動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

突きが存在しません

*いわゆる"力こぶ"を造るには、腕を肘のところから曲げます。すると、上腕の内側が盛り上がります。

*腕を短縮させて筋肉を収縮させます。だから、これは上腕二頭筋の短縮性収縮です。

*もちろん、腕を伸ばして"力こぶ"を造ることもできます。拳をにぎって、あるいは掌を広げて腕を伸ばします。すると、上腕の外側が盛り上がります。

*腕を伸張させて筋肉を収縮します。だから、これは上腕三頭筋の伸張性収縮です。

*いわゆる"突き"は腕を伸ばします。だから、上腕三頭筋の伸張性収縮を用います。

*ところが、心意六合拳と宋氏形意拳の"姿勢勁力"では、上腕三頭筋の伸張性収縮を用いません。

*するとこれはもう"突き"ではありません。力を抜いて腕が伸びるだけです。したがって、姿勢勁力には"突き"が存在しません。

*しかし、前腕の筋肉は用います。拳をにぎり、あるいは掌を広げて、前腕の筋肉を収縮させます。指を前腕の筋肉で操作します。これが心意六合拳の"鷹爪"です。

*撃つのは前腕の筋肉だけを用います。前腕の筋肉は、上腕三頭筋とも上腕二頭筋とも強い関係を持ちません。(これを極端にしたのがフニャフニャ崩拳です。)

*しかし、脇腹の前鋸筋と繋がります。前鋸筋が前腕を、鷹爪を最後に支えます。また、背中の僧帽筋が"壁"となります。

*すると、前腕は体幹と一体化します。つまり、体幹の拳・体幹の掌が造られます。全体のバランスの要は腹横筋です。

*これが心意六合拳の馬形拳、宋氏形意拳の崩拳(五行拳) となります。そこに存在するのは"突き"ではなく、体幹の拳・掌となります。

*腕は肩で支えられるのではなく、前鋸筋で支えられます。結果、腕は肩から生えるのではなく、腕は脇腹から、前鋸筋から生えて来ます。

*その基本功が、宋氏形意拳の龍形基本功、熊の基本功1号・2号となります。

*武式太極拳(喬式太極拳) も心意六合拳の鷹爪を用います。鷹爪の用語はありませんが、同じことを喬松茂先生から教わりました。すると、同じ構造となります。

*姿勢勁力は突きが存在しない武術なのです。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-21 07:35 | 姿勢勁力

全国のガチガチおじさんへ

(昨日の体育館から)

*全国のガチガチおじさんに朗報です。虎鷹拳院のあのロボットおじさんが勁力を出しました。
イエイ !

*「あのおじさん、ガチガチでロボット化しているからあー、無理よおー」とオバチャンBに冷たく宣告されたロボットおじさんです。

*どんなに罵られても、暖かい笑顔のロボットおじさん、メンタル強いです。人間できてます。私と違って、人格高尚です。私はちっちゃい人間ですからねー

*まあ、問題は相手を肩で受け止めてしまうことです。そんなことをすれば、相手の反撃で肩を脱臼してしまいます。脱臼しなくても、勁力は出ません。そういえば肩甲骨発勁も危ない行為です。

*それさえ克服できれば、誰でも勁力出ます。つまり、腕を肩からではなく、脇腹の前鋸筋から生やします。それが心意六合拳の鉄牛耕地です。宋氏形意拳の龍形基本功です。

*問題はまだ残っています。

*最後の瞬間に肩と上腕三頭筋を使ってしまうことです。これで勁力は半減します。最後まで肩と上腕三頭筋は使わないようにします。

*それと、前足の足指ストッパーが曖昧です。そのために、上体が少し流れてしまいます。

*それさえ修正できれば、勁力的には全く問題ありません。

*しかし、ロボットおじさんが勁力を出したので、全国のガチガチおじさんにも大いなる可能性があることが証明されました。 ロボットおじさんは人類の希望です ! 

*ロボットおじさんからオバチャンBに伝言がありました。

*「ナメンナヨ ! 」・・・怖いですねえ・・・あっウソです。少し話しを盛りました。大盛りです。ごめんなさい。

*ロボットおじさん、何言われてもニコニコしています。フジマツとは違います。心が大きいです。フジマツの心、ダニ以下の小ささです。でも、ダニは布団掃除機で撃退しました。あーきれいなオネーサン、帰らないでくださーい !

1月21日(土) 12時30分~平和台体育館でサンダーさんと臨時練習します。サンダーさんが嫌いじゃない方で時間のある方、遊びにおいでませ~~  
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-19 08:04

歩けなくなってから始まる

*山西省太谷県へ行ってみたら、宋氏形意拳(宋式心意拳) の拳理は「静」だと言われた。え? 静?

*なんのことやら? さっぱり解りません。確かに田舎なので、静かですけど。新市街からかなり離れた所だし。

*震脚が無いから静かなのか? いえいえ、沈墜勁も十字勁も纏絲勁も開合もありません。なんにもありません。

*六合歩(三体式) はありました。熊の基本功1号と2号はありました。龍形基本功はありました。

*それより大問題なのは、歩けなくなったことです。歩くと浮いてしまう自分を発見しました。

*それは宋光華先生の近所に住む先輩を見たからです。先輩の宋氏形意拳は完全に浮いていました。フワフワと浮き上がっているのです。あーなっては駄目だなあ、と感じました。

*そこで自分を見ると、やっぱり浮き上がっています。あっ自分が駄目なんだ、と気付きました。

*そこで、ひたすら六合歩の定歩で五行拳を撃つことにしました。歩くと浮いてしまうのなら、歩かなければいいのです。

*でも歩かないと生きていけません。死んでしまいます。そこで、移動稽古をあきらめました。

*でもこの発想は極端です。普通の人ならこんな決断はしないでしょう。性格が極端です。だから、アスペルガーといわれるわけです。

*以前、拳杯という大会を開催していました。10年位続けていました。ある時、イジワルされて大会を妨害されました。それで、中国武術関係を全て切りました。全て切ることもないだろうに、極端です。全てがメンドー臭くなりました。もうどうでもいいや、というわけです。たくさんの友人を失いました。正しい判断だったと考えます。

*一年前あることで、古い友人から「脳が未発達だ」と批判されました。腹立ったので、関係を切りました。でも、確かに脳が未発達かもしれません。アハハ でもスッキリしました。

*さて、山西省で歩けなくなった私は、歩く稽古はあきらめました。もちろん、日本でもいつも浮き上がっていましたけど。

*2年後、上海の郊外にある警察学校へ行きました。それは原野の中にぽつんとありました。名前も顔も知らない先生に入門するためです。もちろん、その先生の心意六合拳を見たこともありません。評判も知りません。教えてくれるのなら、それだけで幸せというものです。

*ことの発端は、陶子鴻先生の本を手に入れたことです。なんだか面白そうだ、この先生に入門しようと決めました。そこで、上海の友人に陶子鴻先生を探してくれるように手紙を出しました。ところがその友人と連絡が取れなくなりました。まっいいか、と飛行機に乗り込みました。めっちゃいい加減です。

*とりあえず、上海体育学院の邱先生の自宅へプラプラと行ってみました。すると邱先生は出張で不在。奥様がいろいろ手を尽くして、友人の引っ越し先を探してくれました。(その後、陶子鴻先生は亡くなっていることを知りました。友人は八方手を尽くして陶子鴻先生のお弟子さんを探してくれました。) 

*突然、邱先生の自宅を訪ねたので奥様はびっくりしていました。腹は減ったか? と聞くので腹減ったと言ったら、牛肉うどんを作って食べさせてくれました。いやあ、おいしかったあー かなり図々しいです。アハハ その後、心意六合拳の師匠の家でも、食事代も宿泊代も授業料も払っていません。ナンデヤネン ! (「裸の大将」と自分は似ています。アハハ) 

*様々な偶然と親切な中国人によって、姿勢勁力に導かれました。その始まりは私の極端な性格です。だからアスペルガーと言われたらそうかもしれません。

*歩けなくなってから、全てのことが始まりました。だから、浮き上がっている自分を発見することから、姿勢勁力が始まります。

*私のような極端な性格は要りませんが、発想の転換が必要です。それには、浮き上がっている自分を発見することです。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-18 08:58 | 姿勢勁力

オはオオタカのオ

e0011605_19322293.jpg

とても素敵な本を平和台の本屋で見つけました。帯には・・・
幼い頃から鷹匠になる夢を抱いて育ち、
最愛の父の死を契機にオオタカを飼い始めた「私」。
ケンブリッチの荒々しい美しい自然を舞台に、
新たな自己と世界を見いだす鮮烈なメモワール。

この本は捨てないで保存します。散文詩のような美しい文章です。自分の文章はブコウスキーの影響でかなりお下品になりました。アハハ
「H is for Hawk」 Helen Macdonald 著 白水社
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-17 19:44

元凶は大胸筋

*心意六合拳の弓歩・・・その足の裏側筋肉の伸張性収縮は、私にとって当たり前でした。とても簡単なことでした。それは下腿三頭筋だけでなく、大腿二頭筋も伸張性収縮させます。

*後は、肩の力を抜くことだけです。しかし、相手がいると肩を使ってしまう人がいました。そんな人がたくさんいました。

*日常的には肩の力が抜けているのに、相手を前にすると、相手の身体を感じてしまうと、肩に力が入ってしまいます。肩で相手を支えると、とても弱い姿勢構造となってしまいます。

*ところが、もっと手前の問題がありました。

*それは大胸筋です。

*武術者に大胸筋は要らない、と心意六合拳の師匠に言われました。

*そこで、大胸筋は使わずに鉄牛耕地しました。結果、前鋸筋と小胸筋が発達しました。胸はぺちゃんこのままです。

*ところが、日本の学校教育では「背筋を伸ばせ」と教えます。この背筋を大胸筋で伸ばすのが、学校教育です。

*その結果、胸を張ってしまう人がいます。大胸筋そのものは貧弱でも、大胸筋を使ってしまいます。

*すると、鼠蹊部を切り込むことができません。鼠蹊部は伸びたままです。

*すると、太もも表側の大腿直筋で立ってしまいます。大腿直筋で弓歩を造ってしまいます。

*すると、太もも裏側の大腿二頭筋で立つことができません。下腿三頭筋はかろうじて使えても、大腿二頭筋が使えません。

*すると、やっぱり大腿直筋で立っています。元の木阿弥です。

*これの元凶は、胸を張ることでした。元凶は大胸筋でした。

*なお、いわゆる中国拳法の含胸拔背では、胸を縮めています。あれも、大胸筋を使っています。だから、姿勢は破壊されています。もちろん、姿勢勁力は出ません。

*流行の雑誌のプッシュアップを見ると、腹が落ちています。結果、肩甲骨が出ています。胸は張っています。全て駄目でした。本屋にありました。立ち読みしてみてください。

*大腿二頭筋が使えないのも、大腿直筋で立ってしまうのも、鼠蹊部が切り込めないのも、その元凶は大胸筋でした。胸を張るからです。

*では、背筋を伸ばすのは? 背筋を伸ばすのは腹直筋であるべきなのです。その腹直筋を使うのは、腹横筋です。

*腹を少し凹ませながら、腹横筋を左右横へ引っ張ります。すると、腹直筋も釣られて背筋が伸びます。背筋は背筋で伸ばしてはいけません。すると、胸を張ってしまいます。

*胸を張ってしまうと、全てが狂ってきます。

*大胸筋は使わずに、前鋸筋と小胸筋を使います。それが宋氏形意拳の龍形基本功です。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-17 08:07 | 姿勢勁力

始まりは足指と下腿三頭筋

*武式太極拳(喬式太極拳) の弓歩は、足の裏側・内側の筋肉の伸張性収縮によって造られます。そしてこれが、武式太極拳の根本勁力となります。その始まりは下腿三頭筋です。下腿三頭筋の運動の始まりは足指です。

*もちろんこんなことは、中国で武式太極拳を学習しても教えてくれません。意図的に教えてくれないのではなく、このような分析が中国で成されたことはありません。

*私の場合、宋氏形意拳と心意六合拳の経験により、この分析に至りました。そして、宋氏形意拳でも心意六合拳でもこのような分析が成されたことはありません。

*これが静的勁力=姿勢勁力の根本なのです。そして、この構造解明はフジマツの成果です。これにより、誰でも姿勢勁力の根本が理解できるようになりました。

*しかし、これには厄介な問題が二つあります。そのために、なかなか気付くことがありません。

*一つは、ヒトは表側の大腿直筋で地面を蹴って歩く、という構造です。そして大腿直筋は地面を蹴りますから"ジャンプする筋肉"だということです。すると、歩くと身体が浮いてしまうという結果になります。

*解りやすいのが、ウォーキングとランニングです。ウォーキングとランニングでは明確に身体が浮いています。そして、普通の太極拳でも身体が浮いています。

*太極拳を見る機会があったら、観察してみてください。あるいは心意六合拳の鶏行歩をユーチューブで見てください。多くの場合、浮いているのが明らかに見て取れます。

*しかし、浮いた身体では発勁できません。沈む必要があります。そのために、沈墜勁や震脚が必要となります。

*武術の基礎といわれる馬歩も、表側の大腿直筋と外側の外側広筋により造られています。そのために、沈墜勁または震脚が必要となります。

*でも、もしも身体が浮かなかったら沈む必要はありません、沈墜勁や震脚などの動的勁力は不要となります。それが姿勢勁力の武式太極拳と心意六合拳と宋氏形意拳なのです。(これには体幹と肩の問題がありますが、ここでは触れません。)

*もう一つは、心意六合拳の鶏歩と宋氏形意拳の六合歩では、足が伸びることはありません。弓歩では後ろ足の裏側が伸びますが、鶏歩と六合歩では見る限り伸びません。そのために、裏側の伸張性収縮に気付きません。

*私の場合、馬鹿みたいに六合歩の定歩でひたすら五行拳を撃っていました。歩くと浮いてしまうので、歩くのをあきらめた結果です。

*心意六合拳では、師匠の鷹抓把(ようそうば) や鶏撲食(けいぼくしょく) から「伸びない後ろ足」に気付いていました。

*決定的なのは、回族の陳先生が踵を上げて降ろしたことです。「この勁で撃つ」と陳先生は言いました。それで気付きました。(この勁、の内容には一切触れませんでした。) 

*陳先生は、踵を降ろす時に裏側の下腿三頭筋で降ろしたのです。それは下腿三頭筋の伸張性収縮でした。(もちろん陳先生はそんなことは言いませんけど。) 

*通常ヒトは、表側の大腿直筋で踵を降ろします。だから陳先生のような動作を見ても、裏側の筋肉には気付きません。私の場合、それまでの経験がありました。それとヘンなこだわりがありました。

*若い頃から、歩くことの中に勁力が隠されている、と思い込んでいました。普通の人には勁力がありませんから、普通の歩き方には勁力がありません。するとヘンタイな歩き方ということになります。それが心意六合拳の鶏行歩でした。

*鶏行歩は鶏歩の延長なので、後ろ足が少し伸びますが少しだけです。すなわち、鶏歩が大きくなるだけです。(弓歩になりそうでならないので、以前は未完成弓歩と呼んでいました。) そして体重移動がありません。すると、表側の大腿直筋ではなく裏側の下腿三頭筋を使うことになります。

*表側の大腿直筋を使うと、どうしても体重移動する結果となります。それは前のめりになるということです。

*ニワトリの指行性一本足は前のめりになることがありません。たぶん餌を探しているのかと思いますけど。丹頂鶴がゆっくり歩く時に、同じように指行性一本足になって餌を探しています。でも、ニワトリも走る時は前のめりになります。

*このニワトリの指行性一本足から、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩が創作されました。形意拳は心意六合拳から生まれました。宋氏形意拳には独自の鶏形技があります。

*形意拳の故郷=山西省には形意拳なる呼称がありませんでした。車派形意拳は車派心意拳、宋氏形意拳は宋式心意拳でした。自分が学習した時は宋式心意拳でした。戴氏心意拳は今も戴氏心意拳です。心意六合拳とか六合心意拳などの呼称もありました。心意拳とは心意六合拳の略称ともいえます。

*現在の心意六合拳を六合心意拳と称しても間違いではありません。そのような呼称もあります。山西省には六合心意拳なる流派もあるので、ややこしいですけど。

*区別するために、心意六合拳を十大形、形意拳を十二形、と呼ぶのが一般的です。心意六合拳を心意拳と称するのも一般的です。

*姿勢勁力の始まりはニワトリの指行性一本足です。そこからヒトの足指と下腿三頭筋へと応用されました。

*武式太極拳の場合は、蹠行性(せきこうせい) の部分もあるので、習得しやすいと考えられます。

*なんか少し脱線しました。どうもすいません。

@ 以前・・・筋肉の名称なんか言われても知らない。中国ではそのように指導しているのか ! と抗議されたことがありました。中国ではそんなことはありません。でも中国では、失敗している人がたくさんいます。その失敗した人が先生に成ります。結果、失敗が広がります。言葉は記号なので、筋肉の記号の使用は許してください。

@ 要するに伝統的教え方は限界がある、と考えます。自分の師匠は体育大学出身で警察学校の教官でした。だから、合理的思考が身に付いていました。でも、今日の整理した内容は全てフジマツの責任です。動物学の蹠行性と指行性の用語を導入したのも、フジマツの責任です。心意六合拳には素朴な動物生態論がありますが、動物の立ち方・歩き方までは言及されていません。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-16 07:59 | 姿勢勁力

無人の荒野を行く

*「無人の荒野を行くが如く」という形意拳のことわざがあります。

*誰が残した言葉なのか、詳しいことは知りませんが素晴らしい言葉です。

*その意味は、相手の存在に惑わされることなく、あくまで自分の姿勢を維持しなさい、ということです。

*前のめりになることなく、いつもの練習と同じように進みなさいと教えています。

*そして、最も重要なのは、肩に力を入れてはいけない、との教えです。

*肩に力を入れてしまうと、肩が突っ張ります。肩で相手の体重を受け止めてしまいます。すると使えるのは腕力だけです。体幹は使えません。足も使えません。

*肩に力が入っていると、勁力の死を招きます。

*日常的に肩に力が入っていなくても、練習の時は肩に力が入っていなくても、相手を意識した瞬間、肩に力が入ってしまいます。

*だから、相手を意識してはいけません。相手を無視するかのように、進んで撃ちます。

*そのような態度の姿勢が大切なのです。

*すると前のめりになることなく、体重移動することなく、肩に力が入ることなく、前進して撃てます。

*だから、無人の荒野を行くが如く、前進します。心意六合拳の鶏行歩も同様です。

*黄土平原をただ一人、どこまでも進みます。放浪する狼のように・・・
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-15 08:13 | 心意六合*形意

特殊な虚歩と弓歩

*武式太極拳(喬式太極拳) には弓歩がありますが、鶏歩(心意六合拳) も六合歩(宋氏形意拳) もありません。

*そこで、この弓歩を体得すれば静的勁力=姿勢勁力を得られます。鶏歩と六合歩の場合、初心者は立つことができません。15秒位がいいところです。これでは撃てません。実用レベルではありません。

*2分間は立てないと、実際に撃つことができません。しかし、武式太極拳は弓歩だけです。

*ところがこの弓歩、普通の弓歩とは違います。

*普通の弓歩は大腿直筋と外側広筋で立ちます。表側の大腿直筋と外側の外側広筋です。武式太極拳の弓歩は裏側の筋肉で立ちます。下腿三頭筋と大腿二頭筋の伸張性収縮です。

*これにより、体重移動無しで撃てます。普通の弓歩の場合、もう後が無い感じです。後ろ盾が無いので、体重移動が必要です。そこで、沈墜勁などの動的勁力が必要となります。

*武式太極拳の弓歩の場合、注意しなければいけないのは、日常には存在しない隠れ指行性に成ることです。

*ヒトは蹠行性(せきこうせい) ですし、現代日本人は純粋蹠行性となっています。すなわち、足指を全く使わないで歩きます。

*となると、前のめりにならないで足指に体重が載る感覚がありません。となると、足指ウォーキングから始めるのがよいでしょう。

*足指ウォーキングは、前足一本足状態で十分体重を足指に感じてから、後ろ足を前に出します。これを繰り返します。(普通は足指が体重を感じる前に、後ろ足が前へ行ってしまいます。それが日本人の歩き方です。普通のウォーキングも同様です。) 

*さて、武式太極拳の弓歩は虚歩から造ります。となると、虚歩が問題になります。この虚歩も普通の虚歩とは違います。普通の虚歩は、後ろ足の大腿直筋で立ちます。これでは、その大腿直筋が弓歩となる時、地面を蹴ってしまいます。すると、身体が浮き上がります。

*そこで、下腿三頭筋に比重を移します。そのために、足首が折れ曲がります。そして、鼠蹊部を折り畳みます。同時に尻を収めます。この三つの作業が必要となります。(そういえば、中国ではこんな解説はなかった。だからみんな浮いてしまっていた。みなさんは幸せですね。アハハ)

*虚歩から地面を蹴らないように注意しながら、ゆっくりと裏側の筋肉が伸びるようにしながら弓歩になります。どうしてゆっくりと練習するかというと、速くやると地面を蹴ってしまうからです。

*つまり、しっかりできるようになれば、速くもできます。とりあえず、運動習慣を変える必要があります。

*とりあえず、最初の虚歩ができれば弓歩の成功は約束されています。というわけで、虚歩が肝心です。

*この虚歩を慎重にやらないと、膝に体重が載ってしまいます。すると、膝を痛める結果となります。

*しかし鶏歩も六合歩も無い武式太極拳は、初心者が姿勢勁力を味わうのに適しているかもしれません。

*ただし、やはり太極拳なのでカウンターが主体です。ダイナミックに進んで撃ち込むためには、心意六合拳の鶏行歩が必要です。

*武式太極拳無料セミナーは、2月、6月,9月の予定です。これは他に借りられる日曜日の体育館が無い、というだけの理由です。つまらないオチでした。アハハ 
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-14 10:08 | 姿勢勁力

気とウンコと秘伝とゲロと

*気で打つ? そんなことは気にしなくていいです。気違いのたわごとです。あるいは現代の詐欺師です。

*陰陽五行説? それは古代の呪われたゾンビです。

*太極図説? それは悪夢の魔法陣です。

*神秘の秘伝? それは崩れ落ちたミイラの残骸です。ダニに喰われています。

*みんなウンコといっしょにトイレに流しましょう。あるいは酔っぱらいのゲロといっしょにトイレに流しましょう。

*気とウンコと秘伝とゲロと、みんな同じようなものです。似た者同士です。

*静かな姿勢勁力はとっても簡単です。それが心意六合拳と宋氏形意拳と武式太極拳の真実です。

*蹠行性の代わりに隠れ指行性にします。

*大腿直筋の代わりに下腿三頭筋と大腿二頭筋を使います。外側広筋の代わりに内側広筋と内転筋を使います。

*膝の代わりに足首と足指を使います。

*足の裏側・内側の筋肉を伸張性収縮させます。それが姿勢勁力の根本となります。

*筋肉ではなく骨を使え・・・ハイハイ、それでは骨だけになって踊ってみてください。ガイコツの踊り、これは受けますよ。

*震脚? それはめっちゃ疲れるからおすすめしません。でもやりたかったらどうぞ。静的勁力の世界では、動的勁力は要らなく成ります。沈墜勁も十字勁も纏絲勁も開合も震脚も要りません。

*ただ立っているだけです。歩くのも立つことの延長です。ですから、左右の一本足が交替するだけです。それはニワトリの指行性一本足のことです。心意六合拳の鶏行歩のことです。

*そして最後は指行性四足歩行の虎になります。すると、腕は前肢となり、足は後肢となります。

*前腕の筋肉と下腿三頭筋が指行性四足歩行の基礎となります。

*前腕の筋肉は心意六合拳の鷹爪となります。

*下腿三頭筋は心意六合拳の鶏歩となり、宋氏形意拳の六合歩となります。

*夢もロマンも無い? 

*夢もロマンもありません。土から生まれて土に帰ります。

主よみもとに近づかん(賛美歌320番)・・・あっマリア様と観世音菩薩様のお迎えが・・・じゃフジマツ逝ってきまーす ! 
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-13 09:05

三つの基底条件

*姿勢勁力の基底条件は、たった三つです。

*第一・・・それは、鼠蹊部を折り畳むこと(同時に尻を収める=提肛) が一つです。鼠蹊部と膀胱のあたりが凹みます。しかし、尻を出してはいけません。腹横筋で下腹部を持ち上げてやると、尻が収まります。

*これが無いと、非常に不安定な姿勢になります。鼠蹊部が伸びていると、簡単に吹っ飛ばされます。また、膝に体重がかかりやすくなります。結果、膝を痛めます。

*第二・・・それから、足首が折り曲げられることです。これは、足首「が」折り曲げられます。足首「を」折り曲げるのではありません。

*足首に体重を降ろすことによって、足首が折り曲げられます。力を込めて足首を折り曲げてはいけません。自分の体重に任せます。

*通常、ヒトは低い姿勢に成る時、膝を折り曲げます。これは間違いです。膝を折り曲げると膝に体重がかかります。すると、膝を痛めます。腰も痛めます。(日本武術太極拳連盟の太極拳で膝を壊すのは、これが原因です。) 

*したがって、膝を折り曲げてはいけません。あくまで、足首が折り曲げられます。足首に体重を降ろします。膝はついでに曲がります。膝は「ついで」の存在です。

*足首に体重を降ろすと、足首が折り曲げられます。すると、足指にも体重がかかります。地面に接しているのは足指と趾球となります。(これが隠れ指行性となります。ネコ科・イヌ科や鳥類=ニワトリに近くなります。心意六合拳と宋氏形意拳はニワトリの指行性一本足に学びました。) 

*姿勢勁力の発するところは、足指です。(拇指球ではありません。) しかし、足指に力を込めてはいけません。足指は軽いストッパーとなります。

*二つの基底条件を守って足指と趾球で立つと、下腿三頭筋が覚醒します。下腿三頭筋の伸張性収縮が動き出します。

*第三・・・実際に見て動くところは、前腕の筋肉です。前腕の筋肉だけが見えるように動きます。これが、心意六合拳の鷹爪となります。

*鷹爪とは、前腕の筋肉で指を操作します。前腕の筋肉で拳を掌を造ります。 
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-12 08:09 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー