動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

カギは龍腰運動線

*姿勢勁力の特徴の一つに、腰を使わない、というものかあります。

*これは、頭から尻までを体幹として捉えるという、非常識な身体観かあります。

*心意六合拳には頭突きがありますが、この頭は体幹と一体化して動き撃ちます。もしも体幹と離れてしまうと、首を痛めてしまいます。あるいは、むち打ち症になります。

*腰の回転と腰の捻りはありません。身体が回転する場合、尻まで回転します。すると、腰のくびれは無くなります。

*もしも、腰が動くと体幹が分裂すると考えます。体幹の分裂は避けます。

*尻と頭を含む体幹の一体化は、宋氏形意拳の龍形基本功で学びます。しかし、これだけだと技の切れがありません。

*そこで、身体内部に運動線を作ります。腰の捻りは外部運動ですが、それに対して内部運動を生じさせます。それが龍腰運動線です。

*龍腰の概念は心意六合拳の師匠に習いましたが、実際にできるようになったのは、宋氏形意拳の熊形基本功のお陰です。

*宋氏形意拳・熊形基本功で、外部運動線ではなく、内部運動線を構築します。

*すなわち、脇の前鋸筋から鼠蹊部へ向かう運動線です。これは目に見えません。ところが、これができないと姿勢勁力の打撃はできません。

*初めてあったその日の晩、宋光華先生に熊形基本功でガツンと撃たれました。その時、これは重要な基本功に違いない、と勝手に決めつけました。

*帰国後、教えてみると、みんな肩のラインで動いてしまうのを見て絶望しました。フジマツはひねくれ者なのですが、どういうわけか宋氏形意拳と心意六合拳については率直に受け入れました。

*現在では、熊形基本功を外部運動としてしまう人が常識的なのだと解釈しています。だから、内部運動は理解できないと考えています。そこで、しつこく教えることにしました。あきらめるのは止めました。

*熊形基本功は内部へ向かう運動です。それは目に見えませんが、見える部分が一カ所だけあります。

*それは鼠蹊部です。鼠蹊部は開くことなく、閉じます。それも両側で閉じます。外部運動だと、反対側の鼠蹊部が開いてしまいます。すなわち、右肩が動くと左の鼠蹊部が開いてしまいます。

*内部運動が見えるところが一カ所だけありました。良かったです。

*通常の格闘技だと、腰の回転を用います。例えばボクシングです。腰は回転し、拳に体重を乗せます。

*姿勢勁力の心意六合拳と宋氏形意拳では、腰は回転することなく、拳に体重を乗せません。

*身体が回転する時は、身体全部が一個となって回転します。そして、体重は下腿三頭筋にあるままです。そのようで撃てるのか? 

*姿勢勁力の根本は下腿三頭筋から生じます。だから、下腿三頭筋には体重圧が掛かったままです。体重圧を外してはいけません。だから、拳に体重を乗せることは絶対にしません。

*そして、宋氏形意拳と心意六合拳の拳は、龍腰運動線に沿って撃ちます。それは目に見えませんが、唯一、開かず閉じた鼠蹊部で確認できます。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-05-10 08:26 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31