動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 09月 12日 ( 1 )

心意と形意の通低音

*上手い人と下手な人の違いは、何処から来るのでしょうか?

*肩の力を抜くことは当然です。いわゆる中国拳法や太極拳の道場では、そんなことも指導していないこともありますけど。

*肩の力を抜いても不十分です。上腕もフニャフニャにします。

*上腕の筋力と前腕の筋力を分離させなければなりません。突きに上腕三頭筋は不要です。邪魔なんです。もちろん、上腕二頭筋も不要です。使い道が違います。

*必要なのは、前腕の筋力だけです。それも、手首近くの前腕筋です。

*勁力の出る所は、手の指先と足の指先です。

*手の指先を張ります。第一関節の部分です。そのために、前腕筋を使います。

*下手な人は、前腕だけでなく、上腕の筋肉も張ってしまいます。さらに肩も張ります。もう勁力は出て行かれません。引きこもってしまいます。

*その前に、下手な人は第三関節を張ってしまいます。見かけ上の指の付け根です。それは大間違いです。全体を丸くして、第一関節からの指先を張ります。

*その指先で掌を造ります。拳を造ります。

*拳の造り方は、手の甲と手首を真っ直ぐにします。その手の甲の張りをそのままに、指先を丸くして拳を造ります。すると、手の内に空気が残ります。15年振りに来たYさんの表現だと、鉛筆一本握ったような感覚です。

*そして、上腕三頭筋も上腕二頭筋もフニャフニャにします。すると、鋭く速い拳が撃てます。

*そのことは、宋氏形意拳の崩拳で学びました。また、心意六合拳の鷹爪の拳理から学びました。

*肩の力を抜くのはいいんですが、それでは腕を支えられません。

*そこで、肩の代わりのものを用意します。

*それが脇腹の前鋸筋です。前鋸筋から腕が生えます。それが、心意六合拳・形意拳のいうところの「龍身」です。

*これは、なかなかの努力が必要です。特に下手な人は、肩を張って生きて来たので、修正は困難となります。

*私も下手でしたので、苦労しました。才能なんて持ち合わせていませんから。

*それでも、肩に力が入っているなんて自覚はありません。

*幸い? 中国にも下手な先生はたくさんいます。

*山西省太谷県へ行った時、宋光華先生の近所にいた先輩を反面教師にしました。

*その先輩は、身体がフワフワと浮いていました。その崩拳はハエが止まるようでした。でも、その腕力はとても強いものでした。私なんぞひと捻り、なんて感じです。

*その先輩を見て、自分の姿が見えました。腕力は貧弱ですが、身体は浮いています。自分の崩拳もとても遅いものでした。

*歩くと浮いてしまうので、歩くのはあきらめました。とにかく、肩の力と上腕の力を抜きました。その結果、小学生も倒せない崩拳ができあがりました。

*二年後、心意六合拳を学びました。心意六合拳の鶏行歩で、やっと歩けるようになりました。そうしたら、崩拳も撃てるようになりました。

*その後、宋氏形意拳の熊の1号と2号を合体させました。横拳と崩拳の合体です。

*だんだんと、心意六合拳も力が抜けてきました。足首に体重が降りてきました。

*足首が折れ曲がり、指行性に近づきました。足指の出現です。すると、ヒラメ筋が覚醒しました。

*前腕の筋肉が手の指先を支えます。ヒラメ筋が足の指先を支えます。指行性四足歩行動物=虎へ近づきました。

*最近、宋氏形意拳・熊の1号と、心意六合拳・鶏歩を合体させました。みんなにはまだ教えていませんけど。これはなかなかの傑作です。

*心意六合拳は勇猛果敢、というイメージが先行してしまって、勁力を見失うことがあります。中国でもそんな感じです。

*本来、心意六合拳はとても地味な武術です。演武する人は、かなり派手にやりますけど。そのエッセンスは、宋氏形意拳の基本功として目に見える形としてあります。根っこは同じものでしたので、通低する要素があるのです。

*それを見通したのは、日本人=外国人のフジマツの特権です。中国人だったら無理な芸当です。回族=心意六合拳、漢族=形意拳という民族差別構造がありますから。

*私にはほとんど民族差別感情がありません。嫌韓も嫌回も嫌漢もありません。韓国料理も大好きです。そこかい ! 日本人が特別、という感情もありません。でも、中国では私は外国人です。それが幸いしました。

追伸

一ヶ月一回千円のコースに、15年振りのYさんが来ました。この企画、あの人は今? の企画でもあります。結婚したり、子供できたり、転職したり、給料大幅に下がったり、いろいろな事情で離れた人とまた会いたいなあ、という気持ちで作りました。以前より教え方も工夫しています。なお、失業中のサンダーさんは来ないそうです。仕事見つけてください。ヤバいよヤバいよ

オオカミたちの本当の生活、を買ってみた。カナディアン・ロッキーに現れた、あるオオカミ一家の盛衰を追った貴重な記録、とある。他にも、ハンナ・アーレントの「全体主義の起原」の新翻訳もあった。これを買うと食費がなくなるので中止。他にも欲しい本があったが、中止。しばらくオオカミとにらめっこします。でもオオカミ、かわいい。

ジュンク堂には赤ベコもあった。思わず買いそうになった。ヤバいよ

日曜日9時20分~50分、武式太極拳無料教室をやるかもしれません。一人でも来たらやります。来年2月の練馬区報に載せるつもりです。光が丘公園です。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-09-12 08:33 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー