動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

鶏行歩ですよね~~

*動物武術は、動物の生態を素に造られています。心意六合拳は十種の動物です。そのうちの龍は実在していません。化石の古代ワニが素になっているそうです。

*形意拳は十二種の動物なんですが、そのうちの龍以外の二種はどうも怪しい。実在していないと思われます。一つはヨウスコウイルカというカワイルカではないか? とされていますが、形意拳は山西省の生まれです。山西省とヨウスコウ=長江はかなり離れています。

*今日の形意拳は五行拳が主流です。五行拳は劈拳が母拳といわれ、そのような有名な本が昔出版されています。しかし、形意拳は崩拳が有名です。そこで、宋氏形意拳の五行拳を崩拳を主体として組み立ててみました。すると上手くいきました。これは私の独断と偏見です。なお、他の形意拳については私は無知です。

*崩拳は、宋氏形意拳・崩拳においては熊の1号と熊の2号が素となっています。そこで、熊の1号と2号を徹底的に追求しました。

*熊の1号は、心意六合拳の熊吊膀とほとんど同じです。熊の2号は、心意六合拳の龍形裹風ととても良く似ています。どうやら、熊の1号と2号が、宋氏形意拳と心意六合拳のカギだと思われます。しかし、これは体幹の問題です。

*ヒトは直立二足歩行です。とても特殊な動物です。心意六合拳は鶏歩と鶏行歩が根幹となっています。ニワトリは鳥類です。鳥類も二足歩行ですが、指行性です。特にゆっくりと歩く時は、一本足歩行します。ツルみたいです。

*指行性とは、趾球と足指で立ち歩きます。いわゆるネコ科の肉球です。ヒトは蹠行性なので、踵を使い立ち歩きます。

*ネコ科は、心意六合拳と形意拳に虎がいます。ニワトリの一本足と虎の指行性を合わせると、鶏歩と鶏行歩ができ上がります。

*鶏歩は、後ろ足の踵が浮いています。前足も踵は地面に触れているだけで、趾球と足指で立っています。そして、体重はほとんど後ろ足にあります。そこで、鶏歩が指行性だと気付きました。

*となると,鶏行歩も指行性になります。しかし、ヒトは蹠行性の骨格なので、実際には半指行性となります。

*宋氏形意拳の六合歩(三体式) も、指行性として構成すると、上手くいきます。崩拳が、五行拳が自然にその場で撃てます。沈墜勁などの発勁動作が要りません。

*宋氏形意拳は、静の拳理だと教わりましたが、その意味が解りました。静とは、発勁動作が無いということだったのです。でも、宋氏形意拳には鶏行歩がありません。つまり、歩いているように見えて、実は歩いていません。套路は、連続する六合歩となります。

*しかし、心意六合拳には鶏行歩があります。それは、半指行性で歩きます。指行性の鶏歩とも整合します。

*ところが、蹠行性が骨の髄まで染み付いてしまった人にとっては、半指行性の鶏行歩は至難の業のようです。鶏歩も、内実は蹠行性となってしまいます。

*そのような人は、足首が折れ曲がることなく、鼠蹊部も伸びてしまっています。その典型的な例が、ホンダのアシモ君です。人ではなくロボットですが、現代日本人の特徴をよく表現しています。

*そこで、蹠行性の現代日本人のために、鶏行歩準備体操を造りました。これで解決できると確信しています。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-01-26 06:24 | 心意六合*形意

鶏行歩準備体操ですよね~~

*姿勢の勁力は、体重を勁力へ変換します。そのための方法論です。しかし、ある要素を入れると、全ては崩壊します。

*それは"力"です。力を入れると、全ては崩れてしまいます。そこが難しくなっています。というのも、無意識に緊張している人がいるからです。

*肩と胸の力もそうです。それと、太ももの力です。

*ヒトは蹠行性です。蹠行性とは踵で立って、踵で歩く動物の歩き方です。クマも蹠行性なので、立ち上がることがあります。

*チンパンジーもたまに直立二足歩行しますが、長くは歩けません。それは、骨格が直立二足歩行用になっていないからです。筋肉もそれ用になっていません。

*ヒトとなった類人猿は、曲がっていた大腿骨を真っ直ぐに改造して、太ももの筋肉を人体最大の筋肉に改造しました。(人類学の本にそのように記載されていました。もっとも、南米のオマキザルは最長2km位、二足歩行するそうです。どうなっているんですかね。賢くて可愛いですオマキザル。パイレーツ・オブ・カリビアンの映画で大事な役を演じています。) 

*ヒトの直立二足歩行は、主に太もも=大腿直筋が担っています。ウォーキングも太ももを強調します。

*この太ももに力を入れて歩くと、足首は折れ曲がりません。その結果、足指を使って歩くことができません。そのために、現代日本人の足指は変形しているそうです。ある種の退化=進化といえるのでしょうか? (昔はワラジで歩いていたので、足指を使っていたそうです。) 

*姿勢の勁力としては、太ももも大切なのですが、足首が折れ曲がるようにして、足指を使って歩くようにします。つまり、蹠行性から指行性へ近づけます。

*指行性とは、ネコ科やイヌ科の歩き方です。動物拳では虎となります。それは、肉球(趾球と足指) で歩きます。

*ヒトは四足歩行ではなく二足歩行なので、バランスが悪くなっています。そのために、内転筋でバランスを取ります。内転筋は、心意六合拳の弓歩で覚醒させます。

*内転筋でバランスを取ると、真っ直ぐに歩けます。これで、がに股を治します。がに股はバランスがいいのですが、永遠に指行性にはなりません。

*それでも、太ももで歩いてしまう人がいます。ヒトではないけど、ホンダのアシモ君が典型的です。彼には趾球も足指も無い様子です。

*心意六合拳の鶏行歩も、アシモ君鶏行歩になってしまいます。これは、現代日本人の宿命ともいえるものなので、どうしようかと悩んでいました。

*ところが、心意六合拳の三盤落地を真面目にやってみたら、足指が完全に覚醒しました。三盤落地は、大きく踏み込むのですが、その際、後ろ足になる足の指腹に全体重を載せる必要があります。前足の足指はストッパーとして使う必要があります。

*これを元にして、鶏行歩準備体操を作りました。これは、大きい鶏歩になって、全身の力を緩めます。体重は後ろ足で支えます。ゆらゆら揺らしてみます。すると、後ろ足の足首が折れ曲がります。すると、下腿三頭筋を刺激します。

*もちろん、力を入れてはいけません。足指も、趾球も、足首も、下腿三頭筋も、力を入れてはいけません。ただ、体重に任せます。これで、誰でも教えることができると、確信しました。全国のアシモ君、虎鷹拳院にイラッシャーイ ! あっきれいなオネーサンも帰らないで !
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-01-25 06:40 | 姿勢勁力

指行性ですよねえ~~

*心意六合拳にタントウは無いのか? と質問されたことがありますが、タントウみたいなのはあります。

*天地功の一部の動作がタントウみたいです。でも少し変っています。ゆらゆら揺れるんです。海の中の海草のように揺れる、と教わりました。

*どうするのかというと、踵からつま先までカラダが前後します。

*その意味は・・・自分の体重が今何処にあるのか? を感知するためだと思われます。

*自分の体重が踵にあるのか? 土踏まずにあるのか? 趾球にあるのか? 肉球(趾球と足指) にあるのか? 足指腹にあるのか? 自分の足裏で感じ取ります。

*これ、蹠行性(蹠行性) なのか? 指行性なのか? という問題だと考えます。踵で立つのが蹠行性です。肉球(趾球と足指) で立つのが指行性です。指行性の最終形態が足指腹で立つということです。

*段差を上り下りする健康法がありました。それで、フクラハギを鍛えるそうです。あれは、勁力運動としては使えないなあ、と感じていました。でも理由は解りませんでした。

*それも蹠行性と指行性で考えれば解ります。段差を上り下りする運動は、蹠行性になります。無理して指行性にすることもできなくはないけど、かなり苦しいです。

*階段を上がることも、上り坂も勁力運動としては使えないなあ、と感じていました。階段を下ることや、下り坂は少しいいかも? と感じていました。はっきりとは解りませんでしたが。

*これも蹠行性と指行性で解釈できます。階段を上がることや上がり坂も蹠行性になります。階段を下ることや下がり坂は指行性に近くなります。

*でも例外もあります。それは、がに股です。がに股で階段を下ると、とても安定します。がに股はバランスがいいんです。もちろん、おすすめはしませんけど。がに股では、永遠に指行性になれません。心意六合拳の鶏行歩は、やや内股気味ですから。

*歩く時に、内転筋でバランスを取ります。やや内側となります。すると、真っ直ぐに歩けます。

*がに股は、外側広筋でバランスを取っていると思われます。だから、外側広筋でバランスを取る弓歩や馬歩は、がに股に近くなります。

*心意六合拳の弓歩は、内転筋でバランスを取ります。そのために、内転筋に体重が降りてくるようにします。すると、やがて内転筋が覚醒します。

*鶏行歩準備運動では、内転筋も使いますが、下腿三頭筋に体重が降りてくるようにします。すると、足首が折れ曲がります。

*全て、自分の体重を使いますから、力を入れる、というわけではありません。心意六合拳の鶏歩も、宋氏形意拳の六合歩も自分の体重を使います。だから、がんばる必要はありません。

*どうして立っているだけで勁力が発生するのか? それは指行性だからです。蹠行性だと、沈墜勁など発勁動作が必要となります。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-01-24 09:24 | 姿勢勁力

体重を勁力へ変換する

*やりたいことがあるので、このblog の更新を少し遅らせます。時々は更新しますので、たまには覗いてみてください。

*私は身体能力が低く、頭も悪い。武術の才能も格闘技の素質も、全く欠落しています。それでも、武術をなんとなく続けていたら、体重を勁力に変換する方法を発見しました。これは面白い、と考えています。(よくある寄りかかり発勁=体重浴びせ、ではありません。)

*達人になれるわけでもなく、もちろん天才でもなく、ただの凡人です。だらだらと続けていただけです。でも、達人にはなれなくても、撃てるようになりたいとだけは望んでいました。

*発見といっても、心意六合拳や宋氏形意拳の先生たちに教わったことが基礎となっています。ヒントももらいました。だから、正確には再発見です。

*体重を勁力に変換するということは、何も足さないということです。つまり、力を加えません。筋力は体重を支えられれば十分ということです。力ではなく体重、ということです。

*ただし、前腕の筋肉は別格です。それが、心意六合拳の鷹爪の拳理です。指を前腕の筋肉で遠隔操作します。それを極端に実行します。手指は、第二関節で広げます。拳も前腕前半の筋肉で造ります。すると、包帯効果が現れます。拳にバンテージを巻いたような感覚です。

*鷹爪の拳は、還暦過ぎた非力なオバチャンも成功させました。鉄牛耕地を一回しかできないオバチャンです。それも正確にはできません。はっきりいうと、できていません。つまり、筋力よりも意識の集中ということです。

*掌も拳も、全ての技は前腕前半の筋肉=鷹爪で撃ちます。

*腹も別格です。腹は身体の中心です。腹横筋で腹を横へ引っ張ります。すると、脇腹が膨れます。腹直筋で体幹を立てます。これを十文字呼吸法と称します。

*腹の使い方は、宋氏形意拳の熊の1号・3号・2号で習得します。熊の2号はかなり特殊です。以前は教えるのをあきらめていましたが、今は教えています。動かし方は、普通とは逆だそうです。

*足は、心意六合拳の鶏歩・弓歩、宋氏形意拳の六合歩で造ります。みんな、ネコ科の指行性です。すなわち、足指がストッパーとなります。踵では立ちません。踵で立つのが、ヒトの蹠行性(せきこうせい) です。

*足首に体重を降ろします。足首は関節なので、それだけでは無理なので、実際には下腿三頭筋が体重を支えます。

*歩き方は、心意六合拳の鶏行歩です。これもホンダのアシモ君になってしまうので、悩んでいました。現代日本人は足指を使って歩かない、との研究成果によって、アシモ君は造られました。だから、アシモ君には、たぶん足指も趾球もありません。詳しく見る機会はありませんけど。足裏全体が踵になっています。

*どうしようかなあ、と思っていたら、指行性ウォークができました。足指に全体重が乗ったのを確認してから、左右の足を交替させます。これには、ニワトリの一本足も入っています。ニワトリ=鳥類も指行性です。

*これを大股にします。すると、太ももの裏側=大腿二頭筋が使えるようになります。

*指行性ウォークから、鶏行歩準備体操を造りました。これは、鶏歩準備体操でもあります。これで、アシモ君にも鶏行歩を教えられると考えました。

*鶏行歩準備体操でも、何も加えてはいけません。体重だけです。力を加えてはいけません。だから、身体を緩めます。地面を蹴ってはいけません。

*最後に、子供を救う活動をしているお医者さんの言葉を、勝手に引用してみます。吉岡先生ごめんなさい。blog 「発展途上国の子供を救え ! 小児外科吉岡秀人の戦い」から

特に先天的な才能にはピークがあり、必ず時間の経過と共に衰弱していく性質がある。
後天的な努力によって目覚める才能はピークアウトせずに生涯成長する可能性がある。
だから継続的な努力によって時間をかけていけば、多くは生まれつきの才能の弱さなど克服できるのだ。

*これが全部あてはまるとも思いませんが・・・私は幼児の頃、ひどい中耳炎をして左耳が壊れています。たぶんそのせいで音感が狂っています。だから、音楽は絶望的です。でも、武術ではなんとかなると思っています。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-01-21 07:27 | 姿勢勁力

趾球から足指へ

*「ほら、見て、できてるでしょ」とオバチャンAがコブシを見せます。確かにできています、心意六合拳の鷹爪の拳が。「触ってごらんなさい」、いえいえ見ただけで解ります。私これでも虎鷹拳院の指導者ですから。世間ではインチキと言われていますけど・・・ハイ、インチキです。どうもすいません。

*オバチャンA、還暦です。非力です。鉄牛耕地、一回しかできません。それも完璧とは言えません。それでも、鷹爪の拳が造れます。つまり、これ筋力が全てではありません。意識の集中です。

*ところが、男性でも鷹爪の拳ができない人がいます。それは、イメージが間違っているからです。あるいは、その重要性が理解できない場合です。つまり、何も考えていない。

*私は病気した時、回復できるのかなあ? ととても不安になりました。背中に腫瘍もできました。ところが、腫瘍は自然に消えてしまいました。手術しようと入院したのですが、その当日に手術中止になりました。検査したけれど、消えていた、というわけです。それから、明るくなりました。うつ病かなあ、と思っていましたが、実にいい加減であります。60歳の時です。今年3月で64歳になります。

*さて、飛行機の距離から姿勢の勁力を習いに来てくれた人がいました。遠方Aさんとしておきます。遠方Aさん、以前も来てくれました。だから、いろいろと修正してみました。「間違って覚えていた所がある」と言っていました。

*宋氏形意拳の龍形基本功、熊の1号、2号、3号、心意六合拳の鶏行歩準備体操、鶏歩、弓歩、などを練習しました。最終的には、勁力が出ていました。私、根こそぎ、吹っ飛ばされました。(実は、撃つ時は吹っ飛ばしてはいけません。最後は止めてしまいます。すると、衝撃が相手の体内に留まります。これは危険です。吹っ飛ばすのは、練習の方便です。安全のためです。)

*技は要らない、と言ってましたが、せっかくなので、心意六合拳の鶏撲食と鶏形単把を復習して修正しました。それと熊吊膀をやってみました。

*質問されたので、虎抱頭もやってみました。虎抱頭はなかなか難しそうでした。実は、虎抱頭は正確さが求められます。他の技だと、ごまかしもできますが、虎抱頭はごまかせません。

*正確さとは、足裏時間のことです。実は、足裏時間は二段階あります。これは秘伝ではありません。私が発見したものだからです。

*踵で着地してはいけません。踵は地面に少し触れるだけです。即時に、肉球(趾球と足指) で立ちます。

*ところが、続きがあります。趾球から足指へ瞬間的に移動します。この時に発勁します。とても小さい動作なので、見ても解りません。(もちろん、私は見て解ります。) 

*この動作は分けることもできますし、分けないこともできます。歩いて撃つ時は、分けません。止まって撃つ時は分けます。つまり、歩いて撃つ時も、正確には二つの動作が存在しています。とても繊細な動きです。乱暴にやってはいけません。

*これ、心意六合拳の三盤落地でも同様です。宋氏形意拳の崩拳でも同様です。全ての技は同じ構造です。しかし、虎抱頭では特に正確さが求められます。

*虎抱頭は、心意六合拳でも特に危険な技です。実際に使うことはできないでしょう。でも、覚えておくべき技です。自信になります。

*最後に、三盤落地の飢虎撲羊を練習しました。この飢虎撲羊から、発見がありました。それで虎撲が完成しました。形意拳の伝説の半歩崩拳が完成しました。

*遠方Aさん、「フジマツさんはもっと評価されるべき」と言ってくれていました。ありがとうございます。でもそれは期待薄です。世間の評価とは、流行や人気に裏付けられた幻想だからです。公平な評価なんて存在しません。ただ存在するものは幻想だけです。武術系出版社にも嫌われています(笑) 。中国武術の世界とも絶縁しました。

*遠方Aさん、まだ少し前のめりになります。止まることができません。前足にストッパーを造ります。ブレーキではありません。乳母車のストッパーのようなものです。非力なママさんでも軽く操作できるストッパーです。

*震脚や沈墜勁はブレーキです。あんな強力なブレーキは必要ありません。姿勢の勁力は勢いを殺しますから。

*現代日本人は、足指を使って歩きません。そこから、ホンダのアシモ君が生まれました。アシモ君、純粋蹠行性です。趾球も足指も無さそうです。

*だから、心意六合拳の鶏行歩もアシモ君鶏行歩になってしまいます。これはどうしたもんかなあ? と悩みました。そこから、鶏行歩準備体操が生まれました。これ、かなり気に入っています。

*特に、鶏行歩ができない人に教えます。指行性ウォークも教えます。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-01-20 05:26 | 姿勢勁力

鶏行歩準備体操

*どうして肩の力が抜けないのか? それは胸が張っているからだ。どうして胸が張っているのか? それは尻が出ているからだ。だから、尻を収める=提肛をすべきだ。・・・というのがちくわさんの意見でした。

*それもあるかるでしょうけど・・・肩に力が入るのは、直立二足歩行のヒトの普通の反射だと考えます。だから、違う反射を造ればいいと考えます。それが、心意六合拳の鷹爪です。

*もう一つの問題は、心意六合拳の鶏行歩です。アシモ君鶏行歩をしてしまう人が少なからずいます。太ももの力が抜けないのです。

*太ももの力を抜くためには、どうすればいいか? これは日本人の習慣の問題と考えます。日本人は足指を使わないで歩く、との研究成果がホンダのアシモ君でした。

*足指を使わない歩き方とは、もちろん、踵を全面的に使う純粋蹠行性です。足裏全体が踵になります。踵から膝と太もも=大腿直筋に直結します。

*地面を踵で蹴る。着地も踵で全面的に引き受ける。そのために、膝と太ももで歩く結果となります。

*だから、足指を使う歩き方に改めます。一本足の足指に全体重をかけます。着地の際、踵は地面に触れるだけにする。さらに、大股に歩く。すると、一歩一歩が弓歩のような感覚になります。この指行性ウォークを日常歩行にしてしまう。

*さらに、鶏行歩準備体操を考えてみました。大きい鶏歩=未完成弓歩になります。全身を緩めます。そして、身体を少し上下に揺らします。

*全身が緩んでいれば、足首が折れ曲がります。これは自分の体重で折れ曲がります。すると、体重は下腿三頭筋で支える結果となります。

*これが大きい鶏歩です。これを小さくすれば、心意六合拳の鶏歩になります。そのまま歩けば、鶏行歩となります。

*これは最初、サンダーさんのために考えました。サンダーさん、鶏歩で膝に体重が乗ってしまう、との問題がありました。

*そのために、大きい鶏歩からの練習を考えました。

*でもこれ、鶏行歩の準備体操になるのでは? と思いつきました。主に、アシモ君鶏行歩になってしまうための準備体操です。

*全身を緩めて実行するというのが、前提条件です。太ももでも膝でも支えません。肩でも胸でも支えません。すると、自分の体重で足首が折れ曲がります。しかし、足首は関節ですので、下腿三頭筋で支える結果となります。

*もちろん、下腿三頭筋も力を入れてはいけません。自分の体重を受け止めるだけです。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-01-18 05:37 | 心意六合*形意

自分の体重だけで十分

(昨日の体育館から)

*「肩の力が抜けないのは、大胸筋が邪魔をしているから」、だそうです。ちくわさんの見解です。なるほど、Hさんの胸はなんとなく張っていました。いつも張っていました。

*しかし、だんだん肩のハンガーが取れてきました。以前は、肩に衣紋掛けが入っていました。どうしたもんかなあ? と考えていました。

*Hさんのがに股は治しました。内転筋で歩く、というのをやってもらいました。以前は左右に揺れていました。

*内転筋は心意六合拳の弓歩で覚醒させます。弓歩をして、足指ー下腿三頭筋ー半腱半膜様筋ー内転筋のルートを造ります。足首を内側へ曲げるようにします。

*なるべく大きい弓歩で、両足の内転筋に体重がかかるようにします。最初は、後ろ足の内転筋だけですが、やがて、両足の内転筋が使えるようになります。

*普通の武術の弓歩は、太ももの外側広筋と大腿直筋で造ります。心意六合拳の弓歩は独特です。普通の武術とは、太極拳や少林拳や八極拳のことです。

*この内転筋の使い方は、心意六合拳の師匠から教わりました。この内転筋が、いわゆる太極拳の円襠になるそうです。

*ただ、太極拳の起勢だけで内転筋を覚醒させるのは、たいへん困難です。たぶん、ほとんどの人には無理です。

*心意六合拳の弓歩は、内転筋の覚醒のためにあります。

*内転筋が覚醒すると、歩く時のバランスが良く成ります。がに股も治ります。足の親指側のラインで歩けます。がに股は、足の小指側のラインで歩きます。

*心意六合拳の鶏行歩はオカマ歩きです。オカマ歩きを支えるのは、内転筋です。

*みんなで熊の1号をやってみました。熊の1号だけで発勁できます。大事なのは、身体を捻らないこと。体幹がいっしょに動きます。胸は空っぽにします。胸に力が入ると、肩にも力が入ります。

*なんとなく、Hさんの勁力が出て来ました。熊の1号の成果です。さらに、ちくわさんがHさんの胸をゴニョゴニョしてました。さすが、カイロプラクターです。邪魔な大胸筋をゴニョゴニョです。

*私は、おまじないで肩の力を抜きました。肩の力を抜く、と思うと抜けました。それは、センセーがヘンタイだからだそうです。みんなの見解です。

*見たところ、Hさんの身体がきれいになってきました。なで肩で胸が張ってません。勁力で押すことができるようになりました。

*Nさんも勁力が出てきました。でも、最後に肩を使ってしまいます。最後まで肩の力を抜くことができません。まあ、それがヒトの普通の反射なんですが、そこを乗り越えてほしいです。

*相手の体重の圧力を感じると、肩で支えてしまいます。そこから肩の力を抜きます。いつもと反対のことをします。

*相手の体重の圧力は、前腕の筋肉だけで支えます。それが鷹爪です。これがどうも不安なようです。でも、腹を使えば大丈夫です。

*大胸筋の代わりに小胸筋を使います。前鋸筋も使います。

*前腕と腹、小胸筋と前鋸筋、なども鉄牛耕地で覚醒させます。

*鶏行歩などで太ももを硬直させてしまう人がいます。すると、ホンダのアシモ君になってしまいます。太ももが硬直するのは、足首が硬直するからです。

*大きい鶏歩を造り、足首を緩めて揺らしてみます。上下にふにゃふにゃ揺らします。これで、足首の硬直を治してみます。

*力を加えてはいけません。力を加えるから、足首が硬直します。すると、太ももが硬直します。

*自分の体重だけで十分なんです。それ以上、加えてはいけません。みんな、がんばってしまいます。がんばってはいけません。自分の体重に加えるものは何もありません。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-01-17 05:54 | 姿勢勁力

足指はストッパー

*指行性ウォークをやっていたら、すこぶる身体の調子がいい。もちろん、最初は疲れたけど、慣れました。特に、太ももの裏側の筋肉を使っているようです。たぶん、大腿二頭筋です。

*指行性ウォークが完成したのも、伝説の形意拳・半歩崩拳が完成したのも、全て、心意六合拳の三盤落地のお陰です。三盤落地様、ありがとうございます。

*これからは、指行性ウォークと心意六合拳・三盤落地を、虎鷹拳院の基本標準といたします。

*でも、正直いうと、指行性ウォークは、心意六合拳・弓歩で歩いているようなものです。心意六合拳・弓歩を繋げて歩行にしてしまったような感じです。

*ですから、指行性ウォークの発勁は、心意六合拳・弓歩の発勁と同じです。つまり、大きい鶏歩の発勁です。

*それを、日常歩行にしてしまったというわけです。これは、見ても解りません。そこは詳しく解説いたします。

*姿勢の勁力といっても、心意六合拳・弓歩の発勁が一番簡単です。心意六合拳・鶏歩の発勁と、宋氏形意拳・六合歩の発勁は、ちょいと難しくなります。

*鶏歩と六合歩は、そもそもなかなか上手く立てない。それだけのことなんですけど。

*これは、足首の力が抜けないので、下腿三頭筋も大腿直筋も過緊張してしまう、という現象です。

*足首が折れ曲がるというのは、足首ががんばることではありません。足首ががんばらない、ということです。

*ここのところを誤解してしまう人がいます。武術の練習とは、がんばることだと考えてしまいます。武術の練習とは、がんばらないことなのです。

*鶏歩の練習で膝が痛くなるのも、がんばった結果です。がんばらなければいいのです。

*鉄牛耕地したところで、死ぬわけではありません。死ぬまで鉄牛耕地することは、不可能です。だったら、自分の身体と相談しつつ、ちょっと無理すればいいのです。

*三盤落地の弓歩になる技は、軸足の足指に全体重を乗せます。そのまま弓歩になります。着地の時、前足の足指をストッパーとして使います。たったそれだけのことです。秘伝もクソもございません。

*ほとんど両足を揃える技は、両足の足指に全体重を乗せるのではなく、軸前足の足指に全体重を乗せます。たったそれだけのことです。秘伝もクソもございません。

*着地するのは、足指です。着地の衝撃は足首で吸収します。実際の筋肉は下腿三頭筋です。たったそれだけのことでございます。秘伝もクソもございません。

*武術のロマンもありません。勁力の夢もありません。伝説の形意拳・半歩崩拳も同じ構造です。

*実に簡単です。だから、アホのフジマツでもできました。誰かに教わったわけでもございません。自然にできました。

*ではなぜ、できない人がいるのか?

*それは、足首が硬直しているからです。足首が硬直していると、下腿三頭筋が固まります。大腿直筋も固まります。

*では、どうすればいいのか?

*足指を使って歩くことです。日本人が忘れた歩き方です。

*それをさらに拡大強化します。足指で前進します。足指で大股に歩きます。

*そのためには、足首を緩めなければなりません。すると、下腿三頭筋も緩みます。大腿直筋も緩みます。筋肉は緩まなければ使えません。弛緩するから緊張できます。最初から過緊張では、使い物になりません。

*足指を使うためには、足首を緩める必要があります。下腿三頭筋の筋トレが無意味なのも、足首が硬直しているからです。

*私が未完成弓歩=大きい鶏歩を提唱したのも、足首を緩めるためでした。

*これは写真では解りません。動画でも無知な人には解りません。がんばる人には解りません。

*ウォーキングしていると、どんどん足首が硬直します。指行性ランニングは、ジャンプしているので使えません。

*足指で歩くといっても、ジャンプしてはいけません。足指はストッパーということです。それだけです。だから、指行性ウォークは一本足が連続します。それだけです。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-01-16 04:33 | 姿勢勁力

アシモ君から指行性ウォークへ

*心意六合拳の鶏行歩は、アシモ型鶏行歩と化してしまいました。それはまさに、ホンダのアシモ君そのものでした。

*両足の太もも=大腿直筋で歩くアシモ君です。ホンダの研究者によれば、日本人は足指を使って歩かない、とのことです。それで、足指の無いアシモ君が生まれました。

*それは、純粋蹠行性(セキコウセイ) そのものです。足裏は全て踵と化していました。足指も趾球もありません。

*心意六合拳の鶏行歩を教えてみたら、多くの人はアシモ君になりました。私はとりあえず、教えるのをあきらめました。

*そして、鶏撲食から始めてみました。これもあまり成功とは言えませんでした。そこで、鷹抓把を考えました。鷹抓把は、私が勁力を造った技です。撃った瞬間、前足の指に全体重が乗ります。撃つ前は、後ろ足の足指に全体重が乗ります。中間は、後ろ足の太ももの裏側=大腿二頭筋がフル活動します。

*でも、鷹抓把は難しいらしい。さて、どうしたものか?

*そこに救世主が現れました。心意六合拳の三盤落地です。特にその中の飢虎撲羊です。

*自分の飢虎撲羊も中途半端でしたが、これを極端にしてみました。私は性格が極端なので、人生を失敗しましたが、武術においては利点となりました。

*徹底した足指攻勢です。弓歩で終わる技は、後ろ足(軸足) の足指に全体重が乗ります。そして、撃ちます。撃った瞬間、前足の指で止まります。すると、体重は勁力と化します。

*両足をほとんど揃える技は、前軸足の足指に全体重を乗せます。撃った瞬間も前軸足の足指に全体重を乗せます。両足体重にならないように、後ろ足は前足の趾球の辺りに付けます。

*徹底的に足指体重にしてみました。純粋指行性に近づけました。一本足で足指に全体重を乗せます。

*ここに、ニワトリの一本足と虎の指行性が完全に合体しました。今まではやや趾球重視でした。今は足指に集中です。

*ここから、指行性ウォークが完成しました。足指歩行です。すると、指行性ウォークだけで発勁できることを発見しました。もっとも、蹠行性の骨格からは逃れられないので、正確には半指行性となりますが。

*要点は・・・

1、軸足一本足の足指に全体重を乗せること、です。これだけだと、足首が折れ曲がってくれないので・・・

2、大股に歩く。かなり極端に歩幅を大きくします。すると、足首が折れ曲がります。

3、すると、軸足(後ろ足) の太ももの裏側=大腿二頭筋をフル活用することになります。不安定な一本足状態を大腿二頭筋で支えます。

4、もちろん、両足の内転筋でバランスを取ります。すると、真っ直ぐに歩くことができます。がに股を避けられます。がに股は、外側に膨れて、完全蹠行性になります。

5、もちろん、地面を蹴ってはいけません。地面を蹴ると足が硬直してしまいます。

*これからは、まず第一に、指行性ウォークを教えることにします。指行性ウォークが動物武術の根幹です。ニワトリの一本足と虎の指行性の合体です。

*心意六合拳の三盤落地・飢虎撲羊は、伝説の形意拳・半歩崩拳を甦らせました。私は、伝説の半歩崩拳を現代に再生してしまいました。形意拳は心意六合拳から派生したことを、技術面から証明しました。

*三盤落地も、初期段階から教えます。指行性ウォークと三盤落地です。
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-01-15 06:17 | 心意六合*形意

"半歩崩拳"完全覚醒デス !

*形意拳の伝説"半歩崩拳"に、ついに完全覚醒しました。今までは、やや中途半端でした。今は完璧になりました。伝説が現実となりました。もちろん、震脚や沈墜勁なんか要りません。静かなものです。

*去年暮れから、心意六合拳・三盤落地に取り組んできました。特に飢虎撲羊の技です。その時に、一本足の足指に、全体重を乗せるように意識してみました。今までは、趾球と足指でしたが、ほとんど足指に集中してみました。

*すると、指行性ウォークが完成してきました。左足の足指に全体重を乗せます。次に、右足の足指に全体重を乗せます。これを繰り返します。もう一つコツがあります。意識的に大股にします。歩幅をわざと大きくします。

*後ろ足になる予定の前足指に、全体重を乗せます。それをそのまま維持して、後ろ足を送り出します。耐えきれなく成るまで、維持します。体重はそのままです。いよいよ耐えきれなくなると、前足指に全体重を乗せます。足指が交替します。これを繰り返します。

*これを低くすると、肉球鶏行歩となります。しかし、指行性ウォークだけで発勁できます。

*日常歩行を全て、大きい指行性ウォークにしてみました。何処へ行くにも指行性ウォークです。鶏行歩のように奇異に見られることもありません。見た目は大股なだけです。

*しかし、効果ありました。足指だけに、何時でも全体重が乗っています。一歩一歩、弓歩しているような感じです。

*最初は疲れました。どうやら、コスト・パフォーマンスは悪いようです。しかし、速く歩けるようになりました。以前は、平和台駅から開進第一中学校まで20分かけてゆっくり歩いていました。今は10分で着いてしまいます。半分に短縮です。今は疲れを忘れてしまいました。慣れてきました。

*この指行性ウォークは、足の裏側の筋肉を使うようです。特に、下腿三頭筋だけでなく、大腿二頭筋を使います。しかし、足を硬直させてしまうと失敗します。

*この指行性ウォーク効果で、三盤落地・飢虎撲羊が深化しました。

*飢虎撲羊の三番目の技は、下から撃ちます。そして、両足をほとんど揃えます。後ろ足のつま先は、前足の趾球の辺りに付けます。完全に揃えてはいけません。完全に揃えてしまうと、体重は両足指に乗ってしまいます。体重は前足指に全部乗せます。

*これ、半歩崩拳と同じ足だと気付きました。宋氏形意拳の半歩崩拳です。半歩崩拳は、行き損なった順歩崩拳なのです。順歩崩拳になると、前足は後ろ足となります。でも、行き損なったので、前足は前足のままです。

*ともかく、飢虎撲羊と全く同じ足なので、そのまま半歩崩拳を試してみました。すると、完全に覚醒していました。まあ、当たり前だ、と言われるとその通りなんですけど・・・気付くのがおそ過ぎだ、と言われるとその通りなんですけど・・・申し訳ありません。

*そして、人に教える時は、心意六合拳・鶏行歩からではなく、完成した指行性ウォークから教えればいいわけです。

*これで、誰でも教えられます。どんな鈍い人でも教えられます。自信が付いてきました。どうやって教えればいいのか、自信を無くしていました。今はもう大丈夫です。

*伝説の"半歩崩拳"も完全覚醒しました。形意拳の伝説は甦りました。指行性ウォークも完成しました。もう、どんな鈍い人も怖くありません。イラッシャーイ ! ようこそ虎鷹拳院へ
[PR]
# by tiger-hawk | 2016-01-14 01:22 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー