動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 12月 03日 ( 1 )

手枷と鷹爪

(昨日の体育館から)

*遠方からのお客様には、宋氏形意拳・龍形基本功をやってもらいました。素直な人なので、すぐに上達しました。(フジマツはひねくれ者なので、なかなか上達しませんでしたけど。) 

*みんなには、心意六合拳・鶏形単把に加えて、熊形単把をやってもらいました。熊形単把は、ワン・ツー・パンチに対応しています。なかなか面白いです。

(手枷の補足説明)

*手枷は何処に嵌めるのでしょうか? それは手首です。手枷とは、重しのことです。重しは手首に嵌められています。それを支えるのは前腕の筋肉となります。

*前腕の筋肉に意識集中します。つまりそれは、心意六合拳の鷹爪のことです。

*なんだい ! 手枷といっても鷹爪のことかい ! つまらないオチだな !

*どうもすいません。いつもと変わりません。

*手枷を持ち上げるのは、前腕の筋肉です。そして、肩はゆるめてしまいます。肩の力は大胸筋に由来しています。だから、大胸筋をゆるめてしまいます。すると、鎖骨の下が凹みます。これがいわゆる含胸拔背です。

*肩の力の由来はもう一つあります。それが上腕の筋肉です。すなわち、上腕三頭筋と上腕二頭筋です。これらもゆるめてしまいます。

*腕を伸ばす筋肉は上腕三頭筋ですが、これを用いません。すると、腕が伸びきることはありません。腕を伸ばすのは、前腕の筋肉となります。

*上腕三頭筋を用いないので、空手、ボクシング、一般の武術などとは異なる拳となります。文字通り、前腕の筋肉だけで撃ちます。それが心意六合拳と宋氏形意拳の馬形拳です。

*しかし、肩の力を用いないので、腕を支えることができません。そこで、腕は前鋸筋で支えます。すなわち、肩からではなく、前鋸筋から腕を生やします。これを学ぶのが、宋氏形意拳・龍形基本功です。

*それは龍というより、西洋のドラゴンに近いです。すなわち、羽が生えています。あるいは、ムササビに近いです。

*脇腹の前鋸筋から生える腕=前肢というと、爬虫類=ワニに近いです。龍は古代ワニの化石から想像された、との説に従うとつじつまが合います。

*え? オメーはデブで丸いから、ウミガメだろうって? ウミガメなら可愛いじゃありませんか。ウミガメじゃなくて、竜宮城から帰って来た浦島太郎ですけど。

関係ない追伸

レコード・コレクターズ12月号は、ホブ・ディランのキリスト教時代と追悼トム・ペティです。トム・ペティはめっちゃカッコいいです。キザだけど嫌味が無い。とても真似できません。66歳で亡くなるなんて。ボブ・ディランは76歳でまだライブやってます。オラも76歳でもまだ体育館にいるつもり。(シロクマさんは、最長5年で終わりだろう、なんて言ってますけどね。ウフフ) 

[PR]
by tiger-hawk | 2017-12-03 08:49 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー