動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

伸びない拳

*形意拳は心意六合拳から派生しました。槍の技法から生まれたわけではありません。その証拠はあるのか? ハイ、あります。

*形意拳の発源地は山西省です。しかし不思議なことに、山西省には、"形意拳"なる言葉がありませんでした。その拳は、心意拳あるいは心意六合拳と呼ばれていました。心意拳は心意六合拳の略称です。

*車派形意拳は車派心意拳と、宋氏形意拳は宋派心意拳と呼ばれていました。戴氏は今も心意拳です。形意拳なる言葉は輸入されたのです。私が拝師した頃は、宋式心意拳と自称していました。宋氏形意拳になったのは最近のことです。車派心意拳は戦後まもなく車派形意拳になったようです。

*何処から輸入されたのか? それは河北省から輸入されたのです。いわゆる河北派形意拳です。その中心地は北京です。北京は中央政府の直轄地なので行政は河北省ではありません。しかし、地域的には河北省です。

*北京は国家権力の中枢地です。中国政府の中心です。そこが形意拳の言葉の発祥地なのです。北京が形意拳というのだから、山西省としても無視はできません。国家権力には弱いのが地方の人間です。

*天安門事件の鎮圧が北京の軍隊ではなく、山西省の軍隊だったことは象徴的です。その時私は、山西省太谷県の田舎でのんびり宋光華先生に拝師していました。何も知らずに、報道もされずに。

*しかし、山西省の心意拳が心意六合拳から派生したことは、支配民族の漢族にとって不都合な事実です。形意拳を名乗ることによって、不都合な事実から逃げることができます。様々な"伝説"は後から作られるものです。

*心意六合拳は回族の中から生まれました。イスラームを信仰する回族は、漢族からの差別と虐殺の歴史を背負っています。漢族からすれば、侮蔑の対象です。そんな回族の心意六合拳から形意拳が派生したことは、漢族として認めるわけにはいきません。プライドが許しません。

*ところで、宋氏形意拳は静かな姿勢勁力です。しかし、河北派形意拳には震脚があります。形意拳の呼称も震脚も河北省から輸入されたのです。ところで、河北省には震脚で有名な八極拳があります。これは単なる偶然なのでしょうか? 知る由もありませんが。

*中国は民族差別の壮絶な国です。国内に植民地もあります。東トルキスタン、内モンゴル、チベットなどは植民地です。すなわち帝国主義国家です。民族差別と戦争と帝国主義は愚かな行為です。日本も大日本帝国を名乗っていた時期がありました。

*旧満州=東北地方の撫順で、関東軍捕虜収容所を見学したことがあります。関東軍の幹部たちの写真が展示されていました。それは何処か次元の違う宇宙人たちだと感じました。自分と同じ日本人だとは感じられませんでした。それだけ、大日本帝国と自分には断絶がありました。今、大日本帝国が復活しつつあるようです。あの関東軍の幹部たちと自分が強制的に結びつけられるのは嫌だなあ、と感じます。

*さて、静かな姿勢勁力は、伸びない拳となります。伸びるのは前腕だけです。腕を伸ばす筋肉は上腕三頭筋ですが、その筋肉は使いません。(別の使い道があります。) 

*使うのは、足指と趾球、体幹、そして前腕となります。体幹には前鋸筋があります。前腕と前鋸筋は直結されます。前腕は体幹の一部となります。

*体重移動は使いません。寄りかかり発勁も使いません。だから、拳は伸びません。

*では伸びるのは何処か? 伸びるのは後ろ足の下腿三頭筋なのです。身体が伸びると下腿三頭筋は空っぽになってしまいます。だから、拳は伸びません。

*昨日の体育館は、禁じ手の虎抱頭をやりました。弓歩の虎抱頭です。こちらのほうが簡単なので。まあ、ある意味で使えない技なのですが、使う時はカル~~ク使ってください。◯◯されても、責任は取れません。私の名前は出さないようにね。

<練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでやすぅ~~ かましまへんでぇ~~

8月1日(月) 13時~光が丘公園芝生広場北口方面
8月3日(水) 19時~開進第一中学校体育館
8月4日(木) 19時~平和台体育館
8月6日(土) 19時~開進第一中学校体育館

レッドに加えてネイビーの非公認Tシャツを作ることにしました。欲しい人はフジマツまで。実費だけいただきます。4400円です。ネイビー地に黄色の足跡とワッペンになります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-31 05:54 | 心意六合*形意

肩の力が抜けます

*私は知らない人から、インチキと言われるらしい。それで、このblog のぷろふぃーるにも、パチモンと自称することにしました。インチキと言われるから、その前に認めることにしました。

*中国伝統思想のほうがよっぽどインチキだと考えますが(役に立たない) 、メンドー臭いので、インチキだと認めることにしています。実際、頭が悪いし、身体能力も劣っているし。でも何がインチキで何が本物なのか? よく解りません。

*中国武術界とも絶縁しました。絶縁しても、困ることは何もありません。北京料理も台湾料理も食べたいとは思わないし~~ 北京料理は北京でたくさん食べた。北京で食べた四川料理はおいしかったけど、麻婆豆腐は翌朝真っ赤なピチグソになった。上海料理は好きです。ザリガニもカエルもカメも食べた。でも、アジの干物で十分です。

*まあ、伝統武術家の理解できない言葉を使うので、仕方ないかなあ、とも思います。そもそも、姿勢勁力なんて概念は存在しません。でも、姿勢勁力には自信があります。

*震脚は嫌いです。うんざりです。でも、簡単便利なので、これからも繁盛するでしょう。

*特に、宋氏形意拳の龍形基本功を完全解明し、熊の基本功0号を創作したので、教えることにも自信ができました。

*以前は、日本人には無理なのかなあ、と感じていました。でも、中国の先生にもヘタクソな奴はたくさんいます。宋氏形意拳にも心意六合拳にも武式太極拳にも、ヘタクソな中国人先生がいます。それで、考え方を改めて、1から10ではなく、1から20まで忍耐強く教えることにしました。それが、熊の0号に繋がりました。

*ところで、足の裏側の筋肉を伸ばして緊張させるのが、指行性勁力なのですが、できない人を発見しました。どうやら筋肉が縮こまったままのようです。それで圧腿をやることにしました。でも、高い蹴りが目的ではありません。やわらかくするのが目的ではありません。

*座ってやるのは無理かなあ? と思っていたのですが、片足を浮かす方法がありました。片足を浮かして、その足先を持って、伸ばします。本来は一人でやりますが、縮こまった人は一人では無理なので、二人一組でもやります。今日からやります。

*さて、今回は、勁力は曲がる、という話しです。"秘伝"なので、30円振り込んでください。あっきれいなオネーサンはそのままでいいです。え? 帰る? あっ待ってください。楽しいですよ~~

*この世に真っ直ぐなものは無い、そうですが、そんな大げさな話しではありません。全ての攻撃は曲がる、という話しです。特にストレート系の打撃は曲がる、という話しです。

*ストレート系の技でも、最後はほんのちょっとアップします。ほんのちょっとダウンします。それだけのことですが、とても効果的です。

*打撃が安定します。例えば、宋氏形意拳の崩拳とか、心意六合拳の単把とか虎撲とか、などが典型的です。ほんの少しダウンします。あるいは宋氏形意拳の鑽拳とか、心意六合拳の馬形拳とか、ほんの少しアップします。

*これは指摘されないと解らない位、微妙です。

*もう一つ、効果があります。それは、肩の力が抜けるんです。相手と衝突した瞬間、肩が緊張します。でも、そこからほんの少しダウンすると、アップすると、肩の力が抜けます。これはとても便利です。

*ほんの少し肩をダウンしてから、ほんの少しダウン撃ちします。あるいはほんの少し肩をダウンしてから、ほんの少しアップ撃ちします。

*宋氏形意拳の崩拳では、放物線を描きながら、最後はほんの少しダウン撃ちします。

*心意六合拳の単把では、最初に高く構えて、そこから斜め下へ撃ちます。

*この崩拳と単把から、小さい工夫ができるようになりました。肩の力も抜けました。

<遊び=練習予定> 予約は要らないので遊びにおいでください。

8月1日(月) 13時~光が丘公園芝生広場北口方面
8月3日(水) 19時~開進第一中学校体育館
8月4日(木) 19時~平和台体育館
8月6日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-30 08:52 | 心意六合*形意

表の筋肉か? 裏の筋肉か?

*表の筋肉か? 裏の筋肉か? それが問題だ。・・・いきなりシェイクスピアのハムレットではありませんが、姿勢勁力の核心に入ります。

*動物武術の姿勢勁力は、表側の筋肉ではなく、裏側の筋肉を主に用います。それが肝心なところです。

*そんなことは武術雑誌にも武術本にも載っていないぞ ! それは姿勢勁力について無知だからです。心意六合拳と宋氏形意拳について無知だからです。

*膝を折り曲げるのではなく、足首を折り曲げる。・・・すると、オバチャンBの反論です。・・・そんなことは矛盾している。膝と足首は連動している。足首が折れ曲がれば、膝も折れ曲がる。当然、みなさんも納得できないと思われます。

*実はここに姿勢勁力の真実が隠されています。

*膝が折れ曲がると、やや前方へ体重移動します。ほんの少しだけ、ですけど。すると、膝上では、太ももの大腿直筋が働きます。そして、膝下では、表側の前脛骨筋(ぜんけいこつきん) が支えることになります。

*これは、ほとんど解りません。見た目は同じなんですけど、膝下の表側の筋肉が主に働きます。

*ここにおいて、姿勢勁力は崩壊します。前提条件が崩れ去ります。

*ところが、前方へ移動しないで、足首が折れ曲がると、膝下では裏側の筋肉=下腿三頭筋が主に支える結果となります。

*そのためには、鼠蹊部も折れ曲がる必要があります。腹横筋で下腹部を持ち上げる必要があります。すると、尻も持ち上がり収まります。

*表側の筋肉=前脛骨筋か? 裏側の筋肉=下腿三頭筋か? これは見た目には解りません。もちろん、訓練された人には見えます。しかし、普通の人には、未経験の人には見えません。ほんのわずかの差なので、写真でも解りにくい。

*しかし、ここが姿勢勁力の生死の別れ目なのです。これが、心意六合拳・鶏歩の真実、宋氏形意拳・六合歩の真実なのです。

*膝の上を見てみましょう。太ももの大腿直筋ではなく、裏側の大腿二頭筋と半腱半膜様筋を主に用います。

*太もも外側の外側広筋ではなく、内側の内側広筋と内転筋を主に用います。

*体幹を見てみましょう。

*大胸筋ではなく、裏側の僧帽筋を主に用います。見えない部分の前鋸筋・小胸筋を主に用います。

*腕を見てみましょう。上腕二頭筋・上腕三頭筋ではなく、前腕の小指側延長線の筋肉を用います。それが心意六合拳の鷹爪です。宋氏形意拳の龍形基本功です。(上腕二頭筋・上腕三頭筋には別の役割があります。) 

*表側の筋肉ではなく、裏側・内側の筋肉が姿勢を支えます。すると、勁力が発生します。これが姿勢勁力の真実の姿です。

註・・・沈墜勁や震脚の世界は、表側の筋肉の世界です。ですから、真逆の世界となります。どちらでもいいのですが、違う世界だとの認識が必要です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-29 05:47 | 姿勢勁力

勁力出る人・出ない人

*オハコンバンニチワ ! 鉄牛耕地は毎日やっています。一本足の平起平落鉄牛耕地を10回10セットです。袖無しのTシャツだと上腕三頭筋が目立つので困っています。大胸筋と肩甲骨はペチャンコです。腕立て伏せだと肩甲骨が出て来ます。腕立て伏せは止めたほうがいいです。

(昨日の体育館から)

*学生のDさんが勁力を出していました。前回来た時は、熊の0号で勁力出していました。今回は、宋氏形意拳・龍形基本功で勁力を出していました。嬉しいです。

*でも、やったのは心意六合拳・虎撲です。虎撲でぶつかり稽古しました。みごとに吹っ飛ばしていました。もちろん、寄りかかり発勁ではありません。(怪我しないように、撃たないで押しています。撃つ時は、途中で止めてしまいます。すると、衝撃が相手の体内に留まり真下に落ちます。これは、心意六合拳・単把で練習すると良い結果が得られます。)

*N君は相変わらず勁力が出ません。勁力出ない人の特徴は、硬直してしまうことです。押す時、撃つ時に、自分から硬直してしまいます。自滅路線です。つまり、力を込めてしまいます。

*力を込めてはいけません。勁力は出て行かれません。それだと一生、自分の中にひきこもります。見ていると、硬直するのが解ります。

*できない人の特徴はもう一つあります。運動の起点が肩にあります。それでは駄目です。運動の起点は足指にあるべきです。

*例えば、首を押さえ込まれた時、肩を押さえ込まれた時、腕を取られた時、などの練習をしてみます。

*その時、首を押さえ込まれたら、その首から抵抗して反撃してはいけまん。肩を押さえ込まれたら、その肩から抵抗して反撃してはいけません。腕を取られた時、その腕から抵抗して反撃してはいけません。

*反撃は足指から実行します。その時、踏ん張ってはいけません。足指で地面をつかんでもいけません。

*足指は軽いストッパーとして用います。ブレーキではなく軽いストッパーです。どの位軽いものかというと、乳母車のストッパーです。ベビーカーはとても軽いものです。それを止めるだけのストッパーです。

*これは、軽く足首が折れ曲がると出現します。足首が折れ曲がると、体重は足指に感じられます。実際に支えるのは下腿三頭筋ですが、感じるのは足指です。

*膝を折り曲げると、全ては崩壊します。膝を折り曲げてはいけません。見た目に騙されてはいけません。

*足指の運動起点は、鼠蹊部の切り込みから来ています。鼠蹊部の切り込みは、脇腹から鼠蹊部への切り込みから来ています。つまり、龍腰・龍身が元となります。

*それを造るのが、宋氏形意拳・龍形基本功となります。

*翻子拳をやりたい、という人が約一名いるので、やってみました。頭の良い人なので、数回教えたら套路覚えました。まだ、動作が硬いのでやわらかく練習してください。

*翻子拳に勁力はあるか? と聴かれたことがあります。もちろん、姿勢勁力はありません。でも、姿勢勁力を入れることは可能です。すると、拳が強力になります。

*姿勢勁力を入れると、勢いは関係無く成ります。だから、よりやわらかくできます。すると、無理なく速度を高められます。

*翻子拳には馬歩あるいは馬歩的姿勢があります。これも、馬歩あるいは馬歩的姿勢になる"過程"は、関係無く成ります。馬歩あるいは馬歩的姿勢に成ってから、撃つことになります。

*だから、勢いは関係無く成ります。勢いは"見せかけ"となります。でも、相手を混乱させるために、勢いを使います。

*興味ある人はいっしょに遊びましょう。予約は要りません。

<遊びの予定>

7月28日(木) 19時~平和台体育館
7月30日(土) 19時~平和台体育館
8月1日(月) 13時~光が丘公園芝生広場北口方面
8月3日(水) 19時~開進第一中学校体育館
8月6日(土) 19時~開進第一中学校体育館
個別特訓希望者は連絡ください。日時は相談に応じます。

コメント欄を閉じたので、連日攻撃していた人は寂しいかと思います。もっと楽しいことを見つけてください。ポケモンGOなんかいいのではないですか? 知らないけど・・・プププ
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-28 06:46 | 姿勢勁力

熊の0号への路

*熊の基本功0号は、フジマツ会心の新基本功です。これは、宋氏形意拳・熊の基本功1号を簡潔にしたものです。簡潔にしたといっても、内容はほぼ同じです。

*習得しやすくしました。だから、初心者でもすぐに姿勢勁力が出ます。

*初めて宋光華先生に会ったその晩、土間に呼び出されて行くと、熊の1号でガツンとやられました。たぶん、これは大切な動作なのだと勝手に思い込みました。24年前の山西省太谷県でした。

*翌朝、中庭で一人で熊の1号を練習していました。すると、起きてきた宋光華先生が、指導してくれました。前日の晩と合わせても正味5分位だと思います。習ったのはそれだけです。その後は見たこともありません。

*それから、一人でしつこく練習していました。後に心意六合拳・熊吊膀と同じだと気付きました。

*日本で教えてみると、みなさん、肩を出してしまいます。これには絶望しました。日本人には無理なのかな? と思いました。

*しかし、中国の心意六合拳の先生でも、熊吊膀を失敗しています。同じように肩を出してしまいます。中国人も日本人と同じように失敗します。

*考えてみると、宋氏形意拳も心意六合拳も、多くの中国人が失敗しています。そして、失敗者が先生となり弟子を指導しています。

*しかし、私は詳しく習ったこともないのに、熊の1号も熊吊膀も肩を出すことがありません。つまり、体幹がズレることはありません。

*そういえば、宋氏形意拳の龍形基本功も、体幹がズレることがありません。多くの人は腰を使ってしまうのですが、私は最初から腰を使うことがありませんでした。

*人より頭が悪く、身体能力も劣っているのですが、動物武術の才能だけはあったようです。というのはウソです。素直なだけです。私、性格はひねくれているのですが、武術にだけは素直なんです。そのままに受け入れます。

*というわけで、熊の0号と1号と龍形基本功を詳しく教えることにしました。どちらも、体幹を一つにしてズレないようにします。

*身体の中心は腹横筋で造ります。腰がくせ者なので、腰を消します。そのために、腹横筋で下腹部を持ち上げます。すると、尻も収まります。相撲の蹲踞の姿勢と同じです。

*体幹を肩で動かすと失敗します。腰を使わないと同様に、肩も使いません。腹を使います。腹だけでは安定しないので、脇腹を使います。脇腹の前鋸筋です。

*肩のラインで動くと、体幹の外側のラインで動くことになります。すると、身体が回転してしまいます。他の武術ならば、身体が回転してもいいのですが、動物武術の場合は失敗します。

*そこで、身体内部へ向かうラインで動くようにします。それが、脇腹から鼠蹊部への切り込みです。

*これが、形意拳と心意六合拳で称するところの"龍腰"の実態です。相撲の"おっつけ"もこれに似ています。身体の内側へ締めます。

*これは心意六合拳の龍のポーズです。ですから、"龍身"とも称します。

*この龍腰・龍身で、心意六合拳の鶏歩も造ります。いいかえると、龍腰・龍身ができないと、鶏歩もできません。

*下からいうと、足首が折り曲がります。すると、足指と趾球で立つことになります。すると、下腿三頭筋が覚醒します。

*鼠蹊部が折り曲がります。すると、龍腰・龍身の下地ができあがります。

*腹横筋で下腹部を持ち上げます。すると、尻も持ち上がり、尻が収まります。

*半身を肩と胸ではなく、脇腹から鼠蹊部へのラインで造ります。すなわち、龍腰・龍身です。

*結果として肩と腰が消えます。動物武術の身体が造られます。すると、自然に勁力が出ます。

<練習予定>

7月27日(水) 19時~開進第一中学校体育館
7月28日(木) 19時~平和台体育館
7月30日(土) 19時~平和台体育館
8月1日(月) 13時~光が丘公園芝生広場北口方面
8月3日(水) 19時~開進第一中学校体育館
8月6日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-27 06:11 | 心意六合*形意

Hard Bargain

コメント欄が汚い罵詈雑言・誹謗中傷で荒らされたので、閉めることにしました。サヨウナラ~ メンドー臭いことは嫌いなので、やりたいことをやるだけです。静かな姿勢勁力は素晴らしいので、活動に変わりはありません。・・・無人の荒野を行くが如く・・・偶然なのか、必然なのか、知る由もありませんが、宋氏形意拳と心意六合拳と武式太極拳から、静かな姿勢勁力に導かれました。はるかな地平を見てしまったので、肉体の死が来るその日まで、静かに前進します。(Emmylou HarrisのThe Roadを聴きながら) 

(昨日の光が丘公園から)

*曇り空の下、禅密功をやってみました。タテの波から、ヨコの波、タテ・ヨコ・ナナメの波まで。

*タテの波には、上昇と下降があります。会陰から百会まで、揺れながら上昇します。また百会から会陰まで下降します。上昇は比較的簡単なのですが、下降が難しいようです。起点と終点を自分で明らかに意識しなければなりません。

*起点と終点を明らかにすることは、姿勢勁力と同じです。起点は、後ろ足になる足(前足) の足指です。終点は前足の足指です。これが心意六合拳・鶏行歩の姿です。鶏行歩の場合は、起点と終点が同じです。

*何も無い空間と時間に、起点と終点を設定します。すると、勁力の空間と時間が現れます。空間と時間は自分で造ります。

*宋氏形意拳の十二形拳をやりたいという人がいたので、虎形拳と猴形拳と鷂形拳をやってみました。

*虎形拳は簡単なのですが、猴形拳は複雑です。途中で方向が解らなくなります。アハハ

*ハイタカのついでに、心意六合拳の鷂形拳、そして長拳の翻腰をやってみました。夏空の下で翻腰をやったら、頭がクラクラしました。ウフフ

お知らせ・・・7月28日(木) 19時~平和台体育館で臨時練習します。

7月30日(土) 19時~は都知事選挙のため、学校体育館が使えません。平和台体育館で練習します。

見学体験は、開進第一中学校体育館の練習時間に受け付けます。いつでもイラッシャーイ !

木戸銭千円講習会復活します ! テーマは熊の0号です。詳細は後日 ! 1から10まで教えないと解らないのが普通の人、と言ったら、ある会員から、1から20までですよ~~ と言われました。そこで、1から20まで教えます。私は1しか教わらなかったけど・・・それは禁句です。プププ

*コメント欄を閉じたら、とても気持ちいい。もっと早くやればよかった。不愉快な奴は接触を切ればいい。私の存在が許せない奴は、震脚をガンガンやればいい。少なくとも欲求不満の解消には役に立つから。プププ
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-26 07:01 | 姿勢勁力

フニャフニャしましょう

*力を入れれば力は出ない。入力すれば出力できない。だから、力を抜きましょう。出力するために、通りを良くしましょう。

*といっても、なかなか力は抜けない。そこで、フニャフニャ体操をしましょう。なんでもいいです。フラダンスでもいいです。でも、きれいなオネーサンの中に男が一人混ざると、警察に通報されてしまいます。フラダンスはハードルが高過ぎます。

*そこで、禅密功がおすすめです。禅密功ならば、虎鷹拳院でも教えられます。基本功の、タテ揺れ、ヨコ揺れ、タテ・ヨコ・ナナメ揺れ、の三種類だけで十分です。

*準備体操だと思ってやってみてください。

*動きが硬い人は、あらかじめ筋収縮しておいてから、腕を、足を伸ばそうとします。ブレーキをかけておいてアクセルを踏むようなものです。それは危険だし、無駄な行為です。

*腕(足) を伸ばしながら筋収縮します。それができたら、実際に伸ばさなくて内部処理します。そこまで要求されます。

*さらに、筋肉を全部使ってはいけません。部分的に使います。全身の力なんか要りません。

*大胸筋と肩の力は要りません。前腕の筋肉は、小指側の延長線上を使います。親指側の延長線上は使いません。

*踵は使いません。足指と趾球を使います。だから指行性となります。

*この学習がどうしてもイヤだという人は、沈墜勁や震脚がおすすめです。それらなら、とても単純ですから。もちろん、静かな姿勢勁力とは無関係ですが。

*脇腹から鼠蹊部への切り込みも、フニャフニャ体操をすると滑らかにできます。

*その上で、腹横筋を使います。前鋸筋も僧帽筋も使います。

*お前の太い上腕三頭筋は何のためにあるのか? 説得力が無い、とある会員に言われました。

*別に筋肉を否定しているのではありません。筋肉よりも骨を使え ! なんて馬鹿なことは言いません。生きるためには、骨も筋肉も必要です。

*骨は身体を支えるためにあります。しかし、骨だけでは足りません。骨だけでは身体を支えられません。白骨死体が踊るのは、幽霊か妖怪の仕業です。生きている肉体ではありません。筋肉も身体を支えるためにあります。

*生きるためには、自分の身体を支えなければいけません。

*武術でも、自分の身体を支える必要があります。さらに、相手の身体も支える必要があります。

*武術の打撃・攻撃では、打撃・攻撃を支えなければいけません。打撃・攻撃が成立するためには、自分と相手を支えてあげなければいけません。

*となると、生きるためだけの筋肉では足りません。相手の身体も支えられる筋肉が必要です。

*いいかえると、私の太い上腕三頭筋は、打撃・攻撃のためにはありません。打撃・攻撃を支えるためにあります。相手の身体を支えるためにあります。

*実際の打撃・攻撃は、前腕の筋肉と下腿三頭筋だけあればよろしい。しかし、それでは打撃・攻撃を支えることができません。

*自分と相手の身体を支えられる筋肉が必要です。そのための、心意六合拳の鉄牛耕地です。

*しかし、肩で支えてしまうと、失敗します。腕立て伏せになってしまいます。肩の力は使ってはいけません。それでは、勁力が死んでしまいます。だから、腕立て伏せはやってはいけません。

*腕立て伏せをやれば、ハンガー病が進行します。

*肩で支えることなく、腹横筋・僧帽筋・前鋸筋・小胸筋・前腕の筋肉などで支えます。上腕三頭筋でも支えます。

*全ての筋肉は、勁力のために存在しているのではありません。勁力を支えるために存在しているのです。ですから、自分と相手の身体を支えることになります。

*筋肉は勁力を支えるための存在ですから、発勁動作は存在しません。もちろん、蓄勁も存在しません。発勁動作も蓄勁動作も存在しません。

*筋肉は姿勢を支えるために存在しています。その姿勢が、打撃・攻撃そのものとなります。

*ここで面白い現象が生じます。正しい姿勢は、相手の身体を軽くしてくれます。

*どういうことかというと、それほどの筋力を必要としなくても、相手をコントロールすることができます。だから、素人オバチャンでも勁力を造ることができます。痩せている人でも、重い相手をコントロールできます。軽い人でも重い人を軽く押すことができます。

*それは姿勢=勁力だからです。世間一般では、発勁動作=勁力という理解しかありません。しかし、虎鷹拳院は姿勢=勁力ということを発見しました。これはとても価値ある発見です。そして、有意義な発見です。

*姿勢=勁力ですから、爆発する必要がありません。静かなものです。だから立っているだけです。歩くことも、立つことの連続となります。だから地面を蹴ることもありません。存在価値と普及価値のある素晴らしい発見です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-25 06:47 | 姿勢勁力

伸張性収縮

(昨日の体育館から)

*つぶれそうな虎鷹拳院の、つぶれそうな土曜日教室です(涙) 。約一名、翻子拳をやりたいという人がいるので、ゆっくりと力を抜いてやってみる。

*体幹で動く、というのを宋氏形意拳・龍形基本功でやってみる。この時、両足の足指をストッパーとして用います。

*どういうことかというと、両足を動かないようにします。手も心意六合拳・鷹爪を用いて、動かないようにします。合気上げは絶対禁止です。自分からは動きません。

*すると簡単に相手をコントロールできます。

*もう一つの要素として、自分の力を相手の肩に達するようにします。すると、相手を固定できます。自分の力と相手の力が一体化します。

*後ろ足の裏側の筋肉を、伸ばしながら緊張させる、というのをやってみました。いわゆる伸張性収縮=エキセントレーションです。

*この時も、出発点は足指です。すなわち、指行性となります。

*これを、心意六合拳の虎撲の技でやってみます。搖閂把でもやってみます。

*お互いに搖閂把をやります。蹴りをもらわない姿勢を造ります。

*約一名、全くできない頑固オヤジがいました。筋肉が縮こまったままです。その縮んだままの筋肉で、腕を、足を伸ばそうとするので、どうしてもできません。自分から縮こまっています。たぶん、24時間縮んだままです。

*だんだんイライラしてきました。プププ それで最後は圧腿の刑に処しました。アハハ

*ぐいぐい机を利用して、足の裏側を伸ばしてやります。ウワアー と悲鳴を上げていました。プププ

*なんでこんなことやらせるんだよー 自分でやれ ! 

*見た目でも足が伸びて来ました。明日は反動でもっと硬くなっています。毛細血管がブチブチ切れています。でも毎日やれば、少しは伸びるようになるでしょう。がんばってくださいね。

*これはやわらかくするのが目的ではありません。伸張性収縮の感覚を造ることが目的です。

*脇腹から鼠蹊部への切り込みができない人がいました。そこで、心意六合拳の龍の姿勢で練習してみます。

*それでもう時間が来てしまいました。ではまた来週。

7月30日(土) 19時~は都知事選挙のため学校体育館が使えません。平和台体育館で練習します。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-24 06:01 | 姿勢勁力

丹田呼吸法は要らない

*最近、悪質なイタズラや誹謗中傷が続いていますが、面白くて笑ってしまいます。腹も立ちません。プププ

*というのも虎鷹拳院は、技術力が向上してしまいました。一ヶ月の素人オバチャンが勁力を出してしまいます。

*鼠蹊部の折りたたみ、足首の折りたたみ、脇腹から鼠蹊部への切り込み、などを教えたら勁力が出てしまいます。フジマツオリジナルの熊の0号です。

*決定的なのは、後ろ足の裏側の筋肉を伸ばして緊張させることです。これを、心意六合拳の弓歩で、武式太極拳の弓歩で実行します。これで誰でも勁力が出ます。

*強力な柔道のつかみをどうにかしようと思って、宋氏形意拳の龍形基本功を応用してみました。すると、合気道要らずの技ができました。

*強力な相手につかまれたら、まず動くことはできません。でも、体幹で動けば処理できます。それを龍形基本功は教えてくれます。

*いわゆる"気"とは気持ちのことです。すなわち、簡単な心理学です。合気道のフェイントも簡単な心理学です。それは、心意六合拳の既存の技で処理できます。逃げるからやられてしまいます。逃げずに相手に接近します。キス攻撃です。プププ (本当にキスしなくていいです。これは比喩ですから。でもお好きならどうぞ。) 

*姿勢の勁力は基本功に全て含まれています。熊の0号から2号まで、そして龍形基本功に。

*丹田呼吸法は間違っています。それだと下腹部が過緊張してしまいます。膀胱の付近ではなく、ヘソの位置が正しい。そこから、腹横筋を左右横へ引っ張ります。

*それでも下腹部が過緊張する人は、ヘソの上2cm位の位置から、腹横筋を左右横へ引っ張ります。そんな感じです。

*腹横筋で下腹部を持ち上げてやります。すると、尻も持ち上げられます。尻が収まります。いわゆる提肛です。

*するとそのうち、左右の脇腹がプクッと膨らんできます。おかしな体形になりますが、気にしないでください。プププ

*頑固オヤジは教えるのが難しい。頑固オヤジはがんばってしまいます。なにをそんなにがんばるのか? 私の理解を越えています。不思議だなあー

*正しい姿勢だけで勁力が出ます。沈墜勁も震脚も要りません。寄りかかり発勁も不要です。全ての発勁動作は要らなくなります。となると、発勁理論も要りません。

*メンドー臭い発勁理論は、伝統思想や秘伝といっしょにゴミ箱へ捨てましょう。とても楽になります。必要なものは、基本功だけです。正しい姿勢だけです。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-23 05:48 | 姿勢勁力

防御と攻撃は同じ態勢

*八極拳の先生にはお世話になったけれど、震脚にはうんざりしていました。だから、震脚のある形意拳にもうんざりでした。

*山西省へ行き、静かな形意拳に出会えたのは、偶然でしたが必然でした。そして、震脚の無い心意六合拳に出会い、姿勢の勁力が完成しました。さようなら震脚 ! そして、さようなら寄りかかり発勁・十字勁・纏絲勁その他。宋鉄麟先師と陶子鴻先師にも感謝です。

*最近、始めて一ヶ月のオバチャンも勁力を出しました。本人はあれ? これなの? てな感じですが。プププ

*とりあえず、心意六合拳の弓歩で勁力を出してもらいました。要領は、内転筋で立つこと、鼠蹊部を開かないこと、後ろ足の裏側の筋肉を伸ばして緊張させること、などです。裏側の筋肉は、下腿三頭筋、大腿二頭筋、半腱半膜様筋などです。

*心意六合拳の鶏歩と宋氏形意拳の六合歩では、裏側の筋肉は内部処理します。だから、足が伸びることがありません。したがって、心意六合拳の弓歩と同じことです。

*普通に歩く時は、前足の指に全体重が載ったことを確認してから、後ろ足を送り出します。そして、後ろ足になる足の裏側の筋肉を伸ばして緊張させます。これだけで撃つことができます。

*「◯◯◯◯に100回以上腕立て伏せを軽くこなす女性がいる」とオバチャンの話し。それは肩甲骨を使っているからです。肩甲骨を使ってはいけません。(もちろん肘を使ってもいけません。) 

*肩甲骨を使ってしまうと、筋肉を刺激できません。僧帽筋も前腕の筋肉も前鋸筋も腹筋も使えません。背中が凹みます。だから、数百回やっても無意味です。

*肩甲骨をやわらかくすることもしてはいけません。肩は力を込めないことです。(肩の周囲はゆるめます。) ハンガーを取り去ることが大切です。ハンガー病は深刻ですが、ハンガーを取り去るだけで勁力が出ます。ただし、ハンガー病は自覚症状がありません。だから本人は気がつきません。

*顔を叩かれそうになったら、頭を低くします。のけぞってはいけません。そして、心意六合拳の猴抱頭(サルが頭を抱える) 、または虎抱頭(トラが頭を抱える) で反撃します。(鷹抓把や搖閂把で積極的に反応する方法もあります。) 

*顔を叩かれそうになると、のけぞるのが自然な反応です。相手は自然な反応を利用して技を仕掛けます。だから期待には答えません。常に不自然な反応で答えます。

*その態勢は、宋氏形意拳の龍形基本功です。常に龍形基本功の姿勢で対処します。自分に有利な態勢とは何か? を理解して体得します。つまり、防御と攻撃は同じ態勢となります。

お知らせです。

7月30日(土) 19時~の練習は、都知事選挙のために学校体育館が使えません。平和台体育館で練習します。18時30分から使えます。

8月17日(水) 19時~の練習は学校体育館が使えません。13時~の光が丘公園に切り替えます。時間のある会員は参加してください。無理して来る必要はありません。芝生広場の北口方面の木立の中です。

8月20日(土) 19時~の練習は学校体育館が使えません。平和台体育館で練習します。18時30分から使えます。

個人特訓は随時受け付けます。日時は希望に応じます。時間設定も自由です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-22 05:28 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー