動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

動物武術の虎鷹拳院です

(新しい記事は下のほうをご覧ください。 これは、はじめまして、の記事です。)

*こんにちわのはじめまして、動物武術の虎鷹拳院(こようけんいん) です。

*フジマツが世界で初めて解明した静かな姿勢勁力を、心意六合拳・宋氏形意拳・武式太極拳を通して練習しています。(子ども向けに翻子拳もやります。) 

*姿勢勁力のカギは、ヒトの蹠行性(せきこうせい) から動物の指行性への変態、です。

*静的勁力なので、動的勁力は用いません。(動的勁力=沈墜勁・十字勁・纏絲勁・開合・震脚など)
気の発勁、体当たり発勁、肩甲骨発勁、寄りかかり発勁、手首発勁、なども用いません。
e0011605_212631.jpg
*水曜日19時~20時45分、土曜日19時~20時45分、練馬区開進第一中学校体育館、
(地下鉄有楽町線氷川台駅から歩いて10分)

*月曜日13時~15時15分、木曜日13時~15時15分、練馬区平和台体育館、
(地下鉄有楽町線平和台駅から歩いて15分) (平和台体育館は第二月曜日休館、祝日だと翌日火曜日休館)

*日曜日10時~12時、12時~14時、光が丘公園北口方面芝生広場端、道のそばに石のテーブルが数個あります。  *臨時個人特訓も希望により承ります。

*年に数回、武式太極拳ワークショップ(無料) を開催します。2月、6月、9月の予定。

*練習はかなりユルイです。電話03-6904-3514(23時までフジマツ)

*見学体験千円、月会費一般5千円、大学生・専門学校生3千円、小中高生無料、
[PR]
# by tiger-hawk | 2017-12-31 10:27 | ごあいさつ

フジマツスタイル

*Hさんに、5・4伝統武術表演交流大会を見るように勧めたのですが、そこには姿勢勁力があるのですか? と言われ断られました。

*そもそも中国には、姿勢勁力なんて言葉はありません。日本にもありません。フジマツの造語です。フジマツが姿勢勁力の要素を抽出して純化したものだからです。フジマツのでっち上げ、と言われるかもしれません。たぶん、インターネットで言われているでしょう。インチキですから。

*宋氏形意拳の中の姿勢勁力を抽出して、より純化しました。心意六合拳の中の姿勢勁力を抽出して、より純化しました。武式太極拳の中の姿勢勁力を抽出して、より純化しました。

*だから、宋氏形意拳の、心意六合拳の、武式太極拳の、完全コピーではありません。フジマツスタイルです。

*宋氏形意拳の熊の基本功1号と2号、龍形基本功が、姿勢勁力の元です。

*熊の1号が心意六合拳の熊吊膀と本質的に一致しました。そこから、いろいろなことが解りました。

*そして、心意六合拳と形意拳の龍腰と龍身を解明しました。

*というわけで、現在の宋氏形意拳・熊の1号には心意六合拳・熊吊膀も入っています。もちろん私が入れました。

*つまり、現在の熊の1号は、フジマツスタイルです。以前は、宋光華先生に教わったままを教えていました。今は違います。

*龍形基本功には、前腕の外側から背中を通る一本の筋があります。宋氏形意拳の馬形拳も同様です。

*ところが、虎形拳は前腕の内側から胸を通る一本の筋がある、と宋光華先生に教わりました。馬形拳と虎形拳は違うというわけです。

*しかし、それだと胸が緊張してしまう危険があります。だから、それは間違いだと考えました。そこで、馬形拳と同様にしました。つまり、全ては龍形基本功ということです。もうその辺りからフジマツスタイルです。

*宋氏形意拳は最初から、宋光華先生と趙栄昌先生のミックス・スタイルでした。趙栄昌先生は宋光華先生の兄弟子です。先代の宋鉄麟先生の一番弟子といわれていました。毎日、宋光華先生の自宅に来て、私を指導してくれました。

*そんなわけで、起勢と収勢は趙栄昌スタイルになりました。崩拳も趙栄昌スタイルになりました。そのほうがシンプルだったので、私の好みでした。

*心意六合拳は張克強先生の中年の頃に習いました。今の張克強先生のスタイルとは違います。また、20代後半の映像があったので、それを参考にしました。

*姿勢勁力の足は、心意六合拳の鶏行歩です。その鶏行歩のスタイルも変わりました。ニワトリの指行性一本足に、より近づけました。原点回帰です。

*武式太極拳は、喬松茂先生から、「いろいろ技があるけど、ランザーイーが最も重要だ」と言われました。しかし、ランザーイーなんてほとんど全く手の動きがありません。そこで、その弓歩が大事なのだ、と解釈しました。

*雲手はメンドー臭いし、その歩法に疑問がありました。そこで、省きました。二起脚も省きました。少林拳の名残みたいなものです。どんどん削りました。そこで、フジマツスタイルと成りました。

*足の勁力は、心意六合拳の鶏撲食(けいぼくしょく) 、鷹抓把(ようそうば) 、などから発見しました。それを鶏行歩に応用しました。全ての技に応用しました。

*古拳譜に、心意六合拳の歩法は全て鶏行歩、とあります。私はその最初の一歩に注目しました。そこに勁力の全てがある、と考えました。

*それは地面を蹴るのではなく、足首が折れ曲がります。すると、一方は足指へ、一方は下腿三頭筋へ向かいます。足指と下腿三頭筋が覚醒します。

*套路コレクターは止めたほうがいいです。虎鷹拳院には、時々、套路コレクターが現れます。それらの人は必ず失敗します。永遠に勁力を獲得できません。基本功を徹底して練習すべきです。

*心意六合拳・鶏歩を毎日練習すれば、全ての単練法=技がとてもラクチンに撃てるようになります。鶏行歩もとてもラクチンになります。

*宋氏形意拳・六合歩を毎日練習すれば、五行拳がとてもラクチンに撃てるようになります。

*宋氏形意拳・龍形基本功と熊の基本功1号・2号を練習すれば、心意六合拳と形意拳の体幹の動きを獲得できます。

*心意六合拳・鉄牛耕地すれば、体幹を強化できます。(腕立て伏せは止めましょう。) 
[PR]
# by tiger-hawk | 2017-04-24 08:22 | 姿勢勁力

沈まないために套路を捨てましょう

*沈んでしまう人がいます。沈んでしまう人に、姿勢勁力を教えるのは難しい。

*無意識に沈墜勁してしまうようです。沈む、沈墜勁する、墜落する、みんな同じ現象です。

*沈む原因は、その前段階に身体が浮いてしまうからです。

*では身体が浮いてしまう原因は何か?

*それは、肩でバランスを取るからです。

*長年の習慣なので、すぐには治りません。

*姿勢勁力は、足指でバランスを取ります。それが心意六合拳・鶏歩となり、宋氏形意拳・六合歩となります。

*しかし、足指の覚醒は難しい。その前に、肩がバランスを取るからです。

*その場合、身体の舵取りは肩となります。

*しかし、いきなり足指の覚醒では上手くいきません。

*まず、脇腹の前鋸筋の覚醒から始めます。

*そのために、心意六合拳・鉄牛耕地があります。鉄牛耕地で前鋸筋を覚醒させます。前鋸筋でバランスを造ります。

*身体が浮かなくなれば、沈む必要も無くなります。沈むのは、身体を安定させようとするからです。

*身体を安定させてはいけません。心意六合拳・鶏歩は、不安定志向なのです。宋氏形意拳・六合歩は不安定志向なのです。つまり、不安定バランスを造ります。それは不安定思想です。

*安定志向の人は、馬歩思想ともいえます。馬歩は安定思想によりできています。

*つまり、安定志向は安定思想から生まれます。

*姿勢勁力は不安定でないと、勁力を出すことができません。姿勢勁力は不安定思想なのです。

*では、安定志向の下腿三頭筋はどうなっているのでしょうか?

*安定志向は、縮み志向です。内にこもります。ひきこもりです。

*すると、下腿三頭筋は短縮性収縮となります。これは本人が無意識に実行しています。

*下腿三頭筋が短縮性収縮なのか? 伸張性収縮なのか? 実は外から伺い知ることができません。もちろん、本人も知りません。

*外見からは解らないのです。これはちょっと厄介です。(私にはもちろん見えます。ちくわさんにも見えます。)

*しかし、沈んでいれば短縮性収縮です。

*伸張性収縮を覚えるために、心意六合拳・弓歩から始めるといいでしょう。

*なぜなら、弓歩の後ろ足は伸ばすからです。足指から下腿三頭筋を伸ばします。これを徹底させます。

*安定思想の人は、とても真面目な性格です。それが壁を造ります。それが短縮性収縮となります。

*しかし、アホのフジマツのような不真面目な性格もおすすめできません。

*そこで、弓歩から始めましょう。弓歩で下腿三頭筋の伸張性収縮を覚えます。その状態を記憶します。

*その状態を内部で実現します。それが心意六合拳・鶏歩となります。

*フジマツの場合、馬鹿なので、深く考えることもありませんでした。考えなくてもできてしまいます。モノマネが上手いのです。それも内部から真似ます。外見は真似ません。

*でも、真面目な人は、さらに考えてみましょう。真面目な人に考えるなというのは、無理というものです。そこで、もっと考えます。

*自分の筋肉の動きを感じ取ります。弓歩から感じ取ります。弓歩から一点突破します。そして安定思想は捨てましょう。

*つまり、カタチから入るのは止めましょう。カタチを整えるのではありません。この際、套路も捨ててしまいましょう。勁力の出ない套路なんて、クソにもなりません。

*過去の例からも、套路のコレクターは姿勢勁力の獲得に失敗します。そんな人をたくさん見てきました。実に悲惨です。死体の山です。クソにもならない套路は、武術の亡霊です。

*姿勢勁力は、内部が動いているのです。それは出力するためです。

*勁力を出すために、姿勢の内部は常に動いているのです。外見的には全く動いていませんけど。
[PR]
# by tiger-hawk | 2017-04-23 08:15 | 姿勢勁力

前肢と後肢の覚醒

*以前、ある太極拳の先生が手首のスナップでロウシツヨウホを撃っていました。それを見て、なんだかなあ、とあきれていましたが、先生の面子を考えて黙っていました。

*その後、肩甲骨発勁を知りました。肩甲骨をゆるめて前後するわけです。これもびっくりしました。まさに驚天動地でした。しかも、肩甲骨をゆるめる体操もありました。肩を脱臼する危険があります。

*フジマツ、アホなんですが、手首発勁や肩甲骨発勁は想定外でした。どうやら寸勁らしいです。

*では、心意六合拳と宋氏形意拳と武式太極拳の発勁はどうしているのか?

*手首も使わず、肩甲骨も使わず、何処を使うかというと、それは直接的には、前腕筋です。

*それが心意六合拳の鷹爪というわけです。鷹爪を造るのは、前腕筋です。前腕筋で指を操作します。前腕筋で拳を、掌を造ります。

*前腕筋を支えるのが、脇腹の前鋸筋です。上腕三頭筋は使いません。

*これが龍=古代ワニ=爬虫類というわけです。爬虫類は脇腹から前肢=腕を生やします。

*心意六合拳と形意拳の「龍身」とは、脇腹の前鋸筋から腕を生やすことです。

*そのために、鉄牛耕地します。

*だから、鉄牛耕地は肩を使わないようにします。すると、前鋸筋と前腕筋が覚醒します。腕立て伏せは肩を使います。すると、前鋸筋と前腕筋は眠ったままです。

*そして、腹筋で身体全体を持ち上げるようにします。その土台は腹横筋です。これは立っていても、座っていても練習できます。

*腹を少しだけ凹ませて、腹横筋を左右横へ引っ張ります。腹直筋で体幹を立てます。

*足は下腿三頭筋が前腕筋と対応します。

*これは直立二足歩行のヒトは想像できませんが、四足歩行動物に戻ったと想定すると簡単に解ります。

*つまり、前腕筋が前肢となり、下腿三頭筋が後肢となります。

*しかし、ヒトは蹠行性(せきこうせい) なので下腿三頭筋は眠ったままです。特に現代日本人は足指が眠ったままです。

*下腿三頭筋を覚醒させるために、足指を覚醒させるために、足首が折れ曲がります。すると、足指と下腿三頭筋が直結します。

*これは面白い現象です。指と前腕筋が直結します。足指と下腿三頭筋が直結します。すると、ヒト直立二足歩行の呪いから解放されます。

*前肢と後肢が覚醒します。
[PR]
# by tiger-hawk | 2017-04-22 07:31 | 心意六合*形意

内家拳幻想を撃ち破るために

*何やらボロアパートの部屋の前でお経をあげている奴がいる。シロクマさんだった。最近、姿を消したと思ったら、四国のお遍路さんに行ってきたそうだ。

*四国の道端で拾って来たみかんを二つ、お土産だぞー、と押し付けてきた。なんだか硬いのは、ボツリヌス菌を注射したからだそうだ。なんだよ、テロみかんだ ! 悔い改めることの無いシロクマさんです。南無阿弥陀仏・・・

*せっかくボーダーの半パンツを手に入れてムフフしていたのに、気分が台無しだよ。

*そういえば、5月4日の第一回伝統武術表演交流大会(なっ長い) 、行けないかもしれない。

*行ったら石を投げられるかなあ? と思っていたら、「そんなところへ行ったら、拉致されてリンチされるわよ」とオバチャンAが警告してきた。恨んでいる人がいるらしい。

*おかしいなあ、好感度を上げるために努力してきたのに、誤解されてるみたいだ。

*あっそれはウソです。どうもすいません。というわけで、河田先生に迷惑かけるので、光が丘公園で一人、心意六合拳・鶏行歩しています。あるいは、川崎のはいさいフェスタで泡盛飲んでくたばっています。ハイヤセンスルヨイヤサ、ヒヤ・ヒヤ、ヒヤヒヤヒヤ・・・三線の調べに乗ってニライカナイへ・・・

*虎鷹拳院のみんなは、素晴らしい先生と素敵な道場が見つかりますから、ぜひ行ってみてください。フジマツに習っているといえば、あんなアホに習っているなんてと同情してくれます。それでメシをおごってくれます。ホントですよ~~ これからの身の振り方を考えましょう。

*Hさんは、その大会、姿勢勁力の参考になるのですかあ? と行くの嫌がっていました。姿勢勁力なんてフジマツがでっち上げたものだから、他の道場にあるわけないだろう ! 

*しかし、なんであんなインチキに習っているのだ? と以前、胴締め先生が不思議がっていました。そうですよ。不思議ですよねえ~~

*不思議だと思ったあなた ! ぜひ6・18武式太極拳ワーク・ショップへおいでください。無料です。アホのフジマツが演武もします。心意六合拳か宋氏形意拳の演武です。浜町の伝統武術大会では見られませんよー 内家拳幻想を撃ち破る虎鷹拳院のワークショップです。

*さて、どうして肩や上腕の力を使ってしまうのでしょうか?

*それは強く撃ちたいと願うからです。強く撃ちたかったら、弱く撃つことが大切です。そんなアホなことあるんかい ! 

*とにかく、前腕筋だけで撃ちます。他は休んでいてください。

*でもこれができるためには、心意六合拳の鷹爪を獲得しなければなりません。だから、毎日毎時、鷹爪の練習をしましょう。内家拳幻想を撃ち破るために・・・
[PR]
# by tiger-hawk | 2017-04-21 20:42

弱く撃て !

*心意六合拳・単把を教えていると、どうしても肩や上腕の力を使ってしまう人がいます。

*肩と上腕の力は、姿勢勁力を殺してしまいます。

*上腕三頭筋も上腕二頭筋も使いません。

*自分の体重を浴びせると、やはり、姿勢勁力を殺してしまいます。

*肩と上腕と体重を、直接使ってはいけません。

*知るべきことは何か?

*強く撃ってはいけません。

*強く撃つためには、弱く撃たなければなりません。

*前足の踏み込みも弱くします。ドシンバタンと着地してはいけません。震脚? それは別の宇宙の話しです。後ろ足の力も、直接使ってはいけません。

*全ての力と体重は、間接的に使います。

*その中に、例外があります。

*それは前腕の筋肉です。

*前腕筋だけで撃ちます。このことを自分の身体に覚えさせます。

*自分の脳ではなく、自分の身体に染み込ませます。そのための訓練が、日々の練習となります。

*この原則は、心意六合拳と宋氏形意拳と武式太極拳に共通しています。

*前腕筋だけで撃つ。これが姿勢勁力の大原則です。

*武術をやっている人間は、強く撃ちたいと思うものです。

*それが自殺行為となります。

*強く撃つことは、死ぬことです。

*弱く撃ちなさい。

*そして、前腕筋だけで撃ちなさい。

*それが心意六合拳の鷹爪の思想です。
[PR]
# by tiger-hawk | 2017-04-21 08:08 | 心意六合*形意

武器は体幹力?

*体幹を鍛えます。これを体幹力といいます。スポーツ本によくあるやつです。

*体幹が強い人ならたくさんいます。例えば虎鷹拳院ならシロクマさんもそうです。

*身長も体重も、フジマツのはるか上です。

*アホのフジマツが体当たりしたら、簡単に吹っ飛ばされてしまいます。100kgもあるし。

*だから「体当たりの心意六合拳」なんて役に立ちません。そんな心意六合拳はクソの役にも立ちません。

*いやまてよ、体当たりした瞬間に脱糞してしまうかもしれない。すると、クソの役には立つかもしれない。しかし、後始末がたいへんです。臭いし汚いし、もはや負けているし・・・やっぱり、体当たりの心意六合拳はクソです。

*身長・体重・体幹力・・・他に何か要素は無いのか? 格闘技ならば反射神経です。武術を格闘技化して反射神経の闘争にした例もあります。

*しかし、姿勢勁力としては他に要素は無いのか?

*それがあります。体幹の切れ、です。それを心意六合拳と形意拳では、龍腰と称します。

*この体幹の切れが、いわゆる技の切れを作り出します。それは、脇腹の前鋸筋から鼠蹊部へ向かって体幹を絞ります。

*すると、力は中心へ向かって集約されます。中心から、ではなく、中心へ向かって集中されます。

*すると、身体は回転することなく、腰は回転することなく、力は集中されます。

*すなわち、身体が開くことはありません。合するだけです。だから、勁力が爆発することもありません。姿勢勁力とは、閉じられた勁力のことです。

*身長・体重・体幹力で下回っていても、体幹の切れで挽回できます。

*最後の武器は体幹力ではなく、体幹の切れ、です。

*宋氏形意拳の崩拳は、体幹の切れでできています。心意六合拳の単把は、体幹の切れでできています。

*ただ半身になればいいわけではありません。半身は体幹の切れで造ります。

*その体幹の切れを造るために、宋氏形意拳の熊の基本功1号と龍形基本功が存在します。特に、熊の1号が重要となります。

*それは体幹の強さではなく、体幹の切れを実現してくれます。

*これは、宋光華先生の自宅に押し掛けた晩に、私にガツンとやってくれた基本功です。

*それでたぶん、大切なものなのだと認識しました。それから今日まで続けています。

*熊の1号が、宋氏形意拳の崩拳の、五行拳の根本なのだ、と勝手に決めました。

*宋光華先生が、十二形拳は形意拳の身法を学ぶ、と言ったからです。それが、龍形基本功と熊の基本功というわけです。

*龍形基本功は、熊の基本功は、十二形拳の基本功であるばかりではなく、形意拳全体の基本功ということです。それもフジマツの独断ですけど。アハハ

*後に、熊の1号は心意六合拳・熊吊膀そのものだと理会できました。そして、心意六合拳の失敗の原因も解りました。

*それは身体が回転してしまうからです。あるいは腰が回転してしまうからです。身体の回転は、腰の回転は、身体の外側の運動となります。

*心意六合拳と形意拳の龍腰は、くねくねと動くことではありません。また、身体の外側ラインで動くことでもありません。

*龍腰は、脇腹の前鋸筋から鼠蹊部へ向かう運動ラインです。それは左右二本あります。すると、体幹は集約されます。鼠蹊部へ集約されます。さらに内転筋へ向かいます。

*すると、勁力は分散されません。勁力は中心へ向かって集約されます。それは体幹の集約ということです。

*しかし、普通の人にとって熊の1号は難しいようです。それは、肩が緊張してしまうからです。腕にも力を入れてしまいます。

*そんな力は必要ないのですが、どうしても力を入れたいのが人間というわけです。

*それで熊の0号を考案しました。これは腕の動作をほとんど省いたものです。

*すると、相撲にとても近いものができました。相撲はとても合理的でした。

*ただ、熊の0号に留まっていると、打撃になりません。拳が、掌が撃てません。

*やはり、熊の1号がどうしても必要となります。せめて、虎鷹拳院に縁の有った人は、熊の1号を習得しましょう。

*熊の1号が、姿勢勁力獲得の第一歩です。
[PR]
# by tiger-hawk | 2017-04-20 08:19 | 心意六合*形意

動物変態者の独り言

*というようなわけで(前回からの続き) 、死ぬ病気から生還しました。元々、頭がおかしいのですが、さらにおかしくなりました。いいかえると、明るい性格になりました。

*元々、どうでもいいや、といういい加減な性格です。元の奥さんには、「オマエには人生の目標が無いのか」と毎日のように叱られていました。それは愚問というものです。人生の目標とか、人生の目的とか、そんなものはありません。中学生の頃から欠落しています。

*向上心というものが欠落しています。なんとなく生きていれば、それで満足です。それは、18歳の時、二度殺されそうになった結果です。でも、死地に飛び込んだのも自分の選択です。つまり、死ぬのに失敗しました。

*中国をふらふらと歩いたのも、なにか面白いことないかなあ、と思っていただけです。別に武術を極めようなんて、大それた考えはありませんでした。それは才能のある人がやることです。アホのフジマツがやることではありません。

*武術の素質も才能も欠落していました。頭も悪い。ちくわさんによれば、アスペルガーらしい。でも、アスペルガーは極端な選択もします、たぶん。

*なんの勝算も無しに、中国をふらふらしただけです。そしたら、運に恵まれました。上海の徐文忠先生に習った形意拳は、めっちゃ硬い形意拳でした。うるさい震脚もありました。正直、あんなもので闘えるのか? 疑問でした。

*形意拳の故郷、山西省太谷県へ行けば、なんとかなるかもしれない? とわずかな希望を抱きました。

*そこで、静の形意拳=宋氏形意拳に出会いました。宋光華先生に習いました。趙栄昌先生にも習いました。後に、それらをミックスしました。ある部分は宋光華先生、ある部分は趙栄昌先生です。起勢と収勢は、露骨に趙栄昌先生です。

*宋光華先生に習った、龍形基本功と熊の基本功1号&2号を徹底的に考えました。そして、自分のスタイルを作りました。

*心意六合拳はやる、と決めていました。そしたら、当時、弟子が一人もいない張克強先生に弟子入りできました。弟子が一人もいないのだから、独占できました。

*排打功でボコボコにされ、徹底的に罵倒され、日本に帰ろうと考えたこともありましたが、踏みとどまりました。本当に張克強先生は素晴らしい人でした。漢族にありがちな民族差別がありませんでした。大学出身なので教養がありました。中国伝統思想の縛りもありませんでした。中国共産党の思想もありませんでした。伝統武術家の悪癖もありませんでした。

*そして、オカネの無い私を無償で教えてくれました。無銭飲食、無銭宿泊、無銭武術学習です。

*勁力なんて全く解りませんでした。でも、なんとか習得するつもりでした。

*私には強みがありました。それは、宋氏形意拳の龍形基本功、熊の基本功1号&2号を学習したことです。そのために、心意六合拳が解りました。体幹と腕の問題は解決しました。これは他の心意六合拳者には無い強みです。

*力を抜くことは自分で考えました。徹底的に力を抜きました。でも、闇雲に力を抜いたわけではありません。あくまで熊の1号&2号がありました。

*足の問題は別です。足の問題は自分で解決しました。師匠の足を徹底的に観察しました。すると、体重移動がありません。いつまでも後ろ足に体重があります。(後に解ったのですが、足の下腿三頭筋に体重があります。)

*もちろん、左右の足は交替するのですが、体重移動はしません。後に宋氏形意拳も同様だと気付きました。

*そして、回族の陳先生に後ろ足下腿三頭筋の伸張性収縮を教えてもらいました。もちろん、ただ動作を見せてくれただけです。後ろ足の踵を上げて降ろしただけです。そして、この勁で撃つ、と言いました。

*ウソ単把を教えてくれた陳先生ですが、私はそれで理会できました。(理に会う、とは竹中労さんの言葉ですが、とても素敵です。労さん、ありがとう。私の若い頃の拙い文章が労さんの著作にあります。恥ずかしいけど想い出になりました。あっ探さないでください。)

*ともかく、陳先生の動作を身体内部でやればいいわけです。それが、心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、というわけです。

*武式太極拳(喬式太極拳) では、ほぼ陳先生の動作と同じですけど。武式太極拳は宋氏形意拳・熊の1号でできます。陳式太極拳は熊の2号でできます。これは後年に解ったことです。

*熊の2号で陳式太極拳ができるということは、真実の纏絲勁は足から起こるものではない、ということです。纏絲勁は腹から起こります。ヘソの周りに楕円形の球があります。それを8の字を横にした形で回します。坪井先生の言葉を借りるとメビウスの輪です。その小さい輪です。それは腹横筋で作ります。

*陳式太極拳者に教えてあげたいけど、インチキフジマツの言うことなんか誰も聞く耳持たないでしょう。というわけで、虎鷹拳院の秘伝です。アハハ

*私の性格の欠点は、すぐにあきらめてしまうことです。ああ、駄目だあ、とあきらめてしまいます。熊の1号も2号も、すぐにあきらめてしまいました。教えてもできません。

*病気して良かったことは、根気よく教えるようになったことです。また、教える工夫をしたことです。病気前の会員には申し訳ありませんでした。正確には、2015年1月からちゃんと教えるようになったそうです。(ちくわさんの証言によれば) それはスポーツ理論主義者を追放してからです。

*実はアホのフジマツができたのだから、誰にでもできると決めつけていました。実際はそうではありませんでした。常識を捨てることができる人だけが、姿勢勁力を理会できます。世の中の常識と、スポーツ理論と、既存の武術理論を捨てることができる人だけが、姿勢勁力に出会えます。

*また病気してからシートン動物記とシートン動物誌に出会いました。そこから動物の立ち方・歩き方に出会いました。ヒト蹠行性から動物指行性への変態、という課題が解りました。動物学に感謝です。

*常識人には困難です。ニワトリの指行性一本足に変態したい人だけ来てください。

*というわけで、虎鷹拳院には頭のおかしい人しか来ません。その頭のおかしい代表がシロクマさんです。常識人はオバチャンズだけです。オバチャンズは別のルートから、間違って虎鷹拳院に来たのです。

*第一回伝統武術表演交流大会には、頭のおかしい先生はいません。みんな素晴らしい先生ばかりです。だから安心して来てください。動物変態者はいません。素晴らしい先生と道場が見つかります。
[PR]
# by tiger-hawk | 2017-04-19 00:38

病気と十大形套路

*ちょうど5年前の今頃、体の調子が悪くなりました。仕事をしていると、胸の中に空洞ができて、それがどんどん広がりました。その空洞からどんどん生命エネルギーが放出されていきます。するともう動けません。

*これは街の病院へ行っても無駄だなと判断して、総合病院の循環器科へ行きました。たぶん腎臓が壊れたと考えました。足がゾウさんの足のように膨れています。歩くのも辛くなりました。水分が体中に溜まっています。チンポもブヨブヨに膨れています。

*ところが、医者は、「フジマツさん、心臓が半分しか動いていないよ。なぜだか分からないけどねー」と言います。超音波の検査で心臓の動きが映像で見れるのです。お腹の中の赤ちゃんみたいですね。アハハ

*腎不全に加えて急性心不全でした。入院したら、水分制限、炭水化物制限、塩分制限、タンパク質制限、を実行されました。やがて体重が20kg減りました。幸い、メスは入りませんでした。水分制限が辛かった。一日にコップ一杯の70%位です。

*強制的ダイエットでした。歩いていてもフラフラしています。退院した時は、ムンクの「叫び」の名画のようです。このまま死ぬのかなあ、と感じていました。退院したら、少しずつ太り出しました。すると、医者に叱られました。このままではまた入院だよ ! 

*早く体力を回復したいので、鉄牛耕地をガンガンやりました。するとすぐに、右側の背中が膨れました。ノートルダムのせむし男みたいです。自分の感覚としては、汚れた血液や老廃物が溜まったみたいです。

*手術は嫌なので、放っておきました。しかし、醜い。Tシャツの上からでも丸見えです。なかなか小さくなりません。パンパンに膨れています。ようやくに腰を上げて循環器科の先生に相談しました。すると、皮膚科へ行け、と言われました。

*皮膚科では、こんな大きな腫瘍はここでは無理だ、と言われ、東京医科大学病院の形成外科を紹介されました。

*形成外科でもびっくりされて、教授先生が弟子や学生を集めて、大きいなあ、と観察していました。晒しものです。ナンデヤネン !

*で、いろいろ検査しても、中身は分かりません。自分では汚れた血液だと思ってました。実は、腎不全の段階で背中の皮膚下に出血がまだら模様に見えました。東京医科大学の教授先生には、切ってみないと中身は分からない、と言われました。悪性かどうかも分からないそうです。

*ところが、手術の十日前位からパンパンに膨れていたのがゆるんできました。そこで、手術当日に検査してもらったら、腫瘍が見つからないので手術中止となりました。前日から入院していたのですが、即、病院を追放されました。もう来るなよ、ボケ ! というわけです。結局、半年過ぎていました。

*最近、どんどん太り始めました。食べる量は減って来たのですが、痩せません。たぶん、老化現象だと思います。ちょっとヤバいです。父親も腹が出ていました。最後は胃ガンで死にました。

*光が丘病院では、心臓はとても調子いい、とのことでした。しかし、一度壊れた腎臓は元に戻りません。まあ、人工透析にならなければOKです。人工透析になったらメンドー臭いので自殺する予定でした。

*腹が出過ぎなので、腹横筋で下腹部を持ち上げるようにしています。そして、腹直筋で体幹を立てます。

*つまり、腹筋で上半身全体を持ち上げるようにしています。普段いつもこんな調子です。

*これは、心意六合拳・鉄牛耕地の応用です。鉄牛耕地では、腹筋で身体全体を持ち上げるようにします。もちろん、腹が落ちては最悪です。肩は使わないようにします。すると、前腕筋と腹横筋・腹直筋が主体となります。

*するとおかしな体形になりました。会員には、センセーおかしな体形ですよー、と笑われています。こんな体形見たことないよー、とみんなで笑っています。ナンデヤネン ! 

*いつのまにか、鉄牛耕地に回す要素も入っていましたが、完全な平起平落に戻しました。そのほうが腹筋に効果あります。

*心臓はもう大丈夫とのことなので、心意六合拳の十大形套路を繋げることにしました。今の所、鷹形套路と虎形套路を繋げています。これに龍形套路を繋げます。

*最終的には、鶏形套路も繋げてみる予定です。これを通しでやれたら、十分です。今は二つだけですけど。鷹形套路と虎形套路でやっとです。でも、四つ繋げてみます。

*その前に、鶏形套路&虎形套路、鶏形套路& 鷹形套路、鶏形套路&龍形套路、などもやってみます。

*心意六合拳・鶏行歩は教え方が解りました。要するに、前足の膝ではなく前足の足首が先に折れ曲がる、ということです。そして、自分の体重を自分の下腿三頭筋にキープします。それだけで勁力が十分出ます。

*そして、宋氏形意拳・崩拳と心意六合拳・単把の軌道は「龍腰」そのものです。太極拳のロウシツヨウホも同様です。脇腹の前鋸筋から鼠蹊部へ向かって切り込みます。その下向きのラインを胸前のラインにします。それがそのまま拳の軌道です。小さい力で大きい力が出ます。

*太極拳の極意「四両発千斤」そのものです。誰も明らかにできなかった四両発千斤を、フジマツが解明しました。これは、宋氏形意拳の熊の1号と2号のお陰です。
[PR]
# by tiger-hawk | 2017-04-18 08:19

5・4伝統武術大会キター ! 

「第一回伝統武術表演交流大会」5月4日(木)

14:00~14:30 開幕特別集体演武
14:30~15:00 開会式
15:00~17:00 交流表演大会
17:00~18:00 模範表演

中央区立スポーツセンター・メインアリーナ(最寄り駅・都営新宿線浜町)

*さて、いよいよ近づいてきました。素晴らしい先生、素敵な道場が必ず見つかります。インチキ道場=虎鷹拳院から逃亡して、素晴らしい武術ライフを手に入れましょう。ヤッタネ ! 

*というわけで、河田先生からいただいたチケットを体育館で配ったのですが、受け取らない不埒ものがいます。「アタシ興味ないしー」とシロクマさんがうそぶいていました。なんなんだよ、協調性ゼロ男め。みんなに合わせろよー

*そういえば、アホのフジマツ、小学校の通知表にいつも、協調性が無い、と書かれていました。つまり、社会不適合者、というわけです。フン ! どうせひねくれ者だよ。ガッコのセンセーなんか尊敬できるかよー そういえば、同窓会なるものに出席したことがない。

*ユーチューブに、「裸の大将」がアップされていました。いつも無銭飲食の裸の大将こと、山下清先生を尊敬しています。おにぎり好きだしー

*アホのフジマツも、中国で無銭飲食・無銭宿泊・無銭武術学習をしてきました。なんだか、とても親近感が湧きます。私の師匠の一人が山下清先生です。リスペクトしています。

*え? オメエのインチキ武術の話しはどうした? ヘイヘイ旦那様。

*最近、心意六合拳・鶏行歩の完全無抵抗主義が完成しました。これ、とても気持ちいいです。でも、後で疲れます。

*つまり、短い時間で、短い距離で、高い効果が得られます。これは便利です。忙しいサラリーマンにも適合します。いいことばかりです。

*でも、浮き上がることを恐れて、沈んでしまう人もいます。沈んでしまうと、もう姿勢勁力は死んでしまいます。

*沈墜勁や震脚ならば、また浮き上がればいいんですが、姿勢勁力はそうはいきません。

*心意六合拳・鶏歩は、宋氏形意拳・六合歩は、浮き上がってはいけませんが、沈んでもいけません。その中間の存在です。

*まっすぐに前進するのが、鶏行歩です。ところが、これが難しい。地面を蹴ると浮き上がってしまいます。

*そこで、足首が折れ曲がります。すると、足指が突然に出現します。今まで隠れていた足指が、現れます。勁力は足指から出ます。それが指行性です。

*その時、地面と平行に進むのが、姿勢勁力の身体です。そのために、足を垂らしてはいけません。足裏と地面は平行の関係を作ります。

*沈んでいけない、というより沈む必要がありません。なぜなら、自分の体重があります。その体重で地面を圧することができます。力は全く要りません。

*自分の体重を足首に降ろせば、それでいいんです。勁力とは自分の体重を利用することです。

*それを、せっかくの体重を浴びせてしまえば、勁力として利用できる体重はゼロとなってしまいます。体重の消滅です。

*だから拳に体重を乗せてはいけません。絶対にいけません。それは自殺行為です。

*体重は足首に降ろします。しかし足首は関節なので、実際の仕事はヒラメ筋はじめ下腿三頭筋が担います。そして、勁力は足指から出ます。

*心意六合拳と宋氏形意拳と武式太極拳の足の根本は、たった一つだけです。それはなにか?

*それは自分の体重を自分の下腿三頭筋にキープすることです。たったこれだけです。めっちゃ単純です。やること少な ! 

*兄ちゃん、きれいなオネーサン、おじちゃん、おばちゃん、これが極意なのだ。それでいいのだー 逃げろ~~
[PR]
# by tiger-hawk | 2017-04-17 08:08

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー