動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

姿勢勁力は鼠蹊部の深い切り込みから

*普通の人は、膝で歩いています。これを、折れ曲がる足首で歩くように改造します。それが心意六合拳の鶏行歩です。


*膝で歩く、といっても納得されないでしょう。正確には、膝に体重を掛けて歩く、ということです。特に、日本人に多く見られる特徴です。日本のおじさんは、ほとんどががに股です。がに股も、膝に体重が掛かります。結果的に、膝で歩くことになります。


*折れ曲がる足首は、蹠行性(せきこうせい) から指行性への改造を実現します。


*指行性に親指側エッジを加えます。すると、足の親指と人差し指が地面からのメッセージを受けます。足の親指と人差し指が姿勢勁力の原点となります。


*筋肉としては、下腿三頭筋の伸張性収縮です。ところがこれを強調し過ぎてもいけません。これは隠し味的に用います。いいかえると、見てもわからないように実行します。これはいじわるではなく、隠れ指行性の特徴なのです。


*折れ曲がる足首は、単独では実現しません。足首は上部構造によって規定されています。


*すなわち、それは鼠蹊部の深い切り込みです。鼠蹊部の深い切り込みがあって、はじめて足首は折れ曲がります。したがって、


足首の折れ曲がりよりも、鼠蹊部の深い切り込みを優先させます。


*鼠蹊部の切り込みが浅いと、足首の折れ曲がりも浅くなります。


*鼠蹊部の切り込みが浅いと、足首ではなく膝に体重が掛かります。これを、膝で歩く、と称します。


*ヒトの直立二足歩行は鼠蹊部が伸びてしまっているので、膝で歩く傾向を内包しているのです。


*ヒトは低い姿勢を取ると、膝を曲げてしまいます。その結果、膝で立つことになります。すると、膝を痛めます。


*低い姿勢は、鼠蹊部の深い切り込みで実現します。すると、膝で立つことはなくなり、足首が折れ曲がります。


*これが例えば、太極拳の起勢です。心意六合拳の鶏歩です。宋氏形意拳の六合歩です。


姿勢勁力の世界は、鼠蹊部の深い切り込みから始まります。それが姿勢勁力の始まりです。


追伸・・・太文字極意シリーズが始まりました。アハハ 面白いですか? 実感はできないと思います。実感は練習をかなり積まないと生まれません。というわけで、文字はあまり意味がありません。文字も動画も、興味を持ってくれたら幸い、位の意味です。


[PR]
by tiger-hawk | 2018-06-08 08:41 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30