動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

前足一本足打法=前段階学習方法

(昨日の体育館から)

*自分の立ち位置の確認をしてみました。心意六合拳の天地功を一部利用します。肩幅平行立ちにして、前後に身体をゆらします。あらかじめ、鼠蹊部を少し切り込んでいます。

*踵からつま先、つま先から踵、とゆらします。自分が何処で立っているか、瞬時に感じ取ります。この感覚を大切にします。

*踵で立っている時は、足首が伸びています。つま先の親指と人差し指で立っている時は、足首が折れ曲がっています。微妙な違いですが、とても大切です。(踵はどちらも地面に触れています。) 

*ヒトの直立姿勢は、鼠蹊部が伸びて、足首が伸びています。これでは姿勢勁力は発生できません。そこで、鼠蹊部はほんの少し切り込みます。足首はほんの少し折り曲げます。目立たない位のところで、日常的に実行します。

*さらに、足の親指と人差し指で立つためには、足首が深く折り曲がります。心意六合拳の鶏歩で撃つ瞬間です。宋氏形意拳の六合歩で撃つ瞬間です。

*歩く時は、足首が深く折れ曲がることによって、距離を稼ぎます。地面を蹴ってはいけません。それが心意六合拳の鶏行歩です。

*鶏行歩の一歩とは、前足一本足になった瞬間です。そのように考えます。その時、後ろ足は浮いています。そして、前足の足首は伸びてはいけません。前足一本足になった瞬間から、足首の折れ曲がりは始まっています。

*そこからは、大きい鶏歩となります。後ろ足を前へ送ります。足首はさらに折れ曲がります。しかし、この時の前足はまだ着地していません。前足は浮いています。だから、実際には大きい鶏歩ではありません。

*大きい鶏歩で勁力が出るかどうか実験してみましょう。後ろ足の足首が適切な角度で折れ曲がっていれば、勁力は出ます。目の前の相手を軽く押せます。肩、胸、肘、上腕、背中などの力を抜きます。つまり、フニャフニャになります。そこからは、前腕の筋肉=鷹爪に任せます。

*鶏行歩の前足一本足を利用して、心意六合拳・馬形鑽拳の一本足打法を練習してみます。前足一本足になった瞬間に撃ちます。

*前手の肘は脇腹に付けます。後ろ手の手首は腹に付けます。これが撃った時の状態です。腕の伸縮はほとんどありません。すると、腕力は使えません。ほとんど足の勁力で撃ちます。身体は一つにまとまります。一つの塊になります。そして、前足一本足です。

*ですから、前足一本足になる前に、前段階において勁力が発生していなければなりません。それが大きい鶏歩状態の要件です。

*この時の足運びを学ぶことによって、鶏行歩打撃を習得できます。

*実際のフットワークとしては、前足一本足では次の打撃が出にくいので、即時、後ろ足を寄せて鶏歩になります。これが普通の心意六合拳・馬形鑽拳です。

*前足一本足打法は、勁力構造を学ぶための学習方法と捉えます。ここから様々なことが学べます。つまり、前足一本足打法は、前段階学習方法です。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-05-13 08:49 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー