動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

上腕力ではなく前腕力を用いる

(昨日の体育館から)

*みんなで、肩の力を抜いて相手を押す、といういつもの練習をやってみました。

*肩に力が入るのは、本能的なものですが、それだと腕力だけに頼る結果となります。足の勁力と結びつきません。(ヒトの直立二足歩行の本能です。) 

*この腕力とは、上腕力のことです。上腕力に頼らずに、前腕力を用います。前腕力とは、心意六合拳の鷹爪のことです。

*前腕力=鷹爪です。この前腕力を、筋肉ではなく腱だという内家拳信者がいかに愚かだと解るはずです。(そんな人は、自分の前腕の筋肉を削り取ってミンチしてハンバーグにしましょう。今日のランチです。フライパンを持てないけど。)

*前腕力は鉄牛耕地で造ります。鉄牛耕地を肩で実行してしまうと、腕立て伏せになってしまいます。それでは無意味です。肩を用いることも、腱だということも無意味です。

*肩を用いず前腕力に頼ると、脇腹の前鋸筋が覚醒します。前鋸筋で前腕を支える結果となります。前腕は拳と一体化します。

*肩を用いないので、足の勁力と比較的簡単に結合します。

*同じ前腕力を用いる拳ですが、宋氏形意拳と心意六合拳では異なる部分があります。

*宋氏形意拳の崩拳と、心意六合拳の馬形崩拳には大きな違いがあります。

*宋氏形意拳の崩拳は、かなり体幹が動きます。すると、見た目は肩が伸びます。特に逆歩拳において顕著です。これでも、肩に力が入っていなければ問題ありません。(見た目は腰を使っているようですが、腰は使いません。体幹全部が動きます。)

*心意六合拳の馬形崩拳では、撃った瞬間に正面を向きます。体幹はほとんど動きません。どちらかというと、馬形崩拳のほうが簡単です。肩が伸びないので、肩に力が入る要素が少なくなります。

*どちらも、腕力=上腕力に頼ってはいけません。前腕力に頼ります。すると、容易に足の勁力と結合します。

*足の勁力と結合することによって、大きな力を得られます。すると、力感が全くありません。これはとても楽しいです。

*前腕力による拳は、見た目ネコパンチです。見た目も力感がありません。迫力ありません。練習を見られても、技を盗まれることはありません。これも楽しいです。アハハ 

*心意六合拳の師匠に、技を見られても意味が解らないように練習しろ、と言われました。実際に撃てるようになると、見られて解る技ではなくなります。見学者をがっかりさせるような技を目指します。(フジマツひねくれ者なので、どうもすいません。) 

*私の元奥さんは安徽省武術隊で、子供の頃、回族の多い都市で表演会をしました。そこで、回族のおじさんたちが、心意六合拳の虎抱頭を見せたところ、武術には全く見えなかったので、武術隊の子供達は笑い転げたそうです。そんな笑われる心意六合拳が理想の姿です。(笑われてナンボのフジマツっす。) 

関係ない追伸・・・最近全く寝汗をかかなくなった。ストレス原因のキチガイが消えたからだ。あれだけオラのことを侮辱しておいて嫌われていないとでも思っていたのか? 人の心は焼き肉や寿司では支配できません。わかるかな? わからないだろうなあ。早く引っ越してね。オラを監視するために、近所に来たのだから。

電話番号だけで友達申請する人には困っています。だって知らない人だもん。せめてメッセージくれたら検討します。会員ですら、オラを攻撃する場合もありますから。味方の振りした敵、は怖い。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-03-15 08:40 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31