動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 09月 07日 ( 1 )

低い姿勢は地獄への道

(昨日の体育館から)

*どうも解らない人がいるので、宋氏形意拳の龍形基本功を修正しました。そこで、最長最適な腕の長さと、力の抜き方を復習しました。

*そこから、両手を胸前に持って行きます。その時に、普通の人は力を入れてしまいます。これは無意識に入れてしまうようです。

*だから、自分が力を入れていると理解できません。

*そこで、力が入っていると、指摘してあげます。そこで、さらに修正します。これはしつこくやってみました。

*普通の人は、死ぬほど鈍いので、しつこく修正してあげます。

*さらに、心意六合拳の鶏歩の修正です。

*例の田植発勁です。

*私が、人の後ろ足足指ー足首ーヒラメ筋の角度と位置を修正してあげます。

*こうでもしないと、死ぬほど鈍い普通の人は解りません。

*ここで、おかしな行動をする人が現れます。

*一生懸命に低い姿勢を造ります。

*それが間違いの元なんです。

*姿勢の高低は、勁力と無関係なんです。

*しびれるような大腿四頭筋、なんて要りません。どうでもいいんです。

*問題は、足指ー足首ーヒラメ筋の角度と位置なんです。

*低い姿勢を造ろうとすると、膝を折り曲げてしまいます。すると、身体は前へ突っ込みます。すると、後ろ足の勁力は死んでしまいます。

*以前、フジマツの鶏歩と鶏行歩は高過ぎる、と非難されました。

*心意六合拳者たちも、低い姿勢が勁力を造ると誤解しています。無知なんです。

*かわいそうだなあ、とは想います。無知は悲惨です。無知は罪です。同情します。でも、誤解を世間に広めないでください。悲惨な状況は自分だけにしてください。

*最後に、相手を押してもらいました。もちろん、肩の力は抜きます。

*相手の体重を肩で受け止めてはいけません。足指で受け止めます。

*肩で受け止めるのは、人間の本能のようです。直立二足歩行から来る本能です。でも、その本能は邪魔なんです。本能を捨ててしまいます。

*含胸拔背を、胸の前を丸めて、鎖骨のあたりを固めて造る人たちがいます。それが大間違いです。

*何処も固めてはいけません。使うのは、前腕の筋肉だけです。それも、手首のあたりの筋肉です。

*自分の手首をにぎってみてください。その部分の筋肉だけです。

*そして、指の第一関節を伸ばします。手をにぎる力ではありません。それだと、逆方向です。手の指を伸ばす力です。

*と指摘すると、普通の人は第三関節に力を入れてしまいます。大間違いです。第三関節とは、見かけ上の指の付け根です。あくまで、第一関節を伸ばします。

*腹直筋で体幹を立てます。

*鎖骨のあたりの力を抜きます。

*最適最長の腕の長さを覚えます。

*心意六合拳の鶏行歩を、大腿四頭筋で実行してはいけません。いくら低い姿勢で鶏行歩したところで、無駄というものです。

*いくら低い鶏歩を造ったところで、無駄というものです。

*足指ー足首ーヒラメ筋の角度と位置を理解しなければいけません。姿勢の高低と勁力は無関係です。足首が折り曲がるためには、ある程度の低さは必要ですけど。

*普通の人は、低い姿勢を膝を折り曲げて造ってしまいます。それが地獄への道とも知らずに・・・

追伸

宋氏形意拳の龍形基本功から、合気道要らず、の技を作りました。とても便利です。でもこれ、接点がズレると失敗します。

直接の接点は前腕の内側なんですが、接点を固定するのは、前腕の外側の筋肉なんです。それを理解できないで、力で解決しようとすると、失敗します。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-09-07 08:23 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー