動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

インチキ極意=四足歩行動物

(昨日の体育館から)

*いつでも基本功ばかりでは、闘うことができないので、心意六合拳の単虎抱頭を練習しました。鷹抓把とか龍形裹風とかは難しいので、一番簡単そうな単虎抱頭です。

*そのまま虎形套路をやってしまおうと想っていたのですが、単虎抱頭すらもできない人がいるので、あきらめました。

*でも、双虎抱頭までやりました。

*いつも身体をガチガチにして自滅してしまうHさんもいました。先週、体育館で整体の先生に治療してもらいましたが、もちろん無駄になりました。

*肩をガチガチにしてしまうのですが、原因は大胸筋ではありませんでした。

*彼を観察してみると、背中をガチガチにしていました。自分からガチガチにしてしまうのです。

*こうした人に背中を使う禅密功を教えてみても、無駄なことです。

*整体の先生は、骨盤に原因があるのでは? とのことですが、私は背中が原因だと考えました。

*こんなに背中を固めてしまうと、首が痛くなるはずなのですが、それを整体の先生が指摘してもケロッとしています。

*自分でも真似してみましたが、確かに首が痛くなります。

*もはやガチガチにすることが"自然な状態"になってしまっているようです。だから指摘しても、??? という状態です。背中で体幹を絞るらしいです。アハハ 背中が可哀想なんですけど・・・

*原因は背中と解りましたが、治療法は解りません。しばらく様子を見ます。彼には自分の身体の部品が感じられないようです。超鈍い人なんです。

*使うのは、背中ではなく、腹横筋と前腕の筋肉です。他はとりあえず考える必要はありません。

*前鋸筋も腹斜筋も、自然と使ってしまいます。

*前腕の筋肉ですが、手首に近い部分です。手首は使わずその近くの筋肉を使います。

*肩甲骨は使わず僧帽筋を使うのと同じです。

*下腿三頭筋も足首に近い部分を使います。足首は使わず、その近くの下腿三頭筋を使います。ですから、足首はゆるめてしまいます。

*これは自分を四足歩行動物だと想定すると納得できます。四足歩行なので、手首は足首と同じです。前腕の筋肉は下腿三頭筋と同じです。それが動物武術としての心意六合拳と宋氏形意拳の本質です。

*骨も関節も使わずに筋肉を使います。

*膝関節も使ってはいけません。膝に体重を載せてはいけません。膝を壊します。変形性膝関節炎になります。

*相変わらず、太極拳を膝を壊してしまう人が続出しているようです。そんな話しが私のところにも届きます。健康法のはずの太極拳で、膝を壊してしまうのです。そして、太極拳を辞めてリハビリに通う結果となります。

*武術太極拳連盟は、しっかりと調査して発表するべきです。もちろん、そんな自分から首を締めるようなことはしないでしょうけど。

*これは、レンメー式太極拳の構造的欠陥なのです。膝で立って膝で歩く結果です。足の裏側と内側の筋肉を鍛えなかった結果です。それと、足指を使わないで歩く結果です。重大な副作用というより"作用"なので、レンメー式太極拳の即時停止を求めます。レンメーは放射能をまき散らす原発みたいなものです。ジワジワとメルトダウンしています。日本人を不幸にしないでください。

*もちろん、僑松茂先生の武式太極拳ではそんなことはあり得ません。弓歩の構造がまるで違います。これからは、武式太極拳の普及も考える必要があります。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~かなりユルイ練習ですけど・・・
9月19日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、石のテーブルがあります、・・・なお、ロハスフェスタ開催中で芝生広場が使えません。でもいつも使っている石のテーブルはフェンス外です。で、どうにかなるでしょう。
9月21日(水) 19時~開進第一中学校体育館
9月22日(木) 13時~平和台体育館
9月24日(土) 19時~開進第一中学校体育館

ロハスフェスタへ行ってきました。ジジイのオラとしては見るものも無いので、(女性や子供には楽しいはず) うるまジェラードとグリーン・カレーを食べておしまい。と、カントリーみたいな音がしたので、ステージを見ると、不思議な音を出す6弦バイオリン? を可愛い女性が演奏していました。隣には背の高い北欧の男性? 穴の無い不思議な笛を吹いています。ノルウェー民族音楽だそうです。
後で話を聞いてみたら、共鳴弦がある変ったバイオリンみたいでした。(確かに弦の下に共鳴弦があった。弦は4弦でペグは7個?) ハーディングフェーレという楽器だそうです。ノルカルTOKYO という二人のバンドでした。可愛い女性は、東京藝術大学演奏藝術センター教育研究助手という偉い人でした。気楽に話しかけてごめんなさいね。きゃめる、というアイリッシュ・ガールズ・バンドもやっている。アラブのバイオリンも演奏するそうです。

*昨日は、9時から18時まで個別特訓で一年振りに来た人と練習でした。その後、開進第一中学校体育館の練習にも参加していました。オラは9時~21時近くまで練習したわけで、大腿二頭筋が筋肉痛になりました。彼は全身あちこち痛いはず。アハハ
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-18 10:44 | 心意六合*形意

インチキ理論=全ては同じ

*原則論から言ってしまうと、心意六合拳の鶏行歩は鶏歩ができなければ不可能です。もちろん、例外もあります。その例外の一人が私です。でも、例外から論を進めても無意味です。

*というわけで、鶏行歩の前提条件は鶏歩です。ところが、鶏歩の前提条件があります。

*それが、心意六合拳の弓歩です。弓歩ができなければ鶏歩はできません。

*なぜなら、弓歩は外面に顕された下腿三頭筋の伸張性収縮だからです。下腿三頭筋ばかりではありません。大腿二頭筋も半腱半膜様筋も内転筋も、外面に顕された伸張性収縮となっています。

*そして、鶏歩は隠された下腿三頭筋の伸張性収縮です。その他の筋肉も隠された伸張性収縮となっています。

*宋氏形意拳の六合歩は、心意六合拳の弓歩を後退させるとできてしまいます。完全な後ろ足荷重となります。

*なお、武式太極拳の弓歩は、心意六合拳の小さい弓歩となります。

*原則論はそうなのですが、もう一つの真実もあります。

*それは、やらないことは永遠にできない、という真実です。知っていただけでは、本当に体得はできません。

*理論を理論として理解できても、実際にやらなければ体得はできません。(その意味ではこのblog を読んでもあまり意味はありません。また、否定するために見ても時間の無駄です。もっと楽しいことをすればいいのでは? )

*秘伝と称して日頃見せないように練習していないと、上達することはできません。日々、ヘタクソになって行きます。

*そこで、基本的なことは、全て平行して練習します。

*やがて、全ては同じことだと理会する時がやって来ます。理会です。理解ではありません。

*体幹の統一については、宋氏形意拳の龍形基本功で学びます。

*体幹の絞りについては、宋氏形意拳の熊の基本功で学びます。熊の基本功は0号、1号、3号、2号とあります。オリジナルは1号と2号です。0号は1号を簡単にしてみました。3号は2号を簡単にしてみました。

*この体幹の絞りが、形意拳と心意六合拳で称するところの"龍腰"です。これは、もちろんフジマツが初めて明らかにしました。龍腰についての記述は、中国語の文献でもとても曖昧で役に立ちません。(翻訳してみなさんに見せても無駄です。) 

*体幹の絞りの中心は腹横筋です。上から前鋸筋ー腹斜筋ー腹直筋ー腹横筋が動員されています。

*同時に、鼠蹊部が切り込まれます。そして、尻が収まります。いわゆる提肛です。これは、腹横筋で下腹部を持ち上げるようにすると、上手くいきます。

*全ては同じ、と理会した時、あなたは姿勢勁力を獲得したのです。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~
9月17日(土) 19時~開進第一中学校体育館
9月19日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、石のテーブルがあります、・・・なんですがロハスフェスタのために芝生広場が使えません。その時は道の反対側に待機しています。
9月21日(水) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-17 06:23 | 心意六合*形意

インチキ理論=隠された伸張性収縮

*最近、ちくわさんが伸張性収縮を取り上げているので、私もそれに便乗して、インチキ理論=隠された伸張性収縮、を展開してみます。ウフフ

*心意六合拳を本格的に始めて一年位したら、師匠の伸びない後ろ足を発見しました。これは心意六合拳の単練法の鷹抓把や鶏撲食でのことです。

*鶏歩で終わる技は、全て伸びない後ろ足で撃つ結果となります。弓歩で終わる技は、結果として後ろ足が伸びます。

*結果として、とは積極的に伸ばしていないからです。ただ移動しているということです。

*すなわち、どちらにしても、地面を蹴りません。だから、浮くことがありません。

*僑松茂先生の武式太極拳も、浮くことがありません。それも地面を蹴らないからです。

*普通の太極拳は地面を蹴ります。そのために浮いてしまいます。ランニングもウォーキングも地面を蹴ります。(浮いたままでは撃てません。そのために沈みます。すなわち、沈墜勁や震脚に頼る結果となります。しかし、もしも浮かないのなら、それらの動作勁力は不要となります。姿勢勁力が可能となります。)

*地面を蹴る運動は、それを押し進めると跳躍運動となります。ジャンプするわけです。

*ジャンプする原動力は太ももの大腿直筋です。

*そして大腿直筋は、ヒトに成った類人猿が直立二足歩行する原動力です。数種類の類人猿が、大腿骨を真っ直ぐに改造して、大腿直筋を大きく改造して、直立二足歩行を開始しました。そのほとんどは滅びてしまいましたが、現生人類だけが生き延びて発展しました。それが、ホモ・サピエンスというわけです。

*どうして心意六合拳や宋氏形意拳や武式太極拳は浮かないのか? それは大腿直筋が地面を蹴らないからです。その代わり、姿勢勁力において、大腿直筋は姿勢を維持するための筋肉と成りました。

*そして、姿勢を維持するはずの下腿三頭筋が、勁力の原動力となりました。だから、心意六合拳の鶏歩と宋氏形意拳の六合歩は、低くなることが目的ではありません。反対に、しゃがんではいけません。

*大腿直筋と下腿三頭筋が、その役割を交替しました。それが姿勢勁力の根本となりました。

*それを私は、"伸びない後ろ足"で発見しました。しかし、伸びない後ろ足では、寄りかかり発勁が使えません。それで、我慢ならない人たちは虎鷹拳院を去りました。彼らは直立二足歩行の呪縛に捕われていたのです。

*ニワトリの一本足時間と指行性を理解できませんでした。心意六合拳の根本を理解できませんでした。それだと、勢いが使えないからです。一本足時間と指行性は、勢いを殺す結果となります。

*心意六合拳の鷹抓把などに見える"伸びない後ろ足"は、隠された下腿三頭筋の伸張性収縮、ということです。

*この、隠された下腿三頭筋の伸張性収縮を、回族の陳先生は、隠さないで外面的に見せてくれました。

*後ろ足の踵を上げて、そして降ろしました。それで心意六合拳の単把を撃ちました。

*それで私は全てを悟りました。踵を降ろしたのは、太ももの大腿直筋ではありませんでした。それは、フクラハギなど下腿三頭筋でした。

*それを師匠に話したら、一笑に付されてしまいました。しかし、私にはもう解ってしまったのです。師匠の鶏歩は、隠された下腿三頭筋の伸張性収縮だと。

*伸びるようで伸びない後ろ足は、心意六合拳の鷹抓把で既に発見していた私です。その後ろ足の裏側の筋肉に、指行性勁力がありました。

*では動かない心意六合拳の鶏歩では、どうやって発勁するのでしょうか? これは既に宋氏形意拳の六合歩で解決していました。

*宋氏形意拳の五行拳は、そのままの六合歩の歩型で練習します。歩かないで練習します。いきなり歩くと浮いてしまうからです。(浮いている宋氏形意拳者もいますが、それを反面教師としました。)

*歩かない心意六合拳の鶏歩も同様です。つまり、隠された下腿三頭筋の伸張性収縮を使えばいいのです。

*歩く心意六合拳の単練法も、隠された下腿三頭筋の伸張性収縮ということです。だから、後ろ足は伸びません。

*そんなことは中国の先生は主張していない? 古拳譜にも載っていない? その通りです。これらのことは、私が発見して整理しましたから。

*沈墜勁や勢いしか知らない動作勁力者にとっては、姿勢勁力は信じられません。その通りです。なにしろ、大腿直筋と下腿三頭筋の役割が逆転するからです。コペルニクスもびっくりです。ウフフ

*なお、下腿三頭筋に力を込めると、伸張性収縮は完全にできなくなります。(だから、ジムの筋トレは無意味です。) そんな力を込めることが大好きな人もいます。注意しても力を込めてしまいます。私には理解できない人もいます。

*合気道の合気上げと同じだ、と主張する見学者もいました。彼は見落としていました。合気上げは腕が伸びます。ところが、宋氏形意拳の龍形基本功は腕が伸びません。最初から否定してしまうと、見えるものも見えなくなります。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~ 
9月17日(土) 19時~開進第一中学校体育館
9月19日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、石のテーブルがあります。・・・ところが、ロハスフェスタのため芝生広場が使えません。その時は、道の反対側に赤パンツが待機しています。
9月21日(水) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-16 06:52 | 心意六合*形意

インチキ極意=どんどん折れ曲がる足首

*インチキ極意=どんどん折れ曲がる足首です。別名「ドスコイ鶏歩」と称します。

これ、一本足鉄牛耕地の合間にやってました。一本足鉄牛耕地を10回1セットやります。それからドスコイ鶏歩をやります。そしてまた、一本足鉄牛耕地を10回1セットやります。

*ドスコイ鶏歩を心意六合拳・鶏歩の基礎訓練としてやってました。なかなか効果的なので、会員にも教えることにしました。

*鶏歩の練習をドスコイ鶏歩から始めます。しばらくしてから、龍腰を切り半身となります。

*その前に鉄牛耕地の確認をします。鉄牛耕地で手を伸ばした形は、心意六合拳の虎撲です。あるいは形意拳の虎形拳です。そして、太極拳の双按です。

*そのまま胸の前へ引いて来ます。その時、肩甲骨は出ていないはずです。鉄牛耕地でもそのようにします。

*すなわち、低い位置になった時、肩甲骨が出ていないようにします。そうすれば、腕立て伏せには成りません。

*背中を肩甲骨ではなく、僧帽筋で支えます。手は手首ではなく、前腕の筋肉で支えます。これで、腕立て伏せの間違いを正せます。肩甲骨発勁も手首発勁も消えてしまいます。

*さて、どんどん折れる足首です。ドスコイ鶏歩です。

*相撲の腰割りの姿勢は、なかなか素晴らしいものがあります。内転筋と下腿三頭筋で立つことを教えてくれます。足首が折れ曲がります。

*ところが、二本足なので、内転筋も下腿三頭筋も、そして折れ曲がる足首も、なかなか自覚できません。ごまかすことも可能です。あるいは自覚できずにごまかしてしまいます。

*心意六合拳の鶏歩ならば、ほとんど一本足です。後ろの一本足です。踵はわずかに地面から離れています。

*そこで、正面の鶏歩を造ります。両手は下げて、前面に手のひらを向けます。そして、全体重が後ろの足首に降りるようにします。つまり、どんどん足首が折れ曲がります。

*力を込めてはいけません。自分の体重に任せます。もしも膝が痛くなったら、膝に体重が載っています。それは間違いです。足首に戻します。

*これで、どんどん折れ曲がる足首を自覚できます。

*それから、ゆっくりと体幹を絞り半身となります。まずはドスコイ鶏歩から始めます。

*この、どんどん折れ曲がる足首を宋氏形意拳の六合歩にも当てはめます。すると、上手くいきます。下腿三頭筋が覚醒します。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~
9月15日(木) 13時~平和台体育館
9月17日(土) 19時~開進第一中学校体育館
9月19日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、石のテーブルがあります、・・・なんですけどイベント(ロハスフェスタ) があるので芝生広場が使えません。その時は道の反対側にいます。赤パンツで待ってます。
9月21日(水) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-15 06:56 | 心意六合*形意

インチキ極意=要らない力・要る力

風邪引いてお腹痛くなった。サンダーさんの風邪をからかった罰が当たった。もう治りました。コメント全部消しました。真面目に書いてくれた方にはごめんなさい。陰湿な攻撃は私が死んでも続くでしょう。だから、できるだけ長生きして、嫌われるようにします。嫌われフジマツの一生はまだ終わりません。もっと嫌われるように努力します。ちっぽけな存在を大きくします。それが死に損なった私に与えられた課題です。ではでは・・・あっきれいなオネーサン、帰らないでくださーい ! これから本題ですからあー

*"余計な力"というものは、確かに存在します。それは勁力を殺す力です。

*だからといって、気で打つ、とか、筋肉ではなく骨を使う、なんて話しは極論ではなく、詐欺師の言葉です。

*姿勢勁力にとっては、余計な力とは、他の勁力よりもたくさんあります。それは、"姿勢"勁力ならでは、ということになります。姿勢を崩す力は、全て余計な力です。

*姿勢勁力は勢いを嫌います。勢いは姿勢勁力を殺します。勢いは姿勢を崩します。だから、地面を蹴ることを否定します。だから、ランニングもウォーキングも否定します。それらは身体が浮いてしまいます。

*心意六合拳は勇猛果敢を標榜しますが、それは闘志を表現しているだけのことです。勢いを装いますが、それは相手を欺いています。

*だから、寄りかかり発勁は用いません。体重を浴びせません。沈墜勁も、十字勁も、纏絲勁も、震脚も、開合も、用いません。用いる必要がありません。肩甲骨発勁や手首発勁は論外です。

*姿勢だけあれば十分なのです。

*大胸筋も肩甲骨も用いません。腕立て伏せとは、肩甲骨を用いるものだと理解しました。だから、腕立て伏せは無意味です。練習しても、害になるだけです。

*心意六合拳の師匠から、心意六合拳の鉄牛耕地を教えてもらったことは、幸いでした。自分を救ってくれました。偶然なのか、運命なのか、神の采配なのか、知る由もありませんが。

*心意六合拳の鉄牛耕地が無かったら、今日の自分はありませんでした。腎不全と心不全でボロボロになった身体を救ってくれたのも、鉄牛耕地です。それと、心意六合拳の鶏歩・弓歩と宋氏形意拳の六合歩です。

*背中の腫瘍も鉄牛耕地が治してくれたと想います。ちょうど僧帽筋の下に腫瘍ができました。肩甲骨を使わない鉄牛耕地は、僧帽筋を刺激します。肩甲骨の代わりに僧帽筋を使います。

*姿勢勁力には、要る力と要らない力があります。全ての力を肯定するものではありません。全ての力を否定するものでもありません。

*肩甲骨の代わりに僧帽筋を使います。手首の代わりに前腕の筋肉を使います。それが心意六合拳の鷹爪となります。

*大胸筋の代わりに小胸筋と前鋸筋を使います。

*上腕三頭筋と上腕二頭筋は、打撃に直接加わりません。上腕三頭筋は打撃の直後に役目があります。相手の反発の衝撃を受け止めます。上腕二頭筋は相手を捉えます。

*これらを実現するのが鉄牛耕地です。

*鉄牛耕地で最低限必要となるのが、前腕の筋肉と腹横筋です。打撃で必要となるのも、前腕の筋肉と腹横筋です。

*そして、フクラハギなど下腿三頭筋です。だから足では下腿三頭筋が最も重要です。

*ここで主客転倒します。武術の基礎といわれる馬歩は、太ももの大腿直筋と外側広筋で造ります。これが普通の弓歩の主体となります。

*動物武術の弓歩は、裏側の筋肉と内側の筋肉を使います。下腿三頭筋から、大腿二頭筋、半腱半膜様筋、内側広筋、内転筋となります。

*この内転筋が太極拳の円襠の正体です。起勢の姿勢の要となります。

*体幹は絞られます。それが形意拳と心意六合拳でいうところの"龍腰"です。

*肩甲骨を使わないというのは、身体の外側のラインを使わないということです。ですから、体幹は内側に絞られます。すなわち、前鋸筋の脇腹から鼠蹊部へ向けて絞られます。その要は腹横筋です。

*そして、鼠蹊部は切り込まれます。すると、尻が収まります。いわゆる提肛のことです。具体的には、腹横筋で下腹部を持ち上げてやります。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~
9月14日(水) 19時~開進第一中学校体育館
9月15日(木) 13時~平和台体育館
9月17日(土) 19時~開進第一中学校体育館
9月19日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、石のテーブルがあります、なのですが、・・・イベント(ロハスフェスタ) のため芝生広場が使えません。その時は、道の反対側にいます。ロハスフェスタ見たい人は早めに来て遊んでください。いいモノありますよ~~たぶん・・・
e0011605_7403835.jpg

[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-14 07:32 | 姿勢勁力

インチキ極意=前進しない勁力

*心意六合拳と宋氏形意拳は、決して前進することはありません。移動しても前進していません。

*前進しない勁力、それが動物武術の姿勢勁力です。前進しないので、姿勢で撃つことが可能となります。

*心意六合拳の鶏歩は前進しません。心意六合拳の弓歩は前進しません。宋氏形意拳の六合歩は前進しません。

*いわゆる跟歩は、前進しないで姿勢を保つために存在します。それだけのために存在します。だから、後ろ足を引き付けるだけのことなのです。

*典型的なのが、心意六合拳の鶏行歩です。鶏行歩は心意六合拳の歩き方です。前進しない歩き方です。

*ですから鶏行歩は、左右の足が、鶏歩の足が交替するだけのことです。ですから、結果として移動します。

*ですから、鶏行歩は地面を蹴りません。ランニングともウォーキングとも、決定的に異なります。

*鶏行歩はその名の通り、ニワトリの歩き方から生まれました。ニワトリの長い一本足時間から生まれました。ニワトリは一本足になり、しばらくそのままです。それから、おもむろに足を降ろします。そしてすぐに、一本足になります。

*それだけではありません。ニワトリとヒトは決定的に違います。ニワトリは鳥類なので、ネコ科・イヌ科などと同じ指行性となります。

*指行性とは、趾球と足指で立ち歩きます。しかし、ヒトは蹠行性(せきこうせい) です。蹠行性は、踵を用いて立ち歩きます。

*指行性の動物の踵に相当する関節は、高いところにあり、地面に着けることは不可能です。それが、鳥類やネコ科・イヌ科の特徴です。

*しかし、ニワトリを含む鳥類は二足歩行です。その祖先の恐竜も指行性で二足歩行です。(四足歩行の恐竜は、二足歩行の恐竜から派生しました。) 

*二足歩行のヒトは、ニワトリの一本足時間と指行性に学びました。そこから、心意六合拳は発生しました。大きなネコの虎にも学びました。だから、指行性の虎と鷹が心意六合拳を代表する動物形拳となりました。

*心意六合拳の歩型の鶏歩は、実に奇妙な形です。鶏歩の後ろ足の踵は地面から離れています。

*蹠行性のヒトとしては、とてもバランスが悪い。ある日、動物の骨の写真集を見ていたら、鶏歩が指行性ということに気付きました。

*心意六合拳の弓歩と宋氏形意拳の六合歩は、後ろ足の踵に体重がありません。それらも指行性の変形です。

*でも、鶏歩の前足の踵は地面に触れています。ヒトは完全な指行性には成れないのです。それが蹠行性の骨格の限界です。だから、半指行性ということです。

*ところが、10万年前アフリカを出たヒトは日本列島に辿り着き、とうとう足指を使わなく成りました。足指を使わないで歩くのが現代日本人です。

*だから、現代日本人の足指は浮いています。完全な蹠行性に進化したのです。そして、足指は退化しつつあります。

*足指を使わない日本人の立ち方・歩き方は、ホンダのアシモ君を生み出しました。だから、アシモ君はへっぴり腰で足裏が全部踵に成ってしまいました。

*さて、どのような歩き方にせよ、左右の足は交替します。すると、一本足時間は生じます。

*しかし、短い一本足時間は指行性に成れません。足指を使うことはありません。

*そこで、ニワトリに学んだ動物武術者は、長い一本足時間を造りました。それが鶏行歩と成りました。

*しかし、蹠行性のヒトとしては、たいへんバランスが悪くなります。それに耐えきれなく成った者は、沈墜勁や震脚に落ちて行きました。

*あくまで、一本足時間と指行性に踏みとどまった者は、動物武術者と成りました。結果としてそれは、静かな姿勢勁力と成りました。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~~
9月12日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、
9月14日(水) 19時~開進第一中学校体育館
9月15日(木) 13時~平和台体育館
9月17日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-12 06:25 | 姿勢勁力

インチキ極意=筋肉のコントロール

*以前、空手家先生に質問したら、「空手は足の筋肉全てを使う」と言われたことがあります。

*ところが、動物武術の心意六合拳と宋氏形意拳では、主要な筋肉と副次的な筋肉を使い分けます。

*主要な筋肉とは、足の裏側の筋肉と内側の筋肉です。副次的な筋肉とは、足の表側の筋肉と外側の筋肉です。

*足の裏側の筋肉とは、フクラハギなどの下腿三頭筋が根本としてあります。そして、大腿二頭筋、半腱半膜様筋、などです。内側の筋肉は、内転筋、内側広筋、などとなります。

*表側の筋肉は太ももの大腿直筋です。外側の筋肉とは、外側広筋です。

*武術の基礎といわれる馬歩は、大腿直筋と外側広筋で構成されています。

*というわけで、一般的武術=ヒト武術と動物武術は、主要な筋肉が逆転しています。

*特に、動物武術の根本筋肉は下腿三頭筋です。ところが、下腿三頭筋を覚醒させるのは難しくなっています。

*それは、心意六合拳の鶏歩でも、宋氏形意拳の六合歩でも、下腿三頭筋に力を入れてしまうからです。

*下腿三頭筋は体重を受け止めるだけでいいのですが、それ以上のことをやらせてしまうのがヒトの習性となっています。

*つまり、下腿三頭筋は緊張してしまいます。緊張した筋肉は、もはや勁力として使えません。緊張した筋肉は、もう緊張できません。筋肉としての役割を果たせません。

*そして、姿勢勁力を根本から破壊してしまいます。

*だから、まず下腿三頭筋の弛緩から練習する必要があります。フニフニ鶏歩の目的はそこにあります。

*私としては、勁力が理解できなかった頃、ゆるめることの必要性だけは理解できていました。だから、心意六合拳の師匠に「お前のは武術ではない、踊りだ」と叱られても平然としていました。

*力を入れるにしても、いきなり入れると失敗します。だんだん力を用います。

*棍本的には、自分の自意識と肉体の意識は別人格だと理解する必要があります。

*そこまで行かなくても、下腿三頭筋の仕事量を調整することが必要です。自分の体重だけの仕事量です。

*ところが、自分の体重を自覚することは、ほとんど不可能です。だから、簡単に太ってしまいます。私はデブですが、デブは自覚できません。

*そのために、心意六合拳の鶏歩は、宋氏形意拳の六合歩は、低く実行することが求められます。それは、自分の体重を自覚するためです。

*ところが、下腿三頭筋ががんばってしまうと失敗します。体重を受け止めるだけでなく、体重に反発してしまいます。結果的に地面を蹴ってしまいます。すると、元の木阿弥です。また、大腿直筋が目覚めてしまいます。

*多くの人は、体重に反発してしまいます。その結果、勁力は死んでしまいます。

*体重を受け入れるためには、少しずつ受け入れます。体重以上の緊張は排除します。筋肉のコントロールが大切です。だから昔の先生は、「力ではなく意識を使え」と言ったわけです。

*だんだん緊張する、ということを知ることです。ゆっくりと練習するのも、緊張の段階を理解するためです。

*ですから、乱暴な人は成功しません。でも突然の落下ならば、難しくありません。そんな人には、沈墜勁や震脚がおすすめです。しかし、もしも静かな勁力が欲しいのならば、筋肉のコントロールを知らなければなりません。

*だから、勢いは排除します。迫力は表面だけにします。中身は冷静です。常に、自分に対して客観的になります。自分の中に、主観の自分と客観の自分の二人が存在します。ここまで行かなくても、筋肉のコントロールを知るべきです。

*そのために、弛緩を学びます。弛緩にも段階があります。緊張にも段階があります。

*下腿三頭筋に力が入ってしまう人は、フニフニ鶏歩を練習しましょう。新しい練習法も今できました。これ面白いですよー

*平行立ちで、足指と趾球で高く伸び上がります。そこから突然ゆるめて落下します。ところがギリギリで踵が地面に着かないようにします。これと吊歩も練習します。

土曜日の練習にキッチン・タイマーを使用したら、高評でした。プププ どうせ3分間しか使用しないしー これからもキッチン・タイマーで行きますヨー 

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~~
9月12日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、
9月14日(水) 19時~開進第一中学校体育館
9月15日(木) 13時~平和台体育館
9月17日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-11 06:47 | 姿勢勁力

インチキ極意=肩の力を抜く

*ついにインチキ極意シリーズか始まりました。想えば、このアホblog 、発表の場が何処にも無いために始めました。とても便利な世の中になったものです。いろいろと弊害もありますが。

*さて、肩の力を抜く、というのが今回のテーマです。

*肩に力が入ると、姿勢勁力が崩壊します。勁力が出て行けません。肩で止まってしまいます。これを虎鷹拳院ではハンガー病と称します。勁力は入れるものではありません。だから蓄勁は不要です。勁力は出すものです。(発勁は蓄勁となり、蓄勁は発勁となる。それが姿勢勁力の姿です。)

*これは胸に力が入るためです。

*そのために、胸を張ってはいけません。学校教育では、胸を張れ、と教わりますが、それに反します。

*胸を張らないで、しかし猫背になってもいけません。猫背とは、胸を縮めることです。いわゆる中国拳法の含胸拔背も、胸を縮める行為の一種です。だから、中国拳法や気で打つ太極拳をやってはいけません。(一般的太極拳は膝を壊す傾向があります。それは膝で立って膝で歩くからです。すなわち、膝で体重を受け止めてしまいます。足の裏側の筋肉を使うことを知りません。) 

*となると、大胸筋を使いません。大胸筋を鍛える必要もありません。

*胸を使わずに背骨を立てます。そのために腹直筋を使います。しかし、いわゆる腹筋運動をやってはいけません。腹筋運動は腰を痛めます。

*何をやるべきか? それは心意六合拳の鉄牛耕地なのですが、それと同時に、腹横筋を使えるようにします。腹横筋を横へ張ります。すると、腹だけでなく、脇腹も張ります。腹の真ん中は少しだけ凹みます。

*しかし、それは結果です。積極的に腹を凹ませてはいけません。すなわち、逆腹式呼吸法は間違いです。逆腹式呼吸法をやってはいけません。

*腹直筋を使うことは難しいのですが、腹横筋を横へ張れば、腹直筋も同時に立てることができます。腹直筋も連動します。

*また、肩のラインで動いてはいけません。つまり、身体の外側のラインで動いてはいけません。これについては、中国の心意六合拳の先生でも無知な人がいます。そのために、心意六合拳の熊吊膀で身体が回転してしまいます。

*これを防ぐためにも、形意拳と心意六合拳でいうところの"龍腰"の意味を知るべきです。

*龍腰とは、体幹の絞りのことです。体幹は、前鋸筋の脇腹から鼠蹊部へ向かって絞られます。

*そして、宋氏形意拳の熊の基本功1号で、体幹の絞りと切れを学びます。すると、鋭い打撃が生まれます。これが、崩拳の素となります。(ここから、熊拳1号が生まれました。)

*課題に戻ります。肩の力を抜きます。これにはいろいろとやってみましたが、頑強な抵抗に会いました。とにかく肩の力を抜きたくない人がいます。今までの習慣を捨てたくない人たちです。今まで肩の力で生きてきたので、否定したくありません。

*でも、特効薬があります。それは、心意六合拳の排打功です。心意六合拳の排打功には、腹を撃ち合うものがあります。そして、脇腹を撃ち合うものもあります。

*どうしてそんなことをするのか? それは実際にそのような技が存在するからです。それは、大龍形の技です。鷂子入林の技です。龍と鷂の中にそんな技があります。

*ともかく、腹と脇腹を叩き合うと、肩の力が抜けます。それは、腹横筋を使うからです。

*だから、心意六合拳の収勢にも、自分で腹を撃つ動作と雷声があります。

*雷声は、口を大きく開けずに横へ大きく広げます。その口でイーと発音します。(その音は日本語にありません。) 同時に腹圧を上げます。つまり、口を横へ開けるだけでなく、腹横筋を横へ引っ張ります。口の動作と腹の動作が同じです。連動します。

*排打功だと相手が必要です。でも、自分一人でできる動作があります。それが、腹の正面を叩く動作です。この時に腹横筋を横へ引っ張れば、簡単に耐えることができます。殴られても、耐えられます。

*これに、横腹を加えます。横腹を叩きます。すると効果的です。

*心意六合拳の天地功を少し改良します。腹を正面から両手の掌根で叩きます。そして、脇腹を両側から掌根で叩きます。特に脇腹が効果的です。

*鏡の前で、自分の脇腹を両手の掌根で叩いてみます。その時に、鏡の中の自分を観察してみましょう。あら不思議、肩の力が抜けています。どんな頑固な人にも効果があります。ハンガー病の人にも効果的です。オバチャンにも効果があります。オバチャンBで確かめてみました。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約無しで遊びにおいでませ~~
9月10日(土) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、・・・ところがサンダーさんがパンツを脱いで寝て風邪を引きまして、この練習は中止になりました。申し訳ありません。罰金33円です ! 
9月10日(土) 19時~開進第一中学校体育館
9月12日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、
9月14日(水) 19時~開進第一中学校体育館

興味深い本がありました。
e0011605_735236.jpg


ストップウォッチが音しなくなりました。修理してもらおうとしたら、「この程度のモノだったら、新品買うほうが安いかもねー」と白衣を着たビッグ・カメラの兄さんに言われてしまいました。仕方なくヘラヘラ笑って退散しました。で、ダイエーでキッチン・タイマーを買いました。オバチャンAに、「キッチンタイマーでええやんけ」と言われたためです。550円位? ヒモで首にかけられるようにしました。誰の首にかけてあげようかなあ? ウフフ
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-10 06:16 | 心意六合*形意

インチキ極意=ゆるい足首

*拳に体重を乗せてはいけません。

*そんなことをしたら、身体が浮いてしまいます。

*浮いた身体からは、軽い拳しか生まれません。

*そこで、沈墜勁や十字勁や震脚を使う人もいます。

*しかし、それらは浮いた身体を肯定してしまっています。真の解決法ではありません。

*その結果、勁力は途切れてしまいます。本当の意味で拳打連撃できません。

*太極拳も沈墜勁を使う限り、連綿不断はウソとなります。それは、口先だけのお題目です。

*ではどうしたらいいのでしょうか?

*それは浮いた身体を造らないことです。

*つまり、地面を蹴らないことです。ランニングしないことです。ランニングは地面を蹴る運動です。つまり、ジャンプ運動です。

*そのために、心意六合拳の鶏行歩を実行します。

*しかし、そのためには心意六合拳の鶏歩が必要となります。

*鶏歩の目的とは、足首に体重を降ろすことです。しかし、足首は関節なので、その任に耐えられません。そこで、下腿三頭筋が覚醒します。結果として、下腿三頭筋に体重が降りて来ます。

*足首に体重を降ろすためには、足首をゆるめます。"ゆるい足首"が姿勢勁力の極意です。

*しかし、ここに"落とし穴"があります。

*足首を硬く緊張させてしまう人がいます。そこから姿勢勁力は崩壊してしまいます。そして、体重は太ももの大腿直筋へ戻ってしまいます。元の木阿弥です。

*足首を緊張させるのも、地面を蹴る行為です。

*あるがままの体重を、あるがままに受け入れることが必要です。

*そのために、足首をゆるめる必要があります。

*すると、蹠行性のヒトが指行性に近づきます。姿勢勁力の根本を獲得できるのです。

*これがインチキ極意=ゆるい足首、となります。宋氏形意拳の六合歩も、同様のゆるい足首です。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ
9月10日(土) 19時~開進第一中学校体育館
9月12日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、
9月14日(水) 19時~開進第一中学校体育館

開進第一中学校は工事中なので、正門から校庭を周り体育館に来てください。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-09 07:28 | 姿勢勁力

インチキ秘技・熊拳1号

(昨日の体育館から)

*インチキ道場のインチキ秘技・熊拳1号です。インチキシリーズ、秋の青空のように深いブルーに輝いています。

*これは、宋氏形意拳・熊の基本功1号から生まれました。ということは、熊拳2号も当然あります。熊の基本功2号がありますから。

*でも、とりあえず、熊拳1号です。これには、心意六合拳の熊吊膀の要素もあります。でも、本来は宋氏形意拳の崩拳です。崩拳に至る途中なんです。

*崩拳の途中なんで、凄い破壊力です。崩拳の途中なんで、立拳となっています。

*腰は動きません。体幹が全部いっしょに動きます。ここは宋氏形意拳の龍形基本功で学びます。

*もちろん、肩も胸も動きません。肩甲骨も大胸筋も動きません。外側の肩のラインは使いません。前鋸筋の脇腹から鼠蹊部へ向かって切り込まれます。それを拳に反映させます。

*肩甲骨発勁も、中国拳法の含胸拔背も、無縁です。そんなチャチイ存在ではありません。

*ゆっくりと入ります。最後は、心意六合拳の鷹爪で撃ちます。すなわち、前腕の筋肉で撃ちます。ということは、心意六合拳の要素で終わります。

*宋氏形意拳と心意六合拳の合体です。元々、同じ心意拳ですから、フジマツの手によって、生まれ故郷に帰ったというわけです。

*初速はゆっくりで、終速が最高速です。

*元ネタが宋氏形意拳・熊の基本功1号ですから、熊の基本功0号と1号をゆっくりていねいに練習しましょう。

*やわらかいパンチングミットを二つ、いつも用意しています。そのためのバッグも買いました。手が心配な人は軍手を持参してください。

*心意六合拳の鷹爪も必要です。鷹爪はしっかりと体得しましょう。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~~
9月8日(木) 19時~平和台体育館
9月10日(土) 19時~開進第一中学校体育館
9月12日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、
9月14日(水) 開進第一中学校体育館

開進第一中学校が工事中なので、正門から校庭を回って体育館に来てください。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-08 06:47 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー