動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

クソ真面目、がむしゃら、ガチガチ

*「鶏歩ができなければ、鶏行歩はできないんじゃありませんか? 」とある新人さんに指摘されました。いや、全くその通りなんですが、新人さん、頭いいなあ。

*でも、やらないことは永遠にできない、ということもあるので、鶏行歩もその他の技も平行してやったほうがいいかと愚考します。

*私の場合は、鶏撲食と鷹抓把で勁力ができちゃったんですが。相互作用ということもあります。

*これは心意六合拳の場合です。

*宋氏形意拳になると、完全に「立てないと撃てない」という図式になります。六合歩で立てないと、崩拳など五行拳が撃てない、という構造です。

*特に六合歩はみなさん辛そうです。私の場合、とにかく徹底的に六合歩で立ちました。六合歩で読書、なんてこともやりました。

*六合歩で35分以上、五行拳を撃つということもやりました。足はたいへんなことになるので、時々左右交替します。

*なぜか、みんな六合歩を嫌がります。それで、心意六合拳が中心になります。(心意六合拳のほうが闘いやすい、ということもあります。空間を制御できます。) 

*実際、宋氏形意拳は体幹を絞る過程があります。心意六合拳はいきなり体幹を絞ります。心意六合拳のほうが単純なんです。

*これは、心意六合拳の鶏歩と宋氏形意拳の六合歩の違いとなって現れます。

*心意六合拳の鶏歩は、体幹がきっちりと絞られています。宋氏形意拳の六合歩は、曖昧です。曖昧な体幹が絞られる過程があります。その過程で崩拳(五行拳) を撃ちます。

*そのために、熊の1号と2号の基本功が生まれました。この基本功が心意六合拳の理会に、たいへん役に立ちました。

*心意六合拳は、いきなり完成形を求められます。そのために、失敗も少なくありません。

*体幹の絞りに無知なために、身体が開いてしまうのです。これは、鶏歩と起勢に典型的に現れます。

*結果的に、肩が開きます。大胸筋を使ってしまいます。そんな先生が少なくありません。でも指摘したら怒らせてしまいますから、絶対に言えません。(内緒にしてください。) 

*体幹の絞りは、いわゆる沈肩墜肘・含胸拔背とは違います。沈肩墜肘は、肘と肩を縮ませます。含胸拔背は、胸を縮ませます。本来はそうではないのでしょうが、どうも日本の中国拳法ではそうなっているようです。

*これは言葉を文字だけで解釈したのでは? と思われます。胸が縮むということで、結果的に大胸筋を使ってしまいます。肩甲骨も使ってしまいます。悪夢の肩甲骨発勁へ繋がります。

*体幹の絞りは、脇腹の前鋸筋から鼠蹊部へ向かって絞られます。これは左右で実行します。徹底させるために、左右でクロスするようにします。右の前鋸筋から左の鼠蹊部へ、左の前鋸筋から右の鼠蹊部へ、という具合です。

*これを熊の1号と2号で学びます。これは自分で整理できました。典型的なのが、心意六合拳の熊吊膀と龍形挿把です。熊吊膀は順歩となり、龍形挿把は逆歩となります。蛇行歩も同様です。

*体幹の絞りはとても微妙です。日本人はクソ真面目なので、がむしゃらにやるのが好きです。そのために、ガチガチになります。沈肩墜肘と含胸拔背も身体をガチガチにします。

*クソ真面目、がむしゃら、ガチガチ、などは虎鷹拳院では禁止です。失敗の素です。もっと、緩やかに練習しましょう。それが姿勢勁力への道です。

*秘伝とか、古拳譜とか・・・どうでもいいですよ~~ 寝言は無視しましょう。所詮、中身はありませんからあー

*東南アジアの、風と水のリズムに身を任せましょう。椰子の木陰で昼寝しましょう。沖縄三線の音色で、歌い踊りましょう。

*私の場合は、いい加減過ぎるので、それもどうかと思うのですが。申し訳ありません。逃げろ~~
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-09 07:11 | 心意六合*形意

肩も腰も要りません

*どうして肩を使ってしまうのだろうか? と疑問なんですが、やはり代わりのものを用意しないと駄目なようです。

*代わりのものとは、前腕の筋肉=鷹爪、脇腹、腹、です。それらを造るのが、心意六合拳の鉄牛耕地です。特に平起平落の鉄牛耕地です。

*ゆっくり降りて、素早く持ち上げます。この時、腹で身体を持ち上げます。これが大切なコツです。

*肩で身体を支えて、肩で身体を持ち上げるのが、腕立て伏せとなります。そのために、腹が落ちて、腰と肩甲骨が現れます。これは、ヒトの直立二足歩行の弊害です。

*鉄牛耕地では、腰と肩甲骨が消えます。

*そして、腹横筋と前鋸筋が使えるようになります。ちくわさんによれば、フジマツは外腹斜筋も発達しているそうです。これは、龍腰の影響によるものと考えられます。龍腰によって、前鋸筋から鼠蹊部へ向かって緊張が走ります。

*前鋸筋が発達したら、脇の締まりが悪くなりました。というか、なにもしなくても脇にモノが挟まっている感じです。結果、脇の下に汗をかきます。加齢臭にワキガのコラボです。ナンダカナアー
 虎鷹拳院に女性が来ないのは、そのためでした。

*中国拳法系では、寄りかかり発勁=体重浴びせ発勁がよく見られます。もちろん、虎鷹拳院では最低の行為となります。

*寄りかかり発勁は、心意六合拳の鶏行歩に存在していません。つまり、鶏行歩により、寄りかかり発勁は克服できるはずなんです。

*体重を前倒しにしてしまうと、そもそも鶏行歩が途絶えてしまいます。だから、鶏行歩を前提とする限り、寄りかかり発勁=体重浴びせ発勁はあり得ません。

*それでも、寄りかかり発勁する人は、それが簡単だからです。今までの習慣を変える必要が無いからです。今までの習慣とは、蹠行性歩行のことです。

*蹠行性歩行は、足裏全体を用います。つまり、踵を用います。足指は用いません。

*つまり、寄りかかり発勁とは、蹠行性歩行の当然の帰結なのです。となると、これはヒト武術の宿命なのかもしれません。

*鶏行歩は指行性歩行となります。すなわち、踵は地面から離れます。そのために、足首が折れ曲がります。すると、足指と下腿三頭筋が使えることになります。

*こんなことは、普通の人は考えません。フジマツはひねくれ者なので、考えていることも普通ではありません。

*ともかく、鶏行歩はそのまま発勁となります。そして、鶏行歩とは鶏歩の変形です。鶏歩が大きくなっただけです。寄りかかる必要はありません。特別な動作は要りません。もちろん、沈墜勁も震脚も要りません。なんにも要りません。

*そして、肩も腰も要りません。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-08 05:44 | 姿勢勁力

気と推手と鶏行歩

*気の太極拳、気の武術、てなんだろう? たぶん、意識の問題なんだろうなあ? となると、脳神経の問題かな? 

*ここにヒントがあります。それは推手です。推手とは何か? それは反射神経の訓練です。

*格闘技の要素として、反射神経と筋力と技があります。そこから、反射神経を重点的に取り出したのが推手です。

*昔、故M先生の弟子だった整骨院の先生が近所にいました。その方に、虎鷹拳院で推手をやれ、と言われたことがありました。

*太極拳の推手ならば、上海の顧留馨先生に、自宅で特訓を受けました。顧留馨先生、楊式太極拳と陳式太極拳の著作で有名な先生でした。上海でとても親切にしていただきました。まだ、中国の空気がきれいな頃のことです。南京路のメインストリートに裸電球があった頃のことです。(古い話ですいません。) 

*顧先生、わざわざ洋食レストランに連れて行ってくれました。(本当は下町のワンタン屋かウドン屋で良かったのですが。) とまあ、懐かしいセピア色の想い出です。

*で、推手をやれと言われたのですが、虎鷹拳院ではやりませんでした。なんとなく疑問に思っていました。

*決定的なのは、心意六合拳の師匠に、反射神経に頼らない闘い方を教わったことです。これは助かりました。フジマツはアホなので、反射神経は生まれつき鈍いのです。これは遺伝の問題です。

*反射神経は鍛えても、ほとんど効果ありません。持って生まれたものだからです。

*反射神経と混同しがちなのですが、心理学の問題があります。格闘技でも武術でも簡単な心理学を用います。様々な方法がありますが、心意六合拳では、相手の反発を引き出す、という手法を用います。ですから、心意六合拳はいわゆる一撃必殺ではありません。でも、フェイントは用いません。

*前のめりに突っ込むことはないので、フェイントを用いなくても問題ありません。

*さて、反射神経です。推手も反射神経の訓練です。でも、フジマツはアホなので反射神経に頼れません。そんなフジマツを神様は哀れんで、心意六合拳に導いてくれました。

*そして、動物武術には姿勢の勁力がありました。前へ突っ込めば姿勢は崩れます。だから、勢いは殺します。最後は、前腕の鷹爪だけで撃ちます。

*反射神経の鈍いフジマツに、心意六合拳は都合良くできていました。

*宋氏形意拳では、徹底的にその場の定歩の五行拳を訓練しました。これは当時、歩けなかったからです。歩くと浮いてしまうので、これは歩くと駄目だと自分で判断しました。

*これは、心意六合拳の鶏行歩に役立ちました。すなわち、地面を蹴らない歩き方です。鶏行歩とは、大きい鶏歩が交替するだけ、ということです。

*そのお陰で、勢いがあるようで実は勢いを殺している歩き方ができるようになりました。これはとても便利です。

*なんだかまとまりませんが、そんな感じです。プププ 逃げろ~~
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-07 06:10 | 心意六合*形意

龍と虎と鷹と熊が合体

*姿勢勁力の全体を統括するのは、宋氏形意拳の龍形基本功です。この龍形基本功が、心意六合拳の虎撲となります。そして単把となり、心意・形意の馬形拳となり、太極拳のロウシツヨウホともなります。

*そして、龍形基本功は、姿勢勁力の体幹を造るばかりでなく、相手を制御することができます。この制御法は、最近の自分の発見です。つまり、自分と相手を制御できます。

*もちろん、龍形基本功に心意六合拳の鷹爪を加えます。鷹爪が必要不可欠です。

*これにさらに、宋氏形意拳の熊の1号と2号が加わります。

*熊の1号は崩拳の素となります。すなわち、ストレート系の拳・掌となります。

*熊の2号は横拳の素となります。すなわち、フック系の拳・掌となります。

*後に、熊の1号と2号が合体しました。崩拳と横拳の合体です。すると、ストレートとフックが合体して、さらに強力になりました。この合体は私の発見です。でも、隠されていた本質です。つまり、元来、備わっていたものです。これを先生に教示されることなく、自分で発見したのは楽しい自己満足です。

*宋氏形意拳の熊の1号は、心意六合拳の熊吊膀を解明してくれました。

*宋氏形意拳の熊の2号は、心意六合拳の龍形裹風を解明してくれました。

*そして、熊の1号と2号は合体するべきものでした。すると、熊吊膀と龍形裹風も当然、強化されます。

*熊の1号は、タテ系の技となります。心意六合拳の鷹抓把です。心意六合拳の挑領です。鷹抓把は上から下へ向かって撃ちます。挑領は下から上へ向かって撃ちます。

*心意六合拳の熊吊膀はタテ系とヨコ系が合体しています。龍形裹風も、タテ系とヨコ系が合体しています。

*心意六合拳の鷹抓把と挑領には、ヨコ系(熊の2号) が隠されていいます。隠されているけれども、しっかりと存在しています。

*熊の1号と2号は、姿勢勁力の本質を導いてくれました。

*私が宋氏形意拳と心意六合拳を学習したのは偶然でしたが、多大な効果をもたらしました。

*武術の才能も素質も欠落しているアホのフジマツを、神様が哀れんで、道を指し示してくれたのでしょうか? 確かなことは、私はなーんにも考えていなかったことだけです。まあ、アホなんで仕方なかったのですが・・・

*一般の人は、権威を求めます。お墨付きを求めます。私の場合は、教えてくれればそれで満足。風の吹くまま、です。道は風が教えてくれます。

*ともかく、ここに、龍と虎と鷹と熊が合体しました。それは始めから用意されていたものでした。そうなることは運命でした。しかし、運命も発見しないことには、埋もれたままです。

*アホなんで発見はかなり遅れましたけど・・・プププ 申し訳ありません。逃げろ~~
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-05 06:22 | 心意六合*形意

脇腹バランス・ヘソバランス・足首バランス

*身体の変化なんですが、棒立ちでも、下腿三頭筋に体重を感じます。部屋の中を小股に歩くだけでも、下腿三頭筋に体重を感じます。

*これ、心意六合拳の鶏歩の効果です。それと、指行性ウォークと鶏行歩の効果です。

*鶏歩を止めてしまうと、この感覚もやがて消えてしまうでしょう。決して、不可逆性ではありません。

*人間の本来の歩き方は、蹠行性なので、指行性は不自然です。だから、指行性は可逆性となります。

*体幹がいつも立っているようになりました。これは、腹横筋と腹直筋の効果です。また、脇腹でバランスを取っています。自然とそうなりました。

*これは、鉄牛耕地の効果です。鉄牛耕地によって、小胸筋と前鋸筋が少し発達しました。大胸筋はペラペラになりました。そんなわけで、なにもしなくても自然と体幹が立ちます。

*普通の人は、大胸筋を使います。そのために、肩でバランスを取ります。ハンガーです。

*脇が閉まらなくなりました。小胸筋のせいです。もちろん、筋トレする人ほどではありません。あれほどの筋肉はありません。

*そんなわけで、加齢臭にワキガもプラスされました。あーきれいなオネーサン、帰らないでくださーい !

*どうせ女性には縁が無いのでいいんですけど、体育館が臭くならないように注意します。

*肩と腕の重みを、小胸筋と前鋸筋で支えているようです。これで肩の力が決定的に抜けました。肩の暴走が止まります。

*ということは、ただ肩の力を抜く努力をしても、決定的な効果は現れないかもしれません。

*つまり、鉄牛耕地で小胸筋と前鋸筋を造る必要があります。ところが、腕立て伏せになると、肩バランスが強化されてしまいます。脇腹バランスは無理なようです。

*体幹の絞りも、脇腹バランスが無いと無理なようです。決定的な体幹の絞りは、得られません。

*宋氏形意拳の龍形基本功も脇腹バランスが決定的な要素となります。

*脇腹バランスができると、拳は、掌は脇腹から撃ち出されます。腕は、龍=ワニ=爬虫類の前肢となります。脇腹は鼠蹊部へ向かって切り込まれます。これが、形意拳と心意六合拳の龍腰となります。

*龍腰は提肛と直結して、尻が収まり、腰が消えます。腰の暴走が止まります。

*脇腹は鼠蹊部へ、そして前腕の鷹爪へ直結します。足は下腿三頭筋体重となります。これで身体は一つになります。

*身体のバランスは、脇腹バランス、ヘソ周辺バランス、足首バランス、となります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-04 05:54 | 姿勢勁力

ハンガー外しキャンペーン

*ハンガー外しキャンペーン、引き続き実施しております。そんな、つぶれそうな練馬の武術教室=虎鷹拳院です。

*先日、ある人が、やじろべえのように肩でバランスを取っている自分、に気がついたと仰っていました。

*やっと自覚したか、と喜んだのですが、本人曰く「自分ではなかなか解らない」とこぼしていました。

*その渦中にいる人は、自分の姿に気がつきません。こちらから見ると、カチンコチンなのですが、本人は普通の感覚です。

*ハンガーが肩にしっかりと埋め込まれています。それが、通常の人間です。これは、そもそも直立二足歩行から来ていると思われます。

*学校で、背筋を伸ばす、と教わっても、それは大胸筋で背筋を伸ばすことです。そこから、ハンガーが仕込まれます。

*では、猫背にすればいいのか? 猫背は小さい狭いハンガーとなります。胸が縮んで緊張しています。いわゆる中国拳法の含胸拔背がこれに当たります。実は、これも大胸筋を使っています。

*体幹は腹直筋で立てます。

*でも、その前に身体の中心を造ります。ヘソを中心として、腹を左右横へ引っ張ります。引っ張るのは腹横筋です。

*すると、ヘソの周りに楕円形の中心ができます。これが身体の中心=勁力の中心です。これが元になって、体幹が動きます。

*先日来た見学者、「腹横筋だろ」と、そんなこと解っているよ、と威張っていました。でも、みごとな腕立て伏せを見せてくれました。宋氏形意拳の龍形基本功も、体幹を捻っていました。腰を使ってしまいます。当然、尻が出ます。

*なんか感じ悪いので、間違いを指摘しませんでした。私も腹黒いです(笑) 。まあ、ああした人は間違いを指摘したところで、絶対に認めないのは解っていました。教えるだけ無駄です。

*腕立て伏せをやるということは、立派なハンガーが仕込まれているということです。しっかり腕立て伏せをやればやるほど、ハンガーは強固になります。やればやるほど駄目になります。

*ハンガーは脱力したところで、取れるものではありません。体幹の構造を変態させなければなりません。

*まず、鷹爪の前腕を習得する必要があります。すると、やや曲がった腕となります。これが、龍形基本功の腕となります。心意六合拳・虎撲の腕です。拳ともなります。宋氏形意拳の馬形拳も同様です。

*相手の身体を楽に支えられます。同時に自分の身体も支えます。

*大胸筋は使いません。鉄牛耕地を実行すると、貧弱な大胸筋となります。小胸筋と前鋸筋が発達します。

*体幹は、前腕と腹横筋で支えます。それが大切な原点となります。体幹のバランスは、前腕と腹横筋で造ります。

*小手パンチは、前腕の筋肉で造ります。しかし、腹(腹横筋) が隠れています。腹が黒幕です。これが本当の腹黒です。さらに、前鋸筋が隠れています。前鋸筋も黒幕です。

*そして、身体全体のバランスは、下腿三頭筋が支えています。下腿三頭筋は全体の黒幕です。

*これが、姿勢勁力の陰謀論です。

*陰謀のプログラムは、ハンガーを外した時に、本格的に始まります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-03 05:14 | 心意六合*形意

アーチを造ります

*心意六合拳の鉄牛耕地は、当然、鷹爪で実行します。だからベタ掌ではありません。指の第一関節と掌根が地面に着きます。掌はアーチになります。

*指の第二関節と前腕の筋肉が直結します。第二関節は地面に着いていないけど支柱となっています。

*これは、心意六合拳の弓歩における内転筋と同じような構造です。内転筋が弓歩の支柱となります。弓歩はアーチとなります。

*腕の形は、宋氏形意拳の龍形基本功で学びます。前腕の外側から背中のラインが緊張します。このラインが拳となり掌となります。腕はやや曲がり、外側へ張ります。

*腕はアーチとなります。このアーチ構造が強い拳・掌となります。これが本当の沈肩墜肘・含胸拔背となります。

*両手を真っ直ぐに前へ出して、指の第一関節で合わせます。肘は緩めます。これが拳のラインとなります。拳を正中線から出すことは、身体構造に逆らっています。正中線から出さない拳が ストレートになるのは、体幹が動くからです。

*体幹は下から、腹横筋、前鋸筋、小胸筋が働いて丸く支柱を造ります。体幹もアーチとなります。

*拳は鷹爪で造ります。指の第二関節と前腕の筋肉が直結します。これも、前腕のアーチの延長線上にあります。

*前腕の筋肉を使い過ぎると、力が肘まで到達します。肘が緊張すると、肩まで緊張してしまいます。

*そこで、前腕の筋肉は、前半部分だけ使います。肘を緊張させてはいけません。

*鷹抓把を教えてみたら、全身を硬直させていた人がいました。それではとても撃てません。そんなに力は要らない、というと、今度は鷹爪も崩れてしまいました。

*腹八分目、といいますが、力は半分でいいのです。鷹爪と腹だけ使う気持ちで撃ちます。前腕前半の筋肉と腹横筋だけ使う気持ちです。私の感覚では、力三分目、みたいな感じです。

*最初から緊張しているのではなく、少しずつ緊張を高めます。そして、指先に集中します。

*そのために、相手の手首をつかむ練習を始めました。この時、上腕の筋肉を用いません。前腕前半の筋肉だけです。これは、指先に集中すると上手くいきます。

*全身の力は要りません。渾身に力を込める、なんて絶対にやってはいけません。といっても、無意識に力を込めてしまう人が必ずいます。これは脱力では解決できません。力を重点的に使うことにより、克服します。(これは個人差がかなりあります。悩ましい問題です。なかなか理会してくれません。) 

*心意六合拳の鶏歩も、宋氏形意拳の六合歩も、アーチを造ります。このアーチが姿勢勁力となります。

*鉄牛耕地は、前腕の筋肉と腹横筋で実行します。背中の僧帽筋が隠れた支柱となります。ところが、多くの人は肩甲骨を支柱として使ってしまいます。そのほうが簡単だからです。そのために、腕立て伏せになってしまいます。肩甲骨が出て、腹が落ちて、腰が現れます。

*肩甲骨を出してはいけません。腹が落ちてはいけません。腰が現れてはいけません。腰は無きものとします。

*技の動きでも、腰の動きを封じます。腰に勝手な真似はさせません。腰は消えてもらいます。そのための腹横筋です。そのための提肛(尻を収める) です。腰が現れると、体幹は崩れてしまいます。

*このアーチ姿勢は勢いで崩れてしまいます。ですから、勢いは要りません。勢いは殺します。勁力は勢いの中にはありません。勁力はアーチ構造の中にあります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-02 06:04 | 姿勢勁力

筋肉の使い分け

*「全身の力を使う」と表現する古武道の先生がいて、とても違和感を覚えました。かといって、力を抜く、とか、脱力、とかの表現もナンダカナアーと思ってしまいます。特に「脱力」は気持ち悪い。

*筋肉の使い分け、が大切だと考えています。心意六合拳の鷹爪を成功させるためには、前腕の筋肉だけ使う、という理会が必要です。

*私の小手パンチを見て、実際は体幹を使ってる、とTさんが指摘していました。いえ実は足も使っています。(地面は蹴りませんけど。)

*それでも小手パンチなんです。前腕の筋肉だけ使います。上腕の筋肉は使いません。肩は使いません。胸は使いません。腰は使いません。もちろん、肩甲骨は使いません。

*上腕と肩と胸(大胸筋) は使わないけど、腹横筋と前鋸筋と小胸筋は使います。

*鷹爪を教えると、全身の筋肉を緊張させてしまう人がいます。特に肩を緊張させてしまいます。どうしてそうなるの? と疑問なんですが、そんな人には緊張と脱力しか存在しないみたいです。

*ここで、肘が肝心です。肘が緊張しているか、緩んでいるか、という自己検証です。鷹爪は、前腕だけ使うので、当然、肘は緩んでいます。肘が緊張すると、肩も緊張します。

*心意六合拳の蛇行歩は肘で撃ちますが、肘は緩んでいます。心意六合拳の熊吊膀は肩で撃ちますが、肩は緩んでいます。

*以前、パンチを撃つと肘を痛める人がいました。不思議だなあ、と思っていました。彼は仕方無いので、脱力して練習していました。ある日、心意六合拳の挑領を思い切り撃ってごらん、と言ったら肘が痛いと苦痛の表情を浮かべていました。そのまま消えました。

*彼は極端な例なのですが、実は一般的な例でもあります。それほど重い症状ではないけれど、肘から肩を緊張させてしまう人は珍しくありません。むしろそれが一般的です。

*それが全身を歪めてしまいます。それを脱力では解決できません。

*心意六合拳の弓歩も同様です。外側広筋ではなく、内転筋を使います。筋肉の使い分けが大切です。

*全身の力を統一する、なんて必要ありません。全身の力は使いません。部分的に使います。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-01 05:53 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー