動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

足か縮んでいます

(昨日の体育館から)

*もうすぐ春ですね。つぶれそうな虎鷹拳院と孤独に押しつぶされ涙しているアホのフジマツにも、春は訪れるのでしょうか? え? 死ね? 申し訳ありませんでしたあー

*ところで、オバチャンBが鉄牛耕地を成功させました。おめでとうございまーす。今日はいつもより多く回っておりまーす ! 正月かい !

*腕立て伏せなら得意だあー、と言いながら本当にガンガン腕立て伏せしていた見学のおじさんを思い出します。あの人は永遠に鉄牛耕地できないのだろうなあ・・・アーメン・・・それを冷たく見ていたフジマツも性格悪いです。ごめんなさいね。

*オバチャンB、肩に力が入ってしまいます。そのために背中が凹んでいます。肩甲骨の間が凹んでしまいます。典型的な腕立て伏せです。もうすぐに肩甲骨発勁に成ります。ヤバい ! 

*そこで、手に注目しました。

*見ると、指の第三関節が凹んでしまいます。心意六合拳の鷹爪ができていません。第三関節のところでつぶれています。

*これは第三関節に力が入っているからです。鷹爪は第一関節で造ります。第三関節で造る人が圧倒的に多いのですが、間違っています。(例外として、龍爪は第三関節で造ります。爪を立てます。)

*心意六合拳の鉄牛耕地は、心意六合拳の鷹爪で実行します。それが心意六合拳の虎撲となります。単把となります。全ての技の基本となります。

*試しに第三関節に力を入れてみたら、肩が緊張しました。第三関節と肩は直結することが解りました。

*第三関節で造る間違った鷹爪は、肩に力が入ります。腕立て伏せを誘発させます。

*というわけで、オバチャンBの凹んでいる第三関節を修正してみました。すると、鷹爪ができて、鉄牛耕地が成功しました。めでたしめでたし・・・

*ところで、新たな事実が発覚しました。ガチガチおじさんは、足が縮んでいる ! 

*前足一本足で歩いてもらってみたら、前足が伸びません。膝の裏側が縮んでいます。弓歩も後ろ足が縮んでいます。

*試しに、足を伸ばしてみたら、「ギァー」と悲鳴を上げていました。アハハ

*世の中のほとんどのおじさんは、足が縮んでいる、らしい。ガチガチおじさんの最大の特徴です。

*圧腿を手伝ってあげると、「ギァー」と悲鳴を上げます。

*若い頃、少林拳を故佐藤聖二さんに習って、本当に良かった。少林拳といっしょに圧腿も習いました。

*あの当時、一番才能を感じたのが劈卦拳の天才、若き古謝さんです。彼のしなやかで高い二起脚を見た時、あっ敵わないや、と心の中でお辞儀しました。アハハ その後、彼は北京体育学院へ留学し、後に劈卦拳の天才となりました。

*私は少林拳も劈卦拳も、中途半端で終わりました。とても古謝さんには敵わないので、方向転換しました。アハハ もちろん、北京なんかには行きません。行けるわけありません。上海外国語大学へ行きました。

*静的勁力ならば、身体能力の劣っているフジマツにも適しています。性格もかなりしつこい。というわけで、結果的に、宋氏形意拳と心意六合拳に導かれました。心意六合拳にも跳躍技がありますが、それほど高さは求められていません。

*武術の神様がアホのフジマツを哀れんでくれたのです。周りの中国人も、危なっかしいフジマツを助けてくれました。ある時、上海から北京へ向かう7時間の列車の旅で食べるものを用意していませんでした。すると、向かいの席の青年たちが、何も無いのか?  とパンを分けてくれました。ありがとうござまーす ! アハハ 

*アホな日本人でしたので、上海の女子大生に日本人だと信じてもらえませんでした。日本製のカメラを見せても、河南省の農民だ、と言われてしまいました。・・・涙・・・なんで河南省なのか? 根拠は解りませんが。そんな訛りの中国語だったのでしょうか? ちなみに北京へ行くと南方の中国人だと言われます。まあ、きれいな北方の発音ができませんけど。

*といっても、山西省の言葉も解りません。宋光華先生の自宅の中は北京語なので助かりました。宋一族は北京郊外の出身なのです。宋光華夫人は地元の人なので、ちぐはぐで面白い。アハハ

*脱線しました。

*ガチガチおじさんは、足が縮んでいます。まあ、縮んでいても姿勢勁力はできるのですが、余裕がありません。ハンドルに遊びが全く無いようなものです。勁力運動線が短くなります。しなやかでやわらかい勁力ができません。それでもなんとかはなりますが。

*筋肉が硬くなっています。強くても硬い筋肉は、使いにくいものです。少しでもいいから圧腿して、やわらかい筋肉を手に入れてください。すると、かなり上達します。

@ オバチャンBに連絡用に"らいん"とやらはできないのか? と言われました。連絡する女性がいないので、スマホ持つ予定はありません。アハハ でもシロクマさんに"ふぇいすぶっく"とやらをやれ、と命令されています。春が来たらやります。え? オメーに永遠に春は来ない? そっそんなあー
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-28 08:18 | 心意六合*形意

隠れ蹠行性

*姿勢勁力はとても楽しい。なにしろ、原動力の下腿三頭筋・伸張性収縮はほとんど外から見えません。それを見えるようにしてくれたのが、武式太極拳(喬式太極拳) です。

*武式太極拳の場合、必ず、虚歩からそのまま弓歩になります。そのために、小さい弓歩になりました。武式太極拳には姿勢勁力のための動作があります。それでも見えにくいのですが。

*見えにくいのは、大腿直筋で地面を蹴る動作が染み込んでいるからです。特に現代日本人は足指を使わないで歩くので、純粋蹠行性(せきこうせい) になってしまいました。

*下腿三頭筋の伸張性収縮が発動するためには、指行性が必要です。四足歩行動物の指行性です。ネコ科・イヌ科の指行性です。ニワトリの指行性です。特にニワトリは二足歩行します。恐竜の頃から指行性二足歩行です。

*そこから、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩が生まれたと推測できます。ニワトリはあまり飛ばなく成ったので、元の恐竜に戻った部分もあるのでしょう。

*ところが、沈んでしまう鶏歩があります。鶏歩が沈んでしまうと、勁力は発生しません。まるで、沈墜勁や震脚すると、勁力が途切れるみたいな症状です。

*どちらも沈むことに変わりはありません。

*どうして沈んでしまうのか? それは指行性ではないからです。それは、後ろ足の踵で立っていました。見た目、踵は地面から離れているのですが、しっかり踵に体重が掛かっています。隠れ蹠行性です。

*先日の土曜日、wさんの鶏歩を修正しようとしてできなかったのですが、アホ頭を絞って、やっと解りました。練習時間内に解らなくて、どうもすいません。次回には修正できます。

*人の気持ちが解らないアスペルガーのフジマツです。姿勢勁力は心意六合拳を始めてから一年と少しで解りました。でも、上手く言葉で表現できません。馬鹿なんです。だから、後ろ足勁力なんて称してました。

*呉氏八極拳の先生に、誰にも後ろ足はある、と叱られました。その通りです。申し訳ありませんでした。

*でも八極拳には感謝しています。その震脚が姿勢勁力へ導いてくれました。全く真逆な道ですが、切っ掛けは八極拳です。1980年から85年にかけて練習しました。古い話ですいません。え? まだ生まれていない? 失礼いたしましたあー 

*形意拳の場合、蹠行性か? 隠れ指行性か? 比較的簡単に見分けられます。なにしろ、後ろ足の踵が地面と接触しています。もちろん、宋氏形意拳の先生にも蹠行性は見られます。宋氏形意拳も様々です。

*心意六合拳の場合、後ろ足の踵が地面から離れているので、一見、指行性に見えてしまいます。でも、隠れ蹠行性もありました。

*しかし、動物学は便利です。動物の立ち方・歩き方の違いが、動物武術に役立ちます。心意六合拳と形意拳の理解に最適です。さらに、太極拳の理解にも役立ちます。

*このblog には指行性や蹠行性の解説が無いので、シロクマさんに叱られました。センセー、わざわざ調べましたヨー、と言われました。申し訳ありません。でも、調べてよかったでしょ。アハハ

*一般の読者には、動物学はウザイようです。もっと直接的な武術の話しをしろや~~ となるみたいです。

*なにしろ、蹠行性は霊長類の発生から始まります。サルのご先祖様からです。まだ、樹上にいます。なかなか地上に降りてきません。なかなかヒトの武術へ行きません。

*でも、ヒト武術と動物武術は基本的概念が違います。特に心意六合拳は武術に見えません。わけわかりません。

*それを解るようにしてくれるのが、宋氏形意拳の龍形基本功、熊の基本功1号・2号なのです。

*肩を使ってしまう問題もあります。それも、隠れ蹠行性から来ていると考えられます。隠れ蹠行性だと、相手の体重を受け止められません。受け止める足首のバネがありません。それで肩で受け止めてしまうのです。

*不幸なのは、過去に肩甲骨発勁を練習した人たちです。もう肩を使うことが習慣になっています。無意識に肩を使ってしまいます。修正にはかなり時間が必要です。

*私は肩甲骨発勁をやったことがありません。震脚も姿勢勁力へ向かうバネとなりました。その点では幸せでした。(でも肩甲骨発勁は見るからに気持ち悪いです。やれと言われてもやらなかったでしょう。なにしろ、小学一年生の頃から先生の言うことを無視していましたから。アホやねん)
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-27 07:39 | 姿勢勁力

沈まない身体

*このアホblog を見てもさっぱり解らない、と言われました。

*それはそうです。やってみなければ解らない。やってみても解らない。自分のものとしなければ実感できません。そして、否定から入る人には永遠に解らない。6月にまた「武式太極拳ワークショップ」を実行する予定です。その時に遊びにおいでませ~~

*「浮かない身体」を追求してきたアホのフジマツは、いつのまにか「沈まない身体」を手に入れてました。

*浮かない身体と沈まない身体は、同じものでした、姿勢勁力においては。

*浮かない身体と沈まない身体が一致する時、あなたは姿勢勁力を獲得します。

*心意六合拳の鶏歩で、弓歩で、宋氏形意拳の六合歩で、浮かない沈まない身体を手に入れます。

*心意六合拳の鶏歩で顕著なんですが、沈む身体の人は、足首が固まっています。

*足指・趾球ー足首ー下腿三頭筋で造る勁力トライアングルは、バネのような足首に集約されます。

*それは強固な足首ではなく、やわらかい足首のことです。

*ところが、一生懸命に鶏歩する人は、足首を固くしてしまうので、身体は沈んでしまいます。

*まるで、沈墜勁した後の身体です。震脚した後の身体です。もはや、姿勢勁力は発生しません。沈墜勁または震脚しか使えません。

*たぶん、クソ真面目なんです。ですから、強固な鶏歩を造ります。欲しい鶏歩は、強固な鶏歩ではありません。

*やわらかい弱い鶏歩が欲しいのです。弱いバネの鶏歩です。それが勁力(強い力) を生み出します。

*それには、心意六合拳の燕子点水が最適かと思います。

*ところで、スポーツ・ジムで下腿三頭筋を鍛えても、使える筋肉にはなりません。ちくわさんによれば、短縮性収縮のトレーニングだからだそうです。

*スポーツ・ジムに行く必要は無い。鉄牛耕地を自宅でやればいい。・・・と心意六合拳の師匠に言われたのでジムへ行ったことはありません。

*本屋さんで本を見ると、下腿三頭筋に重い負荷をかけているようです。つまり、オモリを持ち上げています。なるほど、短縮性収縮です。あれだと逆効果です。

*姿勢勁力の場合、伸張性収縮なんですが、あまり強い伸張性収縮も必要ありません。足首を固めてはいけません。やわらかい弱いバネの足首が欲しいのです。

*追記・・・沈む鶏歩の原因は、後ろ足の「踵」で立っているからです。踵は地面から離れていますが、踵に体重が掛かっています。本人は気がついていませんが。

*もう少し前の、足首の内側へ体重が掛かるようにします。

*いいかえると、少し身体が前へ突っ込んでいるから、後ろ足の踵で立つ結果となります。

*ほんのちょっとの違いが、命取りになります。

*沈む鶏歩は、隠れ蹠行性(せきこうせい) なのです。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-26 08:37 | 姿勢勁力

見て盗む

*心意六合拳の鷹爪について・・・指の第三関節に力を入れてはいけない、と教えてあげた。その人の指を触りながら鷹爪を教えてあげました。

*すると、昔の人は凄いことを考えたものだ、と言われました。自分はこんなに細かく教えてもらったことはありません。「見て盗むんですよ」と指摘しました。基本は、見て盗みます。

*勁力の造り方、について教わったことはありません。下腿三頭筋の伸張性収縮についても、教わったことはありません。

*確かに、回族の陳先生が、後ろ足の踵を上げて降ろしました。でも、それだけです。それを見て、大腿直筋ではなく下腿三頭筋だな、と見て取ったのはアホのフジマツです。

*心意六合拳の師匠に報告してみたら、一笑に付されました。完全否定でした。でも、アホのフジマツには解ってしまいました。師匠もやっていると、解ってしまいました。師匠にはその動作が無いだけです。内部でやってしまうのです。

*そして、イジワルな陳先生は、わざと見せてくれたのです。私にも見えるように見せたのです。

*呼吸法も具体的に教えてもらったことはありません。ただ、師匠に排打功で撃たれて、全身ボコボコにされました。翌朝、ベッドからすぐには起き上がれませんでした。カラダが動きません。

*ごにょごにょ30分間していたら、やっとカラダが動いてくれました。

*師匠には、帰国したら三節棍排打功をやれ、と言われました。三節棍を束ねて、腹・脇腹・背中を撃たれるのです。

*東京で友人にやってもらったら、赤・青・黒のきれいな(汚い? ) 三色アザが幅広くできました。まあ、それはいいんですが、気持ち悪くなりました。演武会だったので、平気な顔していましたが、とにかく気持ち悪い。吐くこともできない。KOされた気分です。翌日まで続きました。

*その時は、実験として逆腹式呼吸法を試してみました。それで、逆腹式呼吸法は全く使えない、とはっきりしました。

*ダメージをもらたいたくないので、呼吸法を工夫しました。心意六合拳の雷声を元にして、腹横筋呼吸法を考え出しました。雷声の声の出し方と同じです。(実は全く同じです。)

*雷声は口を横へ開いてイーと発声します。腹も左右横へ引っ張ります。最初は息を吐きながら、腹を横へ引っ張ります。少しだけ凹ませながら、横へ引っ張ります。

*でも、排打功は相手がいます。呼吸が合わない場合もあります。そこで、息を吸う時も、腹は横へ引っ張ったままです。

*こうして決定的なダメージはもらわなくなりました。アザはできますが、二週間で消えます。

*逆腹式呼吸法ですが、とりあえず試してみました。どんなものかな? というわけです。やっぱりダメだあー、という結果です。

*そんなくだらない実験を昔はしました。アホなんです。肩の力を完全に抜いたら、どうなるか? と実験してみました。そしたら、肩を痛めてしまいました。原因は、腕を伸ばし過ぎたためです。そして、最長最適な腕の長さを確認しました。35年位前のことです。

*こんなくだらない実験をするのは、アホのフジマツだけです。おかしいでしょ。頭がおかしいんです。アハハ

*原点は、前回書いた24式太極拳を製作した北京の大先生です。李天麒先生の演武を目の前で見た時です。身体が流れています。浮いています。地面を蹴っています。あれ~~おかしいなあ? 大先生があんなんでいいの?

*それから、私の勁力への旅が始まりました。その点では、李天麒先生に感謝しなければいけません。その時現場にいた連中が、後に日本武術太極拳連盟を結成しました。私はその時の現場からだんだんと離れていきました。

*武術の才能も素質も欠落しているアホのフジマツですが、見て盗むことだけはかろうじてできたようです。世の中の権威なんかどうでもいい。評判もどうでもいい。自分の目で見て、自分の目で判断して、自分の目で見て盗むのです。そして、自分のカラダで実験します。フィルターは捨てます。

@ アリソン・クラウスの新しいCDを見つけた。なんかいい感じ。でも聴いているうちに気がついた。こんなCD、昔だったら絶対に聴かない。歳取って性格が変わったみたいです。アハハ
e0011605_205731.jpg

ALISON KRAUSS WINDY CITY
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-25 07:52 | 心意六合*形意

ロシナンテの告白

*2・19武式太極拳ワークショップには、ある陰謀が隠されていました。それは、日本人の膝を破壊する日本武術太極拳連盟の解体です。首謀者はアホのフジマツです。共謀罪で逮捕されるかな? デンデン首相に聞いてみよう。

*切っ掛けは、オバチャンBの証言です。知人の女性が太極拳で膝を壊し、病院通いをしているそうです。「とても元気だった人が、太極拳で弱ってしまった」とのことでした。

*以前はそんな話しをたくさん聞いていました。今は、中国武術界・太極拳界と絶縁してしまったので、そんな話しは知りませんでした。今でもそんなことをしているとは、とても残念です。

*それだったら、武式太極拳(喬式太極拳) を普及させようと決心しました。

*武式太極拳には、膝を保護するストッパーが備わっています。それにより、身体が流れることはありません。身体が浮くこともありません。

*さらに、それにより姿勢勁力を獲得できます。そして、強い足を手に入れられます。

*いいことばかりです。しかし、いいことばかりではありません。

*その方法が秘密だからです。中国でももちろん秘密です。だから、喬先生の弟子たちも身体が浮いています。

*でも私はその秘密の方法を知っています。私には、宋氏形意拳と心意六合拳の経験がありました。

*だから、喬先生が自分の弟子の演武を見て、「なんだか浮いているなあ」とつぶやいたのを聞き逃しませんでした。私は喬先生の隣に立っていたので、自然と聞こえました。たぶん、私に聞こえるようにつぶやいたと解釈しています。(私は中国人ではなく外国人です。ですから、万が一、秘密が漏れたとしても問題ありません。まあ、それだけの能力があるとは思わなかったでしょうけど。)

*浮いている身体・・・昔、24式太極拳の制作者の大先生が来日しました。その北京の大先生の演武を見て、なんで身体が浮いているのだろう? ととても疑問に感じました。

*山西省太谷県へ行った時、宋光華先生の弟子の演武を見ました。その宋氏形意拳は、明らかに身体が浮いていました。地面を蹴るから浮いてしまうのです。それは反面教師として参考になりました。

*心意六合拳を上海郊外で習った時、師匠の伸びない後ろ足に着目しました。それは地面を蹴らずに、足首が折れ曲がるのです。

*回族の陳先生は、それを見えるようにして見せてくれました。それが、後ろ足下腿三頭筋の伸張性収縮です。

*ところが、普通の人にはそれが見えません。やってみせても見えません。フィルターが掛かっているので見えないのです。

*普通の人は、大腿直筋で立って、大腿直筋で地面を蹴って歩いているのです。だから、下腿三頭筋は見えません。その伸張性収縮も見えません。見せても見えません。武術の基礎といわれる馬歩も、大腿直筋で立っています。

*私には見えていたので、武式太極拳の弓歩も見えました。それは、蹠行性から指行性への変化です。虚歩から弓歩になる時、蹠行性の虚歩から指行性の弓歩になります。

*下腿三頭筋の伸張性収縮には、ある条件が必要です。それが指行性です。指行性とは動物の歩き方の一種です。他に山羊さんの蹄行性などもあります。バレリーナのきれいなオネーサンも蹄行性です。

*ヒトは踵を使う蹠行性(せきこうせい) ですが、ネコ科、イヌ科、ニワトリ=鳥類、恐竜などは足指と趾球を使う指行性です。

*心意六合拳は指行性になるために、鶏歩と鶏行歩を創造しました。鶏歩の鶏はニワトリです。

*ところが、現代日本人は足指を使って歩くことを忘れてしまいました。だから、現代日本人の足指は退化しつつあるそうです。外反母趾もその一つの現れです。(byちくわさんからの情報) 

*足指を使って歩くことをしない日本人は、大腿直筋で地面を蹴って歩きます。そのまま低くなると、膝で立って膝で歩く結果となります。そして、膝は破壊されます。

*この悪癖を断ち切るためにも、武式太極拳の普及はたいせつなプロジェクトになります。それはいいかえると、日本武術太極拳連盟の解体です。

*つぶれそうな虎鷹拳院とアホのフジマツの大風呂敷です。この陰謀は失敗することが確実ですが、将来への種まきとなることでしょう。数世代先には、姿勢勁力と武式太極拳が世の中に認識されることでしょう。私が死んだ後のことですが。アハハ 南無阿弥陀仏・・・

*なお、気で打つ太極拳は、永遠の存在です。それはもはや宗教です。宗教は滅びることがありません、人類が滅びない限りは。

ロシナンテは地平線へ向かって進みます。無駄なことと解っていても・・・ヨシナッテ ! 
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-24 07:18 | 姿勢勁力

裏弓歩から足指の出現へ

*武式太極拳(喬式太極拳) の弓歩は、「裏弓歩」です。心意六合拳の弓歩も裏弓歩です。

*裏弓歩が姿勢勁力の始まりとなります。

*それは足指から始まります。しかし、現代日本人は足指を使って歩かないので、なかなか気がつきません。ワラジを履いた昔日の日本人は、足指を使って歩いていたそうです。(byちくわさん)

*それは歩き方に関連しているので、五本指の靴下は無関係です。靴も無関係です。普通のスニーカーで十分です。

*裏側の下腿三頭筋を生かすためには、足指を使って歩く必要があります。しかし、足指で地面を蹴ってしまっては無意味です。地面を蹴ってしまうと、足首が伸びてしまうからです。

*足首が折れ曲がると、下腿三頭筋が伸張性収縮します。ここに注目したのが、心意六合拳の鶏歩です。宋氏形意拳の六合歩です。

*すなわち、鶏歩と六合歩は、裏弓歩の発展形となります。

*裏弓歩は、裏側の下腿三頭筋・大腿二頭筋・半腱半膜様筋と、内側の内転筋・内側広筋などから構成されます。

*表側の大腿直筋と外側広筋も使いますが、主要な筋肉ではありません。表弓歩では、大腿直筋と外側広筋が主要な筋肉となります。

*表弓歩では身体が浮いてしまいます。なぜなら、大腿直筋で地面を蹴っているからです。これは、ジャンプ運動です。ランニングを見ると、ジャンプしているのがはっきりと解ります。ウォーキングも大腿直筋で地面を蹴るのでジャンプしています。

*ジャンプすれば、地面に墜落します。この墜落を強調したのが、沈墜勁や震脚です。

*足指を使わない現代日本人は、無意識にジャンプから墜落しているのです。その意味で、沈墜勁や震脚は日本人にすんなり受け入れられました。多くの人は疑問に感じなかったのです。

*しかし、アホのフジマツは沈墜勁に疑問を感じました。なんであんなものが必要なのだろうか? 要らないだろう、と感じました。

*姿勢勁力の心意六合拳をやってみると、身体が浮くことはありません。特にその基本歩法の鶏行歩は、戦車のキャタピラのように歩きます。

*身体が浮かないのだから、沈む必要もありません。ここで、沈墜勁も震脚も不要になりました。(もちろん、浮く心意六合拳も存在します。ネット動画にもたくさんあるそうです。)

*宋氏形意拳の「静」の拳理が理解できました。静的勁力は、浮かない身体ではじめて成立します。(もちろん、浮く宋氏形意拳も残念ながら存在します。そこに勁力は存在しません。)

*中国には、浮く心意六合拳も浮く宋氏形意拳も存在します。つまり、中国ではこの問題は解決していません。

*この問題は、つぶれそうな虎鷹拳院とアホのフジマツが解決しました。

*しかし、心意六合拳・鶏歩は、宋氏形意拳・六合歩は難しい。その点、武式太極拳の裏弓歩は姿勢勁力を理解しやすいと考えます。なにしろ、蹠行性(せきこうせい) から指行性への移行動作があります。

*蹠行性では足首が折れ曲がらないので、表弓歩へ通じます。指行性では足首が折れ曲がるので、裏弓歩へ通じます。

*面白いことに、裏弓歩では前足指のストッパーが自動的に働きます。身体が流れることはありません。すると、膝を壊す心配もありません。ただし、普通の歩き方では身体が流れてしまいます。

*身体が流れてどうしようもないので、沈墜勁するわけです。

*浮かない身体を造ります。その第一歩は地面を蹴らないことです。そのために、足首は折れ曲がります。すると、足指が出現します。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-23 07:52 | 姿勢勁力

根っこの解析

*先日の武式太極拳ワークショップ、なんとかみなさんの勁力を引き出そうとしたが、初めての人にとっては姿勢勁力そのものが信じられなかったようです。そこで、姿勢勁力の存在を示すのに時間を取られてしまいました。そこはあんまりやる気なかったのですが。まあ、仕方ありませんでした。

*私は心意六合拳の師匠に吹っ飛ばされたことがありませんでした。そんなことには全く興味がありませんでした。とにかく、技を勁力を盗んでやろう、としただけです。でもまあ、とても親切で、とても怖い先生でした。食費も授業料も宿泊費もなんにも、一円も払ったことはありませんけど。逃げろ~~

*腹横筋呼吸法を示したのですが、「それが丹田か」と質問されました。アホのフジマツ、丹田が何か、実は知りません。アハハ そこで、「丹田は知らないので、武道の本でも見てください」と答えておきました。しかし、臍下丹田とはどうも位置が違うようです。後は研究してみてください。フジマツは興味ありません。

*初対面のきれいなオネーサンが鉄牛耕地をやろうとしていたのですが、腹が完全に落ちていました。そこで、蹴りを腹に軽く入れました。すいません。逃げろ~~

*それで解ったのですが、腹が落ちるのは腹筋の問題もありますが、やはり前腕の問題が大きいということです。とにかく、前腕の筋肉で身体を支えます。前腕の意識が弱いと、肩甲骨が出て背中が凹み、腹も落ちます。結果、腕立て伏せに成ってしまいます。間違いの元は前腕です。心意六合拳の鷹爪です。つまり、鷹爪ができると肩の力も抜けます。

*前腕の筋肉でも、手首近くの筋肉が大切です。この筋肉で指を操作します。拳を掌を造ります。それは、下腿三頭筋(特にヒラメ筋) と対になっています。すると、指行性四足歩行動物=虎に変態します。前肢と後肢です。それが動物武術です。

*そこで、このアホblog では、姿勢勁力の根っこの解析をあらためてやってみます。これは世界で初めてアホのフジマツが解析に成功しました。もちろん、中国では成功していません。そもそも、中国語は分析に不向きなのです。だから、分析をやる気がありません。「中国語は分類語であって、分析語ではない」と中国学者の加持伸行先生が述べています。詳しくは加持先生の「儒教とは何か」を読んでみてください。

*姿勢勁力の根っこは、文字通り足下にあります。つまり、足指・趾球と足首です。しかし、足指・趾球と足首は筋肉ではありません。だから、下腿三頭筋(特にヒラメ筋) が支えます。それが、下腿三頭筋の伸張性収縮です。

*この構造は、姿勢勁力の根本です。ですから、宋氏形意拳に、武式太極拳に、心意六合拳に共通しています。しかし、その表現方法は少し違います。

*宋氏形意拳の場合・・・

*宋氏形意拳の歩型は六合歩(三体式) です。六合歩のままで、体重移動無しで撃ちます。歩型は全く変化しません。つまり、見た目は動いていません。もちろん、下腿三頭筋の伸張性収縮なんて見えません。これは困りました。解説もありません。

*だから、習っている人に勁力の無い場合があります。それでも先生は平然としています。泰然自若、堂々としています。アハハ それでイインカイ ! まあ、中国ではそんなものです。その辺りの事情は心意六合拳でも武式太極拳でも変わりありません。それが中国です。

*しかし、宋氏形意拳でも、虎形拳と馬形拳にヒントがあります。そこには、完全に一本足になる瞬間があります。そこを見逃さないことです。それも気付かないものですけど・・・シランガナ ! 

*武式太極拳(喬式太極拳) の場合・・・

*武式太極拳は虚歩から弓歩へ変化します。それは蹠行性(せきこうせい) から指行性への変化となります。虚歩は蹠行性です。弓歩は隠れ指行性となります。これは会員のwさんが看破していました。wさん、頭いいです、私より。え? 褒めたことに成らない? 本人が怒っている? ナンデヤネン ! 

*この蹠行性から指行性への変化が、下腿三頭筋の伸張性収縮と一致します。良かったですね。動作がありました。宋氏形意拳のように完全に隠れてはいません。少し見えてきました。ここを普通の人は大腿直筋でやってしまいます。すると、身体が浮きます。ランニングやウォーキングと同じになってしまいます。

*というわけで、武式太極拳は姿勢勁力を比較的簡単に感じられます。

(註) 宋氏形意拳には重要な基本功があります。龍形基本功、熊の基本功1号・2号です。それらは体幹の勁力にとって決定的役割となります。根っこの勁力ではありませんが、姿勢勁力にとってたいへん重要です。それらの解析は別にやっています。すなわち、形意拳と心意六合拳の龍身・龍腰のことです。これらもフジマツが世界で初めて解析しました。

*心意六合拳の場合・・・鶏歩と弓歩なんですが、これも見た目は動きません。だから、全く外から見えません。ただし、弓歩には動作があります。それは地面を蹴りません。そのまま前へ倒れ込むように移動します。それが指行性となります。指行性を成立させるのが、下腿三頭筋の伸張性収縮となります。

*問題は鶏歩です。全く動作がありません。さあ困りました。勁力が全く見えません。どうするのでしょうか。実は師匠の兄弟子に一度会ったことがあります。技を見せてくれたのですが、勁力を全く感じられませんでした。なんだあれ? と思いましたが、大先輩ですから、若輩者の私が言うべき言葉はありませんでした。それが中国です。

*その後帰国して、一年間練習しました。その頃は師匠の「伸びない後ろ足」に勁力の匂いを感じていました。あの辺りに勁力があるな、と氷解していました。

*決定的なのが、回族の陳先生でした。陳先生は後ろ足の踵を上げて降ろしました。そして、「この勁で撃つ」と言いました。その瞬間、勁力が見えました。普通の人は、この動作を大腿直筋でやってしまうのです。それを下腿三頭筋の伸張性収縮でやると勁力が生まれます。

*鶏歩では、それを内部でやってしまうので、動作がありません。陳先生はわざとアホのフジマツに見せてくれたのでしょう。フジマツにウソ単把を教えてくれた陳先生ですが、本当は親切だったのです。私と同じひねくれ者ですね。アハハ (陳先生とはその時一回会っただけです。おそらくもう亡くなっていると思います。ありがとうございました。)

*師匠の、伸びない後ろ足にも、下腿三頭筋の伸張性収縮が隠れています。これが鶏行歩の勁力ということです。鶏撲食の技などでは、鶏行歩の歩幅がもっと大きくなります。だから、鶏撲食や鷹抓把の練習が、勁力獲得に最適です。後ろ足一本足状態と前足一本足状態が明確に表現されます。

*なお、動的勁力の心意六合拳・形意拳・太極拳には、無関係な話しです。誤解のないようにお願いします。ここは静的勁力のblog です。動的勁力の典型が震脚です。動的勁力と静的勁力だと、勁力の伝わり方がまるで異なります。それは、武式太極拳ワークショップに参加した人たちだけが知っています。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-22 07:48 | 姿勢勁力

足指を忘れた日本人

*今回の武式太極拳ワークショップで注意したこと・・・

*足指を忘れた日本人、です。なかなか套路が始まらずイライラした人もいたかもしれません。すいません。でも、いきなりカタチをやったところで、上手くいきません。カタチは覚えたけれど、勁力獲得の方法はさっぱり、では無意味となります。

*幽霊太極拳の問題は、勁力が無いばかりでなく、膝を壊すということです。

*どうして膝を壊すかというと、膝で立って膝で歩いているからです。

*足で立って足で歩いていても、内実は膝で立って膝で歩いているのです。

*その原因は、日本武術太極拳連盟の問題ばかりでなく、足指を忘れた日本人の問題でもあります。

*その典型が、ホンダのアシモ君です。あれが日本人の歩く姿なのです。みなさんはアシモ君と同じなのです。

*足指を忘れた日本人がアシモ君の原点です。だから、アシモ君は足指を失ってしまったのです。

*さらに問題が生じました。

*足指を忘れた日本人は、石のような足首を手に入れました。

*足指を忘れてしまって、足指を使わなく成って、足首は動かなくなりました。そして、足首は石のようになってしまいました。石の足首です。

*いきなり心意六合拳の鶏行歩を練習しても、失敗します。その原因も、石のようになった足首です。それは、足指を忘れた日本人の宿命なのです。

*さらに問題が生じました。足指を忘れ、足首を石のようにした日本人は、肩でバランスを取ることを覚えました。

*もはや、足指を失い足首は石のようになりました。すると、足指と足首でバランスが取れません。すると、肩でバランスを取るようになってしまったのです。

*ハンガー病の誕生です。肩は岩のようになってしまいました。肩にコンクリートでできたハンガーが入っています。この岩の肩で動きます。岩の肩で、武式太極拳します。それは無理というものです。(もちろん、心意六合拳も宋氏形意拳も無理です。) 

*今回、禅密功から始めたのは、ハンガー病を治す目的がありました。

*そして、武式太極拳の弓歩です。石のような足首では弓歩は蹠行性(せきこうせい) になってしまいます。弓歩は隠れ指行性にならなければ、姿勢勁力は生まれません。

*そこで、足指ウォーキングが必要となります。それで、前足一本の足指ウォーキングを用意しました。さらに、後ろ足一本の足指ウォーキングを用意しました。この二つを合体させると、指行性足指ウォーキングとなります。

*最近、五本指の靴下が流行っているみたいです。あんなものを履いても、足指は戻ってきません。それはカタチだけです。自己満足に終わります。普通の靴下で十分なのです。

*必要なのは、足指ウォーキングです。そして、石に成ってしまった足首が折れ曲がるようにします。そこから、姿勢勁力が始まります。もちろん、ウォーキングも役に立ちません。ウォーキングも石の足首でできています。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-21 08:01 | 姿勢勁力

現認報告(ワーク・ショップ)

*現認報告・・・2・19武式太極拳ワーク・ショップ

*2月19日12時開場、12時15分~15時15分、延長17時まで、参加者>24名(内女性4名) 女性が4名参加とは、宇宙誕生のビッグバン以来の事件です。エライコッチャ ! え? ビッグバンの頃はどうしていたのか? 知らんがなそんなこと ! 神さんに聞いておくれやす ! 

*3時15分終了なんですが、帰る人は無く、ほとんどの人は最後まで楽しんでくれました。みなさんに喜んでもらえるのが、お笑い武術家・アホのフジマツの生き甲斐でございます。ありがとうございまーす !

<やったこと>

*準備体操として禅密功・・・タテとヨコの波。初めての人にとっては難しく、タテの波では、戻って来れない人が続出していました。ヨコの波では、脇腹がなかなか動いてくれません。これ、腹横筋が使えないと難しいようです。どうもすいません。(ナナメはとても無理と判断してやりませんでした。) 

*足指ウォーキング・・・これには、前足一本足系と後ろ足一本足系があります。最初は前足一本足系をやってもらいました。それから、後ろ足一本足系です。最後に、この二つを合わせます。さらに、低くすると心意六合拳・鶏行歩になります。(今回は武式太極拳ですので、鶏行歩はやりませんでした。) 

*前足一本足系は、階段の下り運動から思いつきました。階段の下りは指行性になります。これを平地でやるのにはどうしたらいいか? というわけで、倒れ込んでみました。みなさん、ゾンビのようになっていました。ゾンビ・ウォークですね。アハハ 後ろ足一本足系は以前からありました。この二つを組み合わせたら、指行性足指ウォーキングになります。

*前足一本足系を思いついたのは、3日前位です。その前は、鶏行歩で前足一本足をやっていました。なんでも思いつきで生きているのがアホのフジマツです。前日の土曜日夜に前足一本足系を初めて教えてみました。あれ? なかなかいけるよ、というわけです。

*指行性で歩くと、下腿三頭筋の伸張性収縮が実感できます。この下腿三頭筋の伸張性収縮を感じてもらいたかったのです。これが、姿勢勁力の根っことなります。

*武式太極拳の弓歩も、下腿三頭筋の伸張性収縮が根っこになっています。特に足首近くの筋肉です。ちくわさんによれば、ヒラメ筋だそうです。つまり、ここを実感できれば、姿勢勁力の、武式太極拳の根本が理解できます。

*これは、足指で立つこと、足首が折れ曲がること、の二つの条件によって成立します。

*次は、体幹の運動線です。実は体幹にも運動線があります。それが、形意拳と心意六合拳の龍身・龍腰です。

*なぜか、相撲の蹲踞から始めます。蹲踞は、鼠蹊部が切り込まれて、尻が収まります。とても合理的なのが相撲です。蹲踞から立ち上がります。横綱の土俵入りです。

*両手を前に出して、指先を合わせます。これが、拳の軌道となります。つまり、身体の中心へ向かって撃ちます。身体の中心「から」撃ってはいけません。それでは人体構造に反します。とても弱い拳となります。

*この両手をそのまま降ろすと、龍腰の軌道となります。つまり、脇腹の前鋸筋から鼠蹊部へ向かいます。さらに、クロスして内転筋へ向かいます。これが体幹の運動線です。武式太極拳のロウシツヨウホの構造も同じです。元ネタとしては、宋氏形意拳の熊の基本功1号が最適です。熊の1号で武式太極拳が撃てます。(熊の2号だと陳式太極拳ができるようになります。) 

*「武式太極拳やれや、ボケ」とそろそろ言われそうなので、套路をやりました。これ、めっちゃ簡単な套路となっています。ロウシツヨウホの順歩もあります。フジマツ・オリジナルです。これ、前へ突っ込みやすいので、突っ込み防止を学べます。

*その他、いろいろやりましたが、ちくわさんにかなり手伝ってもらいました。ありがとうございました。また6月にやる予定です。みなさん、遊びにおいでください。

*実は武式太極拳(喬式太極拳) の喬松茂先生、弓歩の足がめっちゃ強いです。押しても引いてもびくともしませんでした。正直にいうと、太極拳では珍しい存在です。私は心意六合拳の経験があったので、その足の構造を理解できました。でも、お弟子さんたちは理解できていない人もいました。浮いているのです。いいのかなあ? と疑問に思いました。

*ところで、熊の1号をやっていると、背中の筋肉に張りができました。背中が厚くなった感じです。カイロプラクターのちくわさんに聞いたら、広背筋だということです。というわけで、熊の1号で広背筋が厚くなります。なかなか面白いです。(自分でも後で筋肉図を見たら広背筋と確認できました。)

*武式太極拳はあまりやる気がありませんでした。でも、あらためてやってみたら、いろいろと発見できました。切っ掛けは、オバチャンBからの情報です。今も日本武術太極拳連盟の太極拳で、膝を破壊される人が後を絶たないとのことでした。武式太極拳ならば、膝を壊す心配はありません。自然とストッパーができます。さらに、比較的簡単に勁力が出ます。幽霊太極拳を現実の肉体に変えることができます。あの世からこの世に戻れます。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-20 07:42 | 姿勢勁力

撃てる ! 2・19武式太極拳ワークショップ

(この記事はしばらくトップに貼付けます。新しい記事は下のほうをご覧ください。)

<撃てる ! 武式太極拳ワークショップ> 参加費無料

*姿勢勁力の武式太極拳(喬式太極拳) のワークショップです。学びやすいように簡単套路をアレンジしました。勁力の構造は解明してあるので、誰でも学べます。すぐに勁力が出る場合もあります。(個人差があります。) 

*隠れ指行性の武式太極拳・弓歩がカギです。指行性とは、足指と趾球で立ち歩くことです。(ニワトリやネコ科やイヌ科など) 踵は地面に触れているので隠れ指行性です。

*心意六合拳の鷹爪がカギです。鷹爪の掌・鷹爪の拳を造ります。鷹爪は武式太極拳と共通しています。

*心意六合拳と宋氏形意拳の龍身・龍腰・熊身がカギです。龍身と龍腰と熊身は武式太極拳と共通しています。

*武式太極拳を学んで、武式太極拳の独立教室を作ることもできます。独立教室は虎鷹拳院と無関係です。(金銭関係などがありません。) 膝を壊す日本武術太極拳連盟とは無関係です。オカルト気の太極拳とは無関係です。

*隠れ指行性の弓歩は、足の裏側・内側の筋肉の伸張性収縮で構成されます。それが姿勢勁力の基礎となります。それが膝を保護します。気や太極思想とは無関係です。

日時>2月19日(日) 12時開場、開講12時15分~15時15分

会場>練馬区開進第一中学校体育館(地下鉄有楽町線氷川台駅から歩いて10分)

主催>虎鷹拳院 電話03-6904-3514(23時まで) 
10人位を予定しています。体育館用シューズを用意してください。からかいたい人はお断りします。6月にも予定しています。

@ 喬先生に武式太極拳を習ったのが、撫順での太極拳大会の時でした。撫順て若い人は知らないだろうけど、満州国の工業都市で関東軍の拠点でした。で、関東軍の捕虜収容所へ見学に行かされました。日本人は私一人でしたので、どう反応していいか? 困りました。でわざと、帰ってきたぜ、と中国語で言ってみました。しかし、旧日本軍の軍人の写真を見ても、同じ日本人とは実感できませんでした。なんていうか宇宙人みたいです。

@ 若い人から、「どう思うんだ」と言われましたが、自分の世代の問題ではないので、謝罪はしませんでした。謝罪するのもおかしい。大日本帝国と自分が結びつきません。自分は大日本帝国を代表する者でもありません。自分には民族意識が希薄なようです。というか、大日本帝国と今の日本は別物です。今のところは・・・

@ 心意六合拳の師匠は漢族としては珍しく回族への差別意識がありませんでした。漢族(=一般中国人) は普通に回族や朝鮮族への差別意識がはっきりとあります。それを外から見ていると信じられません。人類が部族主義から解放されることを祈ります。

<動物武術の訓練予定>・・・ゆるい練習ですが、遊びにおいでませ~
土曜日19時~開進第一中学校体育館、月曜日13時~平和台体育館、
水曜日19時~開進第一中学校体育館、木曜日13時~平和台体育館、
(個別特訓はいつでも受け付けます。土日も希望によりやります。翻子拳もやります。小中高生無料)
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-18 20:50

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー