動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

奇妙な動物

*拳に体重を乗せてはいけません。それでは身体が浮いてしまいます。浮いた身体では、姿勢勁力は生まれません。死んでしまいます。

*それでは、体重は何処へ行けばいいのでしょうか?

*体重は足首へ乗せます。そのために、足首は折れ曲がります。すると、指行性に近づきます。蹠行性(せきこうせい) のヒトが指行性となります。ジャンプしないで指行性になります。(ジャンプする指行性はランニングとなります。)

*さらに、親指側エッジを明確に表現します。すると、親指と人差し指で立つことになります。しかし、バレエダンサーや羊のような蹄行性ではありません。そのために筋肉としては下腿三頭筋に負荷が掛かります。

*親指と人差し指ー足首内側ー下腿三頭筋で三角形が生じます。それが勁力トライアングルです。

*体重は足首へ乗せます。そのために、肩、胸、肘、上腕、背中、などの力を抜きます。

*通常、上半身は肩でコントロールしています。しかし、肩の力を抜きます。それでは、上半身のコントロール
どのようにすればいいのでしょうか?

*上半身の力は指先に集中します。それが心意六合拳の鷹爪です。その指先は前腕の筋肉で支えます。腱で支えてはいけません。それではたいへん弱くなります。前腕の筋肉ー腱ー指先、の強い関係を造ります。

*掌を開く時は、前腕の筋肉を用います。指の第三関節は用いません。拳をにぎる時は、前腕の筋肉を用います。すると拳の内に空気が残ります。バンテージを巻いたような効果が得られます。結果として強い拳になります。

*前腕の筋肉は前鋸筋で支えます。すると、腕は肩から生えるのではなく、腕は前鋸筋から生えることになります。これが、心意六合拳と形意拳の称する龍身です。

*すると、拳を撃つ時、上腕三頭筋は用いません。結果、いわゆる突きにもパンチにもなりません。心意六合拳と宋氏形意拳には、突きもパンチも無い由来です。

*体幹の核心は腹横筋で造ります。これを左右横へ動かします。禅密功のヨコ動作です。

*やがて、左右に半回転が生まれます。すると、横8の字となります。あるいはメビウスの輪となります。これが宋氏形意拳の横拳基本功です。

*体重は足首に乗せます。そのために、直立二足歩行で伸びた鼠蹊部を切り込みます。四足歩行動物へ近づきます。本物の四足歩行動物には成りませんから、奇妙な動物となります。それが心意六合拳と宋氏形意拳です。

追伸・・・練習の始めに、宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳を毎回やることにします。

追伸2・・・6月に体育館を借りられたら、心意六合拳特別講習会やります。ちゃんと発勁できるようにします。でも、姿勢に付け加えると失敗します。なにもやらないと成功します。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-05-14 08:20 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー