動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

歩けない歩型

*スウィング功は、心意六合拳・鶏歩ができない人もすぐにできます。宋氏形意拳・六合歩ができない人もすぐにできます。

*そして、すぐに発勁できます。さらに、鶏歩が楽にできるようになります。六合歩が楽にできるようになります。

*しかし、スウィング功にも落とし穴があります。

*それはまたしても、地面を蹴ることです。

*歩くためには、地面を蹴ることが必要です。

*しかし、姿勢勁力は歩けません。姿勢勁力は進めません。

*姿勢勁力の根本は下腿三頭筋の伸張性収縮です。それはやってみると解りますが、歩けないのです。進めないのです。歩くのには全く役に立ちません。もちろん、走るのにも全く役に立ちません。

*宋氏形意拳を始めた時、私は歩けなくなりました。歩くと、身体が浮いてしまうからです。そこで、歩くのをあきらめました。

*ひたすら、六合歩の定歩で五行拳を撃ち続けました。その場で歩くことなく、五行拳を撃ちました。

*後から考えてみると、宋氏形意拳は歩いていませんでした。その套路は、六合歩が連続しているだけです。(歩いている中国の先生もいます。その先生には勁力がありません。)

*心意六合拳の鶏歩も、鶏行歩も、地面を蹴ってはいけません。つまり、鶏歩も鶏行歩も歩けません。鶏行歩は歩いていなかったのです。鶏行歩は鶏歩が連続しているだけでした。となると、鶏行歩とか鶏歩とか、「歩」の字を使うことはおかしなことです。矛盾しています。

*これはよくあることです。例えば、心意六合拳の鷹爪はつかんではいけません。鷹爪は、前腕の筋肉と指の伸張性収縮を意味します。つかむことは短縮性収縮です。心意六合拳のこぶしは、つかんではいけません。握りしめてはいけません。

*形意拳のこぶしがやわらかいのは、握りしめていないからです。前腕の筋肉が短縮性収縮しないで、伸張性収縮するからです。これは中国でも日本でも明らかになっていません。フジマツが明らかにしました。(やわらかいこぶしの本当の意味を知りたかったら、虎鷹拳院にイラッシャーイ。) 

*歩く時も走る時も、地面を蹴ります。その時、下腿三頭筋はどうなっているのでしょうか? 下腿三頭筋は棒のように身体を支えます。下腿三頭筋は短縮性収縮しているのです。

*でも身体は浮きます。その運動は何処から来るのでしょうか? それは大腿直筋のジャンプ運動です。大腿直筋は伸張性収縮するのです。

*では鶏歩・六合歩ではどうなっているのでしょうか? 鶏歩・六合歩では、大腿直筋は短縮性収縮しているのです。そして、下腿三頭筋は伸張性収縮します。

*つまり、大腿直筋と下腿三頭筋の関係が逆転します。鶏歩と六合歩は、「歩けない歩型」だったのです。

*これは難しそうですが、そうでもありません。

*低い姿勢になる時、通常は踏ん張りますが、そんなことは止めてしまいます。足の力を抜いてしまいます。それだけのことです。

*足の力を抜いても、自分の体重の圧力は掛かります。それを利用するだけです。

*通常は、体重圧だけでなく、足に力を込めてしまいます。足に力を入れるのは止めてしまいます。足はがんばるのを止めてしまいます。それだけのことです。

*もちろん、下腿三頭筋の伸張性収縮は学習する必要があります。

追伸・・・最近、毎日聴いています。NITTY GRITTY DIRT BAND 、CELEBRATING 50 YEARS、渋谷タワーレコードで発見しました。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-06-07 08:12 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30