動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

がんはらないと足首は折り畳まれます

*このところ、技の安定感が増しました。宋氏形意拳の龍形基本功を勝手に技化したことと、一本足の平起平落鉄牛耕地を毎日10回1セットで10セットやっていたお陰です。(5回で足を交替させます。)

*前面の前鋸筋と背面の僧帽筋が少し厚くなりました。肩甲骨を出さないようにすることも大切です。腹で身体を持ち上げるようにします。腕立て伏せにならないように注意してください。つまり肩で支えないことです。

*前腕の筋肉も意識します。前腕の筋肉で支えます。前腕の筋肉が鷹爪の裏付けとなります。

*例えば、左手の薬指に右手の人差し指を引っ掛けます。同時に左手の人差し指に右手の親指を引っ掛けます。そして広げます。

*すると、指はかなり広がり、第三関節のところが白くなります。鷹爪状態になります。自分一人でできます。これを片手のお世話にならずにできるようにします。

*足首を折り畳むことによって、根本勁力が発生します。足首を折り畳むと、足指と趾球が地面と繋がります。足指と趾球で立つことになります。

*これが、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩の基本構造です。

*これだけでは駄目で、鼠蹊部を切り込みます。尻は収めます。尻は腹で持ち上げてやります。鼠蹊部が開いていると、簡単に相手に吹っ飛ばされます。一般的には、腰を低くすると言いますが、これは間違いです。

*腰を使ってはいけません。膝を折り曲げてもいけません。足首を折りたたみ、鼠蹊部を切り込みます。その結果低い姿勢となります。

*棒立ちでも微妙に足首を折りたたみ、鼠蹊部を切り込みます。相手には見えません。でも自分はいつでも撃てる状態です。

*いわゆるタントウでも、足首を折りたたみ、鼠蹊部を切り込みます。膝は出しません。太極拳の起勢の姿勢です。

*単純に低い姿勢になると、大腿直筋で立つ結果となります。膝も出てしまいます。足首を折り畳むと、足指と趾球で立つ結果となります。さらに鼠蹊部を切り込み尻を収めます。すると下腿三頭筋に負荷が生じます。

*下腿三頭筋は抗重力筋だそうです。つまり普通は消極的に使っています。これを積極的に使えるようにします。普通は大腿直筋で立って歩いていますが、この関係を逆転してしまいます。主役の交替です。

*そのために一本足になります。一本足といっても、大腿直筋で一本足になってはいけません。

*一般的な虚歩では、大腿直筋が主役です。心意六合拳の虚歩では、下腿三頭筋が主役となります。

*普通の歩行でも一本足状態となります。左右の足が交替するからです。でも前のめりになっているので、その一本足の主役は大腿直筋です。(人通りの多いところで観察してみてください。いろいろと面白いことを発見します。) 

*ランニングでもウォーキングでも、地面を蹴ります。それは大腿直筋で地面を蹴っているのです。ですから、足首は硬直しています。足首は折り畳まれることがありません。(これも観察してみてください。面白いですよ。プププ) 

*というわけで、ランニングでもウォーキングでも、勁力は永遠に生まれません。

*心意六合拳の鶏行歩でも、地面を蹴っていると勁力は永遠に生まれません。ですから、がんばってはいけないのです。(私は怠け者なので、がんばる人の気持ちが理解できません。鉄牛耕地も娯楽なんです。娯楽でないと、効果ありません。)

*でも、泥棒歩きでもいけません。泥棒歩きでも、足首は硬直しています。がんばっても、足首は硬直してしまいます。どちらも駄目です。

*一般の人は、どうやら足首がチョー鈍いようです。それは、日常歩行でも足首が硬直しているからです。立っていても足首が硬直しています。日頃、足首なんて注目されることがありません。可哀想な足首です。

*かといって、柔軟体操しても、ストレッチしても、効果はありません。足首に体重が降りて来るようにします。一番効果的なのが、心意六合拳の鶏歩です。

*こうしたことを教えてみると、今度は足首で地面を蹴る人が現れます。どうしても地面を蹴りたいみたいです。どうしてもがんばりたいのが日本人みたいです。それが極端になると、戦争の玉砕や特攻や竹やり突撃となります。そんな効果の無いことは止めましょう。

*がんばることは止めましょう。地面を蹴ることは止めましょう。そして、足首は折り畳まれます。がんばらないと、自然に足首は折り畳まれます。すると、下腿三頭筋で立つ結果となります。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-07-03 05:51 | 姿勢勁力

フニャフニャ鶏歩

*「オメーのアホblog ずぅーと見ていたんだけど、体育館に来てみたら、思っていたのと全然違ったぜ」とある会員に言われました。(実はもっと品良く言ってました。話し盛りました。どうもすいません。プププ)

*「体重移動が全く無い、なんて間違いだと思っていたけど・・・無かった」とある先生に言われました。

*誤解とか無知とか、世の中にたくさんありますから、恥ずかしいことありませんから、体育館に遊びにおいでませ、と言ってみる。

*最近、前鋸筋がちょびっと厚くなったので、心もちょびっと大きくなったフジマツです。え? ウソ? ホントですよ。「合気上げ」と同じだ ! と言った失礼なオジサンには何も教えませんでしたが。それは合気道に失礼というものです。

*宋氏形意拳の龍形基本功を応用したら、そのままいろいろなことができるようになり、合気道要らずになった虎鷹拳院です。

*最初は、柔道の練習を見ていて、あんなのに捕まったら、どうしようもないなあ、とぼんやり見ていました。柔道家のほうが強過ぎます。あの強烈な引きつけと引き込みには敵いません。

*そしたら、龍形基本功を応用すればいい、と思いつきました。当て身も全く使わずに対処できます。それだけのことなんですが、とても楽しくなりました。

*相撲を見ていたら、鼠蹊部がきれいに切り込まれているのに気がつきました。そのまま押すと、熊の3号と同じだと気付きました。この方法だと、体重差も問題ありません。但し、前腕の筋肉=鷹爪が使えないと駄目です。

*前のめりになると駄目です。前のめりになると、足首が伸びてしまいます。すると、下腿三頭筋が空っぽになります。足首の折りたたみと鼠蹊部の切り込みは一体化させます。

*相撲の解説者が、「腰が高い」というのは間違いです。鼠蹊部が伸びている、というべきです。一般の人にそんなこと言っても無意味なんですけど。

*コボクマシーン1号に、フニャフニャ鶏歩を教えてみました。すると、簡単に心意六合拳の虎抱頭が撃てるようになりました。今まで撃てなかったのですけど。3分で撃てるようになりました。

*彼の場合、普通の鶏歩はできていたので、すぐにフニャフニャ鶏歩ができました。それでも最初の頃、下腿三頭筋に体重を降ろすのに半年掛かりました。自分の場合、一年間位掛かりましたけど。

*ともかく、心意六合拳の燕子点水のために考えたフニャフニャ鶏歩なんですが、効果抜群です。

*指行性になるために、足首を折りたたみます。お陰で、私の足首、なんだかシワができたようです。いつも折りたたみ鶏歩をやっていたお陰です。

*体重移動というのは、寄りかかり発勁と同じ意味です。ヒトは体重移動で歩くので、相手を押す時も、寄りかかり発勁するみたいです。本能的なものでしょうか? 

*これを一本足歩行に改造します。ニワトリの一本足歩行です。だから、鶏行歩と言います。

*その一本足を、大腿直筋ではなく下腿三頭筋で確保します。そのために、下腿三頭筋鶏歩を練習します。

*後ろ足の下腿三頭筋はそのままです。そこから後ろ足の大腿直筋へ移行することを、体重移動と称します。

*普通の鶏歩に、フニャフニャ鶏歩も練習してみてください。力を抜いて実行してください。すぐに燕子点水が撃てるようになります。

*宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳は、放物線を描きます。ストレートではありません。最後にちょっと"落ち"ます。この"落ち"だけだと寸勁になります。結局、寸勁しかありませんが。

*肩の力を使っては駄目です。肩甲骨発勁はその駄目な極致です。肩の力の源は大胸筋です。ですから、大胸筋を使わないように訓練します。

*代わりに前鋸筋と小胸筋を使います。これに腹横筋を加えると"体幹力"になります。もちろん、鼠蹊部は切り込みます。その構造で、拳・掌を撃ちます。

*虎鷹拳院の空手経験者を見ると、どうしてもストレートになります。これは、放物線崩拳の練習するしかありません。

*心意六合拳・燕子点水のために考えたフニャフニャ鶏歩ですが、大きな武器になりそうです。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-07-02 05:39 | 心意六合*形意

可視化される勁力

*こんにちわ、つぶれそうな虎鷹拳院のインチキ・フジマツです。真面目にアホblog を書いています。しかし、残念ながら、このアホblog を読んでも、撃てるようにはなりません。

*実技の練習を伴わないと無意味です。ですから、どうでもいいトンチンカンなコメントをする人がいますが、ご苦労様です。

*実は、自分の考えをまとめるために書いています。あるいは娯楽のためです。武術そのものも娯楽のためですから。

*というわけで、姿勢勁力の根源とはなにか? と考えると、それは、足首を折り畳むことです。足首を折り畳むことにより、足首のユラギが生じます。

*それが、下腿三頭筋への体重の積載を生みます。その体重が勁力を生みます。

*というわけで、心意六合拳の鶏歩はユラギます。心意六合拳の弓歩はユラギます。宋氏形意拳の六合歩はユラギます。その足首はユラギます。でも、一番解りやすいのは、鶏歩のユラギです。

*だから、足首を硬く固定してはいけません。足首が硬く固定されているのか? それともユラギがあるのか? それは本人しか知り得ません。外からはなかなか見えません。

*しかし、厄介なのは、地面を蹴っても足首のユラギが生じることです。その場合はもちろん、勁力は発生しません。勁力の赤ちゃんは死にます。

*足首のユラギは、足首をゆるめることによって生じます。つまり、力を抜くわけです。

*足首のユラギは、目に見えません。姿勢の勁力なので、勁力が目に見えない=発勁動作が無い、のは当然なのですが。

*この足首のユラギを可視化できないものか? と考えていたら、心意六合拳の燕子点水がありました。燕子点水では、足首のユラギを見ることができます。

*この燕子点水の足首のユラギから、虎抱頭を撃つことができるようになります。虎爪も撃つことができます。双虎抱頭も撃つことができます。そして、鷹抓把も、単虎抱頭も撃つことができます。

*ここから、心意六合拳の弓歩における足首のユラギも理会できるようになります。宋氏形意拳の六合歩における足首のユラギも理会できるようになります。

*コツは地面を蹴らないことです。そして、足首をゆるめることです。これが弱いバネの正体です。

*弱いバネは、それ自体が勁力ではありません。弱いバネによって、下腿三頭筋に体重が降りてきます。その体重が勁力を生みます。(地面を蹴る強いバネは、指行性ランニングとなります。) 

*足首のユラギが姿勢勁力の根源となります。それを心意六合拳の燕子点水は、可視化させることができます。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-07-01 06:08 | 心意六合*形意

三点支持法=鷹爪

(昨日の体育館から)

*ん? なんかおかしなことやっているぞ? N君の鉄牛耕地なんですが、相変わらず肩で支えています。腹圧が上がりません。

*そして、"手首"を使っています。"手首"で身体を支えています。それだ ! 鷹爪を使っていません。三本の指先を使っていません。だから、腹(腹横筋) が使えません。前鋸筋が使えません。前腕の筋肉が使えません。

*だから、肩立て伏せ=腕立て伏せになってしまいます。

*相手を押す(撃つ) 時に、手首を使ってしまいます。だから、肩が詰まってしまいます。肩が緊張してしまいます。

*常日頃、全ては鷹爪でできている、と言っているのですが、理解できていないようです。

*心意六合拳の虎撲や単把をしっかりとやっていれば、こんなことには成らないのですが・・・ナンダカナアー・・・ナンデヤネン ! 

*そこで、鉄牛耕地を三点支持法でやってもらいました。

*中指・薬指・人差し指の指先で、身体を支えます。親指と小指の指先も床面(地面) と接触しますが、重要ではありません。

*掌根も床面と接しますが、重要ではありません。そして、手首は床面と接してはいけません。

*つまり、床面と接するのは、三本の指先と掌根です。実際に撃つ時は、掌根で撃ちます。ところが、重要なのは三本の指先なのです。

*三本の指先で身体を支えると、前腕の筋肉が使えます。脇腹の前鋸筋が使えます。腹の腹横筋が使えます。そして、肩が使えません。

*手首で支えてしまうと、肩を使ってしまいます。肩立て伏せ=腕立て伏せになってしまいます。

*全ては鷹爪なのだから、そこまで想像して欲しいところなんですが・・・

*相手を押す(撃つ) 時も、三本の指先で相手を支えるようにします。三本の指先が相手と接触します。すると、肩の力を使わなくて済みます。肩を詰まらせることがありません。

*では、拳ではどうなるのでしょうか? 拳も三本の指先でできています。三本の指先が緊張しています。すると、手の甲の皮膚が張ります。手首は平になります。三本の拳頭が正確に相手に当たります。

*拳の形をいくら整えても、三本の指先が死んでいると、拳もすぐに崩れてしまいます。拳の根本ができていないと、認識していないと、全ては無駄になります。

*鉄牛耕地も、掌も、拳も、全ては鷹爪でできているのです。宋氏形意拳の五行拳も、鷹爪でできているのです。

*自分としては、それで解決しているのですが、N君たちには細かく言わないと解らないようです。

*というわけで、N君に勁力が出て来ました。まだ、体重移動が残っていますけど。体重移動も完全に消してください。

*三点支持法を全てに貫徹してください。動物武術の世界は鷹爪でできています。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-06-30 06:22 | 心意六合*形意

鼠蹊部は両側で切り込みます

*こんにちわ、アホのフジマツです。

*先日のことです。宋氏形意拳・熊の2号を練習していたのですが、かなり難しそうなので、鼠蹊部の切り込みだけやってみました。

*両側の鼠蹊部を切り込みます。その切り込みは、脇腹の前鋸筋から始まります。しかし、半身になります。

*脇腹の半回転は省略しました。

*するとこれ、熊の1号と全く同じです。そうなんです。熊の2号は、熊の1号に脇腹の半回転を加えただけなんです。

*どちらも半身になります。この時、問題が生じます。身体の回転です。

*身体が回転してしまうと、後ろ側の鼠蹊部が開いてしまいます。すると、姿勢勁力は崩壊します。

*心意六合拳の弓歩でいうと、後ろ足側の鼠蹊部が開いてしまいます。心意六合拳の鶏歩でも同様です。

*心意六合拳の起勢でも同様です。身体の回転は阻止しなければいけません。身体の回転は、腰の回転のことです。

*その腰の回転は、肩と胸の開きから始まります。肩と胸が開き、腰が回転し、身体の回転となり、後ろ側の鼠蹊部が開きます。

*いわゆる十字勁とか馬歩だと、全く問題の無い身体の回転なんですが、姿勢勁力ではこれを阻止しなければいけません。

*それは、片側の鼠蹊部を切り込むだけでなく、両側の鼠蹊部を切り込むということです。

*ここに、熊の1号と2号の心臓部があります。それは姿勢勁力の根幹となります。

*心意六合拳の熊吊膀で身体が回転してしまうのも、鼠蹊部の切り込みに無知なためです。

*心意六合拳の熊吊膀が撃てないのも、鼠蹊部の切り込みに無知なためです。

*もちろん、本人は無知ですから、撃てるつもりになっています。中国人は面子を重んじるので、誰も指摘しません。そこで、アホのフジマツが指摘してあげます。嫌われ者ですから、今更嫌われても構いません。

*心意六合拳は勇猛果敢であるべきだと、それを第一に考えている人は、地面を蹴ってしまいます。その結果、身体は浮きます。

*そしてもう一つ、鼠蹊部は開いてしまいます。つまり、身体は回転してしまいます。

*特に、日本人はがむしゃらが好きです。がむしゃらに突進します。そこはくそ真面目にならずに、慎重に相手を観察します。

*そのために、自分を観察します。そして、身体の回転を阻止します。腰の回転を阻止します。肩・胸の開きを阻止します。そして、鼠蹊部は両側で切り込みます。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-06-29 06:19 | 心意六合*形意

風が心地よい

・・・膝を折り曲げるのではなく、足首を折り曲げる・・・

*久しぶりに公園で練習しました。芝生広場の端っこの木立の中です。芝生広場をそよぐ風が心地よい。木立が直射日光から守ってくれます。テーブルも用意してあります。プププ

*オバチャンBに、「膝を折り曲げるのではなく、足首を折り曲げる」を教えてみました。なんのこと??? と不思議そうな顔をされました。

*同時に、鼠蹊部を折り曲げます。尻は収めます。大胸筋は使いません。足指と趾球で立ちます。踵は使いません。

*いろいろ言ったら、混乱していました。申し訳ありません。

*この姿勢、武式太極拳の起勢です。心意六合拳の鶏歩です。宋氏形意拳の六合歩です。

*でも日本人には、相撲の立ち合いの姿勢、といったほうが解りやすいと思います。あるいは、蹲踞の姿勢です。

*蹲踞のまま立ち上がってもらうと、尻を出す人がいます。膝に体重を掛ける人がいます。前のめりになる人がいます。それだと、簡単に崩されてしまいます。立つことは、なかなか難しいんです。

*熊の1号は、重心を左右の足の真ん中に置きます。重心が動いてはいけません。ところが、半身を切ります。

*しかし、両側の鼠蹊部を切り込みます。脇腹の前鋸筋から斜めに切り込みます。片方だけだと、鼠蹊部が開いてしまいます。だから、両側を切り込みます。

*最近、武式太極拳の単鞭が解りました。ゆるやかな放物線を描いて撃ちます。最後はちょっと落ちます。直線的に撃つから駄目だったのです。

*嬉しくなって、木を叩いたり、パンチング・ミットを叩いたりしています。

*どうして解ったのか? 僑松茂先生に会ったのか? いえ、僑松茂先生に指導してもらったのは、一週間位です。昔、旧満州=東北地方の撫順で会っただけです。

*でも、自然に氷解しました。そんなことはよくあります。熊の1号も2号も、自分で練習していたら使えるようになりました。武式太極拳はほとんど練習していなかったので、遅れました。

*結局のところ、宋氏形意拳の龍形基本功と同じです。

*武式太極拳の弓歩と一致させます。弓歩は、決壊した洪水の水かさが少しずつ高くなるように、足下から筋収縮します。下腿三頭筋の下のほうから上のほうへ、大腿二頭筋の下のほうから上のほうへ、水かさが高くなるように、ゆっくりと筋収縮します。

*心意六合拳はこれを一気にやってしまいます。それは、指行性動物だからです。

*武式太極拳は蹠行性なので、ゆっくりと指行性へ変化します。ヒトから動物へ変化します。

*武式太極拳の套路をちょっとだけやってみました。

*最後に、熊の2号をやってみました。難しそうなので、脇腹の回転を省いて、鼠蹊部の動きだけやってみました。

*今後も、公園練習を続けることにしました。月曜日13時から、光が丘公園ゆりの木広場近くの木立の中でやります。よかったら、遊びにおいでませ。風が気持ちいいです。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-06-28 06:36 | 姿勢勁力

暴力か? 勁力か?

*暴力で問題の解決を計ってはいけません。それは、国際関係では"戦争"となります。人間関係では"傷害・殺人"となります。

*そして、武術関係では"腕力"と"体格・体力"となります。

*ところが、肩に力を入れてしまう人がいます。すると、腕力に頼ることになり、体幹力を生かすことができません。足指は完全に忘れ去られてしまいます。指行性勁力は消えてしまいます。これは腕力の弱い強いとは関係ありません。

*そもそも、技が成立しません。心意六合拳も宋氏形意拳も、その技が消えてしまいます。

*そして、対人練習をやらせると、相手のことを無視して暴走します。それでは、技ではなく暴力です。

*相手の力の方向を感じ取らなければいけません。自分勝手に暴走してはいけません。

*でも、注意を聞かない人もいます。今まで生きてきた習慣に頼ることは"楽"なんです。だから、"楽"な方向へ行きます。それだと、自分よりも軽い体重の人にも負けてしまいます。

*でも、何度も注意しても改めない人には、こちらも飽きてしまいます。

*そもそも、中国ではどんな具合でしょうか? 中国では材料=技・套路を提供してくれます。そこから、どのように料理=理解するかは、任されています。

*失敗するかどうかは、その人次第です。先生は感知しません。そこで、弟子は盗みます。

*先生や先輩の仕事=技を盗み見ます。鍋の底に残った煮汁を味わってみます。

*私は"勁力"を教わったことはありません。唯一のヒントは、回族の陳先生がくれました。私にウソ単把を教えてくれた陳先生です。

*後ろ足の踵を上げて降ろしました。「この勁で撃つ」と言いました。それで全てを理解しました。

*心意六合拳でも武式太極拳でも、そんなことはしません。それは内部操作で済むことだからです。でもそうなると、見ることはできません。だから、陳先生は見せてくれました。

*その頃、私は心意六合拳の鷹抓把で気付いていました。それは、地面を蹴らない後ろ足のことです。だから、陳先生のヒントを理解できました。

*前進するためには、地面を蹴ることが必要です。それを勁力としたのが"沈墜勁"とか"十字勁"とか"震脚"です。

*でも、地面を蹴らないで前進する方法がありました。それは、姿勢を維持して前進する方法です。それが、"折れ曲がる足首"です。それは体重だけを利用します。(前のめり歩行も体重を利用しますが、その場合は足首が折れ曲がることはありません。足首は硬直します。お年寄りの歩き方です。重力をフル利用できるので楽です。筋肉要りません。骨だけでいいです。) 

*後ろ足(になる足) の足首は折れ曲がります。すると、足指と趾球が地面と接触します。踵は少し浮きます。足首に体重が掛かります。しかし、足首は関節なので、体重を支えることはできません。そこで、実際にはフクラハギなど下腿三頭筋が体重を支えます。

*すると、勁力が発生します。地面を蹴らない後ろ足ができあがります。すると、大腿直筋で地面を蹴ることがありません。すると、浮き上がることがありません。

*武式太極拳でも、心意六合拳でも、宋氏形意拳でも、浮き上がる人がいます。中国にもそんな先生がたくさんいます。それは、大腿直筋で地面を蹴っているからです。

*それは、ジャンプしているのと同じなんです。ところが、見た目はジャンプしていません。そのために、本人も気付いていません。

*ウォーキングも大腿直筋で地面を蹴ります。だから、ジャンプしているのです。でも見た目は全くジャンプしていません。だから、本人もジャンプしているなんて気付きません。「あなたジャンプしています」なんて余計なこと言えば、キチガイだと思われます。警察に通報されるので、止めましょう。

*フワフワとしている太極拳も、地面を蹴っています。つまり、ジャンプしています。でも、もちろん本人も周囲もジャンブしているなんて解りません。まさか、太極拳がジャンプしているなんて?

*ところが、アホのフジマツには見えてしまいます。幽霊は見えませんが、動きの本質は見えてしまいます。目の付けどころが違います。え? 変態? ほっといてんか !

*心意六合拳は大きく前進しますが、浮き上がることはありません。鷹抓把は上から叩き込みますが、浮き上がることはありません。挑領は下から上へ撃ちますが、浮き上がることはありません。

*ところが、地面を蹴る鷹抓把は浮き上がります。そんな先生もいます。それが勇猛果敢だと勘違いしています。

*心意六合拳の鶏行歩では、浮き上がることを大腿直筋で抑制する人もいます。こうなると、表面的には浮き上がることがありません。でも、足首は硬直しています。ややこしいです。プププ

*そこに勁力は存在していません。暴力は存在しています。暴力は簡単なので、安易な方法に流れる人も少なくありません。もちろん、本人に自覚はありません。というか、自覚できません。

*低い姿勢になる時、膝を折り曲げて造ってはいけません。足首を折り曲げて造ります。心意六合拳の鶏歩でも、弓歩でも、宋氏形意拳の六合歩でも同様です。

*でも"鈍い"人は、膝を折り曲げてしまいます。すると、心意六合拳の鶏歩で膝を痛めます。あるいは、体重移動してしまいます。そして、本人は気がつきません。そんな人が先生になると、負の連鎖となります。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-06-27 05:07 | 心意六合*形意

套路脳を捨てる

*腹から撃つ・・・を訓練するためには、宋氏形意拳の熊の1号と2号が欠かせません。心意六合拳も腹から撃つのですが、その基本功が無いので、身体が回ってしまう先生がいます。そうなると、もう心意六合拳ではありません。

*典型的なのが、心意六合拳の熊吊膀です。熊吊膀は肩を当てるのですが、肩が回転してはいけません。肩を当てるのですが、肩は使いません。

*体幹の切れを使います。そのためには、身体の中心の腹を造ります。

*肩に力を入れると、全ては崩壊します。勁力どころではありません。しかし、肩の力を抜くと、何もできなくなる人もいます。今までの人生では、全て肩の力で生きてきたのです。

*そこで、肩の代わりのものを用意します。それが、脇腹と腹です。脇腹は筋肉でいうと前鋸筋です。腹は筋肉でいうと腹横筋です。

*それを鍛えるのは、排打功と鉄牛耕地です。ところが、排打功でも鉄牛耕地でも、肩を使ってしまいます。肩を使うのは、鉄牛耕地ではなく腕立て伏せです。腕立て伏せはやってはいけません。どんどん悪くなります。

*腹を使えるように訓練するのは、熊の1号と2号です。

*熊の1号は、体幹の切れを造ります。脇腹から鼠蹊部へ向けて体幹を切り込みます。縦の動きですが、やや斜めにクロスします。右の脇腹から左の鼠蹊部へ、左の脇腹から右の鼠蹊部へ、同時に切り込みます。

*この動きが技になります。宋氏形意拳の崩拳(五行拳) になります。心意六合拳の熊吊膀や龍形裹風になります。

*それだけでは不足しています。熊の2号が加わると、腹の動きが完成します。

*最初は、熊の2号は宋氏形意拳の横拳の基礎だと考えていました。ところが、崩拳に熊の2号の動きを加えると、格段に勁力が向上しました。そもそも鑽拳を考えると、最初から熊の2号がありました。

*熊の1号と2号は一つとなるべきだったのです。

*若い頃、陳式太極拳の套路を習いました。しかし、私の陳式太極拳は全く使いものになりませんでした。ただ、套路の形をなぞっていただけでした。

*ところが、熊の2号で陳式太極拳をやってみると、勁力が発生しました。あれ? 陳式太極拳が使える? と自分でもびっくりしました。

*それは陳式太極拳が使えるのではなくて、腹が使えるようになっていたのです。

*しかし、熊の2号は絶望していました。教えてみると、みんなできません。めちゃくちゃなことをやります。それでもう日本人には無理、と決めていました。

*でも、最近は教えるようにしました。失敗の原因は、肩と腕力を使ってしまうことです。

*なんで力を入れるのかなあ? 力は要らないのに? とても不思議でした。頭がおかしいのかなあ? そんなはずはありません。フジマツのほうがアホです。ではなんで? 

*それは、肩と腕力で今まで生きてきたのです。そういう習慣性に支配されているのです。脳神経の回路がそうなっていて、硬直して化石化しているのです。それは男性性ともいえます。

*フジマツは馬鹿なんですが、動きの本質が見えてしまいます。アホのフジマツを神様が哀れんで、そこだけは見えるようにしてくれたのかもしれません。

*それは套路脳では駄目なんです。基本功・・・それも腹の動きから改造する必要があります。套路脳は捨てて、腹の動き脳に切り替えます。

*こんなこと文章にしてみても、あまり意味はありません。ぜひ、虎鷹拳院の練習に一回参加して、熊の1号を味わってみましょう。(でも最初から馬鹿にするために来る人は教えませんので、悪しからず。そんな人がいました。) 
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-06-26 06:08 | 心意六合*形意

二つの弓歩

*心意六合拳の弓歩と武式太極拳の弓歩は、本質的に同じものです。納得できない人がいるようですけど。・・・表面的に形式を見る傾向のある人には、なかなか理解できないらしい。

*宋氏形意拳の熊の1号と崩拳が同じものだとは、勝手に理解できました。熊の1号と心意六合拳の熊吊膀が同じものだと、これも勝手に理解できました。すると、熊吊膀が撃てるようになりました。

*始めて熊吊膀を見た時は絶望しました。え? これ何の意味? 意味が解っても、どうやって撃つの? 撃てないよ・・・なんて。

*まあ、世の中にはなんの疑問も無く、撃ってしまう人もたくさんいるようですけど。ただの腕力技ならば、そんなもの要りません。こちらは非力な軟弱男なんですから。プロレスラーではありませんから。プロレスラーだって、合理的な技を使いますし。

*武式太極拳の弓歩と心意六合拳の弓歩・・・どちらが簡単か? というと私には解りません。でも、武式太極拳の弓歩は、蹠行性から指行性への移行がありますから、指行性弓歩の心意六合拳よりも簡単ではないのか? とは思います。

*ただ、これも足が硬直している人には難しい。硬直しているので、もう筋収縮できません。弓歩の過程が理解できません。

*武式太極拳の弓歩の場合、下腿三頭筋の下のほうから、徐々に水が溜まるように筋収縮していきます。そして、大腿二頭筋も下から水が溜まるように筋収縮していきます。同時に内転筋が膨らみます。

*この過程をゆっくりやることによって、指行性弓歩を造ります。え? お前はそれを誰に習ったのか? いえいえ、誰にも習っていません。でも、解ってしまうのです。どうもすいません。

*心意六合拳の弓歩は、この過程を一気にやってしまいます。なにしろ、始めから指行性なので、後ろ足(になる足) の足指と趾球から直接始めてしまいます。

*それでもフットワークは悪い。それで鶏歩が考案されたと、考えています。

*太極拳の場合、相手の突進を待ち構えています。そのために、フットワークは考えていません。まさに、大人(たいじん) の余裕です。アハハ (私には無理です、小心者なので。)

*心意六合拳は、カウンターは考えていません。でも、一撃必倒でもありません。相手も簡単には撃たせてはくれませんから。ですから、自分から仕掛けを造ります。釣りの餌みたいなものですね。

*つまり、コンビネーションです。このコンビネーションは基本的なものがあります。それは、内側へ入る方法、やや外側へ入る方法、大外へいく方法、などです。

*これも、技を分解してオリジナル・コンビネーションを造ります。自分の好きなコンビネーションを造ってください。

*フェイントは使いませんので、餌といってもかなり強力なものです。ですから、勁力の裏付けが必要となります。

*中高年には武式太極拳の弓歩のほうがいいのかな? と考えています。でも、そんなのメンドー臭いという人には、心意六合拳の弓歩をおすすめします。心意六合拳はいきなりドン ! と撃ち込みますから。

*短気な人には心意六合拳がおすすめです。でも、どちらにせよ硬直していると駄目です。

*武式太極拳の弓歩は何故小さいのか? というと、一歩の中に蹠行性から指行性まであるので、必然的に小さくなります。心意六合拳は最初から指行性なので、大きくすることができます。それだけの違いです。

*心意六合拳の普通の技は、もっと歩幅を大きくしています。大きく前進して、もはや弓歩にも成れないので、後ろ足を引き寄せます。いわゆる跟歩ですね。跟歩して鶏歩になります。

*誤解している形意拳者もいるようですが、跟歩自体に勁力があるわけではありません。そのまま放置すると崩れてしまうので、引き寄せるだけです。

*勁力は跟歩以前にあります。後ろ足(になる足) の指行性に勁力が内在しているのです。それも、地面を蹴ると駄目になってしまいます。

*ですから、弱いやわらかいバネを造ります。それが、足指と趾球ー足首ー下腿三頭筋で造る勁力トライアングルです。弱いバネなので、足首が折れ曲がります。(強い硬いバネが指行性ランニングとなります。硬いバネなので、足首が折れ曲がることはありません。)

*典型的なのが、燕子点水、虎抱頭、双虎抱頭、虎爪、などの技となります。もちろん、鶏行歩も弱いやわらかいバネで造ります。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-06-25 00:24 | 姿勢勁力

弱くてやわらかいバネを造る

(昨日の体育館から)

*弱くてやわらかいバネを造る・・・をやってみました。

*ハイ、下腿三頭筋のことです。下腿三頭筋に、弱くてやわらかいバネを造ります。

*これは、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩、そして全ての技に共通する指行性勁力の拳理です。

*でも解りにくいので、心意六合拳の燕子点水で、弱くてやわらかいバネを造ってみました。

*燕子点水は小さく跳躍します。実用面では跳躍しなくても同じです。

*跳躍というと、指行性ランニングです。ところが、燕子点水の跳躍は、指行性ランニングと性質が全く異なります。

*指行性ランニングでは、下腿三頭筋に硬くて強いバネを造ります。それが速い走りの基礎となります。

*ウォーキングは蹠行性ですが、やはり下腿三頭筋に硬くて強いバネを造ります。それがウォーキングを支えます。

*硬くて強いバネの下腿三頭筋は、大腿直筋と結合して、大きな硬くて強いバネを造ります。

*沈墜勁や震脚の場合も、その衝撃を支えるために、下腿三頭筋に硬くて強いバネを造ります。

*指行性ランニングとウォーキングと沈墜勁と震脚は、共通して、下腿三頭筋に硬くて強いバネを造ります。

*つまり、発勁動作は、下腿三頭筋に硬くて強いバネを造ります。

*そのために、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩においても、下腿三頭筋に硬くて強いバネを造る傾向があります。

*しかし、静かな姿勢勁力は、弱くてやわらかいバネを必要とします。硬くて強いバネは、静かな姿勢勁力を破壊してしまいます。

*弱くてやわらかいバネの下腿三頭筋は、実は、強大な勁力を生み出します。その典型が燕子点水です。その構造は、虎抱頭でも、双虎抱頭でも、虎爪などの技でも同じです。

*ですから、それらの技は、私の得意技です。

*最初の内は、虎抱頭が全く撃てませんでした。しかし、それは燕子点水と共に氷解しました。弱くてやわらかいバネを獲得したのです。

*弱くてやわらかいバネは、宋氏形意拳の六合歩でも共通しています。ですから、五行拳の基礎は下腿三頭筋の弱くてやわらかいバネなのです。

*しかしヒトは強大な勁力を求めて、硬くて強いバネを求めます。硬くて強いバネが強大な勁力を生み出すと思い込みます。それは、当然の傾向なのです。

*しかし、それが失敗の原因となります。そこに気がつかないと、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩を破壊させてしまいます。

*試しに、両足の足指と趾球で立って伸び上がってみてください。下腿三頭筋は硬く緊張します。それが硬くて強いバネなのです。それが指行性ランニングとなります。

*そしてそれが静かな姿勢勁力を破壊します。その指行性勁力を破壊します。

*下腿三頭筋に弱くてやわらかいバネを造りましょう。
e0011605_4514414.jpg

心意六合拳はイスラーム回族の中から生まれました。形意拳は心意六合拳から派生しました。イスラーム回族は、モンゴル帝国のユーラシア統一から生まれました。いわゆる元の時代に、イラン・イラク・中央アジアからイスラーム系の人々が移住してきたのです。それが回族の元となりました。ですから、モンゴル帝国の歴史は心意六合拳の原点なのです。

十三世紀中頃、ヨーロッパ人が相次いでモンゴリアの奥深く入っていった。教皇あるいは王の命を受け「地獄(タルタルス) の住人」の地へとユーラシア乾燥帯を苦難と危険を道連れに歩みゆく修道士たち。勢力を西に拡大中のモンゴル帝国で、また本営カラコルムで彼らは何を見、誰に会い、どんな宗教や風俗に触れたのか。二人の修道士それぞれの見聞記。(裏表紙から)

*心意六合拳は中央アジアの虎の風です。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-06-23 06:49 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー