動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

後ろ足勁力と姿勢勁力

*昔は後ろ足勁力と称していました。

*しかしこれ、二つの意味で都合が悪い。

*後ろ足といっても、表と裏があります。

*表は大腿四頭筋、特に大腿直筋で地面を蹴ります。ある種のジャンプ運動です。それは、ランニングだと指行性、ウォーキングでは蹠行性(せきこうせい) となります。日常歩行も同様の蹠行性です。

*動作勁力も蹠行性です。沈墜勁も震脚も、十字勁も纏絲勁も、開合も、全て蹠行性です。ヒトを含む霊長類は蹠行性ですから、当然の結果です。

*それは、普通の表の勁力のことです。しかし、目的とした勁力は、普通の表の勁力ではありません。

*裏の勁力です。後ろ足裏側筋肉の伸張性収縮のことです。それは、表の大腿直筋に対して、裏のヒラメ筋が要となります。

*心意六合拳の鶏行歩は、ランニングと同じ指行性ですが、性質が全く異なります。地面を蹴らずに、鶏歩状態=一本足状態が持続します。

*ランニングでは、直接には足指と趾球で地面を蹴ります。鶏行歩では地面を蹴らないので、足指と趾球はゆるめてしまいます。そして、足首もゆるめてしまいます。

*だから、鶏歩と鶏行歩では、足指が地面をつかむことはありません。それは、鶏歩と鶏行歩では大間違いなのです。(他の武術流派のことは知りません。)

*もう一つの大きな問題があります。

*勁力の根っこは足の問題ですが、体幹の問題があります。

*すなわち、心意六合拳と宋氏形意拳の、鷹爪・龍身・龍腰、の体幹勁力の問題です。

*これは、後ろ足勁力とは表現できません。

*体幹勁力を含めると、姿勢勁力となります。

*また、足の問題は、足首が折れ曲がり指行性となります。

*ところが、鼠蹊部が折れ曲がらないと、膝に体重が掛かり、失敗します。

*この鼠蹊部の折れ曲がりが、龍身と龍腰の大事な要素ともなります。

*鼠蹊部は、体幹と足を結ぶ大切な要です。

*というわけで、姿勢勁力と称します。

*その要素は、鷹爪・龍身・龍腰・鶏歩、となります。

*鶏歩と鶏行歩は、ニワトリの指行性一本足から創られました。

*しかし、鷹爪・龍身・龍腰の要素を求めると、二足歩行ではなく、指行性四足歩行=虎となります。

*宋氏形意拳の六合歩は、鶏歩の変形です。撃つ瞬間は足首がさらに折れ曲がり、ほとんど鶏歩状態となります。

追伸

宋氏形意拳の熊の1号と心意六合拳の鶏歩を合体させたものは、姿勢勁力の最高傑作かな? 本日から教えます。とても簡単なんですけど。体幹勁力と指行性勁力の合体です。

え? デントーはどうなるんだ? デントーはLEDに変えました。めっちゃ明るいですよー びっくりしましたあー

追伸2

鷹爪といっても、指先に力を入れてはいけません。いろいろと不都合が生じます。そんな力は不要です。指先は前腕の筋肉が支えてくれます。それでいいんです。鉄牛耕地が指立て伏せではないのも、同じ理由です。仕事するのは前腕の筋肉なのです。

Nさんへの伝言・・・常に50%の力で動きなさい。100% の力で動いてはいけません。本当は30%の力でいいんですが、とりあえず50%の力で動きなさい。すると、勁力が見えてきます。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-13 08:26 | 姿勢勁力

心意と形意の通低音

*上手い人と下手な人の違いは、何処から来るのでしょうか?

*肩の力を抜くことは当然です。いわゆる中国拳法や太極拳の道場では、そんなことも指導していないこともありますけど。

*肩の力を抜いても不十分です。上腕もフニャフニャにします。

*上腕の筋力と前腕の筋力を分離させなければなりません。突きに上腕三頭筋は不要です。邪魔なんです。もちろん、上腕二頭筋も不要です。使い道が違います。

*必要なのは、前腕の筋力だけです。それも、手首近くの前腕筋です。

*勁力の出る所は、手の指先と足の指先です。

*手の指先を張ります。第一関節の部分です。そのために、前腕筋を使います。

*下手な人は、前腕だけでなく、上腕の筋肉も張ってしまいます。さらに肩も張ります。もう勁力は出て行かれません。引きこもってしまいます。

*その前に、下手な人は第三関節を張ってしまいます。見かけ上の指の付け根です。それは大間違いです。全体を丸くして、第一関節からの指先を張ります。

*その指先で掌を造ります。拳を造ります。

*拳の造り方は、手の甲と手首を真っ直ぐにします。その手の甲の張りをそのままに、指先を丸くして拳を造ります。すると、手の内に空気が残ります。15年振りに来たYさんの表現だと、鉛筆一本握ったような感覚です。

*そして、上腕三頭筋も上腕二頭筋もフニャフニャにします。すると、鋭く速い拳が撃てます。

*そのことは、宋氏形意拳の崩拳で学びました。また、心意六合拳の鷹爪の拳理から学びました。

*肩の力を抜くのはいいんですが、それでは腕を支えられません。

*そこで、肩の代わりのものを用意します。

*それが脇腹の前鋸筋です。前鋸筋から腕が生えます。それが、心意六合拳・形意拳のいうところの「龍身」です。

*これは、なかなかの努力が必要です。特に下手な人は、肩を張って生きて来たので、修正は困難となります。

*私も下手でしたので、苦労しました。才能なんて持ち合わせていませんから。

*それでも、肩に力が入っているなんて自覚はありません。

*幸い? 中国にも下手な先生はたくさんいます。

*山西省太谷県へ行った時、宋光華先生の近所にいた先輩を反面教師にしました。

*その先輩は、身体がフワフワと浮いていました。その崩拳はハエが止まるようでした。でも、その腕力はとても強いものでした。私なんぞひと捻り、なんて感じです。

*その先輩を見て、自分の姿が見えました。腕力は貧弱ですが、身体は浮いています。自分の崩拳もとても遅いものでした。

*歩くと浮いてしまうので、歩くのはあきらめました。とにかく、肩の力と上腕の力を抜きました。その結果、小学生も倒せない崩拳ができあがりました。

*二年後、心意六合拳を学びました。心意六合拳の鶏行歩で、やっと歩けるようになりました。そうしたら、崩拳も撃てるようになりました。

*その後、宋氏形意拳の熊の1号と2号を合体させました。横拳と崩拳の合体です。

*だんだんと、心意六合拳も力が抜けてきました。足首に体重が降りてきました。

*足首が折れ曲がり、指行性に近づきました。足指の出現です。すると、ヒラメ筋が覚醒しました。

*前腕の筋肉が手の指先を支えます。ヒラメ筋が足の指先を支えます。指行性四足歩行動物=虎へ近づきました。

*最近、宋氏形意拳・熊の1号と、心意六合拳・鶏歩を合体させました。みんなにはまだ教えていませんけど。これはなかなかの傑作です。

*心意六合拳は勇猛果敢、というイメージが先行してしまって、勁力を見失うことがあります。中国でもそんな感じです。

*本来、心意六合拳はとても地味な武術です。演武する人は、かなり派手にやりますけど。そのエッセンスは、宋氏形意拳の基本功として目に見える形としてあります。根っこは同じものでしたので、通低する要素があるのです。

*それを見通したのは、日本人=外国人のフジマツの特権です。中国人だったら無理な芸当です。回族=心意六合拳、漢族=形意拳という民族差別構造がありますから。

*私にはほとんど民族差別感情がありません。嫌韓も嫌回も嫌漢もありません。韓国料理も大好きです。そこかい ! 日本人が特別、という感情もありません。でも、中国では私は外国人です。それが幸いしました。

追伸

一ヶ月一回千円のコースに、15年振りのYさんが来ました。この企画、あの人は今? の企画でもあります。結婚したり、子供できたり、転職したり、給料大幅に下がったり、いろいろな事情で離れた人とまた会いたいなあ、という気持ちで作りました。以前より教え方も工夫しています。なお、失業中のサンダーさんは来ないそうです。仕事見つけてください。ヤバいよヤバいよ

オオカミたちの本当の生活、を買ってみた。カナディアン・ロッキーに現れた、あるオオカミ一家の盛衰を追った貴重な記録、とある。他にも、ハンナ・アーレントの「全体主義の起原」の新翻訳もあった。これを買うと食費がなくなるので中止。他にも欲しい本があったが、中止。しばらくオオカミとにらめっこします。でもオオカミ、かわいい。

ジュンク堂には赤ベコもあった。思わず買いそうになった。ヤバいよ

日曜日9時20分~50分、武式太極拳無料教室をやるかもしれません。一人でも来たらやります。来年2月の練馬区報に載せるつもりです。光が丘公園です。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-12 08:33 | 心意六合*形意

前腕発勁=腕撃

*お元気ですか ! みなさん,インチキ・フジマツは元気です。いよいよ会員が減って、虎鷹拳院は完全消滅しそうですが。アハハ


*シロクマさんにもらった練馬だいこんスペシャル号(自転車) で、開進第一中学校に通っています。


*拳が相手に当たる時、当たるところは拳面あるいは拳頭です、通常は。


*掌が相手に当たる時、当たるところは手のひらあるいは掌根です、通常は。


*ところが、昔後ろ足勁力、今姿勢勁力は違います。宋氏形意拳・心意六合拳・武式太極拳は違います。


*拳も掌も、当たるところは、前腕なのです。


*前腕の筋肉が拳を、掌を、腕を、造るのだから、当然そうなります。


*相手との接触点を、前腕の筋肉が感じ取ります。つまり、直接には前腕発勁なのです。ということは、腕撃です。


*つまり、パンチはありません。パンチは、昔後ろ足勁力、今姿勢勁力には不向きなのです。


*パンチはボクシングが最高です。最強です。だから、ボクシングに任せればよろしい。私たち武術者がやるべきではありません。特に、昔後ろ足勁力・今姿勢勁力がやるべきではありません。


*拳・掌は前腕の筋肉が造ります。前腕の筋肉は、脇腹の前鋸筋が支えます。


*前鋸筋は鼠蹊部へ向かって切り込まれます。鼠蹊部でクロスして内転筋へ達します。


*内転筋で指行性勁力と合体します。


*こうして全身が合体します。姿勢勁力となります。


*姿勢勁力の根本は、指行性と後ろ足裏側筋肉の伸張性収縮によって造られます。その根本は、足指とヒラメ筋です。


*それが心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩となります。


*それには、パンチは不向きです。


*姿勢勁力は、直接には前腕発勁です。上腕三頭筋は使いません。上腕三頭筋は、相手との衝突の衝撃を受け止めます。


*上腕三頭筋で拳を伸ばすから、ハエの止まる遅い拳となります。


*上腕三頭筋を使わなければ、拳は速く撃てます。これは、宋氏形意拳の崩拳で解りました。それでも、前鋸筋の始動と僧帽筋の後ろ盾があれば、問題ありません。


*上腕三頭筋ではなく、前腕と前鋸筋で拳を伸ばします。その動きの根本は、指行性と後ろ足裏側筋肉の伸張性収縮です。


*前腕と体幹と足指・ヒラメ筋が合体します。


*こうして、渾身拳が生まれます。


*渾身拳とは、渾身=全身が拳になるのではありません。


*渾身=全身が統一されることです。


*通常、人間の身体は分裂しています。特に、直立二足歩行は、身体の分裂を促進しました。


*その人類の進化=退化を逆転させて、指行性四足歩行動物の特典を獲得するのが、虎鷹拳院の目的です。


*先日、Nさんに、もっと足の力を抜いてみて、と言ったら、かなり勁力が出ていました。軽く相手を押していました。


*いつも、力入れ過ぎ、と言っているのですが、納得してくれませんでした。


*「センセーは内転筋に意識集中しろ、と言うではありませんか ! 」と反論していましたが。


*内転筋に対してはあまり体重を使えないので、鍛える時は意識集中します。


*でも、実際に撃つ(押す) 時は、余裕を持って撃ちます。気楽に撃ちます。そのほうが勁力が出ます。フニャフニャ道の極意です。


追伸


練馬だいこんスペシャル号には、後ろに大きなスライド式荷台が付いています。そのために、乗り降りがたいへん。この大きな荷台は、長い練馬だいこんを運ぶためのものだそうです。練馬農業祭は年に一回だけなのですが。そんなわけで、短い足のストレッチを始めました。アハハ


https://www.youtube.com/watch?v=uQH-L78clJw ニール・ヤング


[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-11 08:24 | 姿勢勁力

指行性の四足歩行です

*こんにちわ、最近、フニャフニャ道を極めたインチキのフジマツです。(オバチャンBがいなくなったので、アホのフジマツは封印します。お元気で ! オバチャンB )

*涼しくなってきたし、心不全も完全回復して、絶好調です。腎不全はナアナアですけど。このままナアナアで生きて(死んで) いきます。

*フニャフニャ道には、二つのコツ=極意があります。

*それは、心意六合拳の鷹爪と鶏歩です。

*鷹爪とは、拳・掌・腕を前腕の筋肉で造ることです。

*いいかえると、指を前腕の筋肉で支えます。

*私たちの指は鍛えていません。武術をやっている人の中には、指を鍛える先生もいますが、虎鷹拳院では鍛えていません。

*ただ、前腕の筋肉で指を造るだけです。それで十分なんです。

*ただし、前腕の筋肉は鍛えます。それが鉄牛耕地です。鉄牛耕地は前腕の筋肉を鍛えるだけにあります、といっても過言ではありません。

*それでNさんの鉄牛耕地を見てみると、指の第三関節が陥没しています。どうしてかな? と観察すると、指に期待していると解りました。指ががんばっています。

*指は弱いものです。指に負荷を掛けても無駄です。特別に指を鍛える人もいますが、私たちはやりません。私たちの指は、普通の指です。それでいいんです。

*指に期待してはいけません。それが鷹爪のコツ=極意です。

*しかし、私たちは直立二足歩行です。残念ながら四足歩行ではありません。そのために、前腕の筋肉に体重が掛かりません。だから、鉄牛耕地します。

*足には体重を利用できます。だから、体重を利用してヒラメ筋を覚醒させます。それが、心意六合拳・鶏歩の、宋氏形意拳・六合歩の目的です。

*このヒラメ筋に力を入れてはいけません。私たちには自分の体重があるから、それで十分なんです。

*全身をゆるめてしまいます。グダグダになります。私、グダグダは得意なんです。

*すると、体重が足首に降りてきます。足首は関節なので、体重に耐えられません。そこで、ヒラメ筋が覚醒します。それが、鶏歩の目的、六合歩の目的なのです。

*この覚醒したヒラメ筋と前腕の筋肉で打撃します。それだけで十分です。合気道要らず、の技も同様です。つまり、指行性の四足歩行です。虎です。

*それが、宋氏形意拳・龍形基本功の本質です。熊の1号の本質です。それだけなんです。隠していることは、なにもありません。秘伝はありません。秘伝は他の道場にあります。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-10 08:11 | 姿勢勁力

力を入れると勁力は逃げて行きます

*最近、ガチガチおじさんたちに、田植発勁を指導して成果を上げています。もっとも田植をするのはフジマツなので、疲れるのですが。(ブツブツ) 


*ガチガチおじさんは、超鈍いおじさんです。大腿直筋とヒラメ筋の区別ができません。そこで、もうあきらめした。大腿直筋鶏行歩とヒラメ筋鶏行歩の差は、足首の幅だから約8cm位です。それでは見分けられません。もちろん、私には見えますけど。


*今は完全にあきらめて、田植しています。想像力が欠如していますので、強制的に治して、なるほど相手が軽く成る、と納得させています。相手を押すと、とても軽く感じられます。


*中には、せっかく治したのに、さらにガチガチに固めて駄目にしてしまうNさんのような、ガチガチお兄さんもいます。これも想像力の貧困です。


*筋肉をガチガチに固めてしまったら、運動になりません。例えば、自転車に乗るにも筋肉は必要です。その筋肉をガチガチに固めてしまったら、動けなくなります。こうした力は内向きの力なので、外へ出ていけません。


*姿勢勁力においても、筋肉はフニャフニャにします。ところが、私が筋肉の名称を口にすると、ホイ来たとばかり、そこを固めてしまいます。


*ヒラメ筋だって、フニャフニャでいいんです。フニャフニャのヒラメ筋だから、体重が降りてきます。緊張したヒラメ筋は、体重を押し上げてしまいます。その結果、身体はフワフワと浮き上がります。でもいつも浮いているので、自覚できません。かといって、大腿直筋で強制的に沈めるのも、無意味です。


*宋氏形意拳の崩拳だって、フニャフニャでいいんです。フニャフニャだから、強い崩拳が生まれます。硬い崩拳はハエが止まります。撃っても皮膚表面が痛いだけです。相手を怒らせるだけです。


*心意六合拳の鶏行歩だって、フニャフニャでいいんです。フニャフニャだから、相手は吹っ飛びます。


*フジマツは全身フニャフニャですから。意志もフニャフニャです。それで、元奥さんに叱られました。オマエには人生の目標が無いのかあー ! 


*人生の目標は、小さな幸せ、です。美味しいご飯と、寝るところがあれば幸せです。高いご飯はシロクマさんがおごってくれました。もう一生、回らないお寿司は食べなくてもいいです。回転寿しも行きませんけど。つまり、向上心が欠落しています。どうもすいません。だから女に逃げられるんだよ ! その通りでございますう。


*その昔、八極拳の集まりの忘年会に参加しました。そこの高い値段のお寿司屋さんのおかみさんに、またおいしいお寿司が食べたいか? と聴かれました。その時に、食べたい、と答えれば、あんたは出世する、とおかみさんは言いたかったようです。私はひねくれ者なので、相手の期待する答えなんて言いません。当然、別にありません、と答えました。その頃から、裏切りのフジマツでした。許してニャン ! (参加したのはその一度だけでした。ごめんなさい。) 


*ガチガチおじさんは、大腿直筋おじさんです。いきなり、大腿四頭筋の特に大腿直筋にスイッチが入ります。


*なんでかなあー? と疑問でしたが、それが日本人の本能のようです。特に、真面目な日本人特有です。


* ヒトは倒れこみながら歩く、と偉い学者さんが書いていました。正確には、こけながら歩く、です。それが直立二足歩行の正体です。


*大きく倒れるために、大腿直筋でジャンプします。それがランニングやウォーキングです。ジャンプすれば墜落します。それが沈墜勁や震脚です。


*ランニングの場合、墜落する瞬間にまたジャンプします。すると、連続ジャンプとなります。ウォーキングも同様です。


*心意六合拳の鶏行歩は、ジャンプしません。すると、鶏歩の経過運動が生まれます。それがヒラメ筋の運動です。


*それは、折れ曲がる鼠蹊部と折れ曲がる足首が必須条件です。それと、フニャフニャのヒラメ筋です。


*もちろん、大腿直筋で歩いても一本足時間は生じます。二足歩行なので、どんなことをしても一本足時間が生まれます。


*しかし、一本足時間には二種類あります。


*大腿直筋による一本足時間と、ヒラメ筋による一本足時間です。


*大腿直筋による一本足時間では、後ろ足裏側の筋肉は死んでいます。そうなると、姿勢勁力は発生しません。


*ヒラメ筋による一本足時間では、姿勢勁力が発生します。


*もちろん、ガチガチのヒラメ筋では、勁力が死んでいます。


*これを田植発勁で体感できます。


*もちろん、上半身もフニャフニャにします。肩は特にフニャフニャにします。肩発勁も、肩甲骨発勁も駄目ですよー


*心意六合拳の鶏歩も、宋氏形意拳の六合歩も、フニャフニャだと成功します。勁力も出ます。


*フニャフニャだと足首に体重が降りてきます。それを持続させて歩くと、鶏行歩になります。力は要りません。自分の体重だけでいいんです。だから、見た目の迫力も要りません。


*心意六合拳は、見た目の迫力を要求されますが、それは相手への威嚇です。勁力とは無関係です。だから、無くてもいいんです。相手にナメられたら? いいんですよ、それで。


*でも、大腿直筋で生きて来た真面目おじさんや、武術命のお兄さんには、納得いきません。それで大腿直筋でガチガチの鶏行歩を造ります。見た目はいいんですけど、中身は空っぽです。


*姿勢勁力はフニャフニャで造るので、実感がありません。ヤッター感がありません。これは好みが別れるところです。


*しかし、前腕の手首近くの筋肉は緊張させます。心意六合拳の鷹爪です。上腕の筋肉はゆるめます。ガチガチおじさんは、前腕の筋肉と上腕の筋肉の区別が付きません。ガチガチ崩拳は、腕全部の筋肉を使います。だから、ガチガチ崩拳なんですけど。


*前腕前半の筋肉は、拳そのもの、掌そのものなのです。拳・掌を造る筋肉なので、一体化します。だから、拳を握り込んではいけません。


*腕を支えるのは、脇腹の前鋸筋です。それが、宋氏形意拳の龍形基本功、熊の基本功1号です。もちろん、前鋸筋にも力を入れてはいけません。力を入れると勁力は逃げて行きます。


[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-09 08:19 | 姿勢勁力

大腿四頭筋幻想から

*心意六合拳の鶏行歩を大腿四頭筋(特に大腿直筋) でガシガシやる人が多いようです。

*見ていて、なんだかなあ? と思いますが、あの大腿四頭筋幻想は何処から来るのでしょうか?

*中国武術だと、馬歩から来るのでしょうか? 

*おじさんXは格闘技出身ですが、自転車を重いギアーでガンガンこぐそうです。走り屋さんに聴いてみると、軽いギヤーで回転数を上げるそうです。また、前へこぐのではなく、後ろ足を引き上げるそうです。

*おじさんXの鶏行歩は典型的な大腿四頭筋スタイルで、完全に浮き上がっています。

*後ろ足裏側の過程がありません。

*Nさんの鶏行歩スタイルは、一見それらしいのですが、大腿四頭筋で地面を押さえ付けています。その延長線上には震脚があります。

*どちらも大腿四頭筋幻想です。

*類人猿=初期人類は、大腿骨を真っ直ぐにして、大腿四頭筋、特に大腿直筋で直立二足歩行を開始したそうです。

*ランニングもウォーキングも大腿直筋で地面を蹴ります。ランニングは指行性で、ウォーキングは蹠行性の違いがありますけど。

*となると、根本原因は直立二足歩行にあるようです。

*そこで、心意六合拳のご先祖様は、ニワトリの指行性一本足に注目しました。そこから、鶏歩と鶏行歩が生まれました。

*しかし、鶏歩で地面を蹴ってしまいます。

*特に、一生懸命で根性主義の日本人にはその傾向が強いようです。

*そこで、身体の力を抜いてしまいます。フニャフニャにして、鶏歩を造ります。

*すると、足首に体重が降りてきます。

*その時に、足首が折れ曲がっていますから、足指が出現します。指行性になります。

*足首は関節なので、実際にはヒラメ筋が支えます。このヒラメ筋が勁力の原動力になります。これは意識しなくても、自然にそうなります。

*むしろ意識すると逆効果になります。

*鉄牛耕地で僧帽筋のことを質問されました。

*僧帽筋なんて意識しないでいいです。僧帽筋は壁になるだけだから、自然と鍛えられます。

*相手を撃つ時も、撃った衝撃が返ってくるから、僧帽筋が壁になります。上腕三頭筋も壁になります。(普通の拳は、上腕三頭筋で撃ちます。) 

*鉄牛耕地で意識するのは、前腕の筋肉だけです。前腕の筋肉だけで撃ちますから。

*他は、腹が落ちないように、腹圧を上げます。それだけです。前鋸筋も自然に鍛えられます。

*ヒトは直立二足歩行なので、前腕には体重が掛かりません。そこで、鉄牛耕地で前腕に体重を掛けます。鉄牛耕地は四足となります。さらに効果を上げるために、片足になります。

*姿勢勁力で直接使うのは、前腕の筋肉だけです。それも手首近くの筋肉です。

*それが、心意六合拳の鷹爪というわけです。

*蹴りの場合は、ヒラメ筋で蹴ります。当然、足首は折れ曲がります。

追伸

世界新体操の日本チームがすごいですねえ。
みなさん、演技もスタイルも顔も美しい。ブタのフジマツもなんとかしたい。え? 無理? そうですよね。失礼いたしました。

お知らせ

9月11日(月) は、平和台体育館が休館なので、練習休みます。12日は歯医者へ行くので、いじめられて死んでいます。アハハ

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-08 08:01 | 姿勢勁力

低い姿勢は地獄への道

(昨日の体育館から)

*どうも解らない人がいるので、宋氏形意拳の龍形基本功を修正しました。そこで、最長最適な腕の長さと、力の抜き方を復習しました。

*そこから、両手を胸前に持って行きます。その時に、普通の人は力を入れてしまいます。これは無意識に入れてしまうようです。

*だから、自分が力を入れていると理解できません。

*そこで、力が入っていると、指摘してあげます。そこで、さらに修正します。これはしつこくやってみました。

*普通の人は、死ぬほど鈍いので、しつこく修正してあげます。

*さらに、心意六合拳の鶏歩の修正です。

*例の田植発勁です。

*私が、人の後ろ足足指ー足首ーヒラメ筋の角度と位置を修正してあげます。

*こうでもしないと、死ぬほど鈍い普通の人は解りません。

*ここで、おかしな行動をする人が現れます。

*一生懸命に低い姿勢を造ります。

*それが間違いの元なんです。

*姿勢の高低は、勁力と無関係なんです。

*しびれるような大腿四頭筋、なんて要りません。どうでもいいんです。

*問題は、足指ー足首ーヒラメ筋の角度と位置なんです。

*低い姿勢を造ろうとすると、膝を折り曲げてしまいます。すると、身体は前へ突っ込みます。すると、後ろ足の勁力は死んでしまいます。

*以前、フジマツの鶏歩と鶏行歩は高過ぎる、と非難されました。

*心意六合拳者たちも、低い姿勢が勁力を造ると誤解しています。無知なんです。

*かわいそうだなあ、とは想います。無知は悲惨です。無知は罪です。同情します。でも、誤解を世間に広めないでください。悲惨な状況は自分だけにしてください。

*最後に、相手を押してもらいました。もちろん、肩の力は抜きます。

*相手の体重を肩で受け止めてはいけません。足指で受け止めます。

*肩で受け止めるのは、人間の本能のようです。直立二足歩行から来る本能です。でも、その本能は邪魔なんです。本能を捨ててしまいます。

*含胸拔背を、胸の前を丸めて、鎖骨のあたりを固めて造る人たちがいます。それが大間違いです。

*何処も固めてはいけません。使うのは、前腕の筋肉だけです。それも、手首のあたりの筋肉です。

*自分の手首をにぎってみてください。その部分の筋肉だけです。

*そして、指の第一関節を伸ばします。手をにぎる力ではありません。それだと、逆方向です。手の指を伸ばす力です。

*と指摘すると、普通の人は第三関節に力を入れてしまいます。大間違いです。第三関節とは、見かけ上の指の付け根です。あくまで、第一関節を伸ばします。

*腹直筋で体幹を立てます。

*鎖骨のあたりの力を抜きます。

*最適最長の腕の長さを覚えます。

*心意六合拳の鶏行歩を、大腿四頭筋で実行してはいけません。いくら低い姿勢で鶏行歩したところで、無駄というものです。

*いくら低い鶏歩を造ったところで、無駄というものです。

*足指ー足首ーヒラメ筋の角度と位置を理解しなければいけません。姿勢の高低と勁力は無関係です。足首が折り曲がるためには、ある程度の低さは必要ですけど。

*普通の人は、低い姿勢を膝を折り曲げて造ってしまいます。それが地獄への道とも知らずに・・・

追伸

宋氏形意拳の龍形基本功から、合気道要らず、の技を作りました。とても便利です。でもこれ、接点がズレると失敗します。

直接の接点は前腕の内側なんですが、接点を固定するのは、前腕の外側の筋肉なんです。それを理解できないで、力で解決しようとすると、失敗します。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-07 08:23 | 姿勢勁力

心意拳の本質とは何か?

* 心意六合拳には、パンチが無い。宋氏形意拳にも、パンチが無い。

*心意六合拳には馬形拳各種があります。宋氏形意拳には崩拳など五行拳があります。

*それらは、拳と名付けてありますが、パンチとはほど遠い。異なるものです。

*では、心意六合拳の拳、宋氏形意拳の拳とは何か?

*それは腕撃なのです。腕で撃っています。

*心意六合拳と宋氏形意拳の本質は、腕撃なのです。

*つまり、腕の伸縮を使いません。そのために、上腕三頭筋に頼っていません。

*頼るのは、前腕の筋肉と前鋸筋なのです。それにより、腕撃を支えているのです。

*心意六合拳には、全く腕の長さが変わらない技があります。挑領(ちょうりょう) 、虎擺尾(こばいび) 、などです。そして、搖閂把(ようさんば) 、単把、虎撲なども、実質的に腕は伸縮しません。鷹抓把も腕は伸縮しません。

*宋氏形意拳の崩拳は、体幹に頼っています。体幹の拳です。

*ですから、腕は前鋸筋から生えています。龍身のことです。

*前鋸筋から鼠蹊部へ切り込みます。それは鼠蹊部でクロスして内転筋に達します。龍腰のことです。

*心意拳の本質は腕撃、ということです。

*心意六合拳と宋氏形意拳を総称して、心意拳と呼ぶのがシロクマさんです。

*形意拳の発源地=山西省には、形意拳なる呼称がありませんでした。

*車派形意拳も、以前は、車派心意拳という呼称でした。

*宋氏形意拳は、私が学習した頃は、宋式心意拳と自称していました。

*形意拳という呼称は北京からもたらされたと考えられます。北京の政治権力の影響です。

*というわけで、心意拳というわけです。

*それは腕撃なのです。腕で撃っています。

*心意六合拳と宋氏形意拳の本質は、腕撃なのです。

*心意拳の本質は腕撃、ということです。

*そのために、心意六合拳の鷹爪があります。鷹爪ができないと、心意拳の腕撃はできません。

*だから、鷹爪はつかむ力ではありません。それは、指の第一関節を伸ばす力なのです。そして、前腕の筋肉を伸ばします。伸張性収縮となります。

*そして、心意拳の本質は腕撃です。

*そのために、心意六合拳の鷹爪があります。鷹爪ができないと、心意拳の腕撃はできません。

*だから、鷹爪はつかむ力ではありません。それは、指の第一関節を伸ばす力なのです。そして、前腕の筋肉を伸ばします。伸張性収縮となります。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-06 14:37 | 心意六合*形意

腕の伸ばし過ぎ

*心意六合拳の鶏歩については、田植発勁でだいたい解決しました。

*それでも、肩に力を入れてしまう人が大多数です。

*私の場合、宋氏形意拳の崩拳で肩の力を抜きました。でもこれは一般的ではありません。なにしろ難しい。それに小学生も倒せないフニャフニャ崩拳なので、すぐに成果が出ません。

*そこで、心意六合拳の単把を提案しました。先日、さっそくシロクマさんにやってもらいましたが、やっぱり肩に力を入れてしまいます。

*その原因は、腕の伸ばし過ぎです。正確な最適な長さを学習できません。

*それは、上腕三頭筋で腕を伸ばしているからです。

*上腕三頭筋は腕を伸ばす筋肉なんですが、姿勢勁力では直接使うことはありません。つまり、人間としては正しい行為なんですが、姿勢勁力としては正しくありません。

*姿勢勁力としては、前鋸筋で腕を伸ばしてほしいのです。つまり、腕を伸ばす過程においては、表面的筋力をほとんど使いません。ほとんど龍腰(脇腹前鋸筋から鼠蹊部へ向かって切り込む) だけです。

*それが、宋氏形意拳の龍形基本功です。

*龍形基本功で、最適な腕の長さを学習します。そして、前鋸筋で支える腕を学習します。熊の1号も同様です。

*龍形基本功の腕については、一人ずつ修正する必要があります。一度で覚えてほしいのですが、みんなには無理そうなので、しつこく教えます。私は自分一人で最適な腕の長さを体得しましたが、みんなには無理みたいです。

*単把は双把=虎撲の変化形です。単把と虎撲の腕の長さは同じです。

*虎撲は鉄牛耕地と同じです。つまり、鉄牛耕地も前鋸筋で腕を伸ばします。上腕三頭筋も使いますが、前鋸筋主導です。

*つまり、練習の時、鉄牛耕地をやってから単把を撃つと、たいへん安定します。

*というわけで、単把の練習は鉄牛耕地から実行すると良いでしょう。

お知らせ、する段階ではありませんが、12月3日か10日に武式太極拳ワークショップをやろうかな? と考えています。9月のワークショップが不手際でつぶれてしまったので。格技室なら借りられるかもしれません。ちょっと狭いので15人位でやります。借りられたら、報告します。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-06 08:43 | 心意六合*形意

田植え発勁

*最近、田植え発勁が成功しています。

*本当に田植えするわけではありません。

*私が誰かの心意六合拳・鶏歩を修正する姿が、田植えに似ているとシロクマさんがからかっているだけです。

*その人の後ろ足足首とヒラメ筋の角度を修正してあげます。すると、勁力が出ます。相手の人を押してもらうのです。つまり、3人の作業となります。姿勢勁力が出ると、相手の身体が軽く感じられます。

*心意六合拳・鶏歩、宋氏形意拳・六合歩などは、自分の体重で造ります。筋力で造る人もいますが、それは大間違いです。

*ところがみんな、相手を前にすると、前のめりになってしまいます。その結果、姿勢勁力は死んでしまいます。

*前のめりになる。地面を蹴る。フワッと浮いてしまう。これらはみんな同じ現象です。

*これはどうも、人間の本能のようです。格闘技経験者でなくても、前へ突っ込んでしまいます。

*すると、フジマツは人間の本能が欠けていた、という結論になりますが、それについては触れません。アハハ

*人間の直立二足歩行が倒れながら歩く、というのは学者先生が認めています。

*そこで心意六合拳のご先祖様は、ニワトリの指行性一本足に着目しました。そして、鶏歩と鶏行歩が生まれました。

*で、みんなの鶏歩を田植えのような恰好で固定してみました。

*本当は自分の体重で鶏歩・六合歩を固定するのですが、どうしても前へ行ってしまうので、私が固定してあげます。

*言葉で「前へ行く」というと実は大げさになります。実はほんの少し動くだけです。ですから、本人は無意識なんです。

*外から見てもなかなか解りません。もちろん、私には見えます。慣れて来ると、誰にでも見えます。

*この田植え発勁は、武式太極拳の弓歩でも可能です。

*とても微妙な操作なので、普通の人は気付きません。フジマツはヘンタイなので、簡単に気付きました。

*みんなも気付くだろう、と気楽に考えていました。でも、世の中の人はみんな鈍いので気付きません。自分が異常なのだと気付きました。(おそ過ぎるよー)

*実は発端が上手くできると、前のめりになっても勁力は出ます。でもそれは本格的な勁力ではありません。とても小さな勁力です。

*ですから、発端だけに満足することなく、本当の勁力を身につけましょう。

*これから、田植えに励みます。じゃなくて、田植え発勁を教えてみます。

*ところで、自分の体重で鶏歩・六合歩を造るためには、力を抜く必要があります。筋力を抜いてしまいます。すると、体重が足首のほうへ降りてきます。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-05 12:01 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー