人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

動物武術の虎鷹拳院です

お知らせ 6月23日の日曜は12時半から平和台体育館第一武道場で練習します。日曜日にしか来られない人も遊びにおいでください。
お知らせ・・・武式太極拳と勁力の無料体験、今募集中、日曜日12時半~13半時、平和台体育館第一武道場、本物の太極拳功夫をどうぞ。気の太極拳、骨の武術は迷信です。オカネと時間の無駄。次回は6月23日(日) 12時半、連絡先080-3736-6541フジマツ 自分の携帯にはMMS機能がありません。電話ください。

(新しい記事は下のほうをご覧ください。 これは、はじめまして、の記事です。)

*こんにちわのはじめまして、動物武術の虎鷹拳院(こようけんいん) です。

*心意六合拳・宋氏形意拳・武式太極拳などを練習しています。(子ども向けに翻子拳もやります。) 三つの力抜き、三つのくびれ、親指指行性、の勁力学習方法を確立しました。世界初の成果です。

*静的勁力なので、動的勁力は用いません。(動的勁力=沈墜勁・十字勁・纏絲勁・開合・震脚など)
気の発勁、体当たり発勁、肩甲骨発勁、寄りかかり発勁、手首発勁、なども用いません。
e0011605_212631.jpg*水曜日19時~20時45分、土曜日19時~20時45分、練馬区開進第一中学校体育館、
(地下鉄有楽町線氷川台駅から歩いて10分)

*月曜日13時~15時15分、木曜日13時~15時15分、練馬区平和台体育館、
(地下鉄有楽町線平和台駅から歩いて15分) (平和台体育館は第二月曜日休館、祝日だと翌日火曜日休館) 

たまあに会員>不定期で参加、お得です。
*キッズ翻子拳クラブ(無料)、木曜日16時~16時40分(小学3年生まで)、16時50分~17時30分(小学6年生まで)、平和台体育

*練習はかなりユルイです。

*見学体験千円、月会費一般5千円、大学生・専門学校生3千円、高校生1000円、小中学生無料、

連絡先 080-3736-6541
虎鷹拳院フェイスブック https://m.facebook.com/tigrehawk65

# by tiger-hawk | 2019-12-31 10:27 | ごあいさつ

もっと鼠蹊部のキレを深く

鼠蹊部のくびれ、を心意六合拳の鶏歩で強調したら、みんな勁力を出すようになりました。

しかし体重移動のくせのある人は苦労します。また、肩の力を抜く努力をしない人も苦労します。

肩の力については、かなり努力しないと抜けません。努力しない人は理解できません。不思議な存在です。しかし、一般の人から見ると、私は変態かもしれません。いつもフニャフニャしているし。

宋氏形意拳はボチボチやりたい人が出てきました。そこで教え方を変えました。

鼠蹊部のくびれとキレを極端に表現するようにしています。そこまでやるのか? とびっくりされます。本場の山西省よりも極端です。

鼠蹊部のキレを極端にやると、勁力の理解が簡単になります。また簡単にパワーが増大します。

さらに五行拳全てに横拳の要素を入れます。横拳はダ形と共通しています。ダとは小型ワニのヨウスコウアリゲーターのことです。長江に棲息しているのですが、たぶんもう絶滅しているのでは?

ダの漢字は出てきません。漢和辞典見てください。ワニ形でもいいと思います。

腹の中にメビウスの輪を描きます。これは難しいので、カラダの外側のラインで表現する人が出現しました。もちろん無意味です。

ワニさんのおかげで、五行拳が簡単に勁力増大します。

鼠蹊部の深いキレとワニ形基本功を合体させます。さらに勁力アップします。

十二形拳は形意拳の身法を学ぶ。と宋光華先生から言われました。そこで、十二形拳基本功を重視しています。そこから五行拳を解明しました。

追伸 鉄狼耕地、おすすめです。前腕の筋肉に効きます。前鋸筋にも効果あります。僧帽筋に効いたのは予想外でした。当たり前ですけど。アホやねん。足の突っ張りを利用できないようにしたのが、きっかけです。そこで足をかなり曲げました。するとイヌみたいになりました。少ない回数で効果あります。そこがいい。アハ

追伸 腰を回すのか? それとも鼠蹊部が切れるのか? それが問題だ。

お知らせ 7月7日に練習したい,との電話がありました。当日は平和台体育館が使えないので、桜台体育館で12時半から練習します。

# by tiger-hawk | 2019-06-18 08:48 | 心意六合*形意

原点は鼠蹊部のくびれ

心意六合拳は、蹠行性心意六合拳と指行性心意六合拳に分類することができます。形意拳は、蹠行性形意拳と指行性形意拳に分類することができます。太極拳も、蹠行性太極拳と指行性太極拳に分類することができます。

蹠行性心意形意太極は、沈墜勁や震脚などの発勁動作を必要とします。蹠行性の運動構造では、勁力が発生しないからです。

指行性心意形意太極は、沈墜勁や震脚などの発勁動作を必要としません。指行性の運動構造では、勁力が発生するからです。

またフジマツがおかしなことを言い出した。統合失調症か? たぶんアスペルガーです。

いえ、動物学を武術に取り入れたフジマツの慧眼です。誰も褒めてくれないから、自画自賛しよう。素晴らしい!

時代を先取りしてしまったので、世間のほうが付いていけません。どうしましょう? まあ、いいでしょう。世間では、気ガー、丹田ガー、と頭が狂っています。もう治療不可能なので、放置しましょう。南無阿弥陀仏〜 迷わず成仏してください。

このブログを始めたきっかけは、発表する場が無くなったからです。最近では、くたばれ月刊秘伝、なんて言い出したので、完全に無くなりました。アハ 権力に媚びを売っても効果はありません。

呂式心意六合拳などと、知ったかぶりする奴は、体育館に来ないように願います。インターネットで中途半端な知識を得て、得意になっても虚しい限りです。スマホ達人より本気で勁力を追求すべきでは? 老婆心より

人間の骨格は蹠行性なので、単純にイヌネコの真似をしても、指行性はできません。

蹠行性の人間が、指行性になる条件とは何か?

それが、鼠蹊部のくびれ、と、足首のくびれ、です。これは両方とも必要です。でも、どちらかを優先するかというと、鼠蹊部のくびれ、です。

鼠蹊部のくびれ、とは何を意味するのか? それは人間の直立姿勢の否定と拒否です。

700万年前、類人猿は木を降り、直立姿勢となりました。そして二足歩行となりました。

その時失ったのが、鼠蹊部のくびれと足首のくびれなのです。直立することにより、鼠蹊部が伸びて足首が伸びたのです。それが人間の原罪なのです。

オイオイ、大風呂敷を広げたなあ。ハイ、大ボラです。ホラは大きいほど楽しい。ホラにより問題が露出します。

足首のくびれだけだと、膝に体重が集中して膝を痛めます。

鼠蹊部のくびれから解決すると、膝を痛めることがありません。

勁力の原点は、鼠蹊部のくびれです。

これを心意六合拳の鶏歩に、宋氏形意拳の六合歩に、武式太極拳の弓歩に適用すると、それだけで勁力が出ます。当人もびっくりです。

今日の極意 下腿3頭筋の力を抜くと、下腿3頭筋の伸長性収縮が自然に生まれます。それは、鼠蹊部がくびれ足首がくびれているからです。何かを足してはいけません。

追伸 宋氏形意拳は、徹底的に力を抜くので、中高年でも楽しめます。これからは中高年に積極的に教えたい、と考えています。普通の太極拳と違って、実際に撃つことができます。力を抜くのが難しいのですが。

# by tiger-hawk | 2019-06-17 08:01 | 心意六合*形意

蹠行性心意六合拳そのニ

先日、問い合わせの電話があり、虎鷹拳院で練習している拳を呂式心意六合拳と決めつけて、話しを進めていました。失礼な奴だなあ、と反論する気にもなれず、テキトーに返事しておきました。

見学に来る、と言っていましたが、あれだけ馬鹿にしていたので来ることはないでしょう。でも、無知な人なので、同情します。

上海には様々な心意六合拳が流入しました。呂式心意六合拳はそのうちの一つです。その中でも、最大の影響力があったと考えられます。

安徽回族の陶子鴻先生は、上海で武術活動を開始する際、呂先生に拝師したとされています。しかし、心意六合拳を呂先生から学んだ事実は全くありません。

上海で武術活動する以上、歳上の呂先生に仁義を通したわけです。それだけの関係です。

私は1984年に上海外国語大学へ語学研修のため行きました。それを利用して武術を学ぶため、です。そのために、上海市武術協会副主席の顧留馨先生の自宅を訪ねて、誰か先生を紹介してくれと頼みました。今考えると、図々しい。私が出会った中国の先生は、みんな親切です。

そして、徐文忠先生の自宅を訪ねました。その時は一至八翻と呂式心意六合拳を少しだけ学びました。その後も度々押しかけて、様々な武術を学びました。

だから呂式心意六合拳も少しだけ知っています。呂式は蹠行性心意六合拳です。その鶏行歩は前足に体重移動しています。その鶏歩は、後ろ足の下腿3頭筋が短縮性収縮しています。

つまり構造として勁力が発生することはありません。だから発勁動作が必要となります。震脚や沈墜勁が必然となります。

呂先生の鶏歩の写真が残っています。後ろ足の踵がやけに高い位置にあります。一見、指行性に見えますが、実は蹠行性の証拠です。

あれだけ高い踵だと、後ろ足は地面を蹴っています。体重は前足に移動しています。

人間は骨格が蹠行性なので、イヌやネコをそのまま真似をしても指行性にはなれません。

足首が深くくびれる必要があります。足首のくびれにより、足指に体重が掛かります。すると、下腿3頭筋が伸長性収縮します。構造としての勁力が発生します。

ある日、上海体育学院の邱先生から心意六合拳の本をいただきました。中を見ると、技がたくさんあります。十大形套路なるものがあります。面白そうです。陶子鴻著、とあります。

それから数年後、上海財経大学の陳先生に陶子鴻先生を探してもらいました。するともう既に亡くなっているとのこと。そこでお弟子さんを探してもらいました。そして、上海郊外の周りに人家の全く無い、荒野の中の警察学校を訪ねました。

追伸 最近、鉄牛耕地をイヌ風にしました。でも、イヌ風鉄牛耕地ではネーミングが? 素敵なネーミングを募集します。採用されると秘伝技を一つ伝授してくれる、らしいです。たぶんホントです。

追伸2 鉄狼耕地、と命名しました。しかあし、狼が耕す? おかしいだろう! とクレームが入りました。んんん まあ鉄狼ですからあー

追伸3 宋氏形意拳をやりたいと言うので教えてみました。力を抜くことに苦労していました。大丈夫、本場の先生でも失敗している人は少なくない。と教えてあげました。なぜか、そんな言葉は要らない、と叱られました。慰めよう、と思ったのに。善意が伝わらない。なぜだー

力が抜けるかどうか? はあなた次第です! え?

# by tiger-hawk | 2019-06-16 08:40 | 心意六合*形意

蹠行性心意六合拳と指行性心意六合拳

心意六合拳は、勁力論として本質的にニ種類に分類できます。形意拳も同様です。

それは、人間の蹠行性心意六合拳と動物の指行性心意六合拳のニ種類です。形意拳も蹠行性形意拳と指行性形意拳に分類できます。河北派と車派は蹠行性です。

蹠行性心意六合拳は、人間の蹠行性二足歩行に基づいています。蹠行性とは、踵を用いる立ち方と歩き方です。霊長類は蹠行性です。熊は後肢が蹠行性なので、直立できます。

指行性心意六合拳は、鶏=鳥類=恐竜の指行性二足歩行に基づいています。指行性とは、足指と趾球を用いる立ち方と歩き方です。ネコ科、イヌ科は指行性4足歩行です。踵に相当する関節は地面に触れられない構造になっています。

心意六合拳が、鶏歩、鶏行歩と称するのは、鶏の指行性二足歩行だからです。しかし、鶏歩の無い心意六合拳、鶏行歩の無い心意六合拳もあります。それらは、人間の蹠行性に戻ったわけです。

鶏歩、鶏行歩があっても、人間の蹠行性に戻った心意六合拳もあります。人間は骨格からして蹠行性なので、蹠行性に戻りやすい傾向にあります。だから人間の蹠行性心意六合拳が主流派と考えられます。形意拳も同様です。

それらはどちらでもいいではないか? と思われるかもしれませんが、勁力の本質的違いとなって現れます。

指行性心意六合拳は、足に勁力が内蔵されています。だから発勁動作が必要ありません。つまり発勁動作がありません。

蹠行性心意六合拳は、足に勁力が内蔵されていません。だから、震脚や沈墜勁などの発勁動作が必要となります。

これを詳しく見てみましょう。

蹠行性二足歩行は、直立姿勢なので、体重移動の過程が必然となります。

指行性二足歩行は、体重移動の過程がありません。左右の足は突然に交替します。

つまり、体重はどちらかの足に一方的にかかっています。これを鶏行歩で考えると、どちらかの足の下腿3頭筋にヒラメ筋に、体重が集中しています。これが勁力の原料となります。これを使えます。

蹠行性二足歩行は体重移動が必然です。体重移動すると、下腿3頭筋にあった体重は空っぽになります。つまり勁力の原料がありません。だから発勁動作を導入しなければなりません。だから沈墜勁や震脚が必然となります。

蹠行性でも指行性でも、二足歩行では左右の足が交替します。その時、一本足になる時間が生じます。この一本足時間が、蹠行性と指行性では内実が全く異なります。

蹠行性の一本足では、下腿3頭筋が空っぽです。体重移動するからです。指行性の一本足では、下腿3頭筋に体重があります。体重移動しないからです。

心意六合拳と形意拳は、本来、動物武術です。そこで動物の立ち方と歩き方を考えました。すると分析できました。世界で初めての試みが成功しました。 

つづく

追伸 病気して後、シートン動物記を読んでから、動物学と生物学、化石人類学のやさしい本に触れました。病気に感謝です。中国武術と決別できたのは、胴締めさんのおかげです。胴締めさんに感謝です。いつか居酒屋で一杯やりましょう。

関係ない追伸 もし中国武術が再生できるのなら、太極拳を完全否定して完全決別するしかありません。そんなことはあの連中にはできませんので、このまま先細りです。動員数とオカネが絡みます。まっオラには関係ないしー どうでもいいですよー  

関係ない追伸 沖縄が米軍のリゾート地であり続けるために、辺野古の美しい海を埋め立てる愚挙。

# by tiger-hawk | 2019-06-15 08:22 | 心意六合*形意

前鋸筋で撃て!

最近、文章が短い、と批判されました。すいません。今は、スマホで書いています。とても書きにくい。漢字も少ない。オラのMACはエキサイトブログにアクセスできません。OSが古過ぎです。箱も古過ぎです。セキュリティが厳しくて、見えないページが増えました。そのうち、なんとかします。アハ

体幹は三つの筋肉で造ります。

前腕筋肉の伸長性収縮、腹筋の伸長性収縮、そして前鋸筋の伸長性収縮、の三つです。

腹筋の伸長性収縮とは、腹筋で内臓を持ち上げるようにします。すると尻も収まります。

前腕筋肉の伸長性収縮とは、心意六合拳の鷹爪のことです。これは難しいので、腱でごまかす人がいます。今は、個人指導で治しています。

上腕三頭筋の伸長性収縮は用いません。空手の突き、ボクシングのパンチ、中国武術の拳、などは上腕三頭筋の伸長性収縮を用いると考えられます。

上腕三頭筋を用いないので、前鋸筋の伸長性収縮を用います。この前鋸筋がくせ者です。なかなか動いてくれません。

普通は肩を使ってしまうので、前鋸筋の出番がありません。この肩の力を徹底的に排除します。

すると前鋸筋を使わざるを得なくなります。

前鋸筋を私は、心意六合拳の起勢で発見しました。私の起勢と師匠の起勢は何かが違う。決定的に違う。

私は肩で引っ張って半身を造る。師匠は脇腹を使う。それが前鋸筋だとは、柔道整復師で格闘技の先生に指摘されました。

心意六合拳の単把は前鋸筋で撃つ。全ての心意六合拳の技は前鋸筋で撃つ。

前鋸筋で、師匠の動きの不思議を理会できました。師匠のカラダと動きは、とても変なのです。それが前鋸筋で氷解しました。そもそも心意六合拳には、直接前鋸筋で撃つ技があります。

そして宋氏形意拳の横拳でした。横拳が全く撃てません。なんなんだ? 横拳は前鋸筋が使えないと撃てません。崩拳も五行拳も前鋸筋で撃ちます。

龍形基本功も熊形基本功もワニ形基本功も、前鋸筋が使えないと上手くできません。宋氏形意拳の技も前鋸筋で撃ちます。

追伸、力を入れると力を出すは全く違います。力を入れるとは、筋肉の短縮性収縮のことです。

関係ない追伸、ボブ・ディランのローリングサンダーレヴューで元気をもらっています。18歳で殺されなくてよかった。60歳で死ななくてよかった。アハ

関係ない追伸2 アマゾンのオンデマンドで本を出せる、と言われました。アマゾンに限らず、他の業者でもインターネット販売は維持費が高すぎて貧乏人には無理です。DVD作れたら手売りします。アハ 

追伸 問い合わせの電話で、呂式心意六合拳? とか言われましたけど、呂式とは無関係です。陶子鴻先生は上海で活動する際、呂先生に仁義を通しただけです。系統も技術も勁力も異なります。私は徐文忠先生からも心意六合拳を習いましたので、両者の根本的違いを示すことができます。全く異なります。いっしょにせんといてや。

追伸 私はフットサルのTシャツにフットサルのパンツ、またはバスケのパンツを着用しています。中国風衣装は着ません。これは体制としての中国武術や太極拳と決別したことを表明しています。そんなもん、どうでもええがな。我が道を行く、んやでえ…

追伸 ニ種類の心意六合拳、について明日、明らかにします。体重移動する人間心意六合拳と,体重移動しない動物心意六合拳、です。人間の蹠行性二足歩行と、鶏=鳥類=恐竜の指行性二足歩行の違いです。世界が異なります。勁力も異なります。人間は蹠行性なので、一般の人には理解が困難です。呂式心意六合拳は人間心意六合拳です。

# by tiger-hawk | 2019-06-14 08:32 | 心意六合*形意

鶏行歩は恐竜の歩き方

心意六合拳の鷹爪ができない人がいます。そこで私が実演しました。腱によるニセ鷹爪と、筋肉による鷹爪を実演して、私の前腕をにぎってもらいました。

やっと違いを理解してくれました。腱によるニセ鷹爪のほうが簡単なので、どうしても楽なほうに流れます。

筋肉ではなく腱ですね、と言った人がいたので、バカだなあ、と思いました。でもバカではなく、考えが浅いのです。

私は基本バカなんですが、一部の興味あることは深く考えます。だから、勁力の三原則も解明しました。

もちろん、中国には私よりも優秀な人が無数にいます。でも、勁力を解明する人はいません。

できる人は、解明する必要性を感じません。私は教わらなくてもできてしまったので、できない人の気持ちがわかりませんでした。たぶんアスペルガーだし。

でも反省して、勁力を姿勢の構造力として解明しました。その分、アリガタミも秘伝もなくなりました。

もちろん、気も丹田も骨も関係ありません。気ガー、丹田ガー、骨ガー、と騒ぐ連中は、救いようがありません。放置しましょう。

中国では、一般論として勁力を教えません。教えたら自分が撃ち倒される危険があります。

どうして拝師の制度があるのか? それだけ裏切りが普通にあるからです。裏切りの裏返しとして、拝師があるのです。

心意六合拳には、ある成句があります。師匠は弟子にエサを与えて養う。弟子は成長して師匠を撃ち倒す。という意味の成句です。

だから、弟子は強くなっても師匠を尊敬するべき、と孫剣雲老師は言ってました。話しの面白い楽しいおばあちゃんでした。

みなさんは賢いので、腱によるニセ鷹爪の落とし穴にはまらないようにしましょう。

心意六合拳の鶏行歩は、常時発勁です。いつでも撃てます。鶏歩の時、前足一本足の時、後ろ足一本足の時、いつでも発勁です。

それは人間の歩き方ではないからです。鶏行歩は恐竜の歩き方です。人間の蹠行性二足歩行ではなく、鶏=鳥類=恐竜の指行性二足歩行だからです。

だから、左右の足は突然、交替します。その過程の体重移動がありません。人間は体重移動して歩きます。指行性二足歩行には、体重移動の過程がありません。

姿勢の構造力の勁力には、体重移動がありません。

関係ない追伸 沖縄は米軍のリゾート地だそうです。リゾート地だから、酒も女も商店街も必要です。基地は無人島に作ればいい、と思いましたが浅はかでした。沖縄は日本のリゾート地ですが、米軍のリゾート地でもあります。翼を休めに来ませんか、の歌が好きです。オスプレイもf35も飛ばなければ墜ちないのに。鶏行歩も地面を蹴らなければ墜ちないのに。

# by tiger-hawk | 2019-06-13 08:38 | 心意六合*形意

心意六合拳にはパンチが無い

心意六合拳にはパンチが無い、という。拳と名付けられた技はある。

でも、とても変だ。拳が伸びない。上腕二頭筋が働いている。上腕二頭筋は腕を縮める筋肉だ。いわゆる力こぶを造る筋肉だ。これでは拳は伸びない。

しかも拳を伸ばす上腕三頭筋が働いていない。上腕三頭筋は腕を伸ばす筋肉だ。それが働いていない。

ボクシングのパンチ、空手の突き、中国武術の拳、みんな上腕三頭筋が働いている。腕を伸ばす筋肉だから当然だ。

それが働いていない。

拳を伸ばす時間、上腕三頭筋が働いていないのだから、力は要らない。それが宋氏形意拳の崩拳など五行拳だ。五行拳に上腕三頭筋は働いていない。だから力を抜いてしまう。だから速くなる。

もちろん気で撃つわけではない。気とは気持ちのことだ。気持ちも大事だが、気持ちだけだと妄想になってしまう。気の太極拳は妄想拳だ。妄想の中に生きる、のも幸せになれる。道場の中だけ、だが。一歩外へ出ると通用しない。肉体が無いので幽霊みたいだ。生きながら幽霊となる。

心意六合拳の拳は、こぶし一個、最後に伸びるだけだ。最後にこぶし一個伸ばすのなら、前鋸筋の仕事だ。前鋸筋は最後に腕をちょっと伸ばす筋肉だ。脇腹に付いている。

拳はこぶし一個分、相手にめり込むだけで良い。それで十分だ。だから前鋸筋で十分だ。宋氏形意拳の崩拳も前鋸筋で撃つ。

でも拳はある。その拳のこぶしは何でできているのか?

こぶしは前腕の筋肉でできている。前腕筋の伸長性収縮だ。腱だけだと弱過ぎる。腱ならば誰でもできる。前腕筋の伸長性収縮は、訓練しないとできない。弱い拳で良いのなら、腱でこぶしを造りなさい。

拳は撃ち抜いてはいけない。拳を撃ち抜くと、衝撃が抜けてしまう。衝撃が相手の体内に残るように撃つ。だから、こぶし一個、相手のカラダにめり込むように撃つ。

宋氏形意拳の崩拳が最後に揺れるのは、撃ち抜くことを止めた結果だ。だから、意図的に揺らすのは無意味だ。愚か者だ。

心意六合拳の拳は、上腕二頭筋が働いているので、揺れることはない。

心意六合拳にパンチは無い。だからパンチの攻防も無い。もちろん体当たりもしない。心意六合拳は体当たりではない。

追伸 心意六合拳の拳は、腰を使わない。宋氏形意拳の拳は、腰を回さない。

# by tiger-hawk | 2019-06-12 08:01 | 心意六合*形意

姿勢構造の三原則

鼠蹊部の力を抜いてくびれを造る。足首の力を抜いてくびれを造る。

この二点について明らかにしたのは、形意拳史上、心意六合拳史上、世界で初めての快挙です。誰も評価してくれないので自画自賛してみよう。アハ

これに、肩と胸の力を抜いて査骨の下にくびれを造る、を加えて、勁力の三原則とします。

もっとも、ガチガチ形意拳、ガチガチ心意六合拳、には無縁の話しですけど。タントウ専門家の鼠蹊部もガチガチだったので、びっくりしましたけど。

この三原則を見学者に教えたら、勁力を出して本人がびっくりしていました。なんで、こんなことで力が出るのか? しかも力感無いし? 

これが、気のパワーです。んなわけない。姿勢の構造力です。

三原則のうち、鼠蹊部のくびれについては、ブログのトップに写真があります。宋氏形意拳の六合歩で、手でくびれを示しています。気付いた人は誰もいませんけど。涙、トホホ

それで、スゥイング功を、スピードスケートを見て作りました。それで鼠蹊部のくびれを理解できた人もいます。

その鼠蹊部のくびれを、心意六合拳の鶏歩で、宋氏形意拳の六合歩で、造ります。

それだけ、でもありませんが、大事なポイントです。

最近、一本足鉄牛耕地を改良しました。ニ本足でも同様です。

足を引き付けて短くします。イヌの気分です。こうすると足の突っ張りが効かないので、上半身の負荷が増大すると考えました。

やってみたら、僧帽筋が痛くなりました。アハ そこで回数を減らしてみました。前腕にも効果的です。今は少しずつやっています。おすすめです。でも、いきなり回数を増やさないでください。

鉄牛耕地の手は鷹爪です。手の中に空間を造ります。中指の先が中心です。

註 蹠行性はセキコウセイと読むのが正しい。でも庶はショなので、右側が音の原則からショコウセイと読むのが普及しているようです。漢和辞典を見ると、庶の音がセキからショに変わったようです。

追伸 以前は、この人、どうやって教えたらいいのだろう? と悩むことがあったのですが、今は誰でも教える自信ができました。なにしろ三原則が基本ですから、単純です。

# by tiger-hawk | 2019-06-11 08:35 | 心意六合*形意

親指から勁力が生まれます

人間の直立姿勢は、鼠蹊部が伸びて硬くなります。足首が伸びて硬くなります。肩と胸に力が入ります。

結果、勁力が発生しません。人間の直立姿勢は、反勁力姿勢なのです。

人間はどうして直立できたのか? それは、霊長類が踵を用いる蹠行性だからです。直立する素質がありました。

直立して二足歩行するサルは、やがて人間となります。それは、蹠行性二足歩行です。

蹠行性二足歩行は、常に体重移動して歩きます。それは踵で直立した人間の宿命です。業です。

体重移動して歩くと、勁力は発生しません。直立二足歩行は、反勁力歩行なのです。

勁力に覚醒するためには、直立姿勢と直立二足歩行を否定し、克服しなければなりません。

都合が良いことに、身近に別の二足歩行をする動物がいました。それがニワトリです。ニワトリ=鳥類=恐竜は、指行性二足歩行です。

指行性二足歩行では、左右の足の交替は突然やってきます。直立していないので、体重移動する過程がありません。つまり、体重移動しない歩き方です。

すると、一本足時間が発生します。これを観察して、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩が生まれました。

心意六合拳は、人間由来の武術ではありませんでした。だから動物武術なのです。

動物の生態に学ぶのは、比喩ではありません。人間でありながら、指行性二足歩行を実行するのです。

人間は蹠行性ですが、蹠行性では勁力は生まれません。勁力を生むために、指行性二足歩行=鶏行歩を体得する必要があります。

だから、踵から着地してはいけません。踵は地面に触れるだけです。すぐに親指で立ちます。親指から勁力が生まれます。

追伸 もちろん、つま先立ちはいけません。それだと足首が伸びて硬くなります。反勁力姿勢です。

追伸2 相手に寄りかかってもらい、相手の体重を後ろ足の親指で受ける練習をしてみましょう。自分は片手で受けます。肩で相手の体重を受けないようにします。肩はフニャフニャにします。自分よりも重い人に相手になってもらいます。

# by tiger-hawk | 2019-06-10 08:27 | 反人間本能の勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー