動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

クニャクニャ馬歩と鉄牛耕地の考察

*クニャクニャ馬歩、にしました。前回書いた新しい基本功の名前です。足首が内側に折れ曲がる、または馬歩に使い道があった、という名前の基本功です。長ったらしい名称なので、改めました。

*クニャクニャ馬歩、狭いところでもできます。音も立てません。足の様々な筋肉を刺激します。とても良くできました。

*しかし、誰にでも教えられるとはいえません。現代日本人は膝で歩く人が多い。その場合は、膝を痛めるかもしれません。まずは、膝ではなく、足指で歩く習慣を身につけてほしいところです。

*クニャクニャ馬歩とか、フジマツは何を言っているのか? 馬鹿ではないのか? まあ馬鹿なんですけど、動画を見ても解りません。blog の読者には申し訳有りません。見学に来たら教えてあげます。

<鉄牛耕地の考察>

*骨を取り出して直接鍛えることはできません。腱は鍛えられるのかな? 腱に負荷を掛け過ぎると腱が切れてしまうそうです。やはり、筋肉から鍛えるしかありません。え? 気? ハイハイ、精神病院へ行きましょうね。それとも気の太極拳へ行く? それ宗教ですけど・・・


*スポーツ・ジムへ行かなくても、鉄牛耕地やれば鍛えられる。オカネも掛からない。・・・と心意六合拳の師匠に教わりました。というわけで、スポーツ・ジムへ行ったことがありません。オカネ無いし・・・


*スポーツ・ジムで鍛えた下腿三頭筋を見せてもらったことがあります。確かに見た目は凄いのですが、姿勢勁力には全く役に立ちません。まるで無意味だなあ・・・と感じました。撃てなければ、無駄な筋肉です。


*下腿三頭筋は心意六合拳の鶏歩で鍛えられます。それで撃つこともできます。あるいは、宋氏形意拳の六合歩で鍛えられます。内転筋は心意六合拳の弓歩で鍛えられます。武式太極拳の弓歩も同様です。


*上半身は鶏歩や弓歩では鍛えられません。そこで鉄牛耕地です。


*しかし、ある日、鉄牛耕地と腕立て伏せは違う、と気付きました。それは肩を使うか使わないか、という違いです。それと、腹が落ちるか落ちないか、という違いです。


*鉄牛耕地でも全く肩を使わないとは断定できません。しかし、肩を使うと、効果が全くありません。結局、肩甲骨発勁になってしまいます。肩甲骨がグニャグニャしていて、気持ち悪い。


*大きな大胸筋は要らない、と心意六合拳の師匠に言われました。武術者には要らない、というわけです。そこで、そこから拡大して解釈してみました。


*大胸筋を使うと、肩を使ってしまう結果となります。大胸筋と肩を使わないと、やがて前鋸筋が覚醒します。


*この前鋸筋を前腕の筋肉と直結させます。それが心意六合拳の鷹爪となります。


*肩を使わず、身体を持ち上げるには、腹筋を使うことになります。腹直筋と腹横筋などです。もちろん、前腕の筋肉も用います。


*すると、腹筋と前腕の筋肉で身体を持ち上げます。その他の筋肉も刺激しますが、意識する必要はありません。


*打撃も、腹筋と前腕の筋肉で実行します。


*上腕三頭筋を使うと、肩も緊張してしまうので、使わないようにします。つまり、いわゆる突きではありません。突きの世界から離れてしまいます。


*でも鉄牛耕地すると、上腕三頭筋も大きくなります。この上腕三頭筋は?


*相手を撃つと、相手の体重が壁となって圧力を受けます。その圧力を支えます。それが上腕三頭筋の役目です。


*最近は、セット数を増やすのではなく、限界まで片足鉄牛耕地やることにしています。限界に近づくと、前腕がしびれてきます。腹が落ちたら、もうおしまいです。今のところ、片足鉄牛耕地16回で限界です。仕方ないので、休んでまたやります。あんまり前腕が疲れると、套路が撃てなくなるので、適当に切り上げます。そんな感じです。


関係ない追伸・・・ちっちゃなショルダー・バッグ540円で買いました。近所の怪しい店で。アハハ リュックは1080円でした。安いので満足しました。ウフフ


追伸・・・クニャクニャ馬歩、3分間2セットやったら、足がガクガクになりました。これはひょっとすると肉体改造できるかもしれません。このままオラのカラダで人体実験してみます。報告が楽しみです。



[PR]
by tiger-hawk | 2018-03-18 08:41 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31