動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

勁力への旅・その五

*当時の張克強先生の自宅は、上海郊外の農村地区にありました。小さな運河には、アヒルが20羽位、楽しそうに泳いでいました。ちょうど春でしたので、見渡す限り菜の花畑が広がっていました。水平線まで黄色い花が咲き乱れ、それは美しい江南の田園風景でした。

*山西省だと、こうはいきません。畑はあっても荒涼とした風景が広がります。まさに、黄土平原が広がります。空気は乾燥して、半分砂漠みたいな感じです。

*江南の春・・・そんな上海郊外の風景は、現在は一変しました。コンクリート製の未来都市? みたいな風景が広がります。未来都市? にはもちろん土の匂いも人間の匂いもしません。それを見ると、文化は滅びるのだなあ、と悲しい気持ちになります。

*先生の自宅は、敷地が150平方メートル位で二階建てのコンクリート製です。(隣の農家とはまるで違います。) 庭もあるので、そこで練習しました。先生、当時では珍しく自家用車を乗り回していました。ドイツのメーカーと提携したサンタナというクルマでした。

*どうしてお金持ちなの? 当時は全く気にしませんでした。なにしろ、心意六合拳を教えてくれればそれで満足、でした。たぶん、なにか財テクしていたのでしょう。当時は共産党の地方幹部たちが、こぞって起業している時代でしたから。(そんな起業家の地方幹部たちと、レストランの会食で同席させられたことがあります。) 

*先生、大学生の頃は、陶子鴻先生の師範代をしていたので、弟子が20人位いたそうです。当時は、警察学校勤務でしたから、弟子はいませんでした。近所にも武術をやっていることは秘密でした。

*上海で心意六合拳を練習するような若者は、繁華街でケンカするような乱暴な人が多かったそうです。もし、弟子が街で騒ぎを起こしたら、先生の警察学校教官の面子がまるつぶれとなります。責任問題になるかもしれません。というわけで、弟子はゼロでした。

*訓練は、歩型の鶏歩と、技では蛇行歩と龍形十字劈から始まりました。蛇行歩は心意六合拳としては珍しく定歩の練習があります。龍形十字劈は、いかにも古典的な技です。(龍形十字劈は背の高い人向けの技です。自分には向いていません。ちくわさんがやれば、ちょっと近寄れなくなります。)

*それから基本的な技として、鶏行歩、鶏撲食、単虎抱頭、鷹抓把、熊吊膀、猴縮身、龍形裹風、鶏形単把、などを訓練しました。

*一回目の訪問では、合計40個位の技を学習しました。先生としては短期間に全て教えてやる、という意図でした。

*もちろん、私は全ての技が撃てません。どれ一つも満足にできません。技の形を真似するだけでせいいっぱいです。それも、あやふやです。元々、悪い頭がさらにパニックを起こしました。そもそも、訓練に耐え得る筋肉がありません。下腿三頭筋も大腿四頭筋も貧弱でした。

*二週間過ぎると、私の膝は悲鳴を上げていました。必要な筋肉も無いのに、一日8時間以上の練習をしたためです。座った状態から立ち上がると、膝がギィギィと音を立てました。もはや、歩くのも辛くなりました。もっとも当時は、足首に体重を降ろす、なんてことには無知でしたけど。だから、膝に体重をかけていたわけです。

*先生は仕事があるので、早朝に少し練習、昼に少し練習、夜にしっかり練習、という具合でした。(昼は来たり来なかったり) 私はもちろん、やることありませんから、一日練習していました。

*本来は、鶏歩と弓歩をじっくりとやって、訓練に耐え得る筋肉を作ります。技もたくさんは要りません。2個位で十分です。だから、良い子は真似しないように。

*そんな具合でしたから、ケイリョク? 何それおいしいの? 心意六合拳で撃つ? 信じられなーい ! という状態でした。

*それでも排打功を学んだ時は悲惨でした。全身を撃たれてボコボコにされて、翌日の朝はベッドから起き上がれませんでした。あれ? 身体が硬直している? 30分かけてゆっくりとベッドから這い出ました。(カフカの虫状態です。) 

*とりあえず、夜行で上海から北京へ。(列車の中で、食べ物の無い私に同情してくれた中国の若者たちからサンドイッチを恵んでもらう。当時は7時間かかりました。) 元嫁さんと合流して、山西省太谷県へ。宋光華先生から、宋氏形意拳の十二形拳を学ぶ。

*北京へ戻り、中国武術研究院を訪問して、偉い先生たちの前で宋氏形意拳を披露させられる。(偉い先生たちが漢族なので、心意六合拳は見せない。) そしてまた上海郊外へ。張克強先生から心意六合拳の技の入り方を学ぶ。(これを知らないと、技だけでは実際には使えない。) 

*山西省では、祁県の戴龍邦の生家を訪ねたりしました。外国人としては初めてだそうです。その家は城のようでした。敷地は1000平方メートル。外壁は高い所で8メートル位。ほとんどの部屋は現在使われていません。戴氏心意拳は戴家では失伝していて、外部に伝わるとのこと。

*帰国してから、しばらく練習を休んで膝の回復を待ちました。(苛酷な旅で身体は疲れきって、寒気がしていました。) それから、技を絞りました。まず、一番簡単そうな鶏撲食です。これで歩法を学びます。

*龍形裹風などは撃てそうもないので、一年間以上放置しました。(何やってんだか ! )

*先生の技で、最高にダイナミックでカッコいいと感じたのは、まずは鷹抓把でした。で、鷹抓把を真似してやりました。これは盗んでやろう、と決心していました。

*そのうちに、鷹抓把の後ろ足と鶏撲食の後ろ足が同じだと気付きました。どちらも大きい歩幅を造ります。ところが地面を蹴っていません。足は伸びることなく、曲がったままです。弓歩状態になりません。

*陸上競技の短距離でも、アフリカのマラソン選手でも、大きい足幅になり、後ろ足は空中でほとんど伸びきります。空中で弓歩状態になります。(地上最速といわれるチーターでは、背中がしなり、前足も後ろ足も伸びきりほとんど水平になります。) ところが、心意六合拳では弓歩状態になりません。足は曲がったままです。(しかし、多くの心意六合拳は太もも=大腿直筋で地面を蹴ります。そこで蹠行性になります。)

*ここが、勁力発見の突破口になりました。しかし、一年以上かかりました。やっぱりアホです。

*地面は蹴らないのに、指行性状態になります。すると、下腿三頭筋で身体を支える結果となります。下腿三頭筋が覚醒します。これに、前腕の筋肉=鷹爪と、体幹の絞り=龍腰が加わります。体幹の絞りでは、宋氏形意拳の熊の1号と2号がたいへん役に立ちました。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-06 11:34 | 勁力への旅

勁力への旅・その四

*荒野の中に浮かぶ軍事基地のような上海第一人民警察学校を、心意六合拳・陶子鴻先生の高弟を探して訪ねました。

*中国の警察は、国家の治安維持のためにあります。それはどういうことかというと、警察は戦車を持たない軍隊なのです。もちろん、市民サービスなんてものはありません。いわば、国家権力としての剥き出しの警察の姿をしています。

*以前、上海外国語大学へ語学研修へ行った時、人民広場にいる警察官に道を尋ねたことがありました。その警察官には完全に無視されました。こいつはキチガイか? と思われたことでしょう。警察官に道を尋ねるなんて、非常識もいいところだったのです。(アホです、フジマツ)

*張克強先生とクルマで街を走っている時、「フジマツ、最近、この交差点の近くで暴力団と銃撃戦をやった」とこともなげに言ってました。中国では、暴力団も自動小銃で武装しています。警察も自動小銃で応戦します。ちょっと日本人には想像できない世界です。(もちろん、日本の警察には自動小銃なんてありません。)

*銀行強盗も、公開処刑される時、堂々と銃殺されます。覚悟が違います。最初から命捨ててます。

*張克強先生は、鬼教官といわれていたそうです。彼が朝礼台に立つと、空気が一変するそうです。

*中国の警察学校では、泥の中を匍匐前進させます。女学生などは泣いてしまうそうです。この話しを、虎鷹拳院の警察出身者に聞いたところ、びっくりしていました。日本の警察は軍隊ではありませんから、匍匐前進なんて訓練はありません。

*そんな警察学校へアホ面のフジマツはヘラヘラしながら侵入しました。さっそく、会議室のようなところへ通されました。事情聴取? です。もちろん、自分は心意六合拳を教えてくれ、と頼みました。

*でも市内から通うには遠過ぎると文句を言いました。(その時は、陳如慶先生の自宅に居候していました。) すると、張克強先生、「明日からオレの自宅に宿泊しろ」と来ました。自分としては、最初からそのつもりでしたので、上手くいったと内心喜びました。(中国では中国人に迷惑ばかりかけているフジマツです。)

*そこから、何故か警察学校の食堂の隅に屏風があるコーナーに案内されました。すると、ボクシング教官と散打教官も席に着きました。歓迎の宴会の始まりです。たぶん、張克強先生、一ヶ月分の給料を散財したことでしょう。(太っ腹です) まさか、リングに上がれと言われたのでは敵わないので、勧められるままにビールをガブガブ飲んで、顔を真っ赤にしていました。

*酔っぱらったまま、警察学校を後にしました。翌日、張克強先生の自宅を訪ねました。なお、張克強先生は、銃関係の教官でした。

*後年、聞いたところによると、張克強先生はフジマツのファイルを調べたそうです。中国で問題のある行動をしていないかどうか、ということです。そこは警察ですから、閲覧できるわけです。

*中国は警察国家ですから、国民一人一人にファイル(行動記録) があります。もちろん、一度でも中国へ入国したことがある外国人にもファイルがあります。このファイルは一生付きまといます。

*とまあ、ドタバタがありまして、私の心意六合拳修行が始まりました。

(註) 天安門事件の際、中国共産党は人民解放軍を動員しました。その時、何故、警察ではなく軍隊なのか? と各国に非難されました。それが中国共産党には理解できませんでした。そもそも、中国では軍隊と警察に明確な区別がありません。大規模な騒乱だから軍隊を動員した、というわけです。だから、警察は戦車を持たない軍隊なのです。「政権は銃口から生まれる」(毛沢東)
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-04 10:26 | 勁力への旅

足裏時間のために

*足裏時間について、整理してみます。

*何のために足裏時間なるものを考えたのか?

*ヒトは踵で立って踵で歩く蹠行性(せきこうせい) ですが、これを指行性にするためです。ところが、実際には蹠行性の骨格なので、半指行性となりますけど。

*踵で着地すると蹠行性になってしまいます。そこで、踵は地面に触れるか触れないか、という微妙な関係を作ります。そこから、瞬間的に、趾球と足指で着地します。これで、指行性に近くなります。

*この着地方法を、指行性ウォークと心意六合拳・鶏行歩で実行します。これが、第一の足裏時間です。

*心意六合拳・鶏行歩では、瞬間的に未完成鶏歩となります。この未完成鶏歩が連続するのが鶏行歩というわけです。

*ところが、打撃の足裏時間としては、これではもの足りません。距離が長過ぎるので、もっと距離を短くしたいのです。そこで、距離を縮めて時間も縮めます。すると、いわゆる技の切れが良く成ります。

*打撃の足裏時間を、土踏まずから趾球と足指、と設定します。この距離と時間で撃ちます。これが第二の足裏時間となります。

*さらに、究極の足裏時間があります。これは、心意六合拳の三盤落地ではっきりとしました。

*趾球から足指の距離を設定します。この距離と時間で撃ちます。すると、とても短い時間で撃てます。集中しますので、強力な打撃力となります。

*これらの足裏時間を体得するには、自分の体重が今何処にあるのか? を感じ取る必要があります。

*そこで、天地功でゆらゆら前後に揺れてみます。踵から土踏まず、土踏まずから趾球、趾球から足指へと移動します。そして、足指から趾球、趾球から土踏まず、土踏まずから踵、と移動します。これをゆっくりとやってみます。

*心意六合拳の弓歩・鶏歩、宋氏形意拳の六合歩などでも、自分が何処で立っているか? を常に確認します。

*足裏時間を体得しましょう。

*この足裏時間を体得すると、訳の解らない心意六合拳の虎抱頭が、たいへん恐ろしい技となります。結局、危なくて使えなく成りますけど。

*心意六合拳にはパンチがありません。それらしいものに馬形拳がありますけど。所詮、パンチ合戦やったところで、ボクシングには敵いません。だから、やりません。かといって、つかむわけでもなく、独自の闘い方を心意六合拳は編み出しました。その象徴ともいうべき技が、虎抱頭です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-04 05:26 | 姿勢勁力

体幹の絞り=龍腰

*最近、重点課題にしている、体幹の絞りについて整理してみます。

*体幹の絞りとは、形意拳や心意六合拳でいうところの龍腰のことです。しかし、龍腰はかなり誤解を招く言葉です。まるで、身体を蛇のようにくねくねさせると、捉えられてしまいます。整体の先生も、ネーミングに問題あり、と仰っていました。

*というわけで、なるべく龍腰よりも体幹の絞りと称するようにします。いうまでもなく、体幹の絞りとは私の造語です。造語は作るな ! と叱られたこともありますが、体幹の絞りは必要な言葉なので、使うことにします。

*体幹の絞りは、拳や掌でも必要となりますが、最も顕著なのは、心意六合拳の熊吊膀と龍形挿把となります。(太極拳のロウシツヨウホも体幹の絞りがあれば、簡単に撃てます。)

*熊吊膀は順歩で、龍形挿把は逆歩となります。どちらも肩で当てます。ところが、肩を用いると失敗します。有効な打撃とはならず、最悪、肩を脱臼します。体格差が著しい場合しか使えません。

*肩で当てるのに、肩を用いないとはおかしな話しですが、本当です。肩は動かしてはいけません。肩はなんにもしません。

*ではどうするのか? そこで、体幹の絞りを用います。すると、有効で強い打撃が得られます。

*体幹の絞りは、前鋸筋から始まります。前鋸筋は、腕を最終的に伸ばす時に用います。だから、ボクサー筋とも呼ばれます。ところが、体幹の絞りでは、腕を伸ばす運動とは無関係となります。

*体幹の絞りでは、前鋸筋を横へ膨らませます。腹横筋と同様に用います。前鋸筋の緊張は、斜め下に向かいます。そのまま反対側の鼠蹊部まで切り込みます。

*右側の前鋸筋は、左側の鼠蹊部へ切り込みます。左側の前鋸筋は、右側の鼠蹊部へ切り込みます。整体の先生は、腹斜筋も関係しているだろうと仰っていました。ちょうど腹斜筋の位置です。

*体幹の絞りは、腹横筋呼吸法と密接な関係となります。腹横筋をヘソを中心として左右へ引っ張ります。

*この腹横筋の動きが大切です。もしも腹横筋を用いないと、身体が回転してしまいます。よくある間違いの、身体が回転する熊吊膀となります。体幹を絞ることができません。

*実は、宋氏形意拳の熊の1号・2号も、体幹の絞りを用います。崩拳など五行拳も、体幹の絞りを用います。

*私は最初、心意六合拳の龍形裹風で体幹の絞りを体得しました。

*しかし、最初は、心意六合拳の龍形挿把で学習するのが最適と考えます。

*普通は、龍形挿把も身体の外側のラインで実行してしまいます。すると、身体が回転してしまいます。

*そこを,前鋸筋から内側へ、鼠蹊部へ切り込みます。すると、体幹の絞りが成功します。肩を用いずに、肩を当てることができるようになります。熊吊膀も同様です。

*この体幹の絞り=龍腰は、世界で初めてフジマツが解明しました。もちろん、昔からあるものでしたが、誤解も多く、正確な説明はありませんでした。

*体幹の絞りにより、動物武術は閉じられた勁力となります。そして、体幹の絞りの存在しない武術は、開かれた勁力となります。それは例えば馬歩とか十字勁とか沈墜勁とか開合、などになります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-03 02:58 | 心意六合*形意

鶏行歩は体重だけ運搬します

*心意六合拳の鶏行歩は、自分の体重だけ運搬します。それ以外のことは絶対にしません。これが鶏行歩の極意です。

*これで全て解決します。すなわち・・・

*心意六合拳の鶏歩は、自分の体重だけ立てます。それ以外のことは絶対にしません。

*宋氏形意拳の六合歩は、自分の体重だけ立てます。それ以外のことは絶対にしません。

*もちろん、震脚や沈墜勁などの発勁動作は必要ありません。十字勁や纏絲勁などの発勁動作は、余計なお世話です。

*発勁動作は、一瞬動きが止まります。それは、それらが外勁力だからです。

*だから、なんにも要りません。迫力も勢いも要りません。必要なのは、姿勢だけです。だから内勁力となります。

*だから、地面を蹴ることはしません。ただ、立っているだけです。そのための指行性と一本足時間なのです。

*そのために必要なのは、体幹の絞り=龍腰です。これはフジマツが世界で初めて明らかにしました。

*また必要なのは、前腕の筋肉で指を遠隔操作することです。それを鷹爪と称します。

*体幹は肩ではなく、腹で動かします。

*肩で実行するのが腕立て伏せ、です。

*腹で実行するのが鉄牛耕地、です。両者は全く異なる世界です。

*鶏歩と六合歩は、自分の体重だけ立てます。だから、地面を蹴ることをしません。

*それは太もも=大腿直筋が地面を蹴らないばかりでなく、フクラハギなど下腿三頭筋も地面を蹴らないことを意味します。

*したがって、足首を折り曲げてはいけません。足首は体重により、結果として折れ曲がります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-02 08:11 | 心意六合*形意

勁力への旅・その三

*これで駄目だったら、武術を止めよう、と決心した心意六合拳ですが、実は以前、徐文忠先生から心意六合拳をかじったことがありました。(1984年、上海外国語大学へ語学研修した時です。)

*そこで、徐文忠先生から習おうと思ったのですが、カルフォルニアへ行ってしまった、との情報がありました。もう上海に戻ってくることは無い、と判断して、徐文忠先生の線はあきらめました。(実際には二ヶ月位で上海へ帰ったそうです。) 

*この際だから、徐文忠先生とは全く違う系統の心意六合拳を習おう、と決心しました。何故そのように考えたのか? はっきりとはしません。しかし、この決断が勁力獲得の扉を開きました。神様のお導きでしょうか? (無神論者なのですが) ともかく、運命の扉は開かれました。

*後年、考えてみると、徐文忠先生の心意六合拳の勁力は、前足の踏み込みだけでした。鶏歩本来の勁力はありませんでした。それは、鶏行歩を見るとはっきりと見て取れます。浮いています。上海では一般的な心意六合拳のようですが、姿勢の勁力にはほど遠い拳です。

*徐文忠先生の心意六合拳は、その形意拳と同じく蹠行性(せきこうせい) でした。踵で着地します。そして、地面を蹴る運動で前進します。前足の踏み込みも、地面を蹴る運動です。

*当時、私の手元に、「心意六合拳」の本がありました。陶子鴻著、寧夏人民出版社、とあります。これが、私の師匠となる張克強先生の著作とは、その時は知るよしもありませんでしたけど。

*本を見ると、なにやら技がたくさんあります。十大形套路まであります。楽しそうです。この心意六合拳に決めました。実にいい加減であります。イラストは実に怪しいのですけど(笑) 。図の位置も間違いがあります。このイラストについては、出版社によるすり替えが行われたそうです。

*当初、イスラム帽を被った回族の心意六合拳者が描かれていたのですが、出版社が勝手にすり替えました。少数民族差別が背景にあるようです。中国(漢族) の民族差別は凄まじいものがあり、日本人の想像できる範囲を越えています。過去にも、そして現在も民族虐殺事件が後を断ちません。

*「心意六合拳」の本は、上海体育学院の邱先生が自分の本棚からくれました。私が心意六合拳に興味がある、と言ったためでした。張克強先生が上海体育学院卒業で、邱先生の学生でもあったとは、その時は知りませんでしたけど。

*実際にはその本をもらってから数年後、私は上海行きの飛行機に乗り込みました。陶子鴻先生を探しに。その頃、陶子鴻先生は既に亡くなっていたとも知らずに。(アホです、フジマツ)

*上海財経大学の陳如慶先生に手紙を送りました、「陶子鴻先生を探してください」と。ところが返事がなかなか来ません。まっいいかと返事を待たずに上海へ行きました。いい加減です、フジマツ。

*とりあえず、上海体育学院の邱先生の自宅へ向かいました。陳如慶先生が引っ越したらしいとの情報があったので、手紙は大学へ送ったのでした。邱先生は出張で不在でしたので、とりあえず夫人に肉うどんをごちそうになりました。おいしかったです。(何やってんだか) 

*夫人があちこちに問い合わせして、引っ越し先が判明しました。その日はもう遅いので、上海体育学院の招待所に泊めてもらうことにしました。夫人の計らいで半額にしてもらいました。シーズンオフでお湯が出ませんでしたけど、贅沢は言えません。宿泊は私一人ですから。

*やっと陳如慶先生の自宅を探し当て、会うことができました。ところが、私の手紙は受け取っていない、とのことでした。ちょうど大学が春休みで、陳先生も大学へ顔を出していなかったというわけ。

*とりあえず、陳如慶先生、様々なルートを使い、陶子鴻先生を探してくれました。陶子鴻先生が既に亡くなっていることはすぐに解りましたので、その弟子をいろいろと探してくれました。すると、警察学校に弟子がいるらしい、と解りました。

*さっそく警察学校へ行くことになりました。ところがその警察学校、上海の郊外でした。行ってみたら、荒野にポツンとあるだけ。周りには民家も商店もありません。要するに軍事基地みたいなものです。

*後から考えたら、外国人立ち入り禁止地区のはずです。自分一人では、とても辿り着けないところでした。陳先生に当たり前のように連れて行ってもらいました。陳先生も初めて行くところで、バス路線を乗り継いで行きました。

*私は、その心意六合拳の先生の名前を聞きもしませんでした。もちろん、技も見たことありません。でも、もう会う前から習うものだと決めていました。のんきなものです。

*ところで、ヒトは踵で立って歩く蹠行性と地面を蹴る運動で、直立二足歩行を確立しました。したがって、勁力運動としては、地面を蹴る運動を拡大強化すればいいわけです。それが、震脚、沈墜勁、十字勁、纏絲勁、などとなります。

*しかし、心意六合拳の鶏行歩運動は、虎の指行性とニワトリの一本足により造られました。鶏歩は指行性で、鶏行歩は一本足時間を長くします。すると、鶏行歩は地面を蹴るというより、「体重だけ運ぶ」運動となりました。この、体重だけ運ぶ運動により、体重を勁力へ変換することが可能となりました。

*体重だけ運ぶためには、かなり力を抜く必要があります。すると、体重は足首に降りてきます。足首は関節ですから、実際の運動は下腿三頭筋が担うことになります。この時、下腿三頭筋も地面を蹴ってはいけません。鶏歩のよくある間違いは、下腿三頭筋が地面を蹴ることによって生じます。それは余計なお世話となります。

*鶏歩は自分の体重分だけ立ちます。宋氏形意拳の六合歩も自分の体重分だけ立ちます。ここが、がんばる日本人には理解し難いところです。迫力が勁力だと思い込んでいる人にも、理解できないところです。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-01 00:46 | 勁力への旅

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー