動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

亀さんに成って撃つ

*宋氏形意拳の龍形基本功は、体幹を一つにして動きます。熊の基本功も同様です。

*心意六合拳の単把は、虎撲は、体幹で撃ちます。直接当たるのは掌ですが、内実は体幹です。

*宋氏形意拳の五行拳は、体幹で撃ちます。直接当たるのは拳ですが、内実は体幹です。

*では、体幹の要とは何か?

*それは前鋸筋です。

*それが心意六合拳と形意拳の称する龍身です。すなわち、腕を肩からではなく、脇腹の前鋸筋から生やします。

*というのが前提なのですが、そんなこと言われても実感が湧きません。何のことですか? なんて具合です。

*肝心なことが欠落しています。

*それは、前鋸筋の覚醒です。前鋸筋で腕を支える、なんてこと、日常生活ではあり得ません。

*これを解決するために、おすすめなのが、心意六合拳の龍形裹風(りゅうけいかふう) です。

*龍形裹風では、肘が脇腹から離れません。離れてはいけません。そのために、腕力が完全に使えません。

*体幹が強制的に一つになります。

*それはまるで爬虫類です。龍とは古代ワニのことですが、ワニというより、亀さん状態です。

*龍形裹風は、亀さんの気持ちになります。亀さんは体幹に申し訳ないように手足(前肢と後肢) が付いています。

*亀さんの背中に乗って竜宮城の乙姫さまのところへ行ったのは、私ではありません。(もうジジイですけど)

*私は龍形裹風で亀さんの気持ちを理解できました。

*そして、龍形裹風で前鋸筋が覚醒しました。なにしろ、肘から上は脇腹に付いたままです。その状態で撃たなければなりません。亀さんに成らなければ撃てません。

*昔、龍形裹風がとても苦手でした。つい、肘が脇腹から離れてしまいます。すると、全く撃てません。体幹が一つになる、ということが身体で理解できませんでした。

*もちろん、前鋸筋で体幹を統一する、なんて解説も受けたことがありません。前鋸筋の存在も知りませんでした。

*しかし、ある日、龍形裹風が撃てるようになりました。

*すると、単把も、虎撲も強く撃てるようになりました。宋氏形意拳の崩拳も強く撃てるようになりました。

*腕の根元が、体幹の要が、覚醒しました。

*すると、苦手だった三盤落地の飢虎撲羊が撃てるようになりました。

*心意六合拳と宋氏形意拳の全ての技が向上しました。

*龍形裹風は難しいので、初心者に教えるのはためらわれました。しかし、それは大間違いでした。

*初心者こそ、龍形裹風を練習すべきです。そして、亀さんの気持ちを理解すべきです。すると、強い拳も撃てるようになります。

*それは空手や中国拳法とは全く異質な、姿勢勁力の拳です。亀さんの拳です。

*拳を支えるのは前鋸筋です。上腕三頭筋も上腕二頭筋も使いません。

*亀さんに成って撃つのが、心意六合拳と宋氏形意拳です。それが姿勢勁力です。

追伸

前鋸筋の存在は、ある柔道整復師で格闘技研究家の先生が教えてくれました。ありがとうございました。

シロクマさんはフジマツのことを社会不適合者で人格破綻者だといいますが、最近始まったことではありません。昔から人格破綻しています。どうもすいません。逃げろ~~

[PR]
by tiger-hawk | 2018-01-12 08:08 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー