動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

低い姿勢は地獄への道

(昨日の体育館から)

*どうも解らない人がいるので、宋氏形意拳の龍形基本功を修正しました。そこで、最長最適な腕の長さと、力の抜き方を復習しました。

*そこから、両手を胸前に持って行きます。その時に、普通の人は力を入れてしまいます。これは無意識に入れてしまうようです。

*だから、自分が力を入れていると理解できません。

*そこで、力が入っていると、指摘してあげます。そこで、さらに修正します。これはしつこくやってみました。

*普通の人は、死ぬほど鈍いので、しつこく修正してあげます。

*さらに、心意六合拳の鶏歩の修正です。

*例の田植発勁です。

*私が、人の後ろ足足指ー足首ーヒラメ筋の角度と位置を修正してあげます。

*こうでもしないと、死ぬほど鈍い普通の人は解りません。

*ここで、おかしな行動をする人が現れます。

*一生懸命に低い姿勢を造ります。

*それが間違いの元なんです。

*姿勢の高低は、勁力と無関係なんです。

*しびれるような大腿四頭筋、なんて要りません。どうでもいいんです。

*問題は、足指ー足首ーヒラメ筋の角度と位置なんです。

*低い姿勢を造ろうとすると、膝を折り曲げてしまいます。すると、身体は前へ突っ込みます。すると、後ろ足の勁力は死んでしまいます。

*以前、フジマツの鶏歩と鶏行歩は高過ぎる、と非難されました。

*心意六合拳者たちも、低い姿勢が勁力を造ると誤解しています。無知なんです。

*かわいそうだなあ、とは想います。無知は悲惨です。無知は罪です。同情します。でも、誤解を世間に広めないでください。悲惨な状況は自分だけにしてください。

*最後に、相手を押してもらいました。もちろん、肩の力は抜きます。

*相手の体重を肩で受け止めてはいけません。足指で受け止めます。

*肩で受け止めるのは、人間の本能のようです。直立二足歩行から来る本能です。でも、その本能は邪魔なんです。本能を捨ててしまいます。

*含胸拔背を、胸の前を丸めて、鎖骨のあたりを固めて造る人たちがいます。それが大間違いです。

*何処も固めてはいけません。使うのは、前腕の筋肉だけです。それも、手首のあたりの筋肉です。

*自分の手首をにぎってみてください。その部分の筋肉だけです。

*そして、指の第一関節を伸ばします。手をにぎる力ではありません。それだと、逆方向です。手の指を伸ばす力です。

*と指摘すると、普通の人は第三関節に力を入れてしまいます。大間違いです。第三関節とは、見かけ上の指の付け根です。あくまで、第一関節を伸ばします。

*腹直筋で体幹を立てます。

*鎖骨のあたりの力を抜きます。

*最適最長の腕の長さを覚えます。

*心意六合拳の鶏行歩を、大腿四頭筋で実行してはいけません。いくら低い姿勢で鶏行歩したところで、無駄というものです。

*いくら低い鶏歩を造ったところで、無駄というものです。

*足指ー足首ーヒラメ筋の角度と位置を理解しなければいけません。姿勢の高低と勁力は無関係です。足首が折り曲がるためには、ある程度の低さは必要ですけど。

*普通の人は、低い姿勢を膝を折り曲げて造ってしまいます。それが地獄への道とも知らずに・・・

追伸

宋氏形意拳の龍形基本功から、合気道要らず、の技を作りました。とても便利です。でもこれ、接点がズレると失敗します。

直接の接点は前腕の内側なんですが、接点を固定するのは、前腕の外側の筋肉なんです。それを理解できないで、力で解決しようとすると、失敗します。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-07 08:23 | 姿勢勁力

心意拳の本質とは何か?

* 心意六合拳には、パンチが無い。宋氏形意拳にも、パンチが無い。

*心意六合拳には馬形拳各種があります。宋氏形意拳には崩拳など五行拳があります。

*それらは、拳と名付けてありますが、パンチとはほど遠い。異なるものです。

*では、心意六合拳の拳、宋氏形意拳の拳とは何か?

*それは腕撃なのです。腕で撃っています。

*心意六合拳と宋氏形意拳の本質は、腕撃なのです。

*つまり、腕の伸縮を使いません。そのために、上腕三頭筋に頼っていません。

*頼るのは、前腕の筋肉と前鋸筋なのです。それにより、腕撃を支えているのです。

*心意六合拳には、全く腕の長さが変わらない技があります。挑領(ちょうりょう) 、虎擺尾(こばいび) 、などです。そして、搖閂把(ようさんば) 、単把、虎撲なども、実質的に腕は伸縮しません。鷹抓把も腕は伸縮しません。

*宋氏形意拳の崩拳は、体幹に頼っています。体幹の拳です。

*ですから、腕は前鋸筋から生えています。龍身のことです。

*前鋸筋から鼠蹊部へ切り込みます。それは鼠蹊部でクロスして内転筋に達します。龍腰のことです。

*心意拳の本質は腕撃、ということです。

*心意六合拳と宋氏形意拳を総称して、心意拳と呼ぶのがシロクマさんです。

*形意拳の発源地=山西省には、形意拳なる呼称がありませんでした。

*車派形意拳も、以前は、車派心意拳という呼称でした。

*宋氏形意拳は、私が学習した頃は、宋式心意拳と自称していました。

*形意拳という呼称は北京からもたらされたと考えられます。北京の政治権力の影響です。

*というわけで、心意拳というわけです。

*それは腕撃なのです。腕で撃っています。

*心意六合拳と宋氏形意拳の本質は、腕撃なのです。

*心意拳の本質は腕撃、ということです。

*そのために、心意六合拳の鷹爪があります。鷹爪ができないと、心意拳の腕撃はできません。

*だから、鷹爪はつかむ力ではありません。それは、指の第一関節を伸ばす力なのです。そして、前腕の筋肉を伸ばします。伸張性収縮となります。

*そして、心意拳の本質は腕撃です。

*そのために、心意六合拳の鷹爪があります。鷹爪ができないと、心意拳の腕撃はできません。

*だから、鷹爪はつかむ力ではありません。それは、指の第一関節を伸ばす力なのです。そして、前腕の筋肉を伸ばします。伸張性収縮となります。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-06 14:37 | 心意六合*形意

腕の伸ばし過ぎ

*心意六合拳の鶏歩については、田植発勁でだいたい解決しました。

*それでも、肩に力を入れてしまう人が大多数です。

*私の場合、宋氏形意拳の崩拳で肩の力を抜きました。でもこれは一般的ではありません。なにしろ難しい。それに小学生も倒せないフニャフニャ崩拳なので、すぐに成果が出ません。

*そこで、心意六合拳の単把を提案しました。先日、さっそくシロクマさんにやってもらいましたが、やっぱり肩に力を入れてしまいます。

*その原因は、腕の伸ばし過ぎです。正確な最適な長さを学習できません。

*それは、上腕三頭筋で腕を伸ばしているからです。

*上腕三頭筋は腕を伸ばす筋肉なんですが、姿勢勁力では直接使うことはありません。つまり、人間としては正しい行為なんですが、姿勢勁力としては正しくありません。

*姿勢勁力としては、前鋸筋で腕を伸ばしてほしいのです。つまり、腕を伸ばす過程においては、表面的筋力をほとんど使いません。ほとんど龍腰(脇腹前鋸筋から鼠蹊部へ向かって切り込む) だけです。

*それが、宋氏形意拳の龍形基本功です。

*龍形基本功で、最適な腕の長さを学習します。そして、前鋸筋で支える腕を学習します。熊の1号も同様です。

*龍形基本功の腕については、一人ずつ修正する必要があります。一度で覚えてほしいのですが、みんなには無理そうなので、しつこく教えます。私は自分一人で最適な腕の長さを体得しましたが、みんなには無理みたいです。

*単把は双把=虎撲の変化形です。単把と虎撲の腕の長さは同じです。

*虎撲は鉄牛耕地と同じです。つまり、鉄牛耕地も前鋸筋で腕を伸ばします。上腕三頭筋も使いますが、前鋸筋主導です。

*つまり、練習の時、鉄牛耕地をやってから単把を撃つと、たいへん安定します。

*というわけで、単把の練習は鉄牛耕地から実行すると良いでしょう。

お知らせ、する段階ではありませんが、12月3日か10日に武式太極拳ワークショップをやろうかな? と考えています。9月のワークショップが不手際でつぶれてしまったので。格技室なら借りられるかもしれません。ちょっと狭いので15人位でやります。借りられたら、報告します。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-06 08:43 | 心意六合*形意

田植え発勁

*最近、田植え発勁が成功しています。

*本当に田植えするわけではありません。

*私が誰かの心意六合拳・鶏歩を修正する姿が、田植えに似ているとシロクマさんがからかっているだけです。

*その人の後ろ足足首とヒラメ筋の角度を修正してあげます。すると、勁力が出ます。相手の人を押してもらうのです。つまり、3人の作業となります。姿勢勁力が出ると、相手の身体が軽く感じられます。

*心意六合拳・鶏歩、宋氏形意拳・六合歩などは、自分の体重で造ります。筋力で造る人もいますが、それは大間違いです。

*ところがみんな、相手を前にすると、前のめりになってしまいます。その結果、姿勢勁力は死んでしまいます。

*前のめりになる。地面を蹴る。フワッと浮いてしまう。これらはみんな同じ現象です。

*これはどうも、人間の本能のようです。格闘技経験者でなくても、前へ突っ込んでしまいます。

*すると、フジマツは人間の本能が欠けていた、という結論になりますが、それについては触れません。アハハ

*人間の直立二足歩行が倒れながら歩く、というのは学者先生が認めています。

*そこで心意六合拳のご先祖様は、ニワトリの指行性一本足に着目しました。そして、鶏歩と鶏行歩が生まれました。

*で、みんなの鶏歩を田植えのような恰好で固定してみました。

*本当は自分の体重で鶏歩・六合歩を固定するのですが、どうしても前へ行ってしまうので、私が固定してあげます。

*言葉で「前へ行く」というと実は大げさになります。実はほんの少し動くだけです。ですから、本人は無意識なんです。

*外から見てもなかなか解りません。もちろん、私には見えます。慣れて来ると、誰にでも見えます。

*この田植え発勁は、武式太極拳の弓歩でも可能です。

*とても微妙な操作なので、普通の人は気付きません。フジマツはヘンタイなので、簡単に気付きました。

*みんなも気付くだろう、と気楽に考えていました。でも、世の中の人はみんな鈍いので気付きません。自分が異常なのだと気付きました。(おそ過ぎるよー)

*実は発端が上手くできると、前のめりになっても勁力は出ます。でもそれは本格的な勁力ではありません。とても小さな勁力です。

*ですから、発端だけに満足することなく、本当の勁力を身につけましょう。

*これから、田植えに励みます。じゃなくて、田植え発勁を教えてみます。

*ところで、自分の体重で鶏歩・六合歩を造るためには、力を抜く必要があります。筋力を抜いてしまいます。すると、体重が足首のほうへ降りてきます。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-05 12:01 | 姿勢勁力

腕の生える所=前鋸筋

*肩に力が入ってしまうと、姿勢勁力は死んでしまいます。

*そこで、肩の代わりのものを用意します。

*それが脇腹の前鋸筋です。腕を肩からではなく、前鋸筋から生やします。

*それが心意六合拳と形意拳の称する「龍身」です。

*具体的には、前鋸筋で体幹を制御します。その訓練が、宋氏形意拳の龍形基本功、熊の基本功1号と2号です。

*心意六合拳の全ての技も、体幹を前鋸筋で制御します。

*太極拳のロウシツヨウホも前鋸筋から撃ちます。

*全ての拳・掌は前鋸筋から撃ちます。

*前鋸筋の次に腹横筋が登場します。体幹の始まりは前鋸筋なのです。拳・掌の始まりは前鋸筋です。

*足の始まりは、足指と直結したヒラメ筋です。

*足指ーヒラメ筋の直結のために、鼠蹊部が折れ曲がり、足首が折れ曲がります。それが、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩です。宋氏形意拳の六合歩も同様です。

*足指とヒラメ筋、前鋸筋と腹横筋、この組み合わせが姿勢勁力となります。

*したがって、いわゆる丹田が根源ではありません。体幹は前鋸筋が根源となります。

*鉄牛耕地は、前腕の筋肉と前鋸筋を鍛えます。腕立て伏せは肩甲骨を使ってしまうので、やってはいけません。虎鷹拳院では禁止です。肩甲骨発勁は、最も愚かな発勁です。

*前鋸筋から腕が生えることにより、真実の含胸拔背が実現します。




k101.JPG250px-Serratus_anterior.png




Bob Dylan - Abandoned Desire (Desire Sessions, Edited)

https://www.youtube.com/watch?v=v8w-rRLDqcI



[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-04 08:20 | 姿勢勁力

付け加えるものはありません

(昨日の体育館から)

*姿勢勁力の根本は、足指とヒラメ筋の直結です。

*そのために、鼠蹊部を折り曲げて、足首を折り曲げます。

*鼠蹊部の折り曲げは、肩の力を抜きます。

*足首の折り曲げは、自分の体重を足首に降ろします。それも力を抜くことが必要となります。

*その時に、へっぴり腰になる人がいます。

*へっぴり腰でごまかしてしまうのです。力は抜けていません。

*それを今度は、靴のせいにする人がいます。靴は普通のスニーカーで十分です。ハイヒールでなければ、問題ありません。革靴でも重いけど、撃てます。

*心意六合拳の鶏歩は、それだけで完成しているのです。宋氏形意拳の六合歩も、それだけで完成しています。

*それなのに、相手を前にすると、前へ突っ込んでしまいます。それが問題なのです。それはたぶん、格闘技の習慣から来ています。あるいは人間武術の習慣から来ています。

*前へ突っ込むと、姿勢は崩れてしまいます。鶏歩は、六合歩は、崩れてしまいます。

*姿勢勁力は姿勢だけで完結しています。動作は要らないし、むしろ邪魔なんです。

*全ての動作は不要です。

*だから、前腕の筋肉を使って撃つ(押す) だけです。それが心意六合拳の鷹爪です。

*どうしても動作を加えたいのは、格闘技の習慣なのです。人間武術の習慣なのです。

*動物武術の心意六合拳と宋氏形意拳は、立っているだけで勁力が発生しています。だから、鶏歩を練習します。六合歩を練習します。

*めっちゃ単純なんです。付け加えるものはありません。付け加えると、勁力は死にます。

*姿勢勁力は、姿勢の高さ低さとは無関係です。必要条件を満たせばいいだけです。姿勢が高くても撃てます。

*練習の時は、ある程度の低さが求められます。それはそのほうが足首が折れ曲がりやすい、というだけの理由です。姿勢の低いことを自己目的化してはいけません。それは無意味です。

*へっぴり腰でごまかしたり、靴のせいにしたりしてはいけません。自分の所為なんです。

*前へ突っ込むのは、自殺行為なんです。距離が足らないならば、半歩前進、一歩前進すればいいだけです。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-03 08:15 | 姿勢勁力

人類の歴史と無関係

*姿勢勁力はランニングやウォーキングとは、全く違う運動です。

*地面を蹴らないので、ジャンプ運動ではありません。

*ということは、スポーツや格闘技と共通性が全くありません。

*動作勁力とも無関係です。すなわち、沈墜勁や震脚、十字勁や開合、纏絲勁や抽絲勁、それらと全く共通性がありません。

*勁力はある種の運動なので、心理学とは区別されます。すなわち、心理学でできている「気」の武術や「意」の武術とも共通性がありません。だから、気の太極拳や合気道やシステマとは無関係です。

*それでもある種の運動なのです。

*その運動に気付いたのは、心意六合拳の鷹抓把(ようそうば) や鶏撲食(けいぼくしょく) などの師匠の足からでした。

*例えば、鷹抓把の手は上から下へ叩くのですが、下半身は鶏撲食と同じ動きです。すなわち、水平に動きます。

*足は手と無関係なんです、見たところは。

*横へ撃つ動作でも、下半身は同じです。下半身はいつも同じなんです。

*その後ろ足は、鶏歩の後ろ足です。それがずぅーと延長されるだけです。

*その足は、足首が折れ曲がることによって、足指とヒラメ筋が直結します。それが姿勢勁力の根本の指行性勁力となります。

*足指とヒラメ筋の直結が、全ての始まりです。勁力世界の始まりです。天地創造というわけです。

*心意六合拳のどんな技でも、下半身は同じです。跳躍する技も、着地した瞬間に撃ちます。つまり、跳躍は戦術の問題で、戦略としての勁力と無関係なのです。

*だから、跳躍する技も跳躍しないで使うことができます。

*普通、鷹抓把などでは、手に釣られて足も伸び上がってしまいます。ところが、それでは勁力が死にます。だから、地面を蹴ってはいけません。

*地面を蹴ると、足首も伸びてしまいます。前のめりになると、足首も伸びてしまいます。いつでも、鶏歩の状態を保ちます。鶏歩は変化しないのです。足は変化しないのです。変化するのは手だけです。

*鶏撲食は水平に進みます。鷹抓把は上から叩きます。ところが、足はいつも水平に進みます。とてもおかしな光景です。

*そのおかしな光景に、私は気付きました。

*ところが、普通の人は気付かないのです。技にばかり気を取られて、足が見えません。私は不思議なことに、足が見えました。だから、足が見えない人を理解できませんでした。

*今は、見えない人が普通の人で、私はヘンタイなのだと納得しています。

*心意六合拳のご先祖様も、人間の足ではなく、動物の足に着目したところは、ヘンタイです。ニワトリの指行性一本足や虎の指行性四足歩行に着目するなんて、おかしな人です。

*剣道も指行性に近いのですが、後ろ足の踵が高く挙がります。それは地面を蹴っているからです。指行性のジャンプ運動なのです。

*ところが、心意六合拳と宋氏形意拳の勁力運動は、地面を蹴りません。そのために、後ろ足の踵は地面スレスレのところにあります。宋氏形意拳の場合は地面に触れています。この場合は、足首がより深く折り曲がることを要求されます。心意六合拳の鶏歩よりも、要求が高くなります。

*勁力の根本は足にある、と私は信じていました。直感みたいなものです。根拠はありません。そのために、おかしな鷹抓把の足に気付きました。

*アフリカの類人猿は、地面を蹴って直立二足歩行を始めました。それがやがて人類となります。ところが、心意六合拳の鶏行歩は、人類の歴史と無関係なのです。なぜなら、それはニワトリの足だから。ニワトリの指行性一本足だから、ヒトと無関係なんです。

*ヒトの正しい歩き方と鶏行歩は無関係です。ヒトの正しい姿勢と姿勢勁力は無関係です。

*だから、世間の尺度と常識からは想像できません。体育教育と無関係ですから。スポーツと、格闘技と無関係ですから。人間の武術と無関係ですから。それが動物武術の勁力です。

追伸

オカネは無いけど、小さな幸せはあります。前鋸筋と前腕の筋肉とヒラメ筋と、それによる姿勢勁力が小さな幸せです。

追伸2

秋になったので、久しぶりに森田童子を聴きました。彼女、私と同い年なんです。昔、先輩の嫁さんに、「泣け」といってLPレコードを聴かされました。泣くのはイヤだったので、ライブへは行きませんでした。もう歳取ったので涙はありません。
その先輩も亡くなりました。私はあと15年は生きていますから。心臓も治ったし。シロクマさんは、あと数年だろうとか言ってますけど。フフン


[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-02 08:38 | 姿勢勁力

力を入れれば力は出ない

<原則その一>・・・力を入れれば力は出ない。

*発勁とは力を出すこと=出力です。力を入れること=入力ではありません。姿勢勁力も例外ではありません。

*出力とは外向きの力です。入力とは内向きの力です。

*Hおじさんが心意六合拳・鷹爪の悩みを打ち明けてくれました。

*手の平の真ん中=掌心が硬くなってしまうとのことでした。

*これはびっくりです。そんな経験はしたことがありません。

*考えてみたら、Hおじさんは、握る力を用いていました。鷹爪とは反対向きの力です。

*鷹爪は握る力ではありません。指先(第一関節) を張る力です。まさに正反対の力の方向です。(指先を張るというと、普通の人は第三関節を張ります。それは大間違いです。そのほうが簡単なので流れやすいのですが。) 

*鷹爪は出力で外向きの力です。握る力は入力で内向きの力です。

*鷹爪で掌を造ります。鷹爪で拳を造ります。その拳は握る力ではありません。だから、強く握りません。鷹爪の掌の感覚のまま、拳を造ります。したがって、拳の中に空気が残ります。だから、バンテージを巻いた拳に近くなります。

*だから、鷹爪の拳は強いのです。

*握る力は短縮性収縮です。鷹爪は伸張性収縮です。もちろん、下腿のヒラメ筋も大腿二頭筋も伸張性収縮します。それが勁力です。

*Hおじさんは、入力だけで生きてきたようです。ですから、出力をどうしても理解できません。そのために、身体を固めてしまいます。固めた身体からは、もはや勁力は出られません。自ら、引きこもっているからです。

*力には入力もあるけれど、出力もあると理解しなければなりません。

*そのために、身体をゆるめるために禅密功しています。意味もわからず練習しても、文字通り無意味なのです。

*入力の時は出力できません。出力の時は入力できません。瞬間的に使い分けます。

*もちろん、握る力も戦術的に必要ですが、それは出力ではありません。つまり、勁力ではありません。

(昨日の体育館から)

*普段は、片足鉄牛耕地を12回1セットで3セットから5セットやっています。

*ところが、今回は6セットできました。新記録達成です。終わった後はグダグダでしたけど。7セットはとても無理でしたけど。

*しかし、シロクマさんは、「200回までは遠いゾー」と煽っています。いやいや、とても無理っス。

*まあ、今回は6セットできたので、72回でした。次回もできるようにするかな? 無理な時は3セットですけど。

*鉄牛耕地の目的は、前腕の筋肉を鍛えることです。それが第一の目的です。第二は前鋸筋を鍛えることです。

*前腕の筋肉も前鋸筋も立っている限り、体重は掛かりません。そこで、自分の体重を利用して鉄牛耕地します。

*ヒラメ筋も普通に立っている限り、体重はあまり掛かりません。そこで、心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩で自分の体重を利用します。

*勁力は筋力ではなく、自分の体重を利用します。

*先日、ある番組で剣道のチャンピオンクラスの選手のふくらはぎ=腓腹筋を見せていました。びっくりしました。みごとに大きくなっていました。腓腹筋で地面を蹴っているようです。突進力と瞬発力を腓腹筋が担っています。

*自分にはあんな筋肉はありません。ふくらはぎはちょっと太いけど、普通のレベルです。つまり、腓腹筋で地面を蹴っていません。

*やはり、下腿三頭筋の中でもヒラメ筋が姿勢勁力では要です。

*そこで、勁力トライアングルの表現を、足指・趾球ー足首ーヒラメ筋、と改めます。

追伸

どうして片足鉄牛耕地を6セットできたのか? 急に涼しくなったからです。猛暑では無理です。根性ありませんから。どうもすいません。逃げろ~~

追伸2

どうして力を入れてしまうのだろう? とても不思議です。理解できません。というのが率直な感想です。誰か教えてください。自分の力が抜けたのは、宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳でした。小学生も倒せない崩拳です。これを強制することはできません。どうしたもんかなあ? それにしても、なんで力を入れるの? 

追伸3

シロクマさんに韓国料理のランチをごちそうになった。ブルコギ飯です。たらふく喰ったので一日分のカロリーを越えた。今日はもう何も食べなくていい。それにしても、朝鮮系の人を差別する人の気持ちが解らない。ご飯がおいしければ、それでいいではないですか。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-09-01 08:31 | 姿勢勁力

気=心理学=戦術、勁力=戦略

*武術はがんばるものだ、という考え方だと姿勢勁力は向いていません。震脚系武術が向いています。

*フジマツは震脚は八極拳でさんざんやったので、もういいや、と思っていました。それが、静かな勁力へと導かれた動機です。

*でも、フジマツの心意六合拳はそれほど静かではありません。特に、前足一本足の馬形鑽拳などは、震脚か? と疑われてしまいます。これは、昔から指摘されていました。

*それは、体重を足首に降ろした結果です。特に平和台体育館のタタミの部屋だと音がします。それは、体重の音なのです。なにしろ、太ったので80kgありますから。

*体重ではなく筋力を使うのが震脚です。だから、震脚の準備に地面を蹴ります。

*地面を蹴らないのが、姿勢勁力です。そのために、体重により足首は折り曲げられます。

*体重を足首に降ろすためには、身体の力を抜く必要があります。

*これを私は宋氏形意拳で訓練しました。フニャフニャ崩拳がそれです。

*でもその時点では、後ろ足裏側の伸張性収縮について無知でした。

*なにしろ、六合歩ではその勁力運動が隠れています。

*心意六合拳の鶏歩でも、勁力運動は隠れています。なにしろ、後ろ足裏側は伸びませんから。

*それを見せてくれたのが、回族の陳先生です。鶏歩から小さい弓歩になりながら、ウソ単把を撃ちました。このウソ単把、漫画「拳児」にも出て来ます。故松田先生も騙されたと知った時、なんだか親近感が湧きました。アハハ

*それはともかく、陳先生は隠れた勁力運動を見えるようにしてくれました。それで私は理解できました。

*宋氏形意拳の六合歩は、中途半端な鶏歩です。そのために、撃つ瞬間にさらに足首が折れ曲がります。ほとんど鶏歩になります。

*このことは、本場山西省太谷県の先生は知りません。なにしろ、心意六合拳を学んだことがありませんから。私は外国人ですので、宋氏形意拳も心意六合拳も学びました。中国の保守的習慣については配慮しません。日本人には無関係なことですから。

*六合歩が中途半端な鶏歩であるお陰で、龍身と龍腰の過程が明らかになりました。心意六合拳は初めから完成形を求められるので、返って誤解を生じます。形成過程がわからないのです。

*宋氏形意拳の龍形基本功、熊の基本功1号と2号により、龍身と龍腰の形成過程が明らかになりました。これをフジマツは整理しただけです。

*心意六合拳の鶏行歩は、無意識に地面を蹴ってしまいます。それは、鶏歩の段階で地面を蹴ってしまうからです。

*鶏歩はバランスがたいへん悪いので、下腿三頭筋を緊張させてバランスを保つようにしてしまいます。その結果、姿勢勁力に失敗します。

*単純にがんばる人に見られる症状です。すると、捲地風の低い蹴りも蹴れません。ハエが止まるような蹴りならできますけど。

*がんばってはいけませんけど、"気"も禁句です。気の概念は曖昧過ぎて、言葉として使い物になりません。言葉になっていません。最低の言葉です。赤ちゃんが「アー」と発音するようなものです。

*気は気持ちのことだから、心理学の問題です。

*勁力に心理学を混ぜてはいけません。何も見えなくなります。武術理論には心理学ばかりが目立ちますが、もっと慎重に取り扱うべきです。特に、勁力と心理学は無関係です。心理学は、闘う戦術の問題なのです。勁力は戦略の問題です。

*心意六合拳は、相手のガードの上を叩け、と教えます。相手の隙ではなく、一番強いところです。そのためには、勁力=強い力が必要となります。そこを突破口とします。

*その上で心理学も利用します。一般的には、心理学を勁力として取り扱っています。例えば、合気道などです。しかし、勁力あっての心理学なのです。

*どれが一番強いのか? 心意六合拳の弓歩、鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、どれですか? とシロクマさんに聴かれました。

*一番強いのは、心意六合拳の鶏歩です。そして、宋氏形意拳の六合歩はほとんど鶏歩です。撃つ瞬間には、ほとんど鶏歩になります。

*しかし、鶏歩の勁力は見えません。バランスも最悪です。そこで、弓歩や大きい鶏歩で、見えない勁力を可視化します。

(昨日の体育館から)

*おじさんXの大きい鶏歩を修正しました。すると勁力が出ます。しかし、私が修正した場合だけです。修正しないと駄目です。シロクマさんは、センセーの田植え、などとからかっています。足首を直す恰好が田植えみたい。苗を一束ずつ植えます。もっと機械的にやりたいのですけど。それは無理みたい。腰が疲れますなあ・・・速く学習してくださいね。

*昔は一回でできない人たちを見て、絶望しました。でも、普通の人には無理なんです。私は特殊なところにだけ集中力があります。アスペルガーの特徴でしょうか? 結局、自分は普通ではなくヘンタイなのだと理解しました。人の見えないところが見えてしまいます。

*実伝でこれですから、このblog は役に立ちません。自分の考えを整理するために書いてます。理解したい人は、体育館においでませ。馬鹿にしたい人は来なくていいです。お互い、時間の無駄になりますから。

[PR]
# by tiger-hawk | 2017-08-31 08:01 | 姿勢勁力

大きい鶏歩を可視化

*ヒトの身体は何処から硬直するのでしょうか?


*リラックスしましょう、と言ってもゆるむものでもありません。


*身体の硬直は、身体の根っこの硬直から来ています。それは足首です。


*足首がゆるまないと身体はゆるみません。


*しかし、柔軟体操をしても効果薄です。


*姿勢勁力としては、体重を足首に降ろしつつ、足首をゆるめる必要があります。


*そのために、心意六合拳の大きい鶏歩を提唱しています。


*大きい鶏歩は、心意六合拳の鶏行歩で足を踏み出した瞬間に現れる幻の鶏歩です。これを可視化してしまいます。


*普通に足を踏み出すと、後ろ足は地面を蹴ってしまいます。


*そこを地面を蹴らずに、足首は折れ曲がります。その折れ曲がる力は、自分の体重からもらいます。足首自体の力で折れ曲がる必要はありません。むしろ、それをしてはいけません。そんな力は逆効果です。


*大きい鶏歩から、さらに一歩進む時は、前足の足首が折れ曲がります。この時に、膝に体重を乗せてはいけません。膝を痛めてしまいます。あくまで、足首に体重を降ろして、足首が折れ曲がります。


*大きい鶏歩で止まって、足首に体重が降りているかどうか、その体重で足首が折れ曲がっているかどうか、自分で検査します。


*後は、体重移動せずに、相手を押してみます。勁力の試験です。この時に、前腕だけで押します。肩を使ってはいけません。


追伸


鶏歩(六合歩) の解説はトリセツとしてやってみます。予定と違って、ごめんなさい。


Aさんから退会の申し出がありました。律儀な人です。辞める人は黙って消えて行くのが常なのですが、電話くれた人は初めてでした。ありがとうございます。お元気で ! さようなら ! 


シロクマさんからのプレゼント・・・ベルト方式の8段変速自転車、届きました。ありがとう。まだ慣れないので、ゆっくり走ります。


[PR]
# by tiger-hawk | 2017-08-30 08:30 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー