは宋氏形意拳どころか、心意六合拳も体得できませんでした。心意六合拳はいきなり完成形を求められます。幸いなことに、宋氏形意拳には根本的な基本功が備わっていました。それでも失敗する先生もいますけど。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-08-21 08:36 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー