動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

無抵抗による鶏行歩

(昨日の体育館から)

*心意六合拳の鶏行歩は、地面を蹴ってはいけません。

*しかし、これはおかしいです。地面を蹴らずに、どうやって前進するのでしょうか? フジマツは馬鹿ではないのか?

*馬鹿は否定できませんが、地面を蹴らずに前進することはできます。

*ここで、階段の下り運動を思い出しましょう。階段の下りでは、蹠行性(せきこうせい) のヒトが指行性の動物となります。

*それだけでなく、地面(床面) を蹴ることがありません。地面を蹴るとたいへん危険です。身体は浮き上がり、そのまま転落してしまいます。

*鶏行歩でも似たようなことが起こります。地面を蹴ると、身体は浮き上がってしまいます。だから、地面を蹴ることはありません。

*地面を蹴らずに、足首が折れ曲がります。これは、足指も足首も地面に対して無抵抗になることです。(だから足指は地面をつかみません。)

*そのままだと、前へ倒れてしまいます。しかし、後ろ足を前へ出します。しかも、高く足を挙げます。そのために、倒れることはありません。

*ところがヒトは本能的に地面を蹴ってしまいます。足首は抵抗してしまいます。そのために、足首は硬直したままです。足首の抵抗も小さなジャンブ運動なのです。

*すると、蹠行性のままです。足指は使えません。

*そこで本能に逆らって、地面に無抵抗になります。そのために、鼠蹊部と足首が折れ曲がります。

*なお、足首が折れ曲がる前に膝が折れ曲がると、膝に体重がかかります。すると膝を痛めます。

*必ず、先に足首が折れ曲がります。すると、膝に体重がかかりません。もちろん、鼠蹊部は折れ曲がっています。同時に尻が収まります。提肛です。

*膝は足首のついでに曲がります。あくまで、「ついでのおまけ」の存在です。

*姿勢勁力は、地面を蹴ることなく、足首が折れ曲がります。姿勢勁力はこの姿勢によって発生します。

*だから鶏行歩は無抵抗で前進するのです。そして、心意六合拳の鶏歩と弓歩は無抵抗で立ちます。宋氏形意拳の六合歩は無抵抗で立ちます。だから辛くなります。もしも地面を蹴るならば、楽になるのですが。

*がんばってはいけない、ということは無抵抗に成るということです。

*もちろん、体幹を倒してはいけません。体幹を倒すと、そのまま前へ倒れてしまいます。だから、相手に寄りかかってはいけません。相手に体重を浴びせてはいけません。自分の体重は、そのままの状態です。

*だから、体幹は腹直筋で立てます。背筋は腹直筋で維持します。その土台は腹横筋です。

*足首が折れ曲がると、そのままでは自分の体重を支えられません。そのために、ヒラメ筋が、下腿三頭筋が覚醒します。下腿三頭筋はとんでもない残業を強いられます。それが、筋肉としての姿勢勁力となります。

*ただ足首が折れ曲がると、つぶれてしまいます。前へ倒れてしまいます。そのために、足指が覚醒します。足指に体重がかかります。この体重を利用して前進します。

*地面を蹴ったり、ジャンプしたり、地面に抵抗したりすると体重は足指から消えてしまいます。

*無抵抗になる時、姿勢勁力は発生します。これはヒトの本能に逆らうことです。ですから姿勢勁力は不自然勁力となります。(沈墜勁などの動的勁力は自然勁力となります。)
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-09 08:42 | 姿勢勁力

ニワトリも卵も

・・・他の人たちは、何百万円も費やして習ったけれど、ろくなものを得られなかった。センセーフジマツは、ほとんどオカネをかけずに、心意六合拳では授業料だけでなく食費も宿泊費もその他全てゼロ円で習って来た不届きものだ。

・・・でも、中国で"運"を使い果たし、日本で零落しホームレスになった。嫁さんにも見捨てられ、腎不全と心不全になり、女性にも嫌われて、このまま孤独な汚い老人で終わるだけだ。だから、ただちにその技術を私に伝授しなさい。それがフジマツに残された最後の使命なのだ。

*とシロクマさんは言います。あっそうなんですか。わかりました、旦那様。ウフフ

*確かに中国では運が良かった。でも、それ偶然だけではありません。必然的な部分もありました。

*多くの人は、有名な先生を探して習います。その結果、オカネがかかります。あるいは高いオカネをかけると、素晴らしいものが手に入ると思い込みます。

*私は最初からオカネが無かった。だから、オカネのかかりそうな先生は避けていました。最初からパスします。ここでまず、罠にはかかりません。アハハ

*結果、無名な先生に習います。宋氏形意拳の宋光華先生も、今でこそ有名ですが、当時は無名でした。趙栄昌先生は、積極的に教えてくれました。私は全く要求していません。

*上海財経大学武術コーチの陳如慶先生は、警察学校教官の張克強先生を探し出してくれました。警察学校の教官だから、フジマツからボルことはしないだろう、との判断です。張克強先生は、昔気質の男気のある人でした。結果、一円も出していません。

*上海体育学院の邱先生と奥さんも、アホのフジマツを心配して、いろいろと世話をしてくれました。(ここでも無銭飲食です。中国ではほぼ何処でも無銭飲食なんですけど。アハハ)

*フジマツがあまりにも馬鹿なので、周りに親切な中国人が集まるのです。これは助けてやらなければいけない、と考えるのです。牙の無いノラ犬みたいなものです。見捨てると死んでしまいます。中には騙そうとする人もいますが、そもそも財布にオカネがありません。利用する価値がありません。すると離れて行きます。

*自分としては計算していません。そもそも計算してもオカネがありません。いつも、行き当たりばったり、となります。全てを神の手に委ねるのです。アハハ つまり、なんにも考えていません。アホやからかんにんしてえなー 

*人の忠告に従って、失敗しなかったこともあります。忠告に従って失敗したこともあります。全ては神の思し召しなのです。アーメン、南無阿弥陀仏、アッラーフ・アクバル、なんでもいいけど。

*私は若い頃から、ある思い込みがありました。ヒトの歩き方に勁力の秘訣がある、との妄想です。この妄想は間違っていましたが、役に立ちました。(ヒトではなく動物の歩き方でした。)

*心意六合拳を始めてからしばらくして、師匠の足がおかしいことに気付きました。いつまでも、後ろ足に体重が残っているのです。体重移動が遅く、突然、足が交替します。

*後に、突然足が交替する歩法を教わりました。突然、足が入れ替わるのです。それが、吊歩でした。この吊歩の原則を鶏行歩に応用します。すると、巧くいきます。

*やがて、ニワトリの指行性一本足を理解できました。かなり時間がかかりましたけど。完全に理解したのは、病気の後、動物学に触れてからです。もちろん、以前から撃てましたが、巧く説明できませんでした。

*この関係を逆転してみると、全ての始まりはニワトリの指行性一本足となります。ここから、動物武術は始まりました。

*もしもセキショクヤケイが野生のままだったら、もしもブロイラーだったら、動物武術は生まれなかった。

*でもニワトリですから、卵も大事です。心意六合拳の虎撲も、単把も、馬形拳も、宋氏形意拳の五行拳も、十二形拳も、卵を抱くように撃ちます。胸の前に卵のような空間を造ります。卵打撃論です。アハハ ストレートな拳も卵形拳です。

*最後に、見る泥棒になることが大切です。私は宋氏形意拳の趙先輝先生の動きを見て盗みました。コピーしました。私はもっと力を抜いているので、少し違いますけど。

*心意六合拳の師匠の後ろ足を、見て盗みました。これが決定的でした。

*Nさんに教えた弓歩の虎抱頭は、上海のモスクで見て盗みました。(師匠から鶏歩の虎抱頭を習っていたので、簡単でした。)

お知らせ・・・
*半日宋氏形意拳コースを設けます。半日で、五行拳と基本功を教えます。特典サービスとして馬形拳も付けます。遠方の人、ご利用ください。りーずなぶるにやります。お得でっせ おいでやせ
とりあえず、趙先輝先生のユーチューブを参考にしてください。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-08 08:18 | 心意六合*形意

龍と成る(肩からの解放)

*こんにちわ、アホのフジマツ電話相談室です。昨日、形意拳を修行しているX県のXさんから電話がありました。

*心意六合拳と形意拳の震脚と、八極拳の震脚の違いについて、の質問でした。これは微妙な問題を質問されました。ヤバい、と思いましたが、答えないわけにもいきません。また、叱られるかなあ?

*八極拳は正面から横へ入るので、震脚の衝撃の逃げ場所がある。心意六合拳と形意拳の震脚は正面から正面なので、衝撃の逃げ場所が無い。・・・と答えました。

*Xさん・・・震脚によって膝や腰に熱が生じて風邪を引きやすい、ということはあり得るか? との質問です。

*ちょっとびっくりしましたが、震脚と風邪との直接的関係は考えられません。で、関係無い、と答えました。

*でも、後から考えると、震脚によって体力を消耗して抵抗力が低くなり風邪を引く、ということはあるかもしれません。あくまで、そんなこともあるのかなあ、程度ですけど。無責任で、すいません。

*そこから、シロクマさんの質問を思い出しました。「震脚によって勁力は増大するのか? 」という質問です。まあ、ストレートに聴いてくるものです。答えにくい。

*震脚によって、「前手前足の同着」あるいは「手型と歩型の同時完成」が実現される。すると勁力が増える。(もちろん、震脚なくてもできますけど。例えば、姿勢勁力では、ヒト蹠行性から動物指行性への変態によって実現されます。)

*震脚によって集中力が高まる。その効果によって勁力が増える、ということはあると考えられます。

*震脚のエネルギーは、直接には地面へ向かいます。その何割が勁力と成るのか? 100%とは成らないでしょう。投資したエネルギーが全て勁力と成り返ってくる、わけではない。百円投資しても百円返ってこない。とすると、コスパが良く無い。これは個人的感想ですけど。

*とまあ、そんな感じかなあ? 

*姿勢勁力の場合、勢いを放棄している。そのために、勢いを付ける必要が無い。勢いを付けるエネルギーを消費しなくていい。その分、楽になります。怠け者のための勁力? ですかね。アハハ

*でも、宋氏形意拳・六合歩の足は辛い。空気椅子は辛い。一本足ですから。先日来たメビウスさん、帰りの体育館の階段が辛そうだったそうです。(平和台体育館は地下1Fです。) オバチャンAの目撃証言です。

*一本足の空気椅子なんて、イジメですかね? アハハ この時、鼠蹊部を折り曲げること、尻を収めること、をきちんとやれば膝を痛めることはありません。もしも膝が痛く成ったら、それは間違った姿勢ということです。

*メビウスさん、形意拳の五行拳だけできればいい、と言っていたので、後一回来れば虎鷹拳院卒業です。五行拳の動作を覚えるのは簡単です。

*もしも、宋氏形意拳・五行拳だけ希望する人がいたら、一回で卒業コースをやります。遠方の人は利用してみましょう。りーずなぶるにやります。

*勁力ができるか? できないか? はあなた次第です。アハハ もちろん、基本功も教えます。熊の基本功と龍形基本功が、あなたを勁力へ導いてくれます。

*姿勢勁力には欠点があります。肩の力を使うと、勁力が死にます。でも、ヒトは肩を使いたいのです。それは、類人猿(初期人類) の直立二足歩行に起因します。

*直立二足歩行によって、腕が解放されました。もう地面に支配されることはありません。やがて、腕は高度な道具を作り出しました。そして、服を作り、家を作り、火を利用して、地球にヒトは広がりました。

*腕は地面から解放され、文化文明が生まれました。しかし、腕は肩に支配されることになりました。

*その肩の支配から腕を解放しようとするのが、姿勢勁力です。いいかえると、四足歩行動物へ帰ります。すると、腕は前肢となります。

*すると、前腕の筋肉は下腿三頭筋と同じ、となります。前腕の筋肉は心意六合拳の鷹爪と成ります。下腿三頭筋は心意六合拳・鶏歩、宋氏形意拳・六合歩、と成ります。

*そのために、腕は脇腹から生えます。それは、爬虫類の前肢です。すなわち、あなたは龍と成ります。(龍は古代ワニの化石から想像されたとの説によります。)

*腕は脇腹の前鋸筋から生えます。龍です。すると勁力が発生します。これが形意拳と心意六合拳の龍身・龍腰の意味です。

*足はニワトリの指行性一本足となります。典型的なのが、心意六合拳の鶏歩です。

*鶏歩から、前足を挙げます。鶏歩の後ろ足は全く変化しません。すると、全体重が後ろ足の下腿三頭筋にかかります。すると、全体重が勁力へと変換されます。あなたはヒト蹠行性から動物指行性へ変態したのです。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-07 08:20 | 姿勢勁力

極意=変わらない鶏歩

(昨日の体育館から)

*「フジマツはすぐに姿勢勁力ができたようなこと言うけど、宋氏形意拳で徹底的に力を抜く期間があったではないか」と、シロクマさんが突然噛み付いてきました。

*すぐにできたようなこと書いたかなあ・・・まあ、確かに空白の2年間がありました。宋氏形意拳の五行拳で、徹底的に力を抜きました。

*その後、心意六合拳を始めたけれど、なかなか撃てませんでした。師匠に罵倒されたこともありました。荷物をまとめて日本に帰ろう、と思ったこともありました。思い直しましたけど。

*おじさんXが、鶏行歩を教えろ、と言ってました。それで見たのですが、何処から治せばいいのか? ガチガチなんで困ってしまいました。

*それで、回族の陳先生の弓歩を練習してみました。後ろ足裏側の筋肉を使う方法です。後ろ足の踵を挙げて降ろします。その時に、表の大腿直筋ではなく、裏の下腿三頭筋を使います。一番最後に、大腿直筋が緊張します。下腿三頭筋の伸張性収縮から大腿二頭筋、最後に大腿直筋です。

*普通にやると、いきなり大腿直筋を使ってしまいます。それが普通の反応です。それを裏の回路に切り替えます。頭の切り替えが必要です。

*心意六合拳・鶏歩の場合、これを足を動かさずにやります。足は動かず、下腿三頭筋が伸張性収縮します。

*それで、鶏撲食(けいぼくしょく) の歩法に切り替えました。その最初の動作です。

*いきなりの極意です。鶏歩から鶏行歩する時も同様なんですが、鶏歩から前足を挙げます。

*そこに心意六合拳の極意があります。それは、「変化しない鶏歩」です。

*なんだよそれ、いい加減なこと言うなよフジマツのアホ !

*いえ、本当なんです、旦那様。

*鶏歩から前足を挙げるのですが、その時に後ろ足は全く変化しないのです。

*普通の反応は、後ろ足のわずかに浮いた踵が着地して、全体が後退します。それから、前足が前進します。

*そのほうが自然で楽です。ところが、それでは勁力が発生しません。後ろ足は全く変わらず、前足だけ挙げます。2秒間静止する練習もやりました。その時に全体を支えるのは、後ろ足の下腿三頭筋です。

*「前進する時、後ろ足の踵を降ろさず、鶏歩が変化しない」という極意です。

*単練法によっては、後ろ足から前進する技もあります。それだと前足の膝から突っ込む人もいるので、足首が折れ曲がるようにします。

*でもこの極意が分からないので、前足が前進する技から始めます。それが鶏撲食や熊吊膀(ゆうちょうぼう) です。

*これができると、心意六合拳の全ての技ができます。勁力が発生します。単純です。心意六合拳はとても単純なんです。

*フジマツとてもいい加減な人間なんですが、鶏歩だけは変わりません。性格がいい加減でも、鶏歩が変化しなければ、心意六合拳は撃てます。ソレデイイノカア ! 
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-06 07:33 | 姿勢勁力

アホなりに考えてみた

*どうしてアホ頭のフジマツが姿勢勁力を解明できたのか? おかしいではないか。やっぱりインチキなのではないか。それともキチガイなのか?

*どうして中国の先生は姿勢勁力を解明していないのか? やはりそんなものは存在していないのではないか? やっぱりフジマツはキチガイだろう。

*という疑問が渦巻いているかと愚考いたします。それでは、もう一人のフジマツがキチガイのフジマツに代わって説明いたします。さあ、地獄から呼び出してみましょう。エロイムエッサイム・・・我は求め訴えたり・・・ドロドロドロ・・・

*今まで姿勢勁力が解明されていなかった理由・・・

*第一に、中国でも日本でも、動的勁力が主流で、静的勁力は極めて少数派ということです。だから、あまり注目されなかった。

*静かというと太極拳が有名ですが、静かな楊式太極拳も沈墜勁を用います。すなわち、動的勁力です。静的勁力ではありません。

*震脚にうんざりしていたフジマツは、導かれるように山西省太谷県へ行きました。そこで、静の形意拳=宋氏形意拳に出会いました。運命の扉が開いたのです。その基本功の龍形基本功、熊の基本功1号・2号は、姿勢勁力の本質そのものです。

*さらに陶子鴻先生系の心意六合拳に出会いました。その鶏歩と鶏行歩と鷹爪が決定的役割を担いました。師匠は体育大学出身で警察学校の教官なので、とても合理的に教えてくれました。

*その後、元奥さんが武式太極拳(喬式太極拳) へ興味を示しました。お前も行くか? と言われたのでノコノコ撫順まで付いて行きました。そして、喬松茂先生と出会いました。

*武式太極拳にもいろいろありますが、喬先生の武式太極拳は静的勁力でした。それは、ヒト蹠行性から動物指行性への変態過程がありました。(元奥さんは、一般的太極拳とかなり異なる武式太極拳に興味を失いました。優雅でやわらかい太極拳のイメージとはほど遠いのです。シロクマさんに言わせると、ロボットみたい、とのこと。ユーチューブで確かめてください。) 

*心意六合拳にも様々な傾向と流派がありますが、偶然にもフジマツが学んだのは姿勢勁力の心意六合拳でした。宋氏形意拳にも様々な傾向と流派があります。神のいたずらか、偶然か、運命か、この三つの姿勢勁力流派をフジマツは学ぶ機会がありました。

*結局のところ、武術の素質も格闘技の才能も欠落したフジマツを、神様は哀れんでくれたのでしょう。

*第二に・・・これは拙著「発勁力」に書きましたが、中国語は分類語であって分析語ではない、と日本人中国学者が論じています。毛沢東も、一が分かれて二となる、と論じています。どんどん分裂し増殖するのです。中国の勁力論も、表面的違いに基づいてどんどん種類を増やしていきます。分類のための分類となります。結果、本質に迫ることがありません。

*第三に・・・中国はいまだに伝統思想を引きずっています。儒教も仏教も道教も生きています。しかし、中国思想の本質は実用主義と儒教です。ですから、深い内容を持てません。いわゆる哲学が存在していません。マルクス主義も中国人は理解できませんでした。結局、華夷思想=中華帝国主義だけが残りました。

*第四に・・・フジマツはアホなのですが、動作の本質を見抜くことができました。(伝統思想はゴミ箱へ捨てました。) だから、モノマネが得意です。ちくわさんには、ホンダのアシモ君のモノマネをほめられます。いつも笑われています。嬉しいです。アホヤネン ! 

*第五に・・・震脚にうんざりしていたフジマツですが、八極拳の経験が役に立ちました。静的勁力なのだから、震脚の八極拳と真逆のことをやればいいのです。八極拳の先生に感謝しています。

第六に・・・姿勢勁力の解明には、最後には動物学(動物の立ち方・歩き方) が必要でした。心意六合拳と形意拳は動物武術ですが、動物学に注目することはありませんでした。中国は伝統的に自然科学を軽視してきました。(私も動物学に触れたのは、病気の後のことなので大きな顔はできません。)

*そして・・・足指を使って歩けない日本人(アシモ君) は、足首が硬直している。結果、大腿直筋で歩くしかない。下腿三頭筋を想像することができない。頭の中に存在していない。

*様々な偶然が重なって、姿勢勁力を解明しました。でも、普通の人には難しいそうです。そこで、教え方を工夫しています。以前はそのうちできるよ、と楽観していましたが、間違っていました。どうもすいません。

*最近来た人には、針の穴を通すようだ、と言われました。それほど微妙なようです。それでも、少しでもできるようになると、楽しいのが姿勢勁力です。どうぞ、針の穴を通してください。お気遣いは無用です。ウフフ
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-05 08:14 | 姿勢勁力

がんばらない足首

(昨日の体育館から)

*オバチャンBの下腿三頭筋がやっと目覚めたようです。ようやく、心意六合拳の鶏歩が鶏歩らしくなってきました。

*本人は、下腿三頭筋がモヤモヤしているうー、と喜んでいます。どうしよう。このままこの感覚を楽しんでいようかしら、なんてウフウフしています。

*心配ありません。その感覚はすぐに消えますからあー アハハ

*鶏歩ができたようで、鶏行歩をやらせてみました。まだ駄目みたい。途中で身体が浮いてしまいます。

*ということで、前段階鶏行歩に切り替えました。当分、前段階鶏行歩です。

*ところで、しゃがむ鶏歩をする人がいます。当然、勁力は発生しません。

*沈墜勁の場合はしゃがみますが、当然、勁力は一瞬にして消えます。その瞬間だけです。

*姿勢勁力の場合、勁力は完全に死にます。

*その原因は、大腿直筋ががんばっているからです。でも、本人にはその感覚がありません。無意識なんです。

*これは困りました。どうやって教えましょうか?

*実は、大腿直筋と足首が直結している場合があります。それは、足首ががんばっている場合です。

*足首ががんばると、もちろん、足首が反抗しているわけですから、自分の体重ははね返されています。

*そのはね返された体重を大腿直筋が支える、という構造ができあがります。

*そんな状況では、下腿三頭筋が覚醒するわけがありません。下腿三頭筋は眠ったままです。

*足首が無抵抗になると、体重は仕方無く下腿三頭筋が支える結果となります。もはや、足首は使えませんから、筋肉の下腿三頭筋が登場します。

*その場で指摘してやれよ、フジマツのアホ ! とよくシロクマさんに叱られるのですが、これは今考えてみたら解ったことです。

*頭の回転が悪いので、書きながら考えています。

*以前は、そんなこと自分で考えろよ、と思っていましたが、世間のみなさまは大腿直筋と大胸筋で立っているので、想像力が及びません。

*背筋を伸ばせ、とか、肩甲骨を合わせるように、とか、くだらない教えが普及しています。なかなか、アホのフジマツの力が及びません。

*背筋を伸ばしてはいけません。胸を張ってはいけません。もちろん、猫背もいけません。どうしたらいいのか?

*腹直筋で体幹を立てます。これだけでいいです。すると、胸は空っぽになります。それでいいんです。

*これで、足首に体重が降りる条件となります。

*しかし、足首は最後の抵抗をします。足首ががんばって体重をはね返します。やってくれますねえ。絶対屈しないぞ。

*しかしここで、足首は抵抗を止めてしまいます。白旗を挙げます。すると、足首は折れ曲がり、下腿三頭筋が覚醒します。仕方無いので、下腿三頭筋が仕事を引き受けます。

*全く、下腿三頭筋には迷惑な話しです。そんなことは大腿直筋に任せていたのに、フジマツが余計なことを教えたために残業が増えました。

*その残業をこなすために、下腿三頭筋は強くならざるを得ません。下腿三頭筋の自己防衛です。そして、下腿三頭筋は立っている限り、永遠に仕事が終わりません。下腿三頭筋残酷物語です。労働基準監督署に訴えるべき案件です。

*その状況をもたらしたのが、がんばらない無抵抗の足首です。

@ シロクマさんがアパートを襲ってきた。ドラヤキを喰え、と持って来た。オメー、アンコ百年練って来たんだろ、と絡む。どうしてもフジマツを大ドラエモンにしたいみたいだ。このアパート、CIAとグーグルにバレてるのは仕方無いにしても、日中精武会連盟とやらにもバレてる。シロクマさんも襲って来る。引っ越したいけど、オカネ無い。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-04 09:39 | 姿勢勁力

膝の裏付け

(昨日の光が丘公園から)

*ある迷える大羊がやってきました。昔、呉式太極拳をやっていたそうです。そこで、見せてもらいました。とても雰囲気が出ています。

*私は実は、呉式太極拳が好きではありません。その前傾姿勢が嫌いです。姿勢勁力は前のめりを徹底的に否定する中から、解明しました。それなのになぜやらせるんだよ。フジマツのアホ ! 

*すいません。ちょっと見てみたかっただけです。アホなんで許してください。

*シロクマさんは、フジマツは本当はアホではない、と誤解していますけど。

*人生の悩みは、悩んでも解決しない、ということをやっと学びました。そこで、楽しいことだけ考えて生きています。アハハ 悩んでも好転しない、というわけです。(つまり、人間として成長していません。ある古い友人に「脳が未発達だ」と言われました。そんな本当のことを正面から言ってはいけません。即時、関係を切りました。)

*そこで、窮地に陥ったら、チャンスにしようと思います。実際は選択肢が限られるので、とりあえず、生きる道を選択します。まあ、偶然生き残ってしまったということもあります。死に損ないか !

*最初は、上下動してはいけない、と考えていました。宋氏形意拳を学ぶ頃は、浮いている先輩の身体を理解していました。あーなってはおしまいだなあ、とボーと見ていました。もちろん、自分も浮いていましたけど。ウフフ

*武式太極拳の喬先生は、自分の弟子の演武を見て、なんだか浮いているなあ、とつぶやいていました。自分の弟子なんだから教えろよ、と思いましたが、どうやら教える気は無さそうです。アハハ

*ともかく、それで浮いている身体を確信しました。だから、合気道が気持ち悪いのです。身体が浮いています。浮いているのだから、簡単に投げられます。

*というと、誤解する人がいます。踏ん張る人です。踏ん張ると、打撃をもらった時、衝撃をそのまま受け取ります。踏ん張ってはいけません。また、踏ん張ると勁力が発生しません。地面を蹴ってはいけないように、踏ん張ってもいけません。

*自分の体重を足首と足指に降ろします。すると、心意六合拳の鶏歩や宋氏形意拳の六合歩を使わずとも、棒立ちでも撃てます。もちろん、最初はそんことをしてはいけません。

*回族の陳先生は、後ろ足の踵を挙げて降ろしました。そして、一言、「この勁で撃つ」と言いました。そこで私は後ろ足裏側の筋肉を確信しました。それは、表の大腿直筋ではなく、裏の下腿三頭筋と大腿二頭筋などを使うことです。大腿直筋を全く使わないというわけではありません。主導権を下腿三頭筋が担うということです。下腿三頭筋のさらにヒラメ筋です。その始まりは足指です。つまり指行性です。

*さらに、心意六合拳の師匠からは、心意六合拳の弓歩と内転筋を教わりました。内転筋で、立つ時・歩く時にバランスを取ります。それが太極拳の起勢にも成ります。

*迷える大羊さんは、以前、膝がおかしくなって立てなくなったそうです。そこで、医者に言われたのは、「太ももの大腿直筋」を鍛える、ということです。医者はだいたいみんなそう言うそうです。ウォーキングもランニングも大腿直筋に頼ります。つまりジャンプ運動です。

*ところが、アホのフジマツがアホblog でおかしなことを主張しています。裏側の下腿三頭筋や大腿二頭筋を使え、と書いてます。これは確かめてみよう、とはるばる光が丘公園まで来てしまったらしい。

*実は、大腿直筋に頼っていると、膝を痛めます。それは大腿直筋が表側の筋肉だからです。それは文字通り、「膝の裏付け」がありません。膝を裏側から支える必要があります。それが、下腿三頭筋、大腿二頭筋、半腱半膜様筋、内転筋などです。

*日本武術太極拳連盟の太極拳で膝を痛めるのも、「膝の裏付け」が無いからです。

*しかし、これはヒトの本能的運動なのです。類人猿(初期人類) は大腿骨を真っ直ぐにして、大腿直筋を大きくして直立二足歩行を始めたのです。700万年前のことです。これは化石人類学の学者先生の説です。

*つまり、膝痛は腰痛と共に、直立二足歩行を原因とする病気なのです。だから、立ち方・歩き方を改良すると治ります。かなり微妙な修正ですけど。

*それがニワトリの指行性一本足です。幸いなことに、恐竜=鳥類も二足歩行です。直立ではありませんけど。

*しかし、ヒトの骨格は蹠行性ですから工夫が必要です。それが、折れ曲がる足首と折れ曲がる鼠蹊部、です。(指行性動物の踵に相当する関節は、かなり高いところにあります。)

(内緒の話しですから秘密にしてください。)
*私には武術の素質も格闘技の才能も欠落していました。だからせめて勁力を獲得しようとしました。もしも、素質や才能に恵まれていたなら、勁力の獲得なんかどうでもよかったのです。いいかえると、武術や格闘技には、勁力は必要ありません。そんなもの要りません。そのことを世間は知りません。でも、静かな姿勢勁力は、とても楽しい。幸せになります。そのことを世間は知りません。

ボブ・ディランがやっとノーベル賞を受け取ったそうです。というわけで、ボブ・ディランを聴きながら・・・Forever Young・・・天国の扉・・・

ママ、このバッジを外しておくれ
もう俺には用なしだ
目の前が暗くなって、何も見えなくなって来た
どうやら俺は天国の扉を叩いているようだ
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-03 08:38 | 姿勢勁力

鶏歩状態とは何?

*心意六合拳の師匠に、「心意六合拳は起勢から収勢まで、リラックスしてはいけない」と教わりました。

*その意味は聴かされた時、全く解りませんでした。

*もちろん、今は解ります。

*それは全身をガチガチにすることではありません。もちろん、胸と肩の力は抜きます。

*要点があります。要点だけ守ります。その要点は三つです。

*一つは前腕の筋肉による鷹爪です。

*一つは、腹横筋です。ほんの少し腹を凹ませて、左右横へ引っ張ります。

*そして最後は、ヒラメ筋から始まる下腿三頭筋の伸張性収縮です。

*この三点だけはゆるめてはいけません。他はゆるめます。上腕の筋肉もゆるめます。(腹直筋は腹横筋に連動しますので、そんなに気にしなくていいです。)

*ヒラメ筋から始まる下腿三頭筋の伸張性収縮とは、鶏歩状態のことです。

*鶏行歩とは、鶏歩の足が交替するだけです。途中は大きい鶏歩になりますけど。

*この時、空白時間を造ってはいけません。常に鶏歩状態にします。

*そのために、踵から接地して即時、足指と趾球で立ちます。即時、指行性になります。ここだけはのんびりやってはいけません。この時間を足裏時間と称します。足裏時間は短縮します。

*さて、ヒラメ筋から始まる下腿三頭筋の伸張性収縮です。これが解りにくい。

*ここが抜けていると鶏歩は死にます。ただ、低くしゃがんでいる状態となります。しゃがむ鶏歩です。そんな人が少なくありません。勁力は死に体です。(不幸なことに、そんな心意六合拳もあります。すると、沈墜勁や震脚に頼る結果となります。)

*生きている鶏歩とは、下腿三頭筋が伸張性収縮している状態です。もちろん、後ろ足ですが、鶏行歩では足が交替しますので、前足一本足状態で入ります。(ニワトリの指行性一本足です。) この前足がすぐに後ろ足になります。

*この鶏歩状態を知るために、足首が折れ曲がります。

*解りやすくするために、四つん這いで鉄牛耕地の状態になります。

*そのままどんどん体重を後ろへ下げます。足首はどんどん折れ曲がります。当然、踵は浮きます。尻は上がります。足指で支えます。ライオン体操の逆状態です。

*その時、下腿三頭筋は伸張性収縮しています。どうでしょうか? 感じますか? かなり極端にやります。

*この状態を保ちます。ゆるめてはいけません。これがリラックスしない鶏歩状態です。鶏歩では、後ろ足一本状態で下腿三頭筋を伸張性収縮させています。それを自分の体重で造ります。余計な力を加えてはいけません。

*鶏歩では、常時、戦闘状態です。

*武式太極拳では、蹠行性(せきこうせい) から指行性への移行過程があります。心意六合拳は常時、戦闘状態です。

*宋氏形意拳では、戦闘状態へスイッチが入ります。待機状態が六合歩です。六合歩も戦闘状態なのですが、待機状態でもあります。やや曖昧なところがあります。

*心意六合拳では、曖昧なところがありません。常時、戦闘状態です。常時、雷声状態です。まさに回族の気質が現れています。被抑圧民族の内に秘めた反抗の情念があります。

*これを支配民族の漢族は理解できません。だから、沈墜勁や震脚に流れたのか? それとも回族が隠したのか? 日本人の私が知るところではありません。でもおよそ、内家拳の雰囲気ではありません。内家拳? なにそれ? おいしいの? 少なくとも、内家拳の概念は漢族が造り出したことを理解できます。

*鶏歩では、常時、後ろ足にスイッチが入っています。空白の時間は許されません。左右どちらかの足は、常に下腿三頭筋が伸張性収縮しています。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-02 08:00 | 心意六合*形意

合体動物の誕生

*姿勢勁力の根本は、下腿三頭筋の伸張性収縮です。でも、その原因は? 巧く説明できませんでした。

*しかし、心意六合拳と形意拳は動物武術です。そこには、動物の譬えがたくさんありました。素朴な生態論もありました。

*そこで、病気した後、動物の本を読み始めました。化石人類学の本も読みました。現人類以前のことも知るべきと考えました。そして、動物の立ち方・歩き方に気付きました。

*もっと早く気付くべきでしたが、なにせアホなのでおそ過ぎました。

*とりあえず、下腿三頭筋の伸張性収縮の原因が解りました。それは、ヒトの蹠行性から指行性への変態です。

*指行性は、足指と趾球で立って歩くことです。ネコ科、イヌ科、恐竜=鳥類、などの立ち方・歩き方です。ネコ科とイヌ科は肉球を発達させました。

*そこに、ニワトリの一本足指行性が加わります。すなわち、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩です。

*漢族の形意拳は回族の心意六合拳から派生したので、やはり、ニワトリの一本足指行性が元になっています。

*しかし、ヒトの骨格は蹠行性なので指行性に成るためには、特殊な条件が必要になります。それが、折れ曲がる足首です。

*折れ曲がる足首には、ある条件が必要となります。それが、折れ曲がる鼠蹊部です。

*折れ曲がる鼠蹊部には、ある条件が必要となります。それが、尻を収める=提肛です。

*提肛にはある条件が必要となります。それが、腹横筋の覚醒です。

*心意六合拳の鶏歩と宋氏形意拳の六合歩は指行性なのですが、撃つ瞬間はさらに足指の役割が重要となります。

*つまり、撃つ瞬間にはさらに足首が折れ曲がります。

*そのためには、体幹の条件が必要となります。分散している体幹をまとめる必要があります。

*それが心意六合拳と形意拳の、龍腰と龍身です。

*龍腰とは、脇腹の前鋸筋から鼠蹊部へ向かって絞り込むことです。切り込むとも称します。それが鼠蹊部でクロスして内転筋まで達します。これで体幹が一つになります。

*龍身とは、脇腹の前鋸筋から腕を生やすことです。つまり、腕を肩から生やさないことです。だから肩の力を抜きます。(腕立て伏せは人間のやることです。鉄牛耕地は動物のやることです。)

*龍は古代ワニの化石から想像されたという、ワニ学者の説があります。すると、龍は爬虫類です。爬虫類は、脇腹から腕=前肢を生やします。

*足は、ニワトリと虎の混合、体幹は龍=爬虫類、前腕は鷹爪、という化け物ができあがります。このモンスターが動物武術=心意六合拳と形意拳の実像となります。

*もはやヒトではありません。それは合体動物というモンスターです。

(註) 指行性というと、アフリカのマラソン選手が有名ですが、ランニングはジャンプ運動なので、参考にはなりません。ウォーキングは蹠行性ですが、やはり大腿直筋のジャンプ運動です。地面を蹴る運動はジャンプ運動です。というわけで、ランニングもウォーキングも参考になりません。鶏行歩は地面を蹴らずに、足首が折れ曲がります。だから、鶏行歩は地に呪われています。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-01 08:03 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー